CWフィルタ

日々安価なDSPトランシーバで運用していると、受信音の問題で苦労することが日常的なため、せめてオーディオフィルタでも作ろうかと以前から思っていた。
CQ誌2月号にパッシブ型CWフィルタの製作記事が載っていて、良さそうなので真似して作ってみた。

トロイダルコアに長い線を巻くのが手間なうえ、製作記事通りの巻き数ではインダクタンスが全然足りず、線を継ぎ足して巻き足す。
勢い余って巻き過ぎて、また巻き戻し。
L3なんかは600mH出すのにもう何回巻きになったかわからない。
コイルは1日1個作ればくたびれる。
R1とR2は調整した方が良さそうなので半固定抵抗にしたが、結局0Ωが最適だった。
色んな意味で製作記事通りではできないので、かなり難しい。

完成して早速ワッチしてみると、思った以上にロスが大きく、AFゲイン最大でないと使い物にならない。
どこが悪いのやら...
長い巻き線が細過ぎるのか???
しかし、特性は良いようでバッサリ切れる。
特に変なノイズが混ざった信号には効果絶大で聞きやすい。

s-P1030540.jpg


周波数特性を測定してみた。

s-Passive_CW_Filter_f特

低域が盛り上がっているのは測定系の問題で、無信号でもこうなっているので無視。
1.2kHz付近や1.5kHz付近などにある“ヒゲ”も測定系の問題。
700Hzがギリギリ通過帯域からはずれてしまったのと、800Hzのヒゲが気に入らない。
ちょっと調整してみよう。
今更コイルを変更することはできないので、コンデンサで調整するほかない。
測定しながら、手持ちの0.1μF(104)の積セラを適当に既設コンデンサに並列に押し当ててみる。
C3に1個追加すると、800Hzのヒゲがなくなり、700Hzも通過帯域に入った。
念のためもう1個追加してみると、通過損失が若干減ったように見える。
別のコンデンサにも追加してみる。
C4に1個追加してみると、低域の盛り上がりが少し下がった。
同様にC2に追加すると、メチャクチャになった。
追加コンデンサをハンダ付けしてケースに収めると、やはり700Hzが通過帯域からはずれてしまった。
仕方ないのでリグのCWピッチを670Hzにして運用するか。

調整後の周波数特性

s-Passive_CW_Filter_f特(改良後)


外観
s-P1030541.jpg

左のスイッチはスルー機能を付けようとした名残り。

スポンサーサイト

CWフィルタ再調整

前回のf特測定結果は、やはり測定系の問題で帯域外減衰量がかなり貧弱に見えていた。
そこで、PCをもう少しこましな物に変えて測ると、きれいな周波数特性が現れた。
しかし、Qの高い通過帯域が680Hzと400Hzにあり、400Hzのピークが目障り。

そこで再調整開始。
先日並列追加した2個の0.1μF(104)を外し、0.1μF(104)を直列にしたものを既設コンデンサに並列に付けてみる。
0.1μF(104)の個数を1個増やしては測定、1個増やしては測定。
結局0.1μF(104)を5個直列にして、何とかあの400Hzが上の方に寄ってきた。
0.1μF(104)の5直列は数が多くて付けにくいので、等価となる0.01μF(103)の2パラをハンダ付け。

各ピークの高さをもう少し均したいので、さらに0.001μF(102)を2個パラに接続。
手持ちのコンデンサではここまでが限界。

これがそのf特

s-Passive_CW_Filter_f特(再改良後)

ちょっとブッサイクなf特だが、帯域幅的には使い易くて良いんじゃないかな。
リンギングも安物DSPリグのナローフィルタに比べれば遥かにまし。
色んな人の製作記を読むと、通過損失はこんなもんみたい。

休みたいなあ

今日は仕事で1エリアへ。
道中は、晴れあり、雲りあり、雨あり、雪ありのフルコース天気。
関ヶ原付近の雪で減速しても定刻に到着。
帰り便の予約は、早い時間は取れなかったので、時間までjyeさんとこのグループ会社のJA7某サンドイッチコールMさんと中華料理。
帰りの車内暖房効きすぎ。


困ったなぁ

s-P1030667.jpg

2/15は写真のような状況の中、生駒山で仕事を...
積雪15cmぐらい。
今年は積雪回数が異常に多い。

いつもの移動ポイントはもっと凄いことになっていそう。
登山者のブログ等を見る限り、昨年末からずっと雪が積もりっぱなしなのではないか。
いつになったら移動運用に行けるだろうか。
困ったなぁ。
しかも異常に忙しい。

