2011/08/02(火)夜の移動結果(只今16勝24敗) やっとST0Rができた!

s-DSC_2132.jpg
↑トラップをバイパスしている赤いIV線が見える。


移動場所: 大阪府貝塚市(標高740m)
アンテナ: 2ele HB9CV + マニュアルANTチューナー
CONDX : △
成果 : 


QSOできた局:

 18074.0kHz CW ST0R (The Republic of South Sudan)


その他聞こえた局:

 21295.0kHz SSB ST0R (The Republic of South Sudan)
 14145.0kHz SSB ST0R (The Republic of South Sudan)
 14004.9kHz CW S79NU (Seychelles Is. )
 14020.0kHz CW SZ9L (Crete)


ST0Rは自宅でも何とか聞こえるようになってきたが、いくら呼んでも当然埒かあかないわけで、満を持して深夜の山岳移動に出陣した。
ST0Rは夜な夜な各バンドで聞こえているが、バンドによって入感状況が全く異なる。
仮に強力に入感していても、RTTYだったら当局には目も当てられない。
このため、少なくとも10MHz以上のHF全バンドにQRVできなければ悲しい結果を招くのは目に見えている。
課題は14・21・28MHz用トライバンダーでWARCバンドにQRVする方法であった。
これについては、トラップコイルの両端を銅線で短絡してバイパスすることにした。
60cmぐらいのIV線の両端に目玉クリップをハンダ付けしたものを用意した。
後はアンテナチューナーの仕事だ。

21:50到着。
アンテナを組み立てていると雨が降ってきた。
しかし、5分と経たないうちにやんでくれた。
アンテナを上げる前にクラスターをチェックする。ST0Rは18MHz CWにスポットがある。14MHzはSSBだ。
まずQSOしやすいCWで攻めるべく、早速例の目玉クリップ線の出番となった。
そそくさとアンテナを上げ、18MHzをワッチすると、少し弱いがST0Rが聞こえている。
しかしSは振っている。
しばらく呼んでいるとJA指定になった。しかもUP1だ。
適当にUP1ぐらいに合わせて呼ぶとリターンがあった!
やっとST0RとQSOできた。
目玉クリップ線の成果が出た。

次は14MHz SSBで攻めるべく、一旦アンテナを下ろして目玉クリップ線をはずす。
14MHzのST0Rは弱い。
前日は自宅のへなちょこアンテナでも14MHz CWで超強力に入感していたので、強いのは2日は続かないと思っていたが、その通りになった。
いくら呼んでも埒があかない。
21MHz SSBは14よりさらに弱い。丑三つ時の頃にはJAから呼ぶ局はいなくなっていた。
下界ではもう聞こえないのか。

14.005MHzのS79NUとQSOしたかったが、弱くてパイルに勝てなかった。

いい加減飽きてきたところで、空が晴れてきたので星の写真撮影。
流れ星がいくつも見えた。
夏の大三角形の全景が撮れたところで、また各バンド巡回するも、どの局も弱くて何だかよくわからないためQRT(3:15)。

写真を撮っていると、3時に3~4人連れの若者に道を聞かれた。「犬鳴トンネルの方に行きたい」と。
何か相当びびっていて、“恐る恐る感”が溢れていた。
道を教えると、「かなりヤバいっすか?」と言うので、「大丈夫。普通の林道やから...」と。
後日、JH5BJU氏曰く「そういう意味じゃないでしょ!」と。


s-JL3LSF夏の大三角形110803


スポンサーサイト

HB9CV改修など

何だかんだと行事が続いて、QRVもままならないが、やっと自治会のイベントが終了
しかし、まだまだ色々続くので頭が痛い。

今夜は移動用のHB9CV(HB32SX-P)の改修を実施した。
このアンテナは移動仕様であるものの、ブームにエレメントブラケットを取り付けたままでは非常に邪魔。
かと言って、外してしまうと大変なことになる。
どんなことになるかと言うと、エレメントの固定が、サイズの合っていない回り止め金具とUボルトでブームに締め付けるだけなので、一度外してしまうと次に取り付けるときに、エレメントの位置決めと水平取りが相当難しく、物凄く手間取る。
特に、エレメント間隔は正確に設定しなければ、金属パイプでできたフェーズラインが取り付けられない。
そこで、エレメントブラケットの着脱が気軽にできるよう、必ず決まった位置に決まった角度でエレメントブラケットを固定するための小さな補助ブラケットをタッピングビスでブームに固定した。
この小さなブラケットは小さいがゆえに邪魔にならないため、常時取り付けたままにできる。
補助ブラケットに元々のエレメントブラケットを取り付けることで正確な位置決めが可能。

