2017/08/15 最近難しい南極, どの局もメチャクチャ弱い

15:40、14.155MHz SSBでAL3/AA7CHが入感。
信号は非常に弱い。
コールすると何とかリターンが聞こえたが、正確にフルコピーしてくれたかどうかまでは定かではない。

18時過ぎ、14.208MHz SSBで8J1RLが聞こえる。
信号はメチャクチャ弱く、カスカスに近い。
40分間様子をうかがい、何度かコールしてみる。
「3エリア」と言っている。
再度コールすると、何とかリターンが聞こえた。
RS55を送ってくれたが、こちらからはお世辞を含めても43しか送りようがない。
何度も言うが、以前は南極は比較的簡単にQSOできたが、今はこの有様だ。

21時過ぎ、18.0735MHzでSV9/WB2GAI/Pが入感。
信号はメチャクチャ弱い。
コールは多分コピーしてくれたと思うが、自信はあまりない。
「73」とか「TU トントン」というのは良く聞こえたが。

18.150MHz SSBでは9H1ETが聞こえていたが、これもかなり弱かった。

最近のコンディションでは、当局ではこのような受信状況で、どのQSOもあやふやだ。

8/15 1546J 14155.0kHz SSB AL3/AA7CH (NA-042) 20deg 160W
8/15 1841J 14208.0kHz SSB 8J1RL (南極昭和基地) 210deg 160W
8/15 2115J 18073.5kHz CW SV9/WB2GAI/P (Crete I) 310deg 170W
スポンサーサイト

2017/08/06 ・ 2017/08/09

コンディションは相変わらず。
Euは聞こえてもその程度。
14MHzで聞こえる夜中のZSも弱い。

8/6 1720J 21024.8kHz CW VR20ZQZ/P (Hong Kong) 240deg 150W
8/6 2305J 7017.2kHz CW RI0LI (AS-022) 345deg 200W
8/9 0631J 10108.0kHz CW RI0LI (AS-022) 10deg 150W

2017/07/30 ・ 2017/08/01 ・ 2017/08/02

相変わらずコンディションが悪く、ワッチしていてもこれと言って聞こえない。
クラスターにスポットされているもののうち、大半が何も聞こえない。

最近のQSOは下記の通り。
R24RRCも近いのに弱い。

8/2の深夜、14.033MHzで9J2BOがCQを出し始めたのでコール。
「3LSF」と返ってきたが、その後コールを3回繰り返して打ってもコピーはしてもらえなかった。
断念。
この局とQSOできないとは、コンディション低下も相当なものだ。

7/30 0703J 14250.0kHz SSB JA6WJL (AS-040) 265deg 170W
8/1 0623J 14040.0kHz CW R24RRC (AS-044) 10deg 150W
8/1 2153J 10111.0kHz CW R24RRC (AS-044) 350deg 130W

2017/07/28 S79NH 20C

7/28朝5:55、7.001MHzでTZ4AMが聞こえる。
JA指定でやっており、だんだんと呼ぶ局が減ってきている。
そろそろ何とかなりそうな気がしたのだが、リターンはLAに。
次はSM。
あのなあ...
そしてその次にはQRTしてしまった。
6:10だった。

夜、14.006MHzでS79NHが入感。
クラスターではLPと書いている局もいるが、S/Pの方が強いことは言うまでもない。
RPより少しずらしてコールしていると、「JL2」のリターン。
静観していると、誰も出て行かず、また「JL2」と。
もう当局に違いない。
コールを打つと拾ってもらえた。

7/28 2137J 14006.0kHz CW S79NH (Seychelles) 258deg 170W

2017/07/25 ・ 2017/07/26 S79NH

7/25はRI0C(AS-069)一色。
しかしこの局、複数バンドでLHFやらLIFやらとミスコピーされた。
短点苦手???

7/26夜は、18.078MHzでS79NHがクリアに入感。
久々に気持ちの良いDXの入感。
あまり呼ぶ局もおらず、UP1.11でコールするとすぐにリターン。

今夜は結構涼しく、久々にエアコンOFFで過ごしなう。

7/25 2006J 18072.0kHz CW RI0C (AS-069) 10deg 150W
7/25 2009J 14040.0kHz CW RI0C (AS-069) 10deg 160W
7/25 2155J 7012.0kHz CW RI0C (AS-069) 5deg 200W
7/25 2306J 10117.0kHz CW RI0C (AS-069) 5deg 150W
7/26 2034J 18078.0kHz CW S79NH (Seychelles) 255deg 180W

2017/07/22 ・ 2017/07/23

いつもコンディションが悪く、遠い所は聞こえない。
QSOは9M4IOTAだけ。
この局も簡単にQSOできる訳でもない。

7/22 1904J 14254.0kHz SSB 9M4IOTA (AS-072) 235deg 150W
7/23 0114J 7017.0kHz CW 9M4IOTA (AS-072) 240deg 200W
7/23 1756J 14040.0kHz CW 9M4IOTA (AS-072) 240deg 150W

2017/07/17 全然ダメなJT65

夕方、14MHzのJT65でR24RRCを呼ぶ。
誰かと同時に呼べば呼び負けるし、誰も呼んでいなくてもリターンはない。
前のQSOが終わる前に周波数をずらして呼ぼうが、CQを待ってから呼ぼうが、全然届かない。
時間ばかり過ぎて本当に面白くないモードだ。

21時、14.190MHzでVR20XMTのCQが聞こえるが、弱い。
Sメーターが振れない。
近いけど、呼んでも多分ダメだろう。

7.021MHzではRW0LD/Pが強い。

コンディションは非常に悪い。
以上!

