2015/04/01 エイプリルフールです

0時、14MHz SSBでVK5CE/Pが暇そうにCQを出しているのでコール。

朝、18.087MHzでR120RNとQSO。

18MHz CWではお馴染みPJ4/K4BAIが良く聞こえている。
コールするが、東日本の局ばかりQSOするので、こちらには全然順番が回ってこない。
そのうちパイルも“ごわんごわん”いうようになり、ご本尊は消えてしまった。

7時、18.071MHzではV6Zが入感。
V6は28MHzが欲しいが、この局はすぐに他のバンドにQSYしてしまうので、毎日10mに出ている割にはQSOできない。

出勤時間が近付き、28.030MHzでHR9/K6TOPが入感。
非常に弱く、そのとき呼んでいた局は届かずに諦めてしまった。
どれどれ、ちょっと呼んでみるかな。
すると「AGN」が返ってきた。
もう一度呼ぶと「JA3」。
再度コールすると、どうやらフルコピーしてもらえたようだ。
ホンジュラスとは久々のQSO。

4/1 0004J 14250.0kHz VK5CE/P (OC-022) 185deg 150W
4/1 0655J 18087.0kHz R120RN (Russia) 180W
4/1 0701J 18070.8kHz V6Z (Chuuk OC-011) 150deg 180W
4/1 0844J 28030.0kHz HR9/K6TOP (Honduras) 50deg 140W
スポンサーサイト

2015/04/02 PJ2/VE7ACN強くてビックリ

真夜中に聞いてみると、18.080MHzでE74OWが延々の空振りCQ。
確認すると、18MHzのE7は未交信なのでコール。
バンドニュー。

朝6時半、21.025MHzのPJ2/VE7ACNが非常に強い。
Sメーターが5までバンバン振る。
これは強い。
こんなことはなかなかあるもんじゃない。
早速コールすると、なんと一発でリターンあり!
UPでは“ごわんごわん”鳴る大きなパイルだったのでビックリ。
QSO終了後、信号は普通の強さに下がってしまった。
まさに絶妙のタイミングだった。
西洋ではまだ4月1日なのだけがちょっと気になるが...

一方、18.145MHzのPJ7TMは弱くて無理そう。
何? この極端な差は???

18.074MHzの8P6DRは聞こえない。

4/2 0048J 18075.0kHz CW E74OW (Bosnia and Herzegovina) Band New 330deg 160W
4/2 0632J 21025.0kHz CW PJ2/VE7ACN (Curacao) 25deg 120W

2015/04/03 PQ0T

6時前に自然に目が覚めたので起きようと思った次の瞬間、既に7時半になっていた。
おかしいなあ。

どうやらPQ0Tが既にQRVしている模様。
クラスターに上がっている周波数は聞こえない。
24MHzを聞くと、24.89195MHzでかすかに何かが聞こえる。
Wを相手にパイルをさばいている。
クラスターにもRBNにもスポットがない。
断片的に聞こえる符号をつなぎ合わせると「PQ0T UP」。
UPで呼んでいるJAはいない。
しめしめ、この調子で上がってくるのを待つのみ。

今朝はカリブ海方面は悪く、スポットのある28.028の6Y5WJも、18.072MHzのCO8LYも、何も聞こえない。

24MHzのPQ0Tは、その後しばらく聞こえなくなっていたが、8:35に再び聞こえるように。
9:00には21.0159MHzでも良く聞こえていた。
ただ、パイルは大きい。

今日は、どうも足の付け根の骨がずれていて痛くて仕方ないので、休んで近所の整骨院に行くことにしていた。

整骨院から帰ると、24MHzのPQ0Tが非常に強くなっている。
しかも21MHzと違ってパイルも大きくない。
ピックアップされた局と同じ周波数でコールすると、一発でリターンあり。
今年3つ目のニュー。
後で気付いたが、パワーを少し絞っていて100Wになっていた。

V6Zが28.012MHzに出ている。
信号は弱いが、やっと10mのV6に遭遇。
バンドニュー。

一方、21MHzのPQ0Tは10時過ぎに弱くなり始めた。
今日は、伝搬予報が悪いにもかかわらずPQ0TとQSOでき、もう十分。

4/3 0952J 24891.9kHz CW PQ0T (Trindade I, SA-010) New 305deg 100W
4/3 0956J 28012.2kHz CW V6Z (OC-011) Band New 170deg 130W

