2013/09/01(日)夜の移動結果(第182回) WKD 3B9FR, TZ6BBは撃沈

s-P1060355.jpg


移動場所: 大阪府貝塚市(標高740m)
アンテナ: 8バンドギボシ式2ele Yagi + オートアンテナチューナー 10mH
天候 :  曇り
風速 :  無風のちやや強風
気温 :  23℃
CONDX : △
成果 :  


QSOできた局:

21017.5kHz CW ZS1ANF/P (South Africa)
21024.9kHz CW 3B9FR (Rodrigues I.)


その他聞こえた局:

21022.0kHz CW J28NC (Djibouti)
28008.9kHz CW TZ6BB (Mali)
21034.0kHz CW J28NC (Djibouti)
18074.1kHz CW J28NC (Djibouti)


先日来、クラスタでロドリゲス島のお友達3B9FRロバートさんの15mのスポットを見かけるようになった。
今まではEuに向いたワイヤーダイポールで20mにしかQRVできず、なかなかJAに信号が届かない状態であった。
15mに出てきたということは、やっとスパイダーピームが完成したに違いないと思い、ロバートさんにメールを送ってみた。
そして返ってきた答えは、「No」。
依然として気象条件が厳しく、誰も手伝いに来てくれないためと、誤った長さで切ってしまった12mのエレメントワイヤーの補修が終わっていないため、スパイダービームは未完だそうな。
15mにはダイポールでQRVしていて、JAとQSOできたから今日12:00UTCにQSOしようと書いてある。
台風から変わった低気圧の影響で雨が降っているが、夜はやみそうなので出撃することに。

約束の12:00UTCに運用開始。
彼がよく出ている21.005と21.025は既に使用されており、しかもバンド中が騒がしい。
片っ端からワッチするが、3B9FRは見つからない。
RBNによると、12:00UTCの直前までCQを出していたようだ。
ひょっとして、12:00UTCになったので、当局のCQを探しに行ったのかも。
CQを出そうかとも思ったが、中国からパイルアップを浴びるような気がして躊躇。
何度もワッチを繰り返したが、見つからない。

そうこうしていると、クラスタに10mでTZ6BBがスポットされた。
じぇじぇじぇー!
いつも巡り合わせが悪いTZ6BBが、よりによってこんな時に出てくる???
聞いてみると、クリアに聞こえている。
これはアンテナを10mに切り替えるとQSOできそうだが、そうすると3B9FRとのQSOが怪しくなって、元も子もなくなってしまう。
仕方なく15m仕様でコールするが、届かない。
お馴染みのあの局や、あの局や、あの局や、あの局が次々にQSOして行くが、当局は全然届かない。
22:08に突然聞こえなくなってしまい、撃沈。
んーーーー
タイミング悪い。
ブツブツ。

15mに戻り21.025を聞くと、どこか弱い局がEuのパイルをさばいている。
QSOしているのはEuばかり。
JAは1局もコールしていない。
これはもしかして...
しかしどうしてもコールサインが聞こえない。
徹底的にクラスタをチェックしていると、やはり3B9FRのようだ。
Euのパイルに重ねてコールしてみると、一発でリターンあり。
「UR 559」が返ってきた。
「Hi Hi Robert san UR 559 559」と送ると、73と打ちつつも、長文で色々送ってくれた。
いざ、こちらも色々送ろうと思って打ち始めたら、JAのパイルアップが始まって、つぶされてしまった。
何か変な終わり方になってしまい、ちょっとブルー。
しかし、ようやく3B9FRとQSOできて嬉しい。
ロバートさんから頼まれていたので、クラスタにスポット。

アンテナを10m仕様にしてTZ6BBの周波数を聞くが、やはり無音。

その後、21MHzでJ28NCをコールするも、届かずに22:40 QRT。

次に18MHzでZS1ANF/Pをコールするも届かず。

仕方ないので写真撮影をしてから撤収。
撤収間際にワッチしてみたが、各バンド何も聞こえなくなっていた。

スポンサーサイト

HC2IWM/8 QSL

HC8をCFM。

s-HC2IWM/8_QSL表

s-HC2IWM/8_QSL裏

ゴールデンウィーク5月5日の夕方奇跡的にQSOできたもの。
クラスタにスポットされたHC2IWM/8を24MHzで聞いてみても、はじめは全く聞こえなかったが、ワッチを継続していると突然聞こえてきてQSOできた。

2013/09/06(金)深夜の移動結果(第183回) 飛ばないモービル

移動場所: 大阪府泉佐野市(標高3m)
アンテナ: スクリュードライバアンテナ
CONDX : △-
成果 :   


QSOできた局:

なし


その他聞こえた局:

