FC2ブログ

2014/07/17 CONDX低下

QRZ.COMでTY2BPのアンテナを見てびっくり。
私のと同じアンテナではないか。
全く同じK4KIOのではないか?
このアンテナであの強さ?
しかもこの手作り感溢れるハシゴタワーはアンテナを回せないように見える。
あの信号の強さから考えるとJA向け固定なのか???


さて、昨日からのコンディションは悪い。
真夜中に聞いた18MHz CWのW1AW/4 SCは非常に弱い。
朝になれば強くなるかと思ったが、朝になっても信号強度は変わらず弱い。
その後も何度か様子を見ていたら、急に信号が上がってきた。
さあコールしよう、とキーに手をかけた瞬間、聞こえてきたのは「W1AW/4 QRT」。


2014/07/17 依然聞こえないW1AW/4

相変わらずW1AW/4は聞こえない。
全然聞こえない。

一方、アフリカは聞こえる。
日付が変わった0時過ぎ、V5/DJ8VCと18MHz SSBでQSO。
信号は強いものの、なかなか届かなかった。
しかし、先にQSOしたみんなにはRS58を送っていたのに、当局には59を送ってくれた。
どういうことか?

7/7以降、V5とは5局目6QSO。

出張で東京に行ってきた。
涼しかった。
帰って来たときの新大阪駅のアナウンス。
「切符、携帯電話、草加煎餅などの忘れ物が大変多くなっています。」
ナニ?、草加煎餅の忘れ物が大変多いだと???
駅の事務所に草加煎餅が続々と届けられる状況???
どうして草加煎餅ばかりが?

追記
1:20になって、やっと21MHz CWのW1AW/4が聞こえてきた。
3局ぐらいしか呼んでいなかったので、順番待ちでQSOできた。
信号は弱かった。
14.0324MHzのW1AW/4も聞こえるようにはなってきたが、こちらはQSOできるようなレベルではない。

7/18 0021J 18140.0kHz SSB V5/DJ8VC (Namibia) 270deg S7 160W
7/18 0122J 21032.0kHz CW W1AW/4 (SC) 25deg 125W

SSNがゼロになった

solarvhf_SSN0_140718.gif

こないだ200あったのに今日はゼロ。

開店休業

SSNが下がってしまって以来、全然ダメ。
時々聞こえるアフリカも届かない。
W1AW/4もその後は聞こえない。
FP/某も一度だけかすかに聞こえた程度。

仕方ないので昨日は日帰りで愛知県みよし市までソファーを買いに行ってきた。
8時過ぎに出発して、暗くなる前には帰宅できた。
昼食は新豊田駅前でひつまぶしを。
おいしかった。
行きも帰りも途中9kmの渋滞があって疲れた。

依然劣悪なコンディション

ほぼ何も聞こえない。

2014/07/22 TJ3TS ・ 近着QSL

コンディションが悪い悪いと言っても、今朝、14.225MHzで入感したTJ3TSの信号が猛烈に強かった。
9+10dBだった。
ここまで強いと、逆にQSOは困難。
聞いているとJA指定となったが、数局ピックアップした後、「あと1局DX only」と謎のQRZを出してイタリアだったかな(???) Euの局とQSO。
そして6時12分QRTとなった。
それにしてもカメルーンから「DX only」って何?
まさかTJ3AYに対して「呼ぶな」と牽制している訳でもないだろうし。


さて、最近届いたQSLを...