9U4UはQSOできるのだろうか。

2013/02/16(土)夕方の移動結果(第147回) 9U4U迎撃-失敗

s-P1030687.jpg

移動場所: 大阪府泉南市りんくう南浜(標高4.2m)
アンテナ: 2ele HB9CV + オートアンテナチューナー 6mH
天候 :  曇り
気温 :  6℃
風速 :  6.1m/s
CONDX : 
成果 :  


QSOできた局:

 14033.1kHz CW 6W/HA0NAR (Senagal) LP
 14183.0kHz SSB A35WH (Tonga)
 18081.2kHz CW 4Z5MU (Israel) SP


その他聞こえた局:

 18074.6kHz CW PA4VHF (Netherlands)
 18070.0kHz CW UA0ZC (Asiatic Russia)
 14184.0kHz SSB LU8EEM (Argentina)
 14029.2kHz CW OH8L (Finland)
 14041.3kHz CW YL8M (Latvia)
 14019.5kHz CW 3D2RX (Rotuma)
 14003.0kHz CW EF8USA (Canary Islands) SP
 14008.9kHz CW CR2A (Azores)
 14016.0kHz CW EI7M (Ireland)
 18076.0kHz CW RK0FT (Asiatic Russia)
 14025.5kHz CW LU1DZ (Argentina)


約1か月ぶりの移動運用。
度を超えた山の積雪と、仕事が多忙で休みが取れないため、なかなか移動運用に行けない。
日曜恒例の徹夜仕事は少なくとも3月末まで続く。
仕事が溜まるので代休が取れない。
コレを書き込む前に、JO3JYE局がまるでコレを読んだかのようなコメントを書いてくれていた。
さて、未交信のブルンジの9U4Uの運用が始まったので夕方海岸に行ってみた。
ところが先月まで運用していた場所に立派なゲートができてしまっている。
他に場所を探さなくては...
とりあえず海岸の先端まで行ってみると、出入り自由で広くて障害物のない理想的な広場があった。
これは良い!
早速アンテナを建てるが北風がきつい。
持ってきた風速計によると、6.1m/sの風が吹いている。
ポールを3段しか伸ばせない。
これだから冬場の海岸移動は嫌になる。

アンテナを100度方向に向けて、9U4Uが聞こえそうな周波数を順次ワッチ。
しかし全然聞こえない。
14.033では何かが聞こえるが、オンフレで拾っているのでARRL International DX Contest参加局だろうと思って適当に聞いていると、「NAR」とコピーできた。
これはセネガルの6W/HA0NARに違いない。
一昨年6W/HA0NAR/PとはQSOしたが、6W/HA0NARは未交信。
早速コールするが、同じような強さの局数局で呼んでいるのでリターンがない。
数回目のコールの際にずらして呼ぶとリターンあり。
1か月半ぶりのアフリカ。

その後も9U4Uを探してみるが全く無理。
14MHzではロツマ、カナリア諸島、アゾレス諸島がそこそこの強さで聞こえているが、コンテストなので呼ぶことができない。
特にアゾレスは後にも先にもAzores Nine Islands Huntで1回QSOしただけなので、QSOしたいが残念。

18MHzではトラップをバイパスしなくても数局聞こえている。
バイパスすればガツンと強力に入感しそうだが、強風で面倒なのでそのままの状態でイスラエルの4Z5MUとQSO。

19:00になったが、9U4Uは聞こえそうにないので撤収。
また出撃できる暇があるかどうか...
北風が物凄く寒い。

↓ゲート出現により運用場所消滅
s-P1030690.jpg

徹夜の前のランニング

今朝は泉州国際市民マラソンの親子ランニングに参加。
りんくうタウンで2kmを走ってきた。
3歳から小3までの子供と伴走の親が走るので、人込みの中で遅い人やコケてる人などを避けながら、隙間を見付けて抜かして行く。
結構怖い。
ある程度前に出てからはダッシュ。
完走後に参加賞をもらえるが、休憩もせずにそのまま階段を登ってもらいに行ったので、一番乗りだった。
午後からは抽選会などがあるが、今夜も徹夜なので帰ってきた。

昨日の夕方は9U4Uがまったく聞こえなかったが、今朝のクラスタにはたくさんスポットされていた。
昨日は最も悪いタイミングだったということになる。
よくあることだ。

