FC2ブログ

2015/12/08朝の続きと夜 近いのに弱い

朝は出勤間際に21.010MHzの9M90IARUとQSO。

職場に着くと、先日から建方をやってもらっていた50m鉄塔が完成していた。
早っっ!
一度も作業を見ることなく出来上がっていた。
このてっぺんにHFやら6mのアンテナを付ければどこへでも届きそうだが、横で何十kWも出ているので受信が無理。
いや、6mならいけるか?

s-DSC_8155cor.jpg

夜、7.037MHzのBV90IARUをコールする。
近いのになかなか拾ってもらえない。
何度も呼んでいるとやっとリターンあり。
しかし「JL3LHF」とコピーされた。
スローで訂正したが「TU」で終わってしまった。
訂正してるねんから間違ってるに決まってるやろが。
オンラインログでもJL3LHFでログインされていた。
ちゃんと聞けや。

10.106MHzではYB90IARUが入感。
CQ空振りぎみだが、呼んでも呼んでも届かない。
アンテナ方向を色々変えてコールしていると、185度方向でリターンあり。

B90IARUが1.822MHzに出てきた。
信号は中国とは思えないほど弱い。
DSPを駆使して、AGCを切って、プリアンプを入れて、ピッチを下げて、ナローフィルターを入れて、ノッチフィルターを入れたら了解できるようになった。
QSBのピークを狙ってコールしていると、時々「QRZ AGN」が返ってくる。
さらにコールしていると「JL3...」とリターン。
もう一度コールを送るが、何か被せられてよくわからなくなった。
この3分後からコンスタントに聞こえるようになったが...
結局オンラインログではNILだった。

HL90IARUが7.016MHzに出てきた。
この局は先日来いつも弱い。
いつ聞いてもスキップぎみのようだ。
オンフレでずーっと呼んでいると何とかリターンあり。

その後、HL90IARUは3.797MHzに出てきた。
こっちは59+10dBで非常に強い。
小声でボソボソとコールすると一発で届いた。

12/8 0920J 21010.0khz CW 9M90IARU (W Malaysia) 240deg 200W
12/8 2152J 10106.4kHz CW YB90IARU (Indonesia) 185deg 130W
12/8 2305J 7016.0kHz CW HL90IARU (Korea) 280deg 200W
12/8 2344J 3797.0kHz SSB HL90IARU (Korea) Sloper 200W

2015/12/09

朝、18.070MHzのYB90IARUをコール。
また「JL2LSF」でリターン。
ちょっとしつこい目にコールサインを繰り返しておいた。
面倒くさいなあ。

21.022MHzではP490IARUが聞こえる。
しかし、信号は当然弱いしパイルでもあるので静観。
そのうち下の方からパカパカ被ってきた。
様子を見に行くと、21.0197MHzにPJ2/NT6Xが出ている。
P490よりもPJ2の方が強いが、やはりパイルなので静観。
先に朝食を。
朝食から戻ると、ちょうど「QSY 10m」と打って消えるところだった。
当然10mなんかでは聞こえず。
15mでたくさん呼ばれているからと言って、10mでパスがあると思ったのだろうか???

14.016MHzではB90IARUがNAを相手にしている。
聞いていると、NAからのコールがなくなり、CQ連発になったのでコール。
アンテナはカリブを向いていたが、599だった。

12/9 0741J 18070.0kHz CW YB90IARU (Indonesia) 220deh 200W
12/9 0830J 14016.0kHz CW B90IARU (China) 40deg 150W