2015/04/04 5V7BD

例の腰痛のため遅くまで寝てみたら、腰痛は治った。
足の方もだいぶ良くなってきたが、まだ少し痛い。
また今日も整骨院に行ってみよう。

ということで、今朝のワッチ開始は8時前。
特に何も聞こえない。
18MHzをよーく聞いてみると、18.07069MHzでかすかに何かが聞こえる。
ビーム方向は50度ぐらい。
しかし符号が潰れぎみでよくわからない。
アンテナをHexから4エレに切り替えると、あれ???
聞こえない。
そうか、この方向ではないな。
打ち上げ角の高いHexではこの方向からのイレギュラーなパスを捕らえられるが、打ち上げ角の低い4エレでは正面方向の正規のパスしか受信できないのだろう。
方向を探ると、305度ぐらいにピークがある。
PQ0Tか???
いや、違うだろう。
なかなかコールを打たない上に、かすれるような了解度の悪い信号でわかりにくいが、5V7BDと判明。
早速コールするが、なかなか手応えがない。
そうこうしているうちに、クラスターに上げられてしまい、パイルの始まり。
色々周波数を変えながらコールしていると、20分以上経った頃、フルコールでリターンあり。
昨日に引き続き、今年4つ目のニュー。
5Vはカムバック以来ずーっと縁がなく、今朝初めて信号を聞き、初めての交信。

5V7BDと5V7DBがあってややこしいが、今回のは5V7BD。
QRZ.COMには載っていないが、DJ6SIの運用らしい。

これで西アフリカの残りは3Xギニアだけとなった。
アフリカ本土では5A、3X、TL、TN、3C、C9。
いっぱい残っている。

4/4 0824J 18070.4kHz CW 5V7BD (Togo) New 308deg 160W

2015/04/04夕方 3B8DB 6m !

夕方、クラスターに50.115MHzで3B8DBのスポットがあったので聞いてみる。
しかし聞こえない。

とりあえず、28.490MHzのYF1AR/4とQSO。

17:37、もう一度50.115MHzを聞くと、弱いながらも3B8DBのコールサインが聞こえる。
時々呼ぶ局が途切れるのでコールする。
しかし届かずにまたCQが出る。
そうこうしているうちに10分ほどで聞こえなくなってしまった。
短い。
オープン時間が短い。
まあ、2エレ八木でアフリカ沖とQSOしようということ自体無理があるかも。
これは早く5エレを使える状態にしないといけないと思い、早速作業に取りかかる。

50.115MHzを聞きながら、給電部を製作していると、18時過ぎにリグのスピーカーから弱々しいCQが聞こえてきた。
慌ててヘッドホンを着けて聞き耳を立てると、3B8DBがCQを出しているのが聞こえる。
即座にコールするが、反応がなくまたCQ。
次はコールサインを3回繰り返してコールすると、「QRZ」が返ってきた。
他の局がコールしないのを確認して再度コールすると、リターンがあったがQSBでコールサインが聞こえない。
「??」を送ると、また同じ内容を送ってくれたが、やはりコールサインが取れない。
ただ、自分の信号に応答してくれていることは間違いないようなので、相手が正しくコピーしてくれていると信じて「559」を送る。
すると「QSL」や「73」が返ってきた。
何とかQSOできたようだ。

50MHzでは今のところ、このHexbeam(2エレ八木)でNA、AS、OC、AFの4大陸とQSOできている。
しかしEuとSAはちょっと無理かな。
WACまでの道は遠い。

4/4 1736J 28490.0kHz SSB YF1AR/P (OC-204) 240deg 120W
4/4 1819J 50114.8kHz CW 3B8DB (Mauritius) Band New 240deg 70W

2015/04/06 6m連日の盛況

真夜中、14.260MHzでYB7AM/PとQSO。
IOTA OC-269。

朝は、21.014MHzのPJ2/VE7ACNがFBだが交信済み。

21.025MHzのHK7AAGは弱い。

18.084MHzでスポットのあったHI3LFEは不感。

夜、50.102MHzのYB2TJVがFBでS3。
しかし交信済み。

50.110MHzではDU7/PA0HIPもS3で入感しているのでコール。
こちらはCQの間隔が長いため、よくワッチしないと聞き逃す。
それでYB2TJVと違ってパイルにはなっていなかった。

50.108MHzにはXV4Yが出てきた。
一時パイルになったが、徐々に空いてきてQSOできた。
信号は非常に弱かったが、聞こえればQSOできるようだ。
DU7/PA0HIPが一生懸命呼んでいたが、QSOはできていなかった。

4/6 0047J 14260.0kHz SSB YB7AM/P (OC-269) 220deg 160w
4/6 2224J 50110.0kHz CW DU7/PA0HIP (Philippines) 220deg 70W
4/6 2323J 50108.0kHz CW XV4Y (Vietnam) 230deg 70W

2015/04/07 ZF2DX

朝起きると、24.905MHzのZF2DXがよく聞こえている。
Sは2ぐらい振っている。
ログを調べると、このバンドでは未交信。
オンフレで凄いパイルで“ごわんごわん”鳴っているがコールしてみる。
驚いたことに、一発で「LSF」と返ってきた。
びっくり。

14.170MHzでは、5Z4/EA4ATIが非常に強力で、リアル59。
呼ぼうと思ったが、市内の某局がスローで延々呼んでいて、しかもリターンがない様子を聞き、呼ぶ気が失せた。