これで夏休みの準備は完了

2011/08/12~17 夏休みの帰省運用

s-DSC_2303.jpg
南方向はご覧の通りFBな眺め


s-DSC_2304.jpg
しかしアフリカ方向は苦しい


s-DSC_2305.jpg
アフリカからカリブにかけての方向には、アンテナの前に電線が
高圧線2系統、低圧線1系統

-----------------------------

運用場所: 高知県南国市(標高15m)
アンテナ: 2ele HB9CV(hight 10m) + マニュアルANTチューナー


◆QSOできた局:

8/12夜QSO
 21023.8kHz CW SM1TDE (Gotland Is., Sweden)
 14267.0kHz SSB JW/OE9SDV (Svalbard)
 14012.5kHz CW ZS6IARU (South Africa)

8/13夜QSO
 24892.0kHz CW VR2OP (Hong Kong)
 18072.0kHz CW UP1ASTR (Kazakhstan)
 18081.0kHz CW OZ1IKY (Denmark)
 18069.5kHz CW IS0UAI (Sardinia)
 18076.1kHz CW HA50HH (Hungary)
 21011.0kHz CW EF8M (Canary Is.)
 21042.4kHz CW T70A (San Marino)

8/14朝QSO
 14029.0kHz CW SV1JGX (Greece)
 7010.5kHz CW 8N1WHALE (昭島市)

8/14午後QSO
 50106.9kHz CW BD4JWU (China)
 7011.8kHz CW JL3TEQ/5 (小豆郡)
 7005.1kHz CW 8J1EQ/1 (北茨城市)

8/14夜QSO
 14024.3kHz CW LX7I (Luxembourg)

8/15朝QSO
 10121.0kHz CW 8N6RL
 14045.0kHz CW 8J4OIDE/4 (周南市)

8/15午後QSO
 14021.0kHz CW ZP6CW (Paraguay)
 14208.0kHz SSB RG20CG (OP JA8BMK)
 14009.0kHz CW RN1CR/0

8/15夕QSO
 3512.0kHz CW 7L4IRU/1 (さいたま市浦和区)
 10102.3kHz CW 4F9HXB (Philippines)

8/15夜QSO
 14009.2kHz CW 9M2/JE1SCJ (West Malaysia)
 14009.4kHz CW UK8OK (Uzbekistan)
 14003.0kHz CW ZS6/4Z5LA (South Africa)

8/16朝QSO
 7011.0kHz CW JA1YCQ/1 (土浦市)

8/16夕QSO
 14195.0kHz SSB FK8HW (New Caledonia)
 10104.0kHz CW ZP6CW (Paraguay)

8/16夜QSO
 14020.3kHz CW RT6A/0 (RDA SL-17)
 21283.0kHz SSB OV1CDX (Sjaelland Is. EU-029)


◆その他聞こえた局:

8/12夜SWL
 24892.0kHz CW 9K2HN (Kuwait)
 21011.7kHz CW 7Z1HL (Saudi Arabia)
 21015.1kHz CW ZS6ME (South Africa)
 *****.*kHz CW TC2X (Turkey)
 14010.0kHz CW W5IZ (USA)
 18080.5kHz CW 4K8M (Azerbaijan)

8/13夜SWL
 10104.0kHz CW CO8LY (Cuba)
 18074.0kHz CW VU2GSM (India)
 21009.0kHz CW 5B/RV1AW (Cyprus) WAE
 14006.4kHz CW TC2X (Turkey) WAE

8/14朝SWL
 10131.0kHz CW OJ0UR (Market Reef)
 14040.6kHz CW Z35T (Macedonia)
 14019.1kHz CW PY1NX (Brazil)
 14009.6kHz CW OH8X (Finland)

8/14昼SWL
 50098.0kHz CW BN4NWT (China)

8/14夜SWL
 21295.0kHz SSB CT9/IZ2DPX (Madeira)
 14260.0kHz SSB 5Z4/IZ7ATN (Kenya)

8/15朝SWL
 14005.3kHz CW VO3A (Canada)
 14038.5kHz CW VK4CT (Australia)

8/15夕SWL
 14024.2kHz CW 4F9HXB (Philippines)
 14020.0kHz CW RT6A/0 (Asiatic Russia)

8/15夜SWL
 14015.0kHz CW OH2IPA (Finland)
 14270.0kHz SSB YB0J** (Indonesia)
 14008.5kHz CW W7SW (USA)
 14019.0kHz CW SM6CWK (Sweden)
 14013.5kHz CW RV1CC/0 (Sakhalin)
 14005.0kHz CW 9M2/SQ9UM (West Malaysia)

