賀正

あけましておめでとうございます。

本年もよろしくお願いいたします。

3516kHzは“わや”になっていますので、除夜の鐘を聞きながら寝ますzzz
73



スポンサーサイト

2013/12/30 高知帰省運用①日目

運用場所: 高知県南国市(標高15m)
アンテナ: Hexagonal Beam (hight 10m) (マニュアルANTチューナー使用)

◆QSOできた局:

18076.0kHz CW RU0ZM/0 (RDA KT-13, Russia)
18085.0kHz CW CE6SAX (Chile)
18073.0kHz CW RD110RAEM (Russia)
10121.1kHz CW JK2EIJ/7 (八幡平市)
14010.0kHz CW H40FN (Temotu)
14060.0kHz CW JO2ASQ/7 (釜石市)
18135.0kHz CW RI44ANT (South Shetland Is) SP, New
14195.0kHz SSB VP8LP (Falkland Is) SP
1819.6kHz CW HL5IVL (Korea) Band New

12/29の夜に高知入り。
12/30の早朝、まだ真っ暗な屋上でアンテナ設置。
屋上は霜が降りている。
今までエレメントワイヤーのテンションをいい加減に調整したままだったので、今回各スプレッダーのワイヤークランプの位置を均等に動かして再調整した。
これで時間がかかった。
8:30を過ぎてしまったので、さすがにカリブ海各局は引っ込んでしまったようだ。
最近カリブ海各局は朝の良い時間に7MHzなどの低いバンドに出ていることが多く、そうなるとQSOのチャンスがない。

午後、14MHz CWのH40FNは強かった。
さすがに、これほど強いとすぐにQSOできた。

夕方、18MHz SSBでサウスシェットランドのRI44ANTがスポットされた。
アンテナをLP方向にしたりSP方向にしたりしてワッチするが、呼んでいる局以外、まったくノイズしか聞こえない。
昼寝をしながらずっとノイズを聞いていると、1時間半後にSP方向でRI44ANTの信号がかすかに聞こえてきた。
パイルにはなっておらず、1局ずつ順にお行儀良く呼んでQSOしている状況。
カスカスながら、リターンぐらいは何となく聞こえそうになってきたので、呼んでみる。
すると、何と一発で「Lima Sierra Florida」とリターン!
プリフィクスはよくわからなかったが、何の迷いもないテンポ良いリターンだったので、大丈夫だろう。
サウスシェットランドと言えば、RI1ANFとの相性が最悪で、まったくQSOのチャンスがなかったが、やっと何とかなり、年末に思わぬNewをゲット。
しかも、OPはUA4WHX Vladだった。
恐るべしVlad。

夜は風呂上がりに14MHzを聞くと、VP8LPとZSの局がSSBで長話ししている。
終わるまで待ってみるとCQが始まった。
どれだけの局が呼ぶかと思って様子をうかがっていると、予想に反して誰も呼ばない。
次のCQでコールしてQSO。
VP8LPはアクティブたが、今まで相性が良くなく、これが1st QSO。
ただ、14MHz SSBのフォークランド諸島はCFM済みでNewではない。
7MHzから上は寂しくなってきたので、Hexbeamで無理矢理160mをワッチ。
するとHL5IVLが9+20dBという猛烈な強さ。
ATUで無理矢理乗っけて、様子を見ながら段階増力。
めでたく50Wまで増力したところでリターンあり。
実はこれが生まれて初めての160mでのQSO。
今までも同様の邪道な方法でコールしたことが何度かあるが、届いた試しがなかった。
ちなみに、HLは24MHzと28MHzが未交信hi。

1日目は以上。

s-P1070611.jpg
高知自動車道 立川パーキングエリアの積雪

s-P1070643.jpg
形が正常化したHexbeam



2013/12/31 高知帰省運用②日目

運用場所: 高知県南国市(標高15m)
アンテナ: Hexagonal Beam (hight 10m) (マニュアルANTチューナー使用)

◆QSOできた局:

10127.2kHz CW JK2EIJ/7 (岩手郡滝沢村)
18070.0kHz CW H40TA (Temotu)
3516.0kHz CW JO2ASQ7 (岩手郡滝沢村)


高知2日目。
高知での朝のパスが時間的によくわからないので、6時に起きてみた。
日の出が遅い分、7時を過ぎてもバンド内は依然寂しい。
7時半を過ぎて、やっと18MHzでCO0SS、6Y5WJ、CO8LYといったカリブ勢が聞こえてきたが、コンディションも良くなくQSOできず。
14.200ではRI20ANTというまた別のサウスシェットランドが出ているようだが、不感。