2015/12/10

朝、7.005MHzでSX90IARUが聞こえる。
早速コールするとQSBで落ちてしまったがリターンあり。

8時半、21.276MHzでZF2AHが強い。
コールし始めたらQRTになってしまった。

21.245MHzのHL90IARUは異常に弱い。
正面方向では聞こえない。
南か東で辛うじて聞こえる。

21.014MHzではHP1RNが良く聞こえている。
しかし、パイルが厳しい。
本当にUP1で拾っていてそこで団子になっている。
こりゃアカン。

12/10 0722J 7005.0kHz CW SX90IARU (Greece) 330deg 200W

2015/12/11 ZF2AH 15S, PJ2/NT6X 15C

朝、21.0188MHzでCO90IARUが聞こえる。
瞬時にパイルが立ち上がったが信号が非常に弱いので呼んでも無駄。
しばらく聞いていると信号が上がってきたのでコール開始。
しかし今日は早出なのでじっくりコールする時間がない。
途切れ途切れ呼んでいてもQSOできる筈もない。
いつの間にか消えていた。

8時前、21.290MHz SSBのZF2AHが強い。
そこらのWの局並みの強さで聞こえている。
オンフレで何局か呼んでいるが、コールするとリターンあり。

その後、21.022MHzではPJ2/NT6Xが聞こえる。
UPではたくさん呼んでいる。
しばらく呼んでいるとリターンあり。

18.070MHzではB90IARUがよく聞こえている。
UPでコールしてQSO。

28.010MHzではTX90IARUが聞こえる。
コールするとリターンがあったが、呼び倒している奴がいるようで、「NO NO JL3」と返ってきた。
もう一度コールするとQSOできた。

21.099MHz RTTYではHL90IARUが入感しているが弱い。
ほとんどデコードできない。
UPではパイルになっていて、いつも楽々QSOしている先生も呼び続けている。
こりゃダメだ。
しかし最近毎日HLが弱すぎる。
カリブ海よりも弱い。

12/11 0757J 21290.1kHz SSB ZF2AH (Cayman Is) 40deg 200W
12/11 0839J 21022.0khz CW PJ2/NT6X (Curacao) 40deg 200W
12/11 0846J 18070.0kHz CW B90IARU (China) 276deg 200W
12/11 0849J 28010.0kHz CW TX90IARU (New Caledonia) 160deg 140W

2015/12/12 9G5SP 20R L/P

朝、ARRL 10mコンテストが始まるというのに、どのバンドも静まり返っている。
スイッチ断。
DXCCの申請の用意でもしよう。

午後、CWで聞こえてくるIARU記念局を順次コール。
QSOは下記のとおり。

16時前、14.083MHz RTTYで9G5SPが入感。
ロングパスで信号は当然強くはない。
デコード率はまあまあ。
UPでコールしてみるがリターンがあるとは思えない。
コールする周波数を色々変えてみる。
リターンがあった周波数付近でコールするのをやめ、ちょうど結構広い幅でスコーンと空いた帯域のど真ん中UP.1.32でコールするとリターンあり。
びっくりした。
デコード率は半分ぐらいなので、ミスコピーされていてもわからないが。
今日はもうこれで満足。

DXCC申請の準備で疲れた。

12/12 1404J 24895.0kHz CW XR90IARU (Chile) 90deg 150W
12/12 1407J 21025.0kHz CW VI90IARU (Australia) 180deg 200W
12/12 1415J 28000.5kHz CW B90IARU (China) 255deg 140W
12/12 1507J 24908.0kHz CW B90IARU (China) 255deg 150W
12/12 1527J 21021.0kHz CW V89IARU (Brunei) 225deg 200W
12/12 1531J 21025.0kHz CW XR90IARU (Chile) 90deg 200W
12/12 1533J 24903.0kHz CW ZL90IARU (New Zealand) 165deg 150W
12/12 1602J 14083.1kHz RTTY 9G5SP (Ghana) 125deg 140W
12/12 1607J 18070.0kHz CW XR90IARU (Chile) 90deg 200W
12/12 1617J 21023.0kHz CW JT90IARU (Mongolia) 310deg 200W
12/12 1800J 7023.0kHz CW R90IARU (Russia) 135deg 200W