8/16朝SWL
 14011.0kHz CW SV0XCC/9 (Crete)

8/16夜SWL
 21250.0kHz SSB MM0EAX (Scotland)
 14016.0kHz CW SL2MTK (Sweden)
 21293.0kHz SSB VP8LP (Falkland)
 21025.4kHz CW 9A1HDE (Croatia)
 21180.0kHz SSB ET3AA (Ethiopia)
 14031.5kHz CW 7Z1HL (Saudi Arabia)
 14190.0kHz SSB EA9/EC7DZZ (Ceuta & Melilla)
 14188.0kHz SSB W6CCP (USA)


8月12日から高知に帰省。
夕方早速ベランダにHB9CVを建てた。
クゥェートの9K2HNはQSOしたかったが届かなかった。
14MHz SSBのスヴァールバルはQSOできた。
今までスヴァールバルは何局もQSOしているが、なぜか全て14MHzだ。

8月13日夜は10MHzでキューバのCO8LYが入感したが、信号は弱くQSOできなかった。
WAEが始まってからは賑わっていたが、収穫はサンマリノだけだった。
サンマリノは今まで強く入感したことはなく、パイルに勝てなかったが、今回は非常に強力かつノーパイルでFBだった。
他にも数局QSOしたい局が出ていたが、Eu以外だったのでコールすることができなかった。

8月14日朝には弱いながらもやっとOJ0URが入感した。
それまではクラスタにスポットされていても、まったく聞こえなかった。
OJ0はNewではないのでそれほどやる気が出ない。
それ以前に弱くて呼べない。
14MHzでは朝からEuが強いが、それに混じってPYも強力に聞こえている。
ビームをEuに向けたままでガンガン聞こえている。
夜は14MHz SSBでケニアの5Z4/IZ7ATNが入感したがQSOはできなかった。

12~14日はコンディションはまだ良い方だったが、それでも言う程ではなかった。

8月15日からはコンディションが不安定になり、ZPやZSが強力に入感する時もあれば、10~28MHzまで何も聞こえない時もあった。
遂に太陽黒点はゼロになった。

8月16日はEuの信号もカスカスになった。
朝からCQ誌の沖田さんが7MHzでパイルをさばいていたので呼んでQSO。
14・21・28MHzのトライバンダーだが、ATU使用で7MHzでも十分実用になっている。
指向性も鋭い。
夕方、10MHzのロングパスでZP6CWとQSO。
HB9CVは10MHzでも同様に実用になっている。
目玉クリップ線が必要なのは18MHzだけのようだ。
なお、悪ふざけ(?)で3.5MHzもQSOしてみたが、これは同軸からの輻射のようだ。
夜になりコンディションも少し持ち直してきて、弱いながらも21MHz SSBでOV1CDXが入感。
パイルの切れ間でQSOできた。
当局以外の局はすべてRS59から59+30dBをもらっていた。55をもらったのは当局だけだった。
21MHz SSBではロングパスでフォークランド諸島のVP8LPが入感。
コールは聞き取れるが弱い。
夜も更け、寝ようとした頃にエチオピアのET3AAが21MHz SSBで入感してきた。
弱いが、この程度の信号でアフリカとQSOできたことは何度かあるので呼んでみる。
パイルは収まり、呼ぶ局もなくなり、「QRZ?」の連発となったが、一向に当局のコールはコピーしてもらえないまま聞こえなくなってしまった。
14MHz SSBのEA9ともQSOできず、就寝。

今回も残念ながら、聞こえてもQSOを逃したエンティティーがいくつもあった。
エチオピアが入感した記念に、お土産は“エチオピア饅頭”となった。

s-DSC_2319.jpg
エチオピア饅頭

最近のCFM ZD9GI J25DXA

7月22日の夜の移動運用でQSOしたGough島のZD9GI(14210.0kHz SSB)
RS44が...
s-ZD9GI表

s-ZD9GI裏jpg


5月30日に自宅から奇跡的にQSOできたJ25DXA
スペシャルコールサインだそうな
s-J25DXA.jpg

2011/08/21(日)夜の移動結果(只今17勝24敗)

s-DSC_2328.jpg
18MHzにQRVするために、トラップ両端を短絡させたHB9CV


移動場所: 大阪府貝塚市(標高740m)
アンテナ: 2ele HB9CV + マニュアルANTチューナー
CONDX : 
成果 : 


QSOできた局:

