FC2ブログ

2019/07/07 ・ 2019/07/13 ・ 2019/07/14

6m and Down Contestの件は割愛。

*7/7
17:14、50MHz FT8でEuが入感。
DL8YHR、PC5C、OH3XA、OH7PI、DL5XJ、OZ2J、PA0O、DL9MRFがデコードできた。
しかし、すぐにハイパワーの先生がEu局と同じシーケンスでCQ DXを出し始めたため、何も受信できなくなってしまった。
他人の迷惑考えてくれ。

18:59、18.140MHz SSBでJF7MTO/7(硫黄島)がよく聞こえている。
コールしてQSO。

*7/13
14:40、50MHz FT8でR6KAが入感。
呼んでもリターンはない。

深夜、ローバンドでIARU HF World Championshipの様子を窺う。
1.8MHzで聞こえるのは1.818MHz CWの8N1HQだけ。
コールしてナンバー交換。

3.5MHzもワッチ。
23:50、3.5325MHz CWでE2HQが強力だが、呼んでも呼んでも「?」しか返ってこない。
UA局もコールしているが、「?」すら返していない。
こんな耳の悪いコンテスト局おる?

3.550MHz CWのB3HQも強力なのに反応がない。

*7/14
に日付が変わった。
3.508MHz CWで8N1HQとQSO。

3.5119MHz CWでBA3MMが入感。
最初はコールしても反応がなかったが、徐々に断片的にコピーしてくれて、何とかナンバー交換。

3.505MHz CWでBH1NGGかな?
聞こえたけどすぐに消えてしまった。

昼12:01、50MHz FT8で4S7ABが入感。
強力かつCQ空振りの状態。
QSO済みなので見ているだけ。
延々CQ空振りなのは、皆さん交信済みなのか?
この局最近よく入感しているから。

50MHz FT8は他にこれと言った所も入感しないので、14.260MHz SSBでJA7ZRY/7(AS-206)とQSO。
気仙沼市大島らしい。

夕方、50MHz FT8はEuをコールする先生方で大賑わい。
しかし、当局では何も受信できない。
仕方ないので、コンテストでは毎度お馴染み7MHz CWのTI7Wを呼ぶ。
結構パイル。
しつこく連呼するJA3D**に度々リターンが返るが、全然出て行かない。
パワー自慢なのか、呼べばリターンが返ってくるのに、出て行かない。
どうも聞こえていない様子。
えー???
これ聞こえんか???
まじ???
半分以下の長さに短縮したうちのRDPで普通に聞こえるけど。
この一連のドタバタで時間を無駄にされたが、間もなくリターンがあってナンバー交換。
この局はいつもeasyだ。

7.0275MHz CWでW1AW/7が入感。
コールしてナンバー交換。

17:51、ずっとDXが見えなかった50MHz FT8で、やっとUN3GXがデコードできた。
しかも-22というギリギリレベル。

7.0325MHz CWでJO1CRA/7(AS-206)がパイルになっている。
団子になって大変そうだが、すぐにQSOできた。

18:36、50MHz FT8でUN6Tも入感。
-2。

20時すぎ、今日50MHz FT8でずっと見えていたJT1BUだが、未交信だと気付いたのでコール。
一発でリターンが返ってきた。

20:40、14.0108MHz CWでお馴染みKP2Mが聞こえる。
コールしてナンバー交換。
この局の入感は圧倒的に朝が多いのだが、昨年5/26にも14MHzで夜にQSOしている。

21時半頃、14MHz FT8をワッチしていると、E44WEが入感。
弱い。
しばらく様子を窺っていると、信号が上がってきた。
えい!っとコールすると、リターンが返ってきた。
おお、びっくり。
何とか73まで交換できた。
パレスチナはFT8では初めてだが、RTTYではやっている。