21008.0kHz CW S539EB (Slovenia)
18076.0kHz CW 9V1PW (Singapore)
18140.0kHz SSB SV0XCC/9 (Crete)
7158.1kHz SSB 9K2GS (Kuwait)
14267.0kHz SSB OD5ZZ (Lebanon)
18148.0kHz SSB EA9KB (Ceuta)


早く帰宅しようと思っても、次々と仕事が沸いてきてなかなか帰れない。
帰宅後、夕食を食べてから、0時近くにモービルで出発。
3B9EMEやTZ6BBやD3AAやZSや9Xなどは全く聞こえないが、9K2GSやOD5ZZやEA9KBは超強力。
しかし、9K2GSとEA9KBは呼び始めたらすぐQRT。
OD5ZZは何時間か呼んでみたが、全然届かなかった。
なぜこんなに飛ばないのだろうか???
磁気圏の状態は悪くなさそうなのだが...
JA4CYZ局も延々呼んでいたが、届いていなかった。

嫌になってきた。


3:00 QRT

2013/09/07 でんさん

5月にNewのAustralをサービスしてくれたJJ8DEN局だが、なかなかQSLが来ないと思ったら、再びフレンチポリネシアツアーを開始していて、全てのQSLは一連のペディション終了後の発送となるとのこと。

まずはAhe AtollからQRV中のようで、VOACAPでパスを確認してみると、昼間が良いようだ。
12時半頃、ちょうどクラスタに18MHzのスポットがあったので聞いてみる。
UAの局が数局QSOするのが聞こえたが、ご本尊は聞こえるような聞こえないような。
しばらくワッチしていると、突然「CQ CQ DE FO/...」と聞こえてきた。
即コールすると、「JL3」でリターンあり。
次の島も、その次の島も楽しみになってきた。

JJ8DEN局のことを「でんさん、でんさん」と言っていると、JH5BJU局が「でんさんって言ってるの僕らだけですからね。あの人でんさんと違いますから。」と。
そうだったhi


最近は某協会のドラマの影響でベンさんと混同しがちhi
おらもうどっちがどっちがわがんねえ。

2013/09/08 自宅からボツワナ!

6/18の夜に執念の山移動でなんとかQSOできたボツワナのA25RJ。
そのボツワナからA25JKがAll Asian DX ContestにQRVしている。
クラスタに21.200でスポットされたので、20:15頃に冗談半分で聞いてみると、なんとか聞こえている。
様子をうかがっていると、約5分毎に信号が上がってくる。
しかもパイルアップにはなっていない。
次に信号が上がってきたタイミングでコール。
「Ending Foxtrot」でリターンあり。
無事ナンバー交換もでき、のんびりと「73」の交換までできた。

まさか自宅のボロワイヤーで、しかもSSBでQSOできるとは!
苦労した6月のA25RJは何だったんだろう?

http://jl3lsf.blog.fc2.com/blog-date-201306-3.html
http://jl3lsf.blog.fc2.com/blog-date-201306-4.html


今夜は徹夜の仕事。

除草

地鎮祭の日が迫って来ているが、敷地は雑草がボウボウ。
除草をしなければ。
徹夜明けで3時間ほど寝てから出発。

事前
s-P1060368.jpg


エノコログサやらヒメジョオンやらを手で引っこ抜いていると、お隣のご主人が電動刈払機を貸してくれた。
所々に竹やら笹やら訳のわからない樹木があるので、それらはスコップで根を掘り返して除去。
7割ぐらい除草したところで時間切れ。
刈った草もそのまま放置。
この後どうしよう...


事後
s-P1060370.jpg


よりによって暑さが戻ってきたので疲れたー。

開店間もないローソンだそうで...

一昨日、所用で岸和田に行った際、ローソンの駐車場に入ろうとしたところ、看板が消灯しているではないか。
不審に思いつつも駐車して店舗を見ると、「事故復旧作業の為休業中」という張り紙。

そして通行人が何人も写真を撮って行く。
その場でニュースを検索すると、あった。
http://mainichi.jp/select/news/20130908k0000m040100000c.html

ちょうどダンボールが並べられているところが突っ込んだ場所。
s-FJ310274.jpg


これからの季節、TZ6BBは絶望的。

巡り合わせの悪いTZ6BBについて、どうやったらQSOできるか色々研究してきたが、夜のAF方面SPが悪くなってきたので、季節が変わったと判断してVOACAPで確認してみた。
その結果、既にJSTの夕方か朝7時以降のハイバンドにしかパスがなくなっていることが判明。

s-VOACAP_TZ6BB_201309.jpg

夕方の移動運用はできないし、朝7時以降は相手が出て来ない。
かくして、TZの取りこぼしが確定した。
つまらん。
バカバカしい。

しかも太陽黒点数は風前の灯火。






高知帰省運用 2013/09/14~2013/09/16

s-P1060378.jpg
台風一過の高知に現れた虹


運用場所: 高知県南国市(標高15m)
アンテナ: Hexagonal Beam (hight 10m) (マニュアルANTチューナー使用)



