2012/07/03(火)未明の移動結果(第112回) マルタ騎士団

s-P1000451cut.jpg
あまり高く見えないけど10m

移動場所: 大阪府貝塚市(標高740m)
アンテナ: 2ele HB9CV + オートANTチューナー
CONDX : △
成果 :  


QSOできた局:

 21028.4kHz CW 1A0C (The Order of Malta)
 18145.0kHz SSB 1A0C (The Order of Malta)
 14024.0kHz CW 1A0C (The Order of Malta)

その他聞こえた局:

 14033.5kHz CW TK/ON8VP/P (Corsica)
 14008.0kHz CW A61Q (UAE)
 14044.0kHz CW UT9IO/P (Ukraine)

マルタ騎士団1A0CがQRVしている。
しかし計画停電関係やら何やらで迎撃できる日は7/2夜しかない。
7/2は人事異動で他部署へ出て行くB型人間のH君の送別会で焼き肉を食べて23時頃帰宅。
それからバタバタと準備をして、24時頃に山へ出発。

今回はポールを10mフルアップすべく、送別会の前にステー用の20mロープを買いに行った。
しかしクレモナロープは新品を解く際にいつも物凄く絡まる。
今回も20mのロープが絡みに絡んだせいでアンテナ設置に時間がかかってしまった。
1時25分頃運用開始。

早速21.028付近で1A0Cを発見。
Sメータの振れは3ぐらい。
UP4.5付近で5分ぐらい呼んでいるとリターンあり!
意外に早くGETできて良かった。

次は18MHz SSBを狙うべく、例によって一旦アンテナを降ろしてトラップをバイパスするが、その際にアンテナ高の違いによる受信レベルの比較をしてみた。
10m高でS3だった信号は、6m高ではSが振れなくなった。
この差は猛烈に大きい!
しかも6m高と2m高は大差なかった。

さて18.145MHzで1A0Cが聞こえていたので早速呼ぶと、「Only North America」と怒られた。
お! 届いている。
聞いているとNAからはあまり呼んでいないようで、しばらくしたらアジア指定になった。
「Up 10 Asia」と聞こえたのですぐにUP10kHzに合わせてコールすると、すぐにリターンあり!
なかなか好調。

他のバンドには出ていないものかと各バンドをワッチするが、聞こえない。
仕方なく何か珍しい局が出ていないか探してみるが、特にめぼしい局は聞こえない。
特にアフリカ方面が全く聞こえない。

そうこうしている内にクラスタに14MHz CWで1A0Cのスポットが。
少し弱いので、トラップのバイパスを外してみる。
外すとSが3つ上がった。
JA指定だが、今回はなかなか手ごわい。
5分呼んでも10分呼んでもリターンはない。
15分呼んでようやくQSOできた。

1A0Cと3バンドでQSOできてもう十分だが、欲を出して30分間何かを探してみたが結局何も見つからず。
3時35分QRT。
撤収中に雨が降ってきた。


なお、第111回移動は1A0Cの様子見で泉佐野市の海岸でモービル運用。
1A0Cは弱く、当然歯が立たず。

2012/07/01(日)夜
移動場所: 大阪府泉佐野市(標高3m)
アンテナ: モービルホイップ(スクリュードライバアンテナ)
QSOできた局: 21285.0kHz SSB A61ZX (UAE)

スポンサーサイト

2012/07/15(日)朝の移動結果(第113回) コンディション酷い

s-Izumisano120715.jpg


移動場所: 大阪府泉佐野市(標高3m)
アンテナ: 2ele HB9CV + オートANTチューナー
CONDX : 
成果 :  


QSOできた局:

 21323.1kHz SSB NU1AW/9 (USA)
 14265.0kHz SSB 8N8HQ (JA)
 21025.5kHz CW NU1AW/9 (USA)

その他聞こえた局:

 14013.7kHz CW AO5HPX (Spain)
 14001.3kHz CW OH0HQ (Aland Is)
 21306.3kHz SSB W5WMU (USA)
 ほか

IARUコンテスト実施中だが、コンテスト参加の目的ではなく、最近ちょくちょく特別コールで出てきているモロッコを狙ってみる。
今朝の海岸は風があり、ステーが面倒なのでアンテナはそこそこの高さで我慢。
コンディションは大変悪く、誰も呼んでいないヨーロッパを呼んでも呼んでもリターンがない。
これは相当悪い。
CMEによる高速太陽風のために、例によって磁場の南北成分が南寄りになって磁気嵐になっているようだ。
北米は何とか届くが、中南米は聞こえない。
各バンドワッチするが、やはりアフリカなんてとんでもない。

14MHz SSBで8N8HQがCQを出している。
OPはJH8SLS局のはず。
コールするとやはり「オペレーターはSLSです」と応答があった。
昨夜も自宅から14MHz CWでQSOしている。
QSOありがとうございました。

他は目ぼしい局も聞こえないので8:00にQRT。

NA1AA運用予定

JSTの7月23日未明頃から7月30日未明頃までの期間、W7/NA1AAのコールサインでユタ州ソルトレイクカウンティーから運用する予定です。
一応7MHzから28MHzまで運用できると思います。

あまり長時間の運用はできないかも知れません。
強力な電波をお届けする自信はありませんが、もし聞こえていましたらコールください。

(NA1AAのホームQTHはグアムなので、別エンティティのW7ではW7/NA1AAで運用します。)