 14005.0kHz CW 8J1RL (昭和基地)
 18080.0kHz CW DL0MFK/LH (Germany)
 18078.5kHz CW OH3AG/LH (Finland)
 10110.0kHz CW 8J1RL (昭和基地)
 18068.4kHz CW EK7DX (Armenia)
 21293.8kHz SSB IK4ALM (Italy)
 18070.8kHz CW OZ1CTK (Denmark)


その他聞こえた局:

 21025.0kHz CW 9J2BO (Zambia)
 18071.0kHz CW PZ5RA (Suriname)


夕方の豪雨も去り、夕食も早く終わったし時間があるので移動。

まず21MHzで9J2BOが入感しているが弱い。
呼んではみたものの、QSOできる雰囲気ではない。

14MHzでは8J1RL南極昭和基地が非常に強い。
呼ぶとすぐにリターンがあった。

18MHzではスリナムPZ5RAの「QRZ Asia」にJAが群がっている。
スリナムはCFM済みだが、この場所からQSOしたことがないのでコールすべく、一旦アンテナを降ろしてトラップを目玉クリップ線でバイパスする。
もう一度アンテナを上げて、SP方向に向けると強くなった。
UPでコールするがリターンはない。
何か時間の無駄に思えてきてコールやめ。

せっかく目玉クリップ線を付けたので18MHzをいろいろワッチするが、Eu方面がFBな割には目ぼしいところは出ていない。

8J1RLが10MHzにQSYしたようなので聞くと、少し弱いがパイルにはなっていない。
呼ぶとすぐにリターンがあった。
8J1RLは昨年から何度もコールしてきたが、全くQSOできなかった。
今回あっさりと2バンドでQSOできた。
ちなみに8J1RLとは24年ぶりのQSO。

18MHzに戻ると、アルメニアのEK7DXがCQを出している。
アルメニアも、今まで聞こえても弱くてQSOできていなかったエンティティーだ。
ビーム方向が少しずれたまま呼ぶとリターンがあったが、JL3LIFとミスコピーされた。
訂正しても聞いてくれなかった。
しばらく経ってからビーム方向を調整するとグンと信号が強くなったので、スローキーイングでコールし直し。
今度はコールを正しくコピーしてくれて無事WKD。

18MHzは飽きてきたので21MHzを聞くが、Euばかりで面白くない。
しかし、SSBのIK4ALMがやたら強かったので、思わずコールしてQSO。
どのバンドも目ぼしいところは聞こえないため、最後に18MHzでOZ1CTKとQSOしてQRT。

最近のCFMとVE2XAAのSilent Key

s-TF_VE2XAA.jpg
8月22日にTF/VE2XAAのQSLが届いた。
アイスランドはNewだったので喜んだ。
そう言えば、SASEを送るときにVE2XAAのQRZ.COMに、QSLは9月に準備できる旨書いてあったのを思い出し、エライ早く届いたなと思ってもう一度QRZ.COMを見た。
するとそこには、QSLが届いた前日の8月21日に亡くなったとの記載があった。
半信半疑だったが、VE3DZのロシア語のブログを機械翻訳で読んだところ、どうやら真実のようだ。
62歳で心臓発作とのこと。
AlexyのアクティブなQRVに感謝し、ご冥福をお祈りします。
JH5BJU氏はQSL未請求とのことで焦っていた。

s-ZB2JK.jpg
もう1枚はコレ。7月16日夜の移動運用でQSOしたジブラルタルのZB2JK/P。
FT-857 40Wにダイポールのようだ。

s-5N7M.jpg
そしてやっと届いた5N7M。
5N7Mはもう1通請求しているが、そちらは未着。

2011/08/28(日)朝の移動結果(只今17勝25敗) 撃沈のカリブ海

s-DSC_2405.jpg


移動場所: 和歌山県紀の川市(標高675m)
アンテナ: 2ele HB9CV + マニュアルANTチューナー
CONDX : 
成果 : 


QSOできた局:

 50223.1kHz SSB JA5RCT/5 (愛媛県西宇和郡伊方町)


その他聞こえた局:

 14006.4kHz CW EA9EU (Ceuta & Melilla)
 21290.0kHz SSB XE1YQQ (Mexico)
 21260.1kHz SSB YN2N (Nicaragua)
 21011.9kHz CW PP1CZ (Brazil)
 21010.1kHz CW CO8LY (Cuba)
 21320.0kHz SSB FG5GP (Guadeloupe)