4/7 0649J 24905.2kHz CW ZF2DX (Cayman Is) 40deg 150W

2015/04/07夜 ・ 2015/04/08

4/7夜、50.107MHzではお馴染みDU7/PA0HIPが579で入感。
強い。

18.069MHzでFR/DG5AAが聞こえる。
連日FRからQRVしているようだが、今まで全然聞こえず、やっと聞こえた。
UPで呼んだらオンフレだった。

21.320MHzではT88MZが59+20dBで入感。
天皇陛下かと思ったら違った。

4/8朝は、21.019MHzで5V7BDが聞こえるがカスカス。
BA4RFが延々オンフレで呼んでいる。
あの人等は基本オンフレなのか???
いい加減覚えたら?
スプリットを。

カリブ海方面は不感。

4/8夕方も良くない。

4/7 2330J 18068.6kHz CW FR/DG5AA (Reunion I) 245deg 150W
4/7 2351J 21320.0kHz SSB T88MZ (Palau) 190deg 160W
4/8 1943J 3512.5kHz CW V6Z (FSM) Band New 基部接地型 150W

↓今日の東大阪市内 桜と雪のコラボ さぶッ
s-1428488782522.jpg

s-1428488885033.jpg

2015/04/09

ここのところあまりコンディションは良くなく、めぼしいところは聞こえない。

真夜中、ONXさんから18.084MHzのHS3LSEのスポットがあったのでコール。
なかなか拾っている周波数に当たらず、ちょっと時間がかかった。

朝は、これと言って聞こえず。

4/9 0050J 18084.0kHz CW HS3LSE (Thailand) 240deg 150W

2015/04/10

4/10 2時前、14.217MHzでEP3MIRが聞こえる。
弱い上にEuが呼ぶので絶対無理そう。

朝、14.016MHzのZS2/RD3MXとQSO。

18.070MHzのCO8LYはクリアに聞こえる。

14.003MHzでは8P6DRがカスカスながら聞こえる。
14MHzでカリブ海が聞こえるのは久し振り。
呼ぶ局が少ないので呼んでみる。
だが、どうもリターンがわからない。
他に呼んでいないので自分かもしれないが、どうもわからない。
時々JAが何とかQSOするのが聞こえる。
そのうち、QSOを済ませたお馴染みJA4某にクラスターに上げられてしまい、一巻の終わり。
まあ14MHzの8PはCFM済みなのでよい。
ちなみに、8P6DRと初めて18MHzでQSOしたときも、こんなカスカスの状態だったなあ。

夕方、24.896MHzでZS2/RD3MXが聞こえたのでコール。
2QSO目。

夜は21.280MHzの5W0VEを呼ぶ。
「JAはフルコールで呼ばないでラストレター2文字送ってください」と言われて意気消沈。
一応やってみたが、どうもしっくりこない。
他の局もやはりDXをする人には馴染まないようで、みんなフルコールで呼んでいるようだった。
なぜか結局QSOできず。

4/10 0654J 14016.0kHz CW ZS2/RD3MX (South Africa) 255deg 160W
4/10 2039J 24895.9kHz CW ZS2/RD3MX (South Africa) 245deg 150W
プロフィール

JL3LSF

Author:JL3LSF
1970年生まれ
1984年、大阪府堺市でJL3LSF開局
1991年、イリノイ州シャンペインの消防署でTechnician Plus取得 (N9PLT)
2011年、Amateur Extra取得 姫路で (NA1AA)
2014年、大阪府堺市南区にQSY 開局30周年
2017年、開局33周年
アンテナ
 (1)地上高16.5m 3 element Yagi (for 20, 15 and 10m)
 (2)地上高15m Mini-multiantenna HB18-24X4A (4 element HB9CV, for 17 and 12m)
 (3)Inverted L w/Loading Coil for 80m
 (4)地上高18m Rotatable Dipole (for 40 and 30m)
空中線電力 150Wぐらい
第一級アマチュア無線技士
職業 無線技術者(第一級陸上無線技術士) 選任されている無線局は438局(2016/9/16現在)
旧第一種伝送交換主任技術者
第三種電気主任技術者
専門は物理
以下省略

本業は6mのJCC/JCGハンティングで、昔は自宅からも山からもアクティブにQRV。
しかし仕事でン十kW級の無線を始めてからというもの、しばらくアマチュアを休業。
数年前から段階的にカムバックし、密集住宅街の狭い家から何を思ってか、3.5MHzから28MHzでDXを呼んではガッカリ。
移動運用で狙うDXにも限界が訪れ、2014年4月、遂にたまりかねて高台移転。
やっと普通の弱小局に格上げか???
2014年秋からは小さなタワーに給電してローバンドの運用を開始。
2015年5月からは50MHz用の自作5エレF9FTを使用開始。
2015年8月、F9FTを10MHz用釣竿ロータリーダイポールに交換。
2015年9月、釣竿ロータリーダイポールを7MHz/10MHzの2バンド用に変更。
2015年10月、ローバンド用アンテナをスローパーに変更。
2016年1月、Hexagonal Beamを3エレトライバンダーに交換。
2016年4月、スローパーを撤去して3.5MHz用のロングワイヤーを設置。
3.5MHzのアンテナは随時改修中。

アクセス
Solar-Terrestrial-Data
雨雲レーダー
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
QRコード
QR