(1)9L1A
ずっとQSOしたかった局。念願叶ってNew。

s-9L1A表

s-9L1A裏


(2)9G5ZZ
ガーナの信号は初めて聞いた。それにもかかわらず5 QSOの大サービス。

s-9G5ZZ表

s-9G5ZZ裏


(3)TZ6BB
この局もQSOが難しい。ラバースタンプQSOの時と、「599 BK」の時があるが、ラバースタンプQSOの時は望み薄。

s-TZ6BB表

s-TZ6BB裏


(4)FT5ZM
移動運用とモービル運用で別請求したら、簡易版とデラックス版の2種類が届いた。
デラックス版をページ毎にどうぞ↓

s-FT5ZM01.jpg

s-FT5ZM02.jpg

s-FT5ZM03.jpg

s-FT5ZM04.jpg

s-FT5ZM05.jpg

s-FT5ZM06.jpg


今日はS01WSのQSLが届いたが、それはまた次回。

S01WSのQSLが届いた

珍局のQSLは往々にしてなかなか届かないものだが、これはOQRS請求から19日で届いた。
それにしても、よくもまあQSOできたもんです。

s-S01WS表

s-S01WS裏

W1AW/1もW1AW/9も本当に弱い

朝聞いても夜聞いてもW1AW/1とW1AW/9が非常に弱い。
今回は本当にQSOできずに終わるかも知れない。
マズい。

朝もF6BKPとQSOするのが精一杯。
これすら本当に正しくコールサインをコピーしてくれたかどうか怪しい。
3日ぶりのQSO。
コンディションは下がりっぱなし。

その後W1AW/1は多少信号が上がってきたので、9時過ぎまで追いかけて呼んでみたが、呼んでも呼んでも拾われない。
こりゃアカンわ。

7/24 0611 14019.0kHz CW F6BKP (EU-032) 340deg 150W


W1AW/1今日もQSOできず

W1AW/1は依然QSOできない。
クラスターにはFB sigと書いている局もいるが、こちらではあまりにも弱い。
夜もFBだそうだが、こちらでは全くの無音。
どうなっているのか。

今朝も21MHz CWで呼んでみたが、呼んでも呼んでも届かなかった。
しかも、少し信号が上がってきたかと思ったら、すぐにQSYしてしまう。
3時間ぐらい同じ周波数に出てもらわないと、弱小局はQSOできない。
このQSYを見ていると、この時期のJAとのパスをまったくわかっていないとしか思えない。
14MHz CWは呼べるような強さではない。

W1AW/9に至っては、今朝は信号が聞こえなかった。

2014/07/26 やっとできたW1AW/1とW1AW/9

昨夜は23:40まで会社で仕事をして終電で帰宅。
1時過ぎ帰宅。

真夜中の各バンドは寂しい。
W1AWなんて聞こえるはずもない。
唯一18.069MHzでEJ3Zを見付けてコール。
Euからパイルを浴びていたが、JAからはほとんどコールがない。
タイミングを図りながらコールしているとリターンあり。

3時半に寝て6時起床。
18.076MHzに弱いながらW1AW/9が出ている。
しかし今日は了解度が良く、いつものように半分ぐらいしか内容がわからないなどということはない。
3回ぐらいコールするとリターンあり。
無事QSOできて安堵。

次はW1AW/1を狙うべく、いつも出てくる21.030MHzで待ち受け。
首尾良くCQの出始めにコールすることができ、ワンコールでゲット。
Sメーターは振れないが、しっかりとした信号だった。
こんな強さでも、いつもより遥かにCONDXが良いと感じた。

昼間は50MHzでJR5PDV/5徳島県美馬郡やJG3IFX/4広島県豊田郡とQSO。
2エレとは思えないぐらいでHexに満足。

いつもは仕事のためにワッチできない20時台にワッチ。
14.031MHzのW1AW/1は大変弱い。
なけなしのDSPやら何やらを駆使してやっと了解できるようになった。
呼ぶ局は少なく、何度かコールするとQSBを伴ってリターンあり。
何とか2バンドもQSOできてよかった。

その後21時半には14MHzでW1AW/9とも2バンド目のQSO。
最初は弱くて了解度も悪かったが、だんだんクリアな信号になってきた。

21.040MHzで弱く聞こえているD2QVとIOTAコンテストのナンバー交換。
信号が大変弱かったが、あまり呼ばれていないのでQSOできた。

7/26 0253J 18069.3kHz CW EJ3Z (EU-121) 350deg 150W
7/26 0622J 18075.9kHz CW W1AW/9 (IN) 35deg 150W
7/26 0643J 21029.9kHz CW W1AW/1 (RI) 20deg 130W
7/26 1711J 50213.0kHz SSB JR5PDV/5 (徳島県美馬郡) 260deg 50W
7/26 1715J 50160.7kHz CW JG3IFX/4 (広島県豊田郡) 270deg 50W
7/26 1726J 18089.0kHz CW JS3OMH/6 (トカラ AS-049) 230deg 150W
7/26 1936J 14016.1kHz CW BD2RJ/2 (AS-151) 280deg 130W
7/26 2053J 14031.0kHz CW W1AW/1 (RI) 40deg 130W
7/26 2131J 14036.0kHz CW W1AW/9 (IN) 45deg 130W
7/26 2254J 21039.6kHz CW D2QV (Angola) 280deg 130W