7/13 2345J 1818.0kHz CW 8N1HQ (JA) 100W
7/14 0001J 3508.0kHz CW 8N1HQ (JA) 100W
7/14 1223J 50313.0kHz FT8 JM1XXL/P (広島県豊田郡大崎上島町) 260deg 100W
7/14 1419J 14260.0kHz SSB JA7ZRY/7 (気仙沼市大島 AS-206) 20deg 130W
7/14 1744J 7021.9kHz CW TI7W (Costa Rica) 50deg 190W
7/14 1747J 7027.6kHz CW W1AW/7 (USA) 50deg 190W
7/14 1756J 7032.5kHz CW JO1CRA/7 (気仙沼市大島 AS-206) 30deg 200W
7/14 2018J 50313.0kHz FT8 JT1BU (Mongolia) 310deg 100W
7/14 2042J 14010.8kHz CW KP2M (US Virgin Is) 30deg 150W
7/14 2135J 14074.0kHz FT8 E44WE (Palestine) 310deg 170W
スポンサーサイト

GSが抜かれて返送されてきた

ウクライナのUT4XUにダイレクトでQSLを送ったところ、ウクライナ・キエフ郵便局の消印を押した「RETOUR」のラベルが貼られて返送されてきた。
返送理由は「Inconun」に印が付けられている。
そして、川崎東郵便局が「受取人あて所に尋ね当たらないとの理由で返送されてきました。」というゴム印を押している。

s-trimDSC_5868.jpg

裏返すと、何かおかしい。
丁寧に開封しようとして失敗して、ビリっと破れた形跡がある。
再度糊で封をするときに汚くなってしまったようにも窺える。

s-DSC_5872.jpg

開封して内側から見てみると、糊付け部分が結構破れており、明らかに開封されている。
再度封をする際に、糊を付けすぎて内容物と封筒が貼りついてしまっている。

s-DSC_5874.jpg

内容物を確認すると、同封したはずの2GSが盗まれていた。

GSが抜き取られた状態で相手に届いたことは経験があるが、抜き取られて返送されてきたのは初めてだ。
抜き取って相手に届くと近い所からクレームが入るが、返送すれば、わざわざJAから告訴してこないだろう...ということか。

ちなみに、宛先はZhitomir郵便局の私書箱なので、キエフ郵便局でラベルを貼って返送することはおかしく、Zhitomir郵便局まで行かないうちにキエフ郵便局で犯行に遭ったことが窺える。

2019/07/06 6mでEuが大大大オープンでバンドニュー8エンティティでサラダ記念日

*7/6
車のエンジンをかけたら、カーナビがサラダ記念日だと言う。
咳が止まらないので朝から耳鼻科へ行き、高野山へ行くXYLを駅まで送ったら眠くなってきて、朝の昼寝。
昼に目覚めたら、期末テストが終わった2ndが帰ってきた。
昼食を食べさせて一休みして、13:55から50MHzをワッチ。

50.313MHz FT8でLY2IJが入感。
UR0MCも入感。
以降18:21にG8BCGが見えなくなる瞬間まで、広範囲にEuがオープンしっ放し。
受信できた局が多すぎてアレだが、時系列で下記の通り。
LY2IJ
UR0MC
SM5CRV
SM4DHF
SM5CBM
OH1XT
OZ8ABE
SP4MPB
UY1HY
YL2AO
SP1S
SP7AWG
G0JHC
YO3DDD
SP5MXZ
UR5LAK
UT7QF
SP8AWL
OZ1JXY
OZ0JD
YL2GJX
SP3RNZ
LY3BRA
OZ2PBS
OZ1JTE
R6KA
PA0WRS
DG5YIL
PA4VHF
SP7VC
PA2M
LY1G
DL5XJ
ON7CL
DF5LQ
ON4PS
PA3CGS
ON4WX
DL8YHR
OZ2KEC
PA0RDY
YL3HA
YO8RHI
SP8NTH
PC7M
OP9T
IT9BDM
OZ1AXG
YL2QV
ON7CL
UT9NA
ON7GB
F5OHS
PE5T
PA5JS
ON4CLQ
ON8DM
PA0RDY
PA2J
PA7MM
SP4MPB
LA2XPA
SQ4OJF
OE3DSB
LA7DFA
S55DX
S50A
I4MKN
G4OWT
OE4VIE
PA0O
S59SV
IZ5EKV
G4OWT
GU8FBO
OE3KLU
OK2WMC
G4BWP
G8BCG