昼寝しよ


s-m-P1030731.jpg

徹夜明けで朝の様子見

雨降る屋外での徹夜明けでちょっとワッチ。
朝の9U4Uの状況をうかがう。
しかしどのバンドも聞こえてこない。
7:00を過ぎてようやく14MHz SSBで何となく聞こえてきた。
そして、7:20にガツーンと信号強度が急上昇。
指定のQSX 235で頑張って叫んでみるが、“too many people”とのことで全然手応えなし。
しかし、信号が強かったのも僅か4分間で、また聞こえなくなってしまった。
こんな状況では絶望的。

28MHzが結構良くて、中米の信号がいくつも聞こえる。

キューバのT46RRCが18MHzで聞こえているが、QSBの周期が早く、仮にリターンがあったとしてもこれではわからない。
一方14MHzのNP2Aは安定していた。

SWL
 14183.1kHz SSB 9U4U (Burundi)
 28017.5kHz CW TI5W (Costa Rica) ARRL Int'l DX
 28010.1kHz CW LU1ICX (Argentina) ARRL Int'l DX
 21310.0kHz SSB YY4KWB (Venezuela)
 18069.8kHz CW T46RRC (Cuba)
 28044.9kHz CW XE7S (Mexico) ARRL Int'l DX
 28009.7kHz CW HK1NA (Colombia) ARRL Int'l DX
 14009.8kHz CW NP2N (US Virgin Islands) ARRL Int'l DX

度重なる積雪

P1030808.jpg

例によって生駒山です。
2/15に積もったばかりなのに、今朝また積雪。
本当に雪の多い年です。
これで山岳移動がまた遠のきました。

鬼が笑う?

来年の話をすると鬼が笑うと言うが...

コンディションを予想して、行ける時にたまに行く移動運用を続けているが、ヤマを外すことの方が多い。
気候が悪いと行くことさえできない。
また移動運用で扱える設備は、小規模の固定運用の局にさえかなわない。
努力と成果に関連性がない。
DXハンティングのスタイルとして破綻してきた感がある。

新しい家を建てて常設のシステムでの運用が待ち遠しい。
2014年4月頃から運用予定。まだまだ先だ。
QTH 堺市南区。海抜68m。裏庭に小さなタワーを建て、小さなマルチバンドビームを1つだけ載せる。
ローバンドはタワーを利用して折り返しアンテナを。
リニアは使わない。
でき過ぎても、できなくても面白くない。
努力と成果が比例するぐらいが望ましい。
ようやく“弱小局”に格上か?
とは言ってもまだ1年以上先。

2013/02/21(木)朝の移動結果(第148回) 9U4U迎撃-成功! とJ88DR様子見

s-P1030845.jpg

移動場所: 大阪府泉南市りんくう南浜(標高4.2m)
アンテナ: 2ele HB9CV + オートアンテナチューナー 8mH
      Dual Element Long Wire + マニュアルアンテナチューナー
天候 :  晴れ
気温 :  寒い
風速 :  強い
CONDX : ×
成果 :  


QSOできた局:

 14183.0kHz SSB 9U4U (Burundi) SP
 10115.0kHz CW JH1JDI/JD1 (父島)
 21027.2kHz CW H44KW (Solomon Islands, IOTA OC-047)


その他聞こえた局:

  3773.0kHz CW 9U4U (Burundi)
  7165.0kHz CW 6W/TF3ZA (Senegal)
 10103.1kHz CW EX8M (Kyrgyztan)
 10106.0kHz CW EA9/DL2RNS (Ceuta & Melilla)
 28018.5kHz CW V63ZM (FSM)
 14203.9kHz SSB J88DR (St Vincent and The Grenadines)
 28470.0kHz SSB 8P6NW (Barbados)
 14204.0kHz SSB CE7KOY (Chile)
 21014.0kHz CW V63ZM (FSM)
 21265.0kHz SSB KH0WF (Mariana Islands)
 14221.0kHz SSB RI1ANU (South Shetland Islands)


仕事が溜まって溜まって休んでいる場合ではないが、無理に代休を取得。
9U4Uブルンジは何としても絶対今日QSOしなければ、もう機会はない。
そこで、いつものHB9CVの他に、ローバンド用にロングワイヤーを用意。
車の後部の屋根にアンテナチューナーを置き、そこからHB9CVの下までワイヤーを展張。
80m、40m、20mで狙う作戦。

早速80mを聞くと、3.773 SSBで9U4Uが強力に入感。
Sが7まで振っている。
これはいけると思ったが、アンテナチューナーを調整している間に弱くなってしまった。
残念!

7MHzを聞くが、9U4Uは聞こえない。
しかし、7.165ではセネガルの6W/TF3ZAが強力に聞こえている。
しかししかし、再びアンテナチューナーを調整している間に弱くなってしまった。
また残念!