プロフィール

JL3LSF

Author:JL3LSF
1970年生まれ
1984年、大阪府堺市でJL3LSF開局
1991年、イリノイ州シャンペインの消防署でTechnician Plus取得 (N9PLT)
2011年、Amateur Extra取得 姫路で (NA1AA)
2014年、大阪府堺市南区にQSY
2019年、開局35周年

アンテナ
 (1)地上高15m 3 element Yagi (for 20, 17, 15, 12 and 10m)
 (2)地上高17.5m Rotatable Dipole (for 40 and 30m)
 (3)地上高16m 7 element Yagi (for 6m)

空中線電力 150Wぐらい

第一級アマチュア無線技士
職業 無線技術者(第一級陸上無線技術士 = 昔で言うところの一技) 選任されている無線局は440局(2019/05/01現在)
旧第一種伝送交換主任技術者
第三種電気主任技術者
高等学校教諭一種免許(工業)
フルハーネス型墜落制止用器具特別教育受講済
専門は物理
以下省略

本業は6mのJCC/JCGハンティングで、昔は自宅からも山からもアクティブにQRV。
しかし仕事でン十kW級の無線を始めてからというもの、しばらくアマチュアを休業。
数年前から段階的にカムバックし、密集住宅街の狭い家から何を思ってか、3.5MHzから28MHzでDXを呼んではガッカリ。
移動運用で狙うDXにも限界が訪れ、2014年4月、遂にたまりかねて高台移転。
やっと普通の弱小局に格上げか???

*2014年4月24日、6バンドHexagonal Beam設置。

*2014年秋からは小さなタワーに給電してローバンドの運用を開始。

*2015年1月29日、18MHz/24MHz用4エレHB9CVを追加。

*2015年5月からは50MHz用の自作5エレF9FTを使用開始。

*2015年8月、F9FTを10MHz用釣竿ロータリーダイポールに交換。

*2015年9月、釣竿ロータリーダイポールを7MHz/10MHzの2バンド用に変更。

*2015年10月、ローバンド用アンテナをスローパーに変更。

*2016年1月、Hexagonal Beamを3エレトライバンダーに交換。

*2016年4月、スローパーを撤去して3.5MHz用のロングワイヤーを設置。

*2018年6月1日、ローバンド用のリモート局の免許を受ける。給電点海抜高655mのハーフスローパー。恐らく大阪で一番高い。ただし100W。

*2018年9月、台風21号により被災。マストパイプが曲がり、数を減らす目的で3エレトライバンダーとWARCの4エレHB9CVを統合して改造!

*2018年11月6日、リモート局のローバンド用アンテナをハーフスローパーから傾斜型に変更(160m・80m)。給電点海抜高638.5m。スカイツリーよりは高い。

*2019年1月8日、リモート局の160m用エレメントを短縮型からフルサイズ(折り曲げ)に変更。

*2019年5月6日、50MHzの6エレ八木を再設置。

*2019年7月20日、50MHzのアンテナを6エレからブーム長8.7mの7エレに交換。

今思うと、やっぱりHexagonal Beamがいちばん良いような...

アクセス
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
858位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
183位
アクセスランキングを見る>>
Amazon
Solar-Terrestrial-Data
雨雲レーダー
カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
QRコード
QR
愛用品1
フルークのテスター。安価でしっかり使える。
愛用品2
屋外でケーブル結束すると、耐候性結束バンドでも切れるのは時間の問題。エンドレスタイは耐久性が違う。必要な長さを切って使うので、結束バンドのような無駄がない。
愛用品3
台風のときに風速と気圧を測るのはコレ。