いつもは大オープンしても、せいぜい1局ぐらいQSOできるのが関の山なのだが、今日は様子が大きく違って好調だった。
下記の通り9局からリターンがあって、バンドニュー8つ。
これにより50MHzは54エンティティ―となった。

7/6 1410J 50313.0kHz FT8 SM5CBM (Sweden) Band New 340deg 100W
7/6 1502J 50313.0kHz FT8 OZ2PBS (Denmark) Band New 340deg 100W
7/6 1537J 50313.0kHz FT8 DG5YIL (Germany) Band New 335deg 100W
7/6 1549J 50313.0kHz FT8 PC7M (Netherlands) Band New 335deg 100W
7/6 1600J 50313.0kHz FT8 LY2IJ (Lithuania) Band New 335deg 100W
7/6 1614J 50313.0kHz FT8 ON7GB (Belgium) Band New 335deg 100W
7/6 1735J 50313.0kHz FT8 OE4VIE (Austria) Band New 335deg 100W
7/6 1749J 50313.0kHz FT8 IZ5EKV (Italy) Band New 335deg 100W
7/6 1805J 50313.0kHz FT8 OE3KLU (Austria) 335deg 100W

G20

大阪では6/29・30でG20サミットが開催された。
6/27・28・29・30の4日間、大規模な交通規制を実施。
一般道はどんな大渋滞になるのかと思っていたが、皆さん大人しく車を使わず、結構ガラガラぎみ。
ただ、通行止めで思う通りのルートが走れないだけ。
車の代わりに電車に乗る人が増えて、どの路線も四六時中満員電車になるのかとも思っていたが、電車も空いている。

6/27の夕方から夜にかけては、各国首脳の到着のため、上空で多数の旅客機がグルグルと何週も旋回しながら待たされており、長時間エンジン音が聞こえていた。
また同日深夜には、もの凄い爆音を響かせながら北上する航空機が上空を通過。
暗くてよく見えなかったが、恐らくジェット戦闘機。

各国首脳が移動する時間に外に出ないので、交通規制の写真しかなくてしょうもないが、こんな感じ。
ミニバンだけでWAJAができるかも???

山形(梅田入口封鎖)
s-s-DSC_5468.jpg

岡山(福島入口封鎖)
s-s-DSC_5473.jpg

ABC前封鎖
s-s-DSC_5483.jpg

千葉
s-s-DSC_5495.jpg

愛知
s-s-DSC_5518.jpg

北海道
s-s-DSC_5540.jpg

愛媛
s-s-DSC_5629.jpg

群馬
s-s-DSC_5634.jpg

群馬
s-s-DSC_5637.jpg

大阪
s-s-DSC_5644.jpg


2019/06/25深夜 ・ 2019/06/29 4S7AB 6F

色々あって忙しい。

*6/25深夜
23:09、18.095MHz FT8でC37ACが入感。
パイルになっており、DX Peditionモードだが1局ずつQSOしているので、レートは普通。
コールしているとリターンが返ってきた。
しかし、73が返ってこない。
気を取り直して再度チャレンジ。
すると、またリターンが返ってきた。
しかし、やはり73が返ってこない。
んー。
またコールする。
すると、またまたリターンが返ってきた。
しかし、しかし、やはり73が返ってこない。
ピックアップはしてもらえるのに、相手の周波数に引き込まれてレポートを送るとコピーしてもらえなくなる。
なぜ???
23:48、「CU TMW」と打たれた。
これは「See you tomorrow」だろう。
QRT。
撃沈。

*6/28
1:15、14MHz FT8でお馴染み9G2HOが入感。
呼んでも呼んでもリターンがない。
そのうち時々CQが出るようになった。
それでもリターンがない。
間もなく頻繁にCQが出るようになった。
やはりリターンはない。
飽きてきた。

*6/29
17:15、50MHz FT8で4S7ABが入感。
上やら下やら周波数を変えてコール。
5分ほどでリターンあり。
スムーズに73が返ってきた。
バンドニュー。
50MHz 46エンティティ目。