2017/07/16 9N1AA 20S

7/16のQSOは下記の通り。
14MHz CWでQSOしたKH6/W6AVYだが、調べると30mのKH6が未交信ということが判明。
狙ってみたがタイミングが合わずに残念。

夜、3.5MHzではTX5EGが出ているが、カスカスのカスカスで全然無理。
3.515近辺ではやたら大量のJA局がQRVしていて、わやになっている。
ノッチフィルターをONにして、その中からJO2ASQ/3(泉北郡忠岡町)の信号を捉えてQSO。

14.265MHz SSBに9N1AAが出ていた。
オンフレではいくら呼んでも拾ってもらえなかったが、UP3になってしばらく呼んでいると、何とかQSOできた。
最近はSSBではいくら呼んでも届かないことが多く、ほとんど無用の長物のSSB。

7/16 1640J 14014.5kHz CW KH6/W6AVY (Hawaii) 85deg 140W
7/16 2043J 3514.0kHz CW JO2ASQ/3 (泉北郡忠岡町) 200W
7/16 2124J 7026.0kHz CW R24RRC (AS-114) 5deg 200W
7/16 2139J 14265.0kHz SSB 9N1AA (Nepal) 280deg 160W
7/16 2234J 14040.0kHz CW R24RRC (AS-114) 5deg 150W

2017/07/08 EA8RM, 2017/07/11夜 聞こえない

7/8 7時、14.016MHzでEA8RMが入感。
コールするが、「JR3LHF」と返ってきた。
訂正するも「JR3LSF」と聞こえる。
もう一度訂正したが、わかってくれたかどうか...

まあ、色んなことがありますわ。
忙しい、忙しい。
どうせ大したことろも聞こえないので、あまりワッチしていない。

7/11 夜9:50頃、18.145MHz SSBで皆さん4U1ITUをコールしている。
ONXさんも呼んでいる。
当局には何も聞こえない。
本当に何も聞こえない。

7/8 0706J 14.016.1MHz CW EA8RM (Canary Is) 340deg 170W

2017/07/06 RI1ON

一昨日は地元総通局長から1エリアの局長に転勤とのことで、ご丁寧なご挨拶を送っていただいた。

昨日は職場のレイアウト変更でかなり疲労。

今朝は、南海電鉄の夜間作業でアセチレンガスのボンベ4本が炎上したということで、ダイヤが大乱れ。
こんなときに限って山の勤務。
いつもより早く家を出て、小走りで駅へ。
何とか中百舌鳥まで折り返し運転の電車があるが、来た電車は満員で乗れない。
次の電車は乗れたが、駅毎に時間調整で数分停車。
もう中百舌鳥に着くと思ったら、中百舌鳥駅満線ということでまた停車。
いつもは難波まで直通だが、今日はなかもずで御堂筋線へ乗り換え。
結構距離のある乗り換えだが、大急ぎで移動。
振替輸送の人達は長蛇の列。
PiTaPaの自分は関係ないので改札へ。
冷房の効いていない御堂筋線でなんばまで。
そして何とかいつも通りの近鉄電車に乗れた。
自宅を出てから近鉄に乗るまで、ずっと汗がジャージャーと流れっ放しだった。
疲れた。

毎日少しワッチしていても、特にこれと言って聞こえない。

今14.021MHzでRI1ON(EU-066)が聞こえてきたのでQSO。

7/6 2047J 14021.0kHz CW RI1ON (EU-066) 350deg 150W
プロフィール

JL3LSF

Author:JL3LSF
1970年生まれ
1984年、大阪府堺市でJL3LSF開局
1991年、イリノイ州シャンペインの消防署でTechnician Plus取得 (N9PLT)
2011年、Amateur Extra取得 姫路で (NA1AA)
2014年、大阪府堺市南区にQSY 開局30周年
2017年、開局33周年
アンテナ
 (1)地上高16.5m 3 element Yagi (for 20, 15 and 10m)
 (2)地上高15m Mini-multiantenna HB18-24X4A (4 element HB9CV, for 17 and 12m)
 (3)Inverted L w/Loading Coil for 80m
 (4)地上高18m Rotatable Dipole (for 40 and 30m)
空中線電力 150Wぐらい
第一級アマチュア無線技士
職業 無線技術者(第一級陸上無線技術士) 選任されている無線局は438局(2016/9/16現在)
旧第一種伝送交換主任技術者
第三種電気主任技術者
専門は物理
以下省略

本業は6mのJCC/JCGハンティングで、昔は自宅からも山からもアクティブにQRV。
しかし仕事でン十kW級の無線を始めてからというもの、しばらくアマチュアを休業。
数年前から段階的にカムバックし、密集住宅街の狭い家から何を思ってか、3.5MHzから28MHzでDXを呼んではガッカリ。
移動運用で狙うDXにも限界が訪れ、2014年4月、遂にたまりかねて高台移転。
やっと普通の弱小局に格上げか???
2014年秋からは小さなタワーに給電してローバンドの運用を開始。
2015年5月からは50MHz用の自作5エレF9FTを使用開始。
2015年8月、F9FTを10MHz用釣竿ロータリーダイポールに交換。
2015年9月、釣竿ロータリーダイポールを7MHz/10MHzの2バンド用に変更。
2015年10月、ローバンド用アンテナをスローパーに変更。
2016年1月、Hexagonal Beamを3エレトライバンダーに交換。
2016年4月、スローパーを撤去して3.5MHz用のロングワイヤーを設置。
3.5MHzのアンテナは随時改修中。

アクセス
Solar-Terrestrial-Data
雨雲レーダー
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
QRコード
QR