Robからのメール

VK9WAのペディションを終えたRobからメールが届いた。
要約すると次の通り。

最初の4日間は昼食を船でとっていた。
しかしこれでは運用休止が長くなり過ぎることに気付いてやめた。
残りの6日間はノンストップで運用した。
昼間は暑すぎて寝ることができないので、睡眠は夜間運用の合間のみとなった。
アジア、NA/SA、Euの比率がどれも30%ぐらいとなったので非常に良かった。
いくつか違う風にすれば良かったこともあったし、もっと良くすることもできたこともあったが、全体的に楽しかった。
しかしすべきことはたくさんあった。
今は次のペディションの計画を考えていて、メールと電話で連絡を取り始めた。
VK9WAのメンバーのうち何人かは来てくれるようだ。
約75%のメンバーがまた来てくれる。
本当に大変な作業だったし、何人かはエネルギーがなかった。
我々とQSOすることを楽しんでくれて嬉しい。
パイルアップの中であなたを見つけて交信することが楽しかった。
メラニーは既にE51MQTのQSLを発送した。
OQRSで請求してくれていればすぐに届くと思う。

2015/12/13 ~ 2915/12/16

ここ最近バタバタしているのでQSOの結果のみ。

12/16の朝は21MHz CWでZF2AHが少し聞こえた程度。
7MHz CWのSX90IARUは誰も呼んでいなかったのですぐにQSOできた。

12/13 1156J 18077.0kHz CW ZL90IARU (New Zealand) 145deg 200W
12/13 1204J 21290.0kHz SSB B90IARU (China) 255deg 200W
12/13 1209J 21015.0kHz CW B90IARU (China) 255deg 200W
12/13 1225J 10122.4kHz CW JA3RL (池田市) 0deg 150W
12/13 1236J 10143.1kHz RTTY JH7IPR/6 (三潴郡大木町) 240deg 150W
12/13 1236J 10124.0kHz CW JH7IPR/6 (三潴郡大木町) 265deg 150W
12/13 1246J 24950.0kHz SSB B90IARU (China) 265deg 160W
12/13 1252J 28021.0kHz CW VI90IARU (Australia) 170deg 140W
12/13 1258J 18150.0kHz SSB XR90IARU (Chile) 90deg 200W
12/13 1301J 21268.0kHz SSB ZL90IARU (New Zealand) 155deg 150W
12/13 1354J 24901.0kHz CW VI90IARU (Australia) 180deg 150W
12/16 0713J 7015.0kHz CW SX90IARU (Greece) 320deg 160W

2015/12/19 朝は80m

午後、21.145MHzではTX90IARUが入感。
複数呼んでいたが、コールするとリターンあり。

21.028MHzではHS90IARUが聞こえる。
信号は弱いとは言えそれほど弱くもない。
しかし、呼んでも呼んでもリターンはない。
皆さん苦労している。
BG1WNUの行儀の悪いコールがしつこいので、早くQSOしてくれと思いながら待つ。
サフィックスがなかなかコピーされず、じれったい。
なんとかBG1WNUのQSOが終わったのでコール。
相変わらずなかなかコピーしてもらえない。
当局も何度も何度もコールを打って何とかQSO。
最近近距離のQSOが非常に難しい。
HLなどが聞こえないことも多い。

28.019MHzではR90IARUが聞こえる。
これはすぐにQSOできた。

28.475MHzではTX90IARUが入感。
方向は170度がピーク。
弱いがQSOできた。

夕方、14.240MHzでBV90IARUが聞こえる。
例によって信号は弱い。
コールするがQSOできない。
しかし17:14から急激に信号が上がり、何とかQSOできた。

7.168MHz SSBのZL90IARUはカスカス。

10.111MHzではTX90IARUが入感。
信号は弱い。
JA3某局が相手のペースを考慮せずに呼び続ける。
とにかくパワーを入れてコールを打ち続けていればそのうちQSOできるだろうと言わんばかりの呼び方。
いい加減うんざりする。
その局のQSOも終わったのでコール。
何度かコールするとリターンあり。
しかし弱かった。