18時、それまで皆さんがコールしているのにうちでは見えなかった、XW4XRが突然デコードし始めた。
しかも強い。
+16!
コールするが全然リターンがない。
なぜか連続して5エリアにリターンが返る。
本当に5エリアばかり。
そして、「SPLIT」とアナウンスしているのに、リターンはオンフレの局へ返ることが多くなってきた。
18:40、急に受信できなくなって撃沈。
そのとき、ちょうど6M6Mが出てき始めたのでコールしてQSO。

終わり、終わり。

6/29 1101J 50313.0kHz FT8 JG3IFX/8 (樺戸郡新十津川町) 25deg 100W
6/29 1721J 50313.0kHz FT8 4S7AB (Sri Lanka) Band New 255deg 100W
6/29 1843J 50313.0kHz FT8 6M6M (AS-105?) 255deg 100W

2019/06/16 ・ 2019/06/17 ・ 2019/06/18 ・ 2019/06/21 ・ 2019/06/23 ・ 2019/08/24 ・ 2019/06/25

*6/16
All Asian DX Contest。
20:07、3.511MHz CWでZL4YLが聞こえるが、呼んでもリターンなし。

20:14、1.814MHz CWでT88PBが入感。
リターンはない。
皆さんコールしているが、リターンのない局が多い。

3.521MHz CWでK6NAが聞こえるが、呼んでもリターンがない。

3517.2kHz CWでK7RLが入感。
リターンなし。

3.515MHz CWでKL7SBが聞こえる。
呼んでもリターンがない。

3.5217MHz CWでK3ESTが入感。
リターンなし。

あかん。
ローバンドやめ。

21:18、24.895MHz CWで5X2Bが弱いながらも聞こえる。

3.5285MHz CWで3W1Tが聞こえるがノイズがあるらしくリターンはない。

22:16、14.0404MHz CWでOX3XRが入感。
弱い。

7MHz CWへ。
N5ZOをはじめ、7局とQSOして終わり。

*6/17
0:22、14.003MHz CWで5Z4/LZ4NMが入感。
All Asian DX Contest。
当局の弱い信号を一生懸命聞いてくれて、4分もかかってQSO。

*6/18
1:50、10MHz FT8でS9Aが入感。
弱い。
しばらくすると信号は上昇。
UA4とS5へリターンが返り、どちらも無反応。
じっと眺めていると、当局にリターンが返ってきた。
コールを止めて2分後だった。

*6/21
6時すぎ、14MHz FT8では、皆さん7X3WPLを呼んでいる。
しかし、うちでは見えない。

*6/23
20時すぎ、14MHz FT8でOX3HIが入感。
いくら呼んでもリターンがない。
この局はいつ呼んでもリターンがない。

22時すぎ、14MHz FT8でSV8や4Xをコールするが、全然リターンがない。
そのとき、SP3AMに呼ばれた。

4K6MARがCQ連発状態。
見事な空振りCQの連続。
それなのに、呼んでも呼んでもリターンがない。
そのうちやっとQSOできた。

*6/24
夕方帰宅すると、朝は大丈夫だったはずの3エレの導波器が傾いている。
やりやがったな!
鳥!
きっと重量のある鳥が、エレメントの片側だけに何羽も止まったに違いない。