【9/14】


◆QSOできた局:

18069.0kHz CW HC2AO (Ecuador) 午後
18076.9kHz CW T6T (Afghanistan) 夜


◇その他聞こえた局(撃沈!):

21001.0kHz CW TU5DF (Ivory Coast) 朝
18072.0kHz CW TU5DF (Ivory Coast) 朝
24893.0kHz CW LU7HF (Argentina) 朝
18070.0kHz CW ZP6CW (Paraguay) 朝
21003.9kHz CW FO/KH0PR (French Polynesia, Napuka Atoll, OC-094) 朝
21040.0kHz CW KL7RRC/P (Alaska, Kodiak Island, NA-019) 朝
14228.5kHz SSB HC8/G8OFQ (Galapagos Islands) 午後
14004.2kHz CW TT8/US3EZ (Chad) 午後 LP
24895.0kHz CW Z81R (South Sudan) 夕
10103.9kHz CW FO/KH0PR (French Polynesia, Napuka Atoll, OC-094) 夜
18071.9kHz CW LA8OM (Norway) 夜
21009.9kHz CW J28NC (Djibouti) 夜



【9/15】


◆QSOできた局:

21039.9kHz CW FO/KH0PR (French Polynesia, Napuka Atoll, OC-094) 朝
18094.0kHz CW FO/KH0PR (French Polynesia, Napuka Atoll, OC-094) 昼
18088.0kHz CW JA6TBE/6 (長崎県壱岐市, AS-036) 午後
7012.0kHz CW JE5FBD/5 (高知市住吉池, LA29) 午後
10104.0kHz CW FO/KH0PR (French Polynesia, Napuka Atoll, OC-094) 夕
7009.1kHz CW JA6TBE/6 (長崎県壱岐市, AS-036) 夜
10106.0kHz CW JW/DL2JRM (Svalbard) 夜
24891.0kHz CW 9X0ZM (Rwanda) 夜
14006.0kHz CW JW/DL5SE (Svalbard) 夜
7009.4kHz CW YS1/NP3J (El Salvador) 夜


◇その他聞こえた局(撃沈!):

21039.9kHz CW HP0INT/9 (Panama, Iguana Island, NA-203) 朝
28011.0kHz CW FO/KH0PR (French Polynesia, Napuka Atoll, OC-094) 朝
10127.2kHz CW HP0INT/9 (Panama, Iguana Island, NA-203) 夕
14011.2kHz CW VO2NS (Canada, Zone 2)



【9/16】


◆QSOできた局:

21040.0kHz CW HP0INT/9 (Panama, Iguana Island, NA-203) 朝


◇その他聞こえた局(撃沈!):

21005.0kHz CW HI3LFE (Dominican Republic) 朝



9/12の夜に、仕事をしていたらだんだん腰が痛くなってきた。
9/13の夕方帰宅して、以前からお世話になっている整体院に行ってから、夜高知へ出発。
深夜到着。

【9/14】の早朝からHexbeamを設置。
色々と聞こえるものの、高速太陽風のためコンディションが悪く、一日中撃沈の連続orz
辛うじてQSOできたのはHC2AOとT6Tだけ。

【9/15】は高速太陽風も治まり、やっとFOの“でんさん”と3バンドでQSOできるまでには回復。
3バンド目は10MHzだ。
ちなみにアンテナは14~28MHz用で、10MHz以下はアンテナチューナーで快調!
しかし台風が接近して、豪雨状態。
早めにアンテナを撤収しようかとも思ったが、毎回毎回、アンテナを撤収した後でコンディションが良くなるので、敢えて撤収せず。
雨の中、JE5FBD局が近くの高知市住吉池に移動していたのでコール。
もう少し長くQRVしていたら見学に行こうかと思ったが、すぐにCLとなってしまった。
夜は台風による風が強くなる中、例によってアンテナチューナーで10MHzのJW/DL2JRMとQSO。
続いて24MHzで9X0ZMをコールしていると、何となくリターンあり。
そのとき、運悪くQSBで猛烈に信号が下がってしまった。
確実に「/5」は聞こえたが、ちゃんと届いただろうか?
不幸なことに、QSBがあったのはこのとき1回だけで、その後は逆にかなり強くなった。
たまげたのはこの後で、何と7MHzでYS1/NP3JのCQが入感。
しかも誰もコールしない。
しかも強い。
ただ、ノイズレベルが高く了解度が大変悪い。
RSTで言えば379。
くどいようだが、アンテナは14~28MHz用だ。
しかも相手のアンテナはロングワイヤー+ATUだ。
運試しにコールしてみると...届いた!
ひえ~!!!
了解度が悪いので、1文字も間違いなくコールサインをコピーしてもらえたか、知る由もないが、QSOできたのは間違いない。
びっくりしていると、急激に強風が勢いを増し、アンテナがベランダの柵ごと飛んで行きそうな感じ。
Wethernewsによると最寄の観測点の風速は15m/sだが、当地ではもっと猛烈で、目測20m/s弱。
そこで針金を3本よじったものを作り、これでポールの固定を何箇所も補強。
しばらく様子を見ていたが、見ていてもどうにもならないので、諦めて就寝。