12/19 0707J 3510.4kHz CW OM2VL (Slovak Republic) Sloper 160W
12/19 0713J 3513.0kHz CW 9A9A (Croatia) Band New Sloper 160W
12/19 1004J 14040.0kHz CW 9M90IARU (West Malaysia) 240deg 150W
12/19 1410J 21145.0kHz SSB TX90IARU (New Caledonia) 150deg 200W
12/19 1422J 21028.0kHz CW HS90IARU (Thailand) 230deg 200W
12/19 1438J 28019.0kHz CW R90IARU (Russia) 340deg 140W
12/19 1442J 28475.0kHz SSB TX90IARU (New Caledonia) 150deg 140W
12/19 1717J 14240.0kHz SSB BV90IARU (Taiwan) 240deg 120W
12/19 1831J 10110.9kHz CW TX90IARU (New Caledonia) 150deg 150W

28MHz SSBのTX90IARUが「JL2LSF」でコピーされていてNIL。
ちゃんと「3」で返していたくせに。
10MHz CWのTX90IARUもよくわからんがNIL。
ちゃんと「QSL」って打ってたくせに、どこがQSLじゃ。

2015/12/20 ・ 2015/12/21 P5聞こえない、聞こえるわけない

12/20朝、どのバンドも寂しい。
3.506MHzで辛うじて聞こえていたR18KDR/9をコールするとリターンあり。
あまりにも弱くてなかなかコールがコピーできなかった。

午後、10.104MHz CWでTR8CAが聞こえる。
コールし始めるが、あまりにもわんさか呼ばれて15:11にQRT。

21.025MHzのV85IARUは弱いうえにパイルが非常に大きい。
呼ぶ気が失せる。

21.222MHzではP5/3Z9DXが出ているようで、21.22684MHzではこれを呼ぶ局が聞こえているが、ご本尊は全く聞こえない。
当然だ、この時期ハイバンドでHL方面とのパスは普通ない。
テスト運用で21MHzを選択したのはJAへの嫌がらせだろうか。
それともP5当局からの指定???

一方、21.240MHzのB1/JH1TEBは非常に強力で、皆さん呼んでいる中コールすると一発でリターンあり。
59+を送ってくれた。

10.106MHzにFW5JJが出てきた。
大きなパイルになってしまったが、リターンのペースは遅く、最後の方にコールした局だけを拾う。
思いっきり最後にコールするとリターンあり。
バンドニュー。

14.026MHzのTX90IARU。
パイルだが信号は強く、一発でリターンあり。

TX90IARUは10.122MHzにも出ている。
コールしてQSO。
バンドニュー。

夕方、21.265MHz SSBでSX90IARUが聞こえる。
非常に弱いが何とかQSOできた。

18.082MHz CWにES90IARUが出てきた。
なかなかリターンはなかったが、何とかQSO。

21.215MHz SSBにはYL90IARUが出ている。
これも何とかQSO。

21.030MHz CWではOH90IARUが何かコンテストナンバーを打っている。
よくわからんがコール。
すぐには拾ってもらえなかったが、なんとかリターンあり。
ナンバーを受信しているときに「LID UP」と打つ身勝手な輩がいて迷惑。
オマエがLIDじゃ、このタコ!
「UP」は打たんでええ。

夜は翌朝の用事のため早寝。

12/21、4時半起床で所用のため外出。

帰宅してワッチすると、21.250MHz SSBにHL90IARUが出ている。
しかし例によって非常に弱い。
コールするとリターンがあったが、JL3LSZとどこかできいたようなミスコピーのまま終わってしまった。
更に方向を探ると、30度方向にピークがあった。
これならミスコピーされることもなさそうなので再度コール。
無事QSOできた。