*6/25
朝の出勤前にタワーに登り、例によって釣竿の先にラチェットレンチをテープで固定したものを使って、エレメントを水平にする。
暑い。

夕方帰宅してFT8の画面を見ると、昼間に50.313 FT8でG8BCGや4S7ABが入感していた痕跡があり。
しかもG8は+8という強力さ。

6/16 2014J 1814.0kHz CW T88PB (Palau) 100W
6/16 2231J 7019.0kHz CW N5ZO (CA) 45deg 200W
6/16 2235J 7016.7kHz CW K9DX (IL) 45deg 200W
6/16 2236J 7014.9kHz CW W6YA (CA) 45deg 200W
6/16 2238J 7012.0kHz CW W6AX (CA) 45deg 200W
6/16 2241J 7012.3kHz CW K3EST (CA) 45deg 200W
6/16 2244J 7008.6kHz CW WJ9B (ID) 45deg 200W
6/16 2251J 7014.5kHz CW VE7DZO (BC) 45deg 200W
6/17 0029J 14003.0kHz CW 5Z4/LZ4NM (Kenya) 295deg 150W
6/18 0157J 10136.0kHz FT8 S9A (Sao Tome I) 300deg 150W
6/21 0026J 18100.0kHz FT8 S92HP (Sao Tome, Principe) 300deg 125W
6/21 0028J 18100.0kHz FT8 A41ZZ (Oman) 300deg 125W
6/21 0035J 10136.0kHz FT8 A41ZZ (Oman) 300deg 130W
6/21 0107J 14074.0kHz FT8 SU1SK (Egypt) 315deg 140W
6/23 1635J 50313.0kHz FT8 JH9DRL/P (射水市) 25deg 100W
6/23 1917J 50313.0kHz FT8 JG3IFX/8 (河西郡中札内村) 30deg 100W
6/23 2257J 18100.0kHz FT8 SP3AM (Poland) 315deg 130W
6/23 2304J 18100.0kHz FT8 4K6MAR (Azerbaijan) 315deg 130W
6/23 2311J 18100.0kHz FT8 DL1HCN (Germany) 330deg 130W

2019/06/15 9K2HN 6F

*6/15
朝から風が強い。
あまりの強風に、庭の木々が倒れそうに見えるし、HFのビームの方向が10度ぐらいズレてしまった。

50MHz。
11時すぎ、北海道宗谷総合振興局管内天塩郡豊富町移動のお二方と、SSB、CW、RTTY、FT8で5QSO。
他はJK8PBO/8(美唄市)とCWでQSO。

11:20にはFT8で富山の某局が入感していた。
ピーク-3。

13:05には4X4DKが-1で入感。
コールするが届かない。
QSOしている先生方へ送っているRPTは-17や-19と言った低い値。
道理で当局にリターンがないはずだ。
13:10には信号が低下。

15時半すぎ、皆さんがSMやOHやOH0を呼んでいる。

15:50、OH8WWが入感した。
コールできるぐらい強くはない。

16:21、9K2HNが入感。
リターンはJA、Eu入り乱れている。
コールしていると16:27にQSOできた。
9Kは6/11の9K2HSに続いて2局目。

6/15 1627J 50313.0kHz FT8 9K2HN (Kuwait) 300deg 100W

国内省略

2019/06/14

*6/14
朝、10MHz FT8で9G2HOが入感。
呼んでもリターンはない。

昼間は50MHz FT8を受信状態にして出勤。
帰宅してBand Activityをざっと確認すると、中央アジアからトルコ、イスラエル、ウクライナと言った方面が受信できていた。

21:57、50MHz FT8でEX8MLEが入感。
誰も呼ばないのでコール開始。
すると、信号が低下してしまった。

22:02にはUN3GXも入感。

23時すぎ、3.511MHz CWでKH2/JF2CRPが入感。
リモートでコールするがリターンはない。
最後は誰も呼ぶ局がいなくなって、それでもリターンがない。
もしかして、スプリットになってしまっていたかも。
リモートの操作画面にはスプリットの表示がない。
凄く不便だ。

2019/06/11 ・ 2019/06/12 9K2HS 6F, S9A 40F

*6/11
0:18、14.004MHz CWでOJ0AWが入感。
UP1.6でQSOできた。

21.023MHz CWのS9Aは無理。

14.074MHz FT8では色々と出ているが、9G2HOをコールしてみる。
消えてしまった。

朝8:56、50MHz FT8でW4UDHが入感。
ある局にリターンが返ったがその局が反応せず、何度もリターンを送っているうちに信号が低下してしまった。
あーあ。

9:02、W5LDAが入感。
しばらく-5ぐらいで安定。

そう言えば、JP1LRT局のブログで50.280MHzを国内専用FT4/FT8の周波数にすることを広報されていたのを思い出し、徐にCQを出してみた。
10回CQを出したが、何の反応もない。
そのうち皆さん覗いてくれるようになるかな。

9:53、50MHz FT8でDU6/PE1NSQが入感したのでQSO。

10:15、KL7HBKが+2で安定して入感している。
その後、JG3IFX/8(檜山郡厚沢部町)やVR2019CWCとQSO。
しかし、それ以上特筆するようなところは入感しないので、午前の部終了。