そうこうしている間に7時を過ぎ、例によって14.183 SSBで9U4Uが聞こえてきた。
強い。
ショートパスだ。
ただこの時間帯のオープンは時間が極めて短い。
慌ててUP10で呼ぶがリターンはない。
簡単にQSOできそうな気がするが。
ようやく「Listning 230」のアナウンスがあった。
230と言えば、遥かUP47kHzではないか!
それがだんだん幅を持ってきて、UP44で呼んでいるとリターンあり!
その後まもなく信号が弱くなってしまった。
良かった、ギリギリ何とかQSOできた。
2か月半ぶりのNew。
今日のオープンは15分間ぐらいではないか。

10MHzを聞くと、JH1JDI/JD1がCQを出している。
コールすると、「/3]がひっかかりリターンあり。
ラバースタンプQSOをするが、手持ちのマイクロスイッチでキーイングしているので、しばしば意図しない変な符号が出てしまう。
何という下手な人って思われたことだろう。

10.106では最近毎日スポットがあるEA9/DL2RNSが聞こえる。
しかし弱い。
EA9は未交信なのだがこれでは全く無理。

14.204では、これまた最近スポットが出始めたセントビンセント・グレナディーンのJ88DRが聞こえる。
しかし、これまた弱くて無理。
始めっから無理だとは思っていたが、やはり無理。
ただ、DS5某局のハムまみれの変調と、皆さんご存じのJL1某の呼び倒しがうるさい。
J88DRのホームページでは「DX Code of Conductを尊重してくれ」と書いてある。
このJL1某に対して「良く聞きなさい」とか「ロングコールやめて」とか声をかける局がおり、それに対してJL1某も「オヤジ、お前のコールを言え」とか言って、もう収拾がつかない。
もう頼むから「DX Code of Conductを尊重してくれ」。

今日はコンディションも良くなく、他に目ぼしいところも聞こえない。
21.027のH44KWを呼ぶが、これがなかなかの苦戦。
30分程度呼んだだろうか。
何とかQSOできた。

撤収しようと思った頃、14.221でサウスシェットランドの新局RI1ANUが北から入感。
しかし相変わらず信号が弱い。
このエンティティとはつくづく縁がない。

明朝雪山に登ってJ88DRを狙ってみるか、どうするか。
ちなみに明日は休みではなく徹夜。

プロフィール

JL3LSF

Author:JL3LSF
1970年生まれ
1984年、大阪府堺市でJL3LSF開局
1991年、イリノイ州シャンペインの消防署でTechnician Plus取得 (N9PLT)
2011年、Amateur Extra取得 姫路で (NA1AA)
2014年、大阪府堺市南区にQSY 開局30周年
2017年、開局33周年
アンテナ
 (1)地上高16.5m 3 element Yagi (for 20, 15 and 10m)
 (2)地上高15m Mini-multiantenna HB18-24X4A (4 element HB9CV, for 17 and 12m)
 (3)Inverted L w/Loading Coil for 80m
 (4)地上高18m Rotatable Dipole (for 40 and 30m)
空中線電力 150Wぐらい
第一級アマチュア無線技士
職業 無線技術者(第一級陸上無線技術士) 選任されている無線局は438局(2016/9/16現在)
旧第一種伝送交換主任技術者
第三種電気主任技術者
専門は物理
以下省略

本業は6mのJCC/JCGハンティングで、昔は自宅からも山からもアクティブにQRV。
しかし仕事でン十kW級の無線を始めてからというもの、しばらくアマチュアを休業。
数年前から段階的にカムバックし、密集住宅街の狭い家から何を思ってか、3.5MHzから28MHzでDXを呼んではガッカリ。
移動運用で狙うDXにも限界が訪れ、2014年4月、遂にたまりかねて高台移転。
やっと普通の弱小局に格上げか???
2014年秋からは小さなタワーに給電してローバンドの運用を開始。
2015年5月からは50MHz用の自作5エレF9FTを使用開始。
2015年8月、F9FTを10MHz用釣竿ロータリーダイポールに交換。
2015年9月、釣竿ロータリーダイポールを7MHz/10MHzの2バンド用に変更。
2015年10月、ローバンド用アンテナをスローパーに変更。
2016年1月、Hexagonal Beamを3エレトライバンダーに交換。
2016年4月、スローパーを撤去して3.5MHz用のロングワイヤーを設置。
3.5MHzのアンテナは随時改修中。

アクセス
Solar-Terrestrial-Data
雨雲レーダー
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
QRコード
QR