【9/16】6時台に起きてみると、完璧な台風一過。
晴天で無風。
アンテナは無事だが、同軸がポールにグルグル巻きついていたり、スプレッダーが風下の方向にぐにゃーっと曲がったままだったりして、昨夜の蛸踊りの形跡が。
スプレッダーはグラスファイバーなので、釣竿同様エレメントワイヤーの引っかかりを直せば、曲がりは元に戻る。
やはり大変丈夫なアンテナだ。
ここで撤収しようかとも思ったが、せっかくなのでワッチ。
すると、21MHzでHP0INT/9の信号がいつもより強い。
しかも、いつもは隙間もない猛パイルだが、今日はパイルにはなっていない。
これはコールせねば。
しばらく呼んでいると、「/5」までのフルコールでリターンあり。
その後、HI3LFEも入感。
これは相当弱い。
休憩を挟みつつ呼んでみたが、全然届かなかったのでアンテナを撤収。

夕方高知発、夜帰阪。

近着QSL

まずはHV0A。
s-HV0A_QSL表

s-HV0A_QSL裏


それからZS1ANF/P。
どっかで聞いたサフィックスだと思ったら、あのサウスシェットランドのRI1ANFではないか。
RI1ANFは徹底的に(コンディションの)相性が悪く、一度もQSOすることができなかった。
QSOしたかったなぁ...
s-ZS1ANF_P_QSL表

s-ZS1ANF_P_QSL裏


さて、来月10月は未交信のエンティティから大量にQRVがある。
CY0PにTO2TTにK9WにTNにC82DXに9L。
RobのTX5DもQSOしないといけない。
ちょっとありすぎて追いかけきれるかどうか不安。
仕事も多いし、オフィスの引越しもあるし、新居の工事も始まるし、だんじりもあるし...

プロフィール

JL3LSF

Author:JL3LSF
1970年生まれ
1984年、大阪府堺市でJL3LSF開局
1991年、イリノイ州シャンペインの消防署でTechnician Plus取得 (N9PLT)
2011年、Amateur Extra取得 姫路で (NA1AA)
2014年、大阪府堺市南区にQSY 開局30周年
2017年、開局33周年
アンテナ
 (1)地上高16.5m 3 element Yagi (for 20, 15 and 10m)
 (2)地上高15m Mini-multiantenna HB18-24X4A (4 element HB9CV, for 17 and 12m)
 (3)Inverted L w/Loading Coil for 80m
 (4)地上高18m Rotatable Dipole (for 40 and 30m)
空中線電力 150Wぐらい
第一級アマチュア無線技士
職業 無線技術者(第一級陸上無線技術士) 選任されている無線局は438局(2016/9/16現在)
旧第一種伝送交換主任技術者
第三種電気主任技術者
専門は物理
以下省略

本業は6mのJCC/JCGハンティングで、昔は自宅からも山からもアクティブにQRV。
しかし仕事でン十kW級の無線を始めてからというもの、しばらくアマチュアを休業。
数年前から段階的にカムバックし、密集住宅街の狭い家から何を思ってか、3.5MHzから28MHzでDXを呼んではガッカリ。
移動運用で狙うDXにも限界が訪れ、2014年4月、遂にたまりかねて高台移転。
やっと普通の弱小局に格上げか???
2014年秋からは小さなタワーに給電してローバンドの運用を開始。
2015年5月からは50MHz用の自作5エレF9FTを使用開始。
2015年8月、F9FTを10MHz用釣竿ロータリーダイポールに交換。
2015年9月、釣竿ロータリーダイポールを7MHz/10MHzの2バンド用に変更。
2015年10月、ローバンド用アンテナをスローパーに変更。
2016年1月、Hexagonal Beamを3エレトライバンダーに交換。
2016年4月、スローパーを撤去して3.5MHz用のロングワイヤーを設置。
3.5MHzのアンテナは随時改修中。

アクセス
Solar-Terrestrial-Data
雨雲レーダー
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
QRコード
QR