昼食後、また50MHzのワッチ。
12.32、PCのディスプレイを眺めていると、9K2HSのCQを見逃さなかった。
-2!
つっよ!
空いていたので上の方で即コール。
なんと、「+1」が返ってきた。
なかなかチャンスに恵まれなかった9Kを遂にWKD。
6m 45エンティティ目かな。

他に何か出て来ないかなーと思って画面を注視していると、UN6T、UK9AA、EX8MLT、UN3GX、VK8AWというお馴染みの面々が見えてきた。
とりあえず、UN6TだけQSO。

13:59にはUN7TWが、14:56にはUK8FFと9K2GSも入感してきた。

15:02には9K2ODも入感。
コールをし始めると、途中から「CQ ZL」に変えられてしまった。
んー

15:11、更に4X4DKも見え出した。
この頃には流石に大量のJAが6mに集結してしまっていて、パイルが大きい。
15:45には信号が上昇し、15:51には-3へ、15:53には0へ、15:56には+4まで上昇した。
QSOできるような錯覚に陥るが、全然リターンはない。
16:00には信号が低下し始めたが、16:02には-2へと持ち直してきた。
気を取り直して頑張ろうと思った矢先の16:05、例の市内某局が、またまた4X4DKのすぐ横でCQを出し始めた。
もうこれで抑圧されて4X4DKは完全に見えなくなってしまった。
この局、毎回毎回毎回毎回珍局のすぐ横または珍局に半被せしてCQを出すが、これはわざとなのか、無意識にそうできる能力があるのか、どちら???
この局のCQが終わると、4X4DKは消えていた。

16:24、今度は5B4ALXが入感。
16:40頃には信号が上昇。
その後低下したが、17:10にはまた強くなった。
頑張ってコールしてみたが、自分のミスもあってチャンスを逃してしまった。
また次回。

実は、印刷屋に発注していた新しいQSLカードが届いたので、昼に120枚ほど記入して、FT8でコールしながら順番に並べ替えて、JARLビューローに送る準備をしていた。
17:30にこのQSLと、9K2HSへのSASEを投函しに〒へ。

18:17、JG3IFX/8が久遠郡せたな町へ場所移動したようなのでQSO。

夕食後、また50MHzをワッチしながらメールを打っていると、スマホにアラームメールが次々と届いた。
職場でヤバいことが発生し、慌てて処置してから、某局と某局とで緊急出動。
帰宅したら2時だった。
一息ついて歯を磨いて寝る用意をしていると、ガラガラの7.056MHz FT8でS9Aが入感していたので、すぐにQSOして就寝。
風邪を引いたので早く寝たかったのに...
それと、リフレッシュ休暇だったのに出勤してしまったので、また取り直し。
あれ「私リフレッシュ休暇なので対応しません」って言ってたら、間違いなく事故ってた。

6/11 0019J 14004.0kHz CW OJ0AW (Market Reef) 345deg 120W
6/11 0954J 50313.0kHz FT8 DU6/PE1NSQ (Philippines) 220deg 100W
6/11 1022J 50313.0kHz FT8 JG3IFX/8 (檜山郡厚沢部町) 45deg 100W
6/11 1025J 50313.0kHz FT8 VR2019CWC (Hong Kong) 240deg 100W
6/11 1234J 50313.0kHz FT8 9K2HS (Kuwait) 300deg 100W
6/11 1239J 50313.0kHz FT8 UN6T (Kazakhstan) 300deg 100W
6/11 1817J 50313.0kHz FT8 JG3IFX/8 (久遠郡せたな町) 30deg 100W
6/12 0306J 7056.0kHz FT8 S9A (Sao Tome Is) 300deg 175W

2019/06/10夜 ナニこれ?夜の中央アジアめっちゃ好調!