W7/NA1AA
July 22 - 29, 2012
QTH will be Salt Lake County, Utah

ソルトレイクに到着しました が

睡眠不足ではありますが、時差ボケで目が覚めてしまいました。
現在4時です。

2~3日は別の家に泊まりに行ったりするので、まだQRVできません。

と思ったけど、今からシャワーを浴びて、アンテナを建ててQRVしてみます。

アーチーズ

s-P1010251.jpg

現在、アーチーズ国立公園のあるモアブに滞在中です。

先日書いたとおり1時間ほど7MHzと14MHzでCQを出してみましたが、コンディションが大変悪く、W8の局と1局QSOできただけでした。
他に2局コールいただきましたが、コピーできませんでした。
14MHzではHLが良く聞こえていましたが...
その後、行事が連続していてなかなか運用できずにいます。
今日はモアブのホテルからQRVすべく一式持ってきましたが、ベランダがなくて断念!
明日モアブからソルトレイクに帰るので、ようやくQRVできそうです。

W7/NA1AA運用

s-P1010559.jpg

昨夜ソルトレイクに帰って来て、今日1日QRVしてみました。
最初アンテナをテラスから建てていましたが、各部屋の埋め込みスピーカーにIが出たので、庭の端に移動しました。
椅子に釣竿をくくり付け、カウンターポイズを芝生の上に這わせています。
自宅と同じようなアンテナですが、これだけ庭が広いと良く飛びますね。
しかしアジア方面のコンディションは良くなく、JAの信号はちらっと2局聞こえただけでした。
NA、SA、Eu、Af、OC東部は普通に聞こえていました。
ただ、CQ DXを出してもほとんど呼ばれませんでした。
Wからは釣竿バーチカルで楽々カリブ海まで飛ぶんですね。
セントポール島のCY9Mはパイルになっていなくて楽にQSOできました。
ハワイのN9HF/KH6の信号は強力で、こちらの信号も強力とのことでした。

本日のQSO
HA3FTA (Hungary) 21MHz CW
W5IZ (TX) 14MHz CW
N4OA (NC) 18MHz CW
CY9M (St. Paul I) 18MHz CW
V31WH (Belize) 18MHz CW
FG5FR (Guadeloupe) 18MHz CW
XM3AT (Canada) 14MHz CW
CE2/VE7SV (Chile) 14MHz CW
LU1FAM (Argentina) 14MHz CW
PY9BDA (Brazil) 14MHz CW
KD8PJP (MI) 18MHz CW
N9HF/KH6 (Hawaii) 21MHz SSB
XE2MVY (Mexico) 21MHz CW
FO5PN (French Polynesia) 14MHz SSB

明日の朝、また少しCQを出してみます。

続W7/NA1AA運用

昨日朝からまた運用してみました。
ようやくIOTAコンテスト参加局が聞こえました。
BVはQSOできましたが、JAは1局かすかに聞こえただけでした。
BYと9M6は呼んでも応答なしでした。

昨日のQSO
TI5/W2EEO (Costa Rica) 14MHz SSB
BU2AW (Taiwan) 14MHz CW
VK2DX (Australia) 14MHz CW
W4O (IOTA NA-067) 14MHz CW
W4S (IOTA NA-142) 14MHz SSB

今回のQSO数はたったの20でした。
明日早朝に帰路につきます。
プロフィール

JL3LSF

Author:JL3LSF
1970年生まれ
1984年、大阪府堺市でJL3LSF開局
1991年、イリノイ州シャンペインの消防署でTechnician Plus取得 (N9PLT)
2011年、Amateur Extra取得 姫路で (NA1AA)
2014年、大阪府堺市南区にQSY 開局30周年
2017年、開局33周年
アンテナ
 (1)地上高16.5m 3 element Yagi (for 20, 15 and 10m)
 (2)地上高15m Mini-multiantenna HB18-24X4A (4 element HB9CV, for 17 and 12m)
 (3)Inverted L w/Loading Coil for 80m
 (4)地上高18m Rotatable Dipole (for 40 and 30m)
空中線電力 150Wぐらい
第一級アマチュア無線技士
職業 無線技術者(第一級陸上無線技術士) 選任されている無線局は438局(2016/9/16現在)
旧第一種伝送交換主任技術者
第三種電気主任技術者
専門は物理
以下省略

本業は6mのJCC/JCGハンティングで、昔は自宅からも山からもアクティブにQRV。
しかし仕事でン十kW級の無線を始めてからというもの、しばらくアマチュアを休業。
数年前から段階的にカムバックし、密集住宅街の狭い家から何を思ってか、3.5MHzから28MHzでDXを呼んではガッカリ。
移動運用で狙うDXにも限界が訪れ、2014年4月、遂にたまりかねて高台移転。
やっと普通の弱小局に格上げか???
2014年秋からは小さなタワーに給電してローバンドの運用を開始。
2015年5月からは50MHz用の自作5エレF9FTを使用開始。
2015年8月、F9FTを10MHz用釣竿ロータリーダイポールに交換。
2015年9月、釣竿ロータリーダイポールを7MHz/10MHzの2バンド用に変更。
2015年10月、ローバンド用アンテナをスローパーに変更。
2016年1月、Hexagonal Beamを3エレトライバンダーに交換。
2016年4月、スローパーを撤去して3.5MHz用のロングワイヤーを設置。
3.5MHzのアンテナは随時改修中。

アクセス
Solar-Terrestrial-Data
雨雲レーダー
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
QRコード
QR