夕方、喉から手が出るモザンビークのC91Jが入感。
呼んでみたが苦戦。
しかも温泉(#1476ながおか温泉)に行こうということで、諦め。
しかし、ながおか温泉に行ってみると、駐車場はそこでは見たこともないような大量の車が!
これはちょっと温泉に入るのは無理。

夜は7.009でYS1/NP3Jが聞こえるが、呼んでも呼んでも届かず。
3.5MHzで年内いっぱいで消滅する滝沢村移動のJO2ASQ/7とQSO。
これが2013年最後のQSOとなった。

0時になると、JO2ASQ/7が滝沢市移動になった。
その瞬間に猛烈なパイルが始まった。
出る幕がないので、除夜の鐘を聞きながら就寝。

2014/01/01 高知帰省運用③日目

運用場所: 高知県南国市(標高15m)
アンテナ: Hexagonal Beam (hight 10m) (マニュアルANTチューナー使用)

◆QSOできた局:

14006.9kHz CW HD2RAE (Ecuador) SP
18070.0kHz CW HP1/IZ6BRN (Panama) SP
7044.0kHz SSB JG4PCH (出雲市)
14025.7kHz CW 9J2BO (Zambia) SP, Band New
7007.0kHz CW JL3OGS/3 (貝塚市)
10130.0kHz CW JO2ASQ/7 (滝沢市)
14052.1kHz CW JK2EIJ/7 (滝沢市)
14014.0kHz CW TR8CA (Gabon) LP, Band New
18126.9kHz SSB ZD7FT (St. Helena) LP, Band New
14173.0kH SSB TR8CA (Gabon) LP, Mode New
21305.0kHz SSB CN8KSM (Morocco) LP
21314.4kHz SSB EA8AM (Canary Is) LP


2014年元旦朝のコンディションはまあまあ。
14.205にハイチのHH2GBが出ているが弱くて弱小局の出る幕はない。
2014年最初のQSOは14MHzでエクアドルのHD2RAEだった。
18.069のYS1/NP3Jは弱い。
次に、18MHzでHP1/IZ6BRNとQSO。
14MHzのHC2IMPはロングパスでの入感で弱い。
9時を過ぎて、ハイバンドが寂しくなってきたので、7MHzで出雲大社前のJG4PCHとQSOして午前の部は終わり。

午後は14MHzで9J2BOがショートパスで入感。
呼ぶ局があまりなく、すぐQSOできた。
バンドニュー。
7MHzでは貝塚市移動のJL3OGS/3が非常に強力に聞こえていたので、思わずコール。
新市の滝沢市のパイルがようやく収まってきて、10MHzでJO2ASQ/7と、14MHzでJK2EIJ/7とQSOできた。
16時頃からは、アフリカ方面のロングパスが良くなってきた。
18MHz SSBで、正月の風物詩ZD7FTが入感。
しかしコールするが届かない。
14MHz CWのTR8CAの方が強いので、先にこちらとQSO。
これもバンドニュー。
その後18MHzのZD7FTに戻ると、信号が強くなっておりQSOできた。
これもまたバンドニュー。
24MHzには未交信のS79ACRが出ているようだが聞こえない。
14MHzのTR8CAがSSBにQSYしたが、CWに比べて明らかに信号が弱い。
しかしQSOできた。
21MHzではSSBでモロッコのCN8KSMとQSO。
続いてまた21MHz SSBでEA8AMとQSO。

夜のコンディションは良くなかった。
18.073のCT3ASは弱い。
3.5MHzでJI3DST/6を呼ぶが、呼んでいるのは聞こえているようだが、了解度が悪くコピーしてもらえない。
3.509のJN4THOは強く入感しているが、まったく箸にも棒にもかからない。
仕方なく就寝。

s-P1070661.jpg
高知の初日の出

2014/01/02 高知帰省運用④日目

運用場所: 高知県南国市(標高15m)
アンテナ: Hexagonal Beam (hight 10m) (マニュアルANTチューナー使用)

◆QSOできた局:

28010.0kHz CW ZF2EN (Cayman Is) SP
24971.9kHz SSB XE1/DJ4EL (Mexico) SP
14015.0kHz CW RY22RZ (Russia)
18071.9kHz CW RI44ANT (South Shetland Is) SP
18140.0kHz SSB FW5JJ (Wallis I)


朝からNA・カリブ方向にアンテナを向けてワッチ。
14.240のW1AW/4は弱い。
21.026の6Y5WJは呼んでも届かない。
14.031のW1AW/4もパイルがきつくて無理。
しかし、久々にハイバンドが良く、28.010でZF2ENが入感。
誰も呼ばないので、1コールでQSOできた。
24MHz SSBではLa Malinche国立公園移動のXE1/DJ4ELが聞こえる。
まあまあ時間はかかったが、QSOできた。
21.007のPJ4/K9HZは弱い。
28.484のTG9ANFはクリアに聞こえていたが、QSOできなかった。