*6/10
昼間はこてんぱんだった50MHz。
22:50に何となくワッチしてみると、EX8MLTが入感しているではないか!
コールしてみると、すぐにリターンが返ってきたではないか!
UK9AAも入感している。
コールすると、これもリターンあり。

その後もしばらく眺めていると、EX8MLTもUK9AAも暇そうにCQ連発。
EX8MLEも入感したが、EX8MLTと間違えるというありがちな勘違いでスルーしてしまった。
EX8MLEは受信できなくなった。

23:03、EX8MLTをUN7TWがコールしている。
しかも強い。
EX8MLTをコールするUN7TWをコールすると、すぐに応答してくれた。
-1を送って-8を貰った。

もっと見えへんかなあ。

と思っていたら、UN3GXが入感。
早速コールしてQSO。

23:33にUK9AAがUN7EGとQSOしていたが、UN7EGは見えなかった。

やっぱりこの方面は、ノー障害物なので良いなあ。
そして今夜は、誰一人クラスターにスポットしなかったのが良かった。

6/10 2222J 14090.0kHz FT8 S9A (Sao Tome Is) 300deg 120W
6/10 2253J 50313.0kHz FT8 EX8MLT (Kyrgyzstan) 305deg 100W
6/10 2255J 50313.0kHz FT8 UK9AA (Uzbekistan) 305deg 100W
6/10 2304J 50313.0kHz FT8 UN7TW (Kazakhstan) 305deg 100W
6/10 2322J 50313.0kHz FT8 UN3GX (Kazakhstan) 305deg 100W

プロフィール

JL3LSF

Author:JL3LSF
1970年生まれ
1984年、大阪府堺市でJL3LSF開局
1991年、イリノイ州シャンペインの消防署でTechnician Plus取得 (N9PLT)
2011年、Amateur Extra取得 姫路で (NA1AA)
2014年、大阪府堺市南区にQSY
2019年、開局35周年

アンテナ
 (1)地上高15m 3 element Yagi (for 20, 17, 15, 12 and 10m)
 (2)地上高17.5m Rotatable Dipole (for 40 and 30m)
 (3)地上高16m 6 element Yagi (for 6m)

空中線電力 150Wぐらい

第一級アマチュア無線技士
職業 無線技術者(第一級陸上無線技術士 = 昔で言うところの一技) 選任されている無線局は440局(2019/05/01現在)
旧第一種伝送交換主任技術者
第三種電気主任技術者
高等学校教諭一種免許(工業)
フルハーネス型墜落制止用器具特別教育受講済
専門は物理
以下省略

本業は6mのJCC/JCGハンティングで、昔は自宅からも山からもアクティブにQRV。
しかし仕事でン十kW級の無線を始めてからというもの、しばらくアマチュアを休業。
数年前から段階的にカムバックし、密集住宅街の狭い家から何を思ってか、3.5MHzから28MHzでDXを呼んではガッカリ。
移動運用で狙うDXにも限界が訪れ、2014年4月、遂にたまりかねて高台移転。
やっと普通の弱小局に格上げか???

*2014年4月24日、6バンドHexagonal Beam設置。

*2014年秋からは小さなタワーに給電してローバンドの運用を開始。

*2015年1月29日、18MHz/24MHz用4エレHB9CVを追加。

*2015年5月からは50MHz用の自作5エレF9FTを使用開始。

*2015年8月、F9FTを10MHz用釣竿ロータリーダイポールに交換。

*2015年9月、釣竿ロータリーダイポールを7MHz/10MHzの2バンド用に変更。

*2015年10月、ローバンド用アンテナをスローパーに変更。

*2016年1月、Hexagonal Beamを3エレトライバンダーに交換。

*2016年4月、スローパーを撤去して3.5MHz用のロングワイヤーを設置。

*2018年6月1日、ローバンド用のリモート局の免許を受ける。給電点海抜高655mのハーフスローパー。恐らく大阪で一番高い。ただし100W。

*2018年9月、台風21号により被災。マストパイプが曲がり、数を減らす目的で3エレトライバンダーとWARCの4エレHB9CVを統合して改造!

*2018年11月6日、リモート局のローバンド用アンテナをハーフスローパーから傾斜型に変更(160m・80m)。給電点海抜高638.5m。スカイツリーよりは高い。

*2019年1月8日、リモート局の160m用エレメントを短縮型からフルサイズ(折り曲げ)に変更。

*2019年5月6日、50MHzの6エレ八木を再設置。

今思うと、やっぱりHexagonal Beamがいちばん良いような...

アクセス
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
676位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
156位
アクセスランキングを見る>>
Solar-Terrestrial-Data
雨雲レーダー
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
QRコード
QR