21.031MHzではCX90IARUが出ている。
この局もピーク方向は少しズレていて60度。
パイルの山より少し上でコールするとリターンあり。

10.107MHzにはV5/DL3DXXが出てきた。
信号は弱いが確実にコピー可能。
パイルは非常に激しいので呼ぶのをやめようかと思ったが、今朝は余裕があるのでコール続行。
UPの様子を聞いてみると、皆さん上の方に上がってしまって下がガラガラ。
UP2.36でコールすると、「JL3?SF」でリターンあり。
一瞬耳を疑ったが、紛れもなく当局へのリターン。
バンドニュー。
あのパイルでQSOできるとは。

例によって21.222MHzにP5/3Z9DXが出てきたようだが、アンテナを360度振り回しても何も聞こえない。
それでも呼んでいる局は多く、また、オンフレで呼んでしまう局が続々。
この難しいパスで受信できる設備を持ちながら、オンフレで呼んでしまううっかりさんがこれほどまでに多くいるとは!!!

12/20 0720J 3506.0kHz CW R18KDR/9 (Russia) Sloper 170W
12/20 0832J 10120.0kHz CW HL90IARU (Korea) 285deg 140W
12/20 1538J 21240.0kHz SSB B1/JH1TEB (北京) 300deg 200W
12/20 1554J 10106.2kHz CW FW5JJ (Wallis and Futuna) Band New 135deg 130W
12/20 1558J 14026.0kHz CW TX90IARU (New Caledonia) 150deg 140W
12/20 1616J 10122.0kHz CW TX90IARU (New Caledonia) Band New 150deg 130W
12/20 1620J 24897.1kHz CW R90IARU (Russia) 340deg 150W
12/20 1624J 28450.0kHz SSB B90IARU (China) 300deg 150W
12/20 1633J 21282.1kHz SSB HS90IARU (Thailand) 230deg 200W
12/20 1711J 21265.0kHz SSB SX90IARU (Greece) 315deg 200W
12/20 1721J 18082.0kHz CW ES90IARU (Estonia) 330deg 180W
12/20 1730J 21215.3kHz SSB YL90IARU (Latvia) 330deg 200W
12/20 1800J 21030.0kHz CW OH90IARU (Finland) 340deg 200W
12/21 0811J 21250.0kHz SSB HL90IARU (Korea) 30deg 200W
12/21 0819J 21031.0kHz CW CX90IARU (Uruguay) 60deg 200W
12/21 0825J 10107.0kHz CW V5/DL3DXX (Namibia) Band New 280deg 140W

2015/12/21日中と夜 ・ そして緊急手術

11時に28.0399MHzで9M90IARUとQSOしてから歯科へ。
先月、食事中に口の中を噛んでしまった際にプチっと水膨れのようなものができた。
それがあるのでまた噛んで、その後もしょっちゅう噛んでしまった結果、そのできものが少し大きくなり固くなってきたので歯科へ行った。
口内の皮膚の中に唾液の成分があり、噛むことでそれが水疱状になるとのこと。
様子を見ていても小さくならないので、即切除することとなった。
2針ほど縫ってあるので、熱いものを飲食できない。
昼食は寿司でも食べるしかない。

寿司を食べに行った後は、どうせP5も聞こえないので昼寝。

夕方、24.897MHzの4Z90IARUとQSO。

その後、14.027MHzのHB90IARUとQSO。
やっと近場以外のIARU局とQSOできるようになってきた。

夜は7Mhzばかりで、HS90IARU、TX90IARU、9M90IARU、V890IARUとQSO。
HS90IARUは強力だったが手こずった。
9M90IARUは閑散としていた。
V890IARUはオンフレで皆さんコールしていたが、早めにQSOできた。