午後、ながおか温泉に行った後、夕方のワッチ。
アフリカ方面は良くない。
14.017でEA8/DJ9BNが弱く聞こえるのみ。
18MHz CWでは、サウスシェットランドのRI44ANTがショートパスで入感。
信号は弱く、リグのノイズリダクションやノイズブランカーをOFFにして、フィルターやノッチフィルターを駆使してやっとノイズの中から聞こえる程度。
そのうち信号が上がってきたのでコール開始。
しかし、あろうことかわずか70Hz上でOH4MDYがCQを出し始めた。
こりゃアカン。
しかし、頑張ってコールを続けていると、OH4MDYの送信の隙間でリターンがあったような気がしたが、すぐにまたOH4MDYにつぶされて訳がわからなくなってしまった。
困ったなあと思っていると、OH4MDYの隙間にRI44ANTの信号が聞こえなくなった。
これはQSYしたに違いない。
ゆっくり上へ行ってみると、2kHz上で間違いなくVladの癖のCWが聞こえてきた。
今度はQRMはない。
気を取り直してUP2でコールすると、ノイズでわかりにくいがリターンあり。
かなり苦労したが、サウスシェットランドのモードニューをゲット。
RI1ANFとは本当にチャンスがなかったが、さすがVladは飛ばして来るなあ。
しかも弱小局の信号をしっかり捉えてくれる。
恐れ入りました。
ちなみにQSO終了後、今度は同じ周波数でXW3DTがCQを出し始めた。
あーあ。
その後、FBに入感している18.149のFW5JJとのんびりQSO。
FW5JJはパイルが大きいときもあるが、こんなに誰も呼ばないときもあるのか。
なお、18.150では1A0KMが出ているらしいが、何も聞こえなかった。

夜は特に目ぼしい局はなし。

2014/01/03 高知帰省運用⑤日目

運用場所: 高知県南国市(標高15m)
アンテナ: Hexagonal Beam (hight 10m) (マニュアルANTチューナー使用)

◆QSOできた局:

なし


10時頃に高知を出発して帰阪する前に、少し最後のワッチを。
7.005では弱々しく1A0KMが聞こえており、UPは5.5kHz上まで猛パイル。
こりゃアカン。
1AはCFM済みなので、もういい。
7時前に14.022に、喉から手が出るモザンビークのC91Jが出てきた。
しかし弱い。
ちょっと呼んでみたが、どう考えても無理。
信号も弱くなってしまい、諦めて撤収開始。

新居はお金がかかり過ぎて借金まみれで、タワーを買うのが精一杯。
アンテナまで買うお金がないので、今回Hexbeamを持ち帰ってきた。
コンパクトで助かった。

2014/01/07 タワー基礎工事①

1/6から住宅工事が再開。
タワー基礎工事を始めているはずなので、出勤前に見に行った。
掘削が完了していたので、持参したアース銅板を底に埋めてもらった。
今日は現場にスコップがないとのことで、念のため持参したスコが役立った。

土が凍っていたので、靴があまり汚れなかった。

s-P1070804.jpg

s-P1070809.jpg
アース板埋設

2014/01/09 タワー基礎工事②

午前半休でタワー基礎工事の立ち会い。
昨日早朝から深夜まで1日じゅう止み間なく降り続いた雨で、庭はぬかるみ、1/6に掘削した穴の縁はグランドキャニオンのように浸食されたり崩れたりしてしまった。
崩落防止のために立ててある木板で辛うじて持っている状態。
しかも穴の中は池状態になり、到着時は水中ポンプで排水中だった。
排水と平行して、玄関の階段の生コン打ちが行われていた。

タワー基礎穴の水はポンプで排水しても、底には大量の泥が残るので、人力で汲み出し。
穴の中で作業するのも危険な状態。
最終的には捨てコンを端から投入して、泥を反対側に追い出してから汲み出した。
底付近に十字に設置してあった崩落防止板のサポートが捨てコンに埋まるので、半分ぐらいの深さの位置に架け直し。
その後、センターの位置出しをしてから、基礎アンカーを固定するための鉄筋4本を捨てコンに突き刺した。
今日はここまで。
とんだ難工事になった。

s-P1070824.jpg
右側 大きく崩れている

s-P1070848.jpg
捨てコンを入れて鉄筋を立てたところ

2014/01/10 タワー基礎工事③

午後半休でタワー基礎工事の進捗を見に行った。
会社帰りに電車で直接行った。

16時過ぎに到着すると、本日の作業は終わっていて既に誰もいなかった。
裏庭に行くと、写真の通り鉄筋の上に基礎アンカーが据え付けられていた。
良く見ると、崩落防止板の支柱として立ててある鉄製のLアングルにも溶接されている。
鉄筋だけでなくLアングルもコンクリートに埋めてしまう訳か。
Lアングルは多少長いので、これは切断するようだ。