秋のコンディションになったので、深夜の移動から早朝の移動へ移行。
狙いはもちろんカリブ海。
ガソリンを入れてから登ろうとしたら、登り口手前のスタンドがまだ開いていなかった。
仕方なく来た道を戻る。これで時間をロスして運用開始は6時15分。

14MHz CWで聞こえるEA9EUは弱く、QSOできなかった。

以降21MHzで中米方面が入感し始めるも、どれも弱い。
SSBのYN2Nはよく聞こえているが、信号強度自体は弱く、呼んでも呼んでも届かない。
私の絶叫を尻目に、山陰の長谷川さんがいつも通りのワンコールでかっさらっていく。
こっちではRS51。あっちでは59+。
エレメント数では2本負けているが、海抜高は圧倒的に勝っている。
それなのに受信レベルの差は50dB以上あるようだ。
11月に東京で会うときにどんなロケーションなのか聞いてみよう。

YNは今まで何度もQSOしているので、別の局を探す。
CWでCQ TESTを出しているPP1CZも弱くて届かない。
いつも強いCO8LYも今日は弱い。
SSBのFG5GPがよく聞こえている。
今まで聞いたFGの信号の中で一番強い。とは言ってもそれは相対的な話で、絶対的に信号強度としては弱い。
8時48分頃から強くなってきたが、まったくリターンがない。
喉がかれてきた。
ピックアップされるのは1エリアの局が圧倒的に多く、次いで7エリア。
3エリアでピックアップされたのは1局だけだった。
9時10分から弱くなり始め、25分には聞こえなくなった。

このままではボウズで帰ることになるので、各バンドをワッチしてみるが、何も聞こえない。
仕方なく50MHzを聞くと、いつもの黒田さんがCQマシーンでCQを出している。
西宇和郡伊方町移動と聞いて、遠いなぁと思いコール。
今日はこれだけ。
コンディションは良いと思ったが、場所が悪いようだ。
前回この場所でVP5とQSOできているので、カリブとの相性は良いと思っていたが、気のせいだった。
また場所を探さなくては...この近辺の山はどこもカリブ海のSP方向に尾根がある

IRC購入

所要で外出したついでに泉佐野郵便局でIRCを購入。
色んな郵便局でIRCを購入するが、郵便局によって微妙に異なる独特の通称で呼んでいるのが面白い。
一例として
「国際返信切手」
「国返切手券」
「国際返信」

間違っても「IRC」はないし、「国際返信切手券」も意外にない。

プロフィール

JL3LSF

Author:JL3LSF
1970年生まれ
1984年、大阪府堺市でJL3LSF開局
1991年、イリノイ州シャンペインの消防署でTechnician Plus取得 (N9PLT)
2011年、Amateur Extra取得 姫路で (NA1AA)
2014年、大阪府堺市南区にQSY 開局30周年
2017年、開局33周年
アンテナ
 (1)地上高16.5m 3 element Yagi (for 20, 15 and 10m)
 (2)地上高15m Mini-multiantenna HB18-24X4A (4 element HB9CV, for 17 and 12m)
 (3)Inverted L w/Loading Coil for 80m
 (4)地上高18m Rotatable Dipole (for 40 and 30m)
空中線電力 150Wぐらい
第一級アマチュア無線技士
職業 無線技術者(第一級陸上無線技術士) 選任されている無線局は438局(2016/9/16現在)
旧第一種伝送交換主任技術者
第三種電気主任技術者
専門は物理
以下省略

本業は6mのJCC/JCGハンティングで、昔は自宅からも山からもアクティブにQRV。
しかし仕事でン十kW級の無線を始めてからというもの、しばらくアマチュアを休業。
数年前から段階的にカムバックし、密集住宅街の狭い家から何を思ってか、3.5MHzから28MHzでDXを呼んではガッカリ。
移動運用で狙うDXにも限界が訪れ、2014年4月、遂にたまりかねて高台移転。
やっと普通の弱小局に格上げか???
2014年秋からは小さなタワーに給電してローバンドの運用を開始。
2015年5月からは50MHz用の自作5エレF9FTを使用開始。
2015年8月、F9FTを10MHz用釣竿ロータリーダイポールに交換。
2015年9月、釣竿ロータリーダイポールを7MHz/10MHzの2バンド用に変更。
2015年10月、ローバンド用アンテナをスローパーに変更。
2016年1月、Hexagonal Beamを3エレトライバンダーに交換。
2016年4月、スローパーを撤去して3.5MHz用のロングワイヤーを設置。
3.5MHzのアンテナは随時改修中。

アクセス
Solar-Terrestrial-Data
雨雲レーダー
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
QRコード
QR