底に埋めたアース銅板から伸びる38sq避雷針用より線を、穴のコーナーに沿わせて立ち上げているが、土に密着して沿うように、太くて長い鉄筋で穴の向かい側からギューギューと押しておいた。
地表付近では土に埋め込んでおいた。

帰ろうとしたら、ちょうどお隣のご主人が裏庭に出て来られた。
タワー基礎工事が気になったようで、「これ何ですの?」と聞かれたので説明。
それを聞いたご主人は、「そらよろしいなあ。短波ですか?」と。
加えて、「そらええ趣味ですわ。しかし珍しいですな。」と。
「今時こんなんする人も少ないんですわ」などとしばし話が弾む。
理解が得られて良かった。

s-P1070874.jpg

2014/01/14 タワー基礎工事④

今日はタワー基礎の生コン打ちを行うと聞いていたので、出勤前に見に行った。
6:20に家を出て電車に乗る。
泉州から泉北までは電車で行きにくいが、朝なので接続は良い。

現場に着くと、誰もいない。
今朝も良く冷えており、水溜まりは凍っていた。
タワー基礎の生コン打ちは完了していた。
後は上面の最終仕上げを残すのみ。

JO3JYE/3局にアドバイスいただいた、崩れ止めの木板の件は結局どうなったかわからないが、側面から鉄筋を刺してコンコンしてみたところ、感触的にコンクリーのような感じ。
しかも、崩れ止め木板は水平方向にも垂直方向にも傾いて固定されていたが、できた基礎の側面はきっちりと垂直で住宅基礎と平行になっていた。

上部型枠の内側を見ると、水平に墨出ししてある線があり、基礎アンカー本体がちょうど埋まるレベルになっている。
このレベルまでしかコンクリートを入れなければボルトのネジ切りしていない部分まで露出してしまう。
そこで、ボルトのネジ切り部分の下端までコンクリートを入れることと、上面に水勾配を付けることを置き手紙に書いて、基礎アンカーに残してきた。

今日午後ぐらいに仕上げ作業だろうか。

s-P1070935.jpg


伝搬予報が酷い
solarvhf140114.gif

プロフィール

JL3LSF

Author:JL3LSF
1970年生まれ
1984年、大阪府堺市でJL3LSF開局
1991年、イリノイ州シャンペインの消防署でTechnician Plus取得 (N9PLT)
2011年、Amateur Extra取得 姫路で (NA1AA)
2014年、大阪府堺市南区にQSY 開局30周年
2017年、開局33周年
アンテナ
 (1)地上高16.5m 3 element Yagi (for 20, 15 and 10m)
 (2)地上高15m Mini-multiantenna HB18-24X4A (4 element HB9CV, for 17 and 12m)
 (3)Inverted L w/Loading Coil for 80m
 (4)地上高18m Rotatable Dipole (for 40 and 30m)
空中線電力 150Wぐらい
第一級アマチュア無線技士
職業 無線技術者(第一級陸上無線技術士) 選任されている無線局は438局(2016/9/16現在)
旧第一種伝送交換主任技術者
第三種電気主任技術者
専門は物理
以下省略

本業は6mのJCC/JCGハンティングで、昔は自宅からも山からもアクティブにQRV。
しかし仕事でン十kW級の無線を始めてからというもの、しばらくアマチュアを休業。
数年前から段階的にカムバックし、密集住宅街の狭い家から何を思ってか、3.5MHzから28MHzでDXを呼んではガッカリ。
移動運用で狙うDXにも限界が訪れ、2014年4月、遂にたまりかねて高台移転。
やっと普通の弱小局に格上げか???
2014年秋からは小さなタワーに給電してローバンドの運用を開始。
2015年5月からは50MHz用の自作5エレF9FTを使用開始。
2015年8月、F9FTを10MHz用釣竿ロータリーダイポールに交換。
2015年9月、釣竿ロータリーダイポールを7MHz/10MHzの2バンド用に変更。
2015年10月、ローバンド用アンテナをスローパーに変更。
2016年1月、Hexagonal Beamを3エレトライバンダーに交換。
2016年4月、スローパーを撤去して3.5MHz用のロングワイヤーを設置。
3.5MHzのアンテナは随時改修中。

アクセス
Solar-Terrestrial-Data
雨雲レーダー
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
QRコード
QR