12/21 1100J 28039.9kHz CW 9M90IARU (West Malaysia) 270deg 130W
12/21 1718J 24896.9kHz CW 4Z90IARU (Israel) 295deg 150W
12/21 1807J 14027.0kHz CW HB90IARU (Swizeland) 330deg 150W
12/21 2135J 7017.0kHz CW HS90IARU (Thailand) 225deg 200W
12/21 2202J 7138.0kHz SSB TX90IARU (New Caledonia) 150deg 200W
12/21 2301J 7032.0kHz CW 9M90IARU (West Malaysia) 240deg 200W
12/21 2304J 723.kHz CW V890IARU (Burunei) 240deg 200W
プロフィール

JL3LSF

Author:JL3LSF
1970年生まれ
1984年、大阪府堺市でJL3LSF開局
1991年、イリノイ州シャンペインの消防署でTechnician Plus取得 (N9PLT)
2011年、Amateur Extra取得 姫路で (NA1AA)
2014年、大阪府堺市南区にQSY
2019年、開局35周年

アンテナ
 (1)地上高15m 3 element Yagi (for 20, 17, 15, 12 and 10m)
 (2)地上高17.5m Rotatable Dipole (for 40 and 30m)
 (3)地上高16m 7 element Yagi (for 6m)

空中線電力 150Wぐらい

第一級アマチュア無線技士
職業 無線技術者(第一級陸上無線技術士 = 昔で言うところの一技) 選任されている無線局は440局(2019/05/01現在)
旧第一種伝送交換主任技術者
第三種電気主任技術者
高等学校教諭一種免許(工業)
フルハーネス型墜落制止用器具特別教育受講済
専門は物理
以下省略

本業は6mのJCC/JCGハンティングで、昔は自宅からも山からもアクティブにQRV。
しかし仕事でン十kW級の無線を始めてからというもの、しばらくアマチュアを休業。
数年前から段階的にカムバックし、密集住宅街の狭い家から何を思ってか、3.5MHzから28MHzでDXを呼んではガッカリ。
移動運用で狙うDXにも限界が訪れ、2014年4月、遂にたまりかねて高台移転。
やっと普通の弱小局に格上げか???

*2014年4月24日、6バンドHexagonal Beam設置。

*2014年秋からは小さなタワーに給電してローバンドの運用を開始。

*2015年1月29日、18MHz/24MHz用4エレHB9CVを追加。

*2015年5月からは50MHz用の自作5エレF9FTを使用開始。

*2015年8月、F9FTを10MHz用釣竿ロータリーダイポールに交換。

*2015年9月、釣竿ロータリーダイポールを7MHz/10MHzの2バンド用に変更。

*2015年10月、ローバンド用アンテナをスローパーに変更。

*2016年1月、Hexagonal Beamを3エレトライバンダーに交換。

*2016年4月、スローパーを撤去して3.5MHz用のロングワイヤーを設置。

*2018年6月1日、ローバンド用のリモート局の免許を受ける。給電点海抜高655mのハーフスローパー。恐らく大阪で一番高い。ただし100W。

*2018年9月、台風21号により被災。マストパイプが曲がり、数を減らす目的で3エレトライバンダーとWARCの4エレHB9CVを統合して改造!

*2018年11月6日、リモート局のローバンド用アンテナをハーフスローパーから傾斜型に変更(160m・80m)。給電点海抜高638.5m。スカイツリーよりは高い。

*2019年1月8日、リモート局の160m用エレメントを短縮型からフルサイズ(折り曲げ)に変更。

*2019年5月6日、50MHzの6エレ八木を再設置。

*2019年7月20日、50MHzのアンテナを6エレからブーム長8.7mの7エレに交換。

今思うと、やっぱりHexagonal Beamがいちばん良いような...

アクセス
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
255位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
49位
アクセスランキングを見る>>
Amazon
Solar-Terrestrial-Data
雨雲レーダー
カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
QRコード
QR
愛用品1
フルークのテスター。安価でしっかり使える。
愛用品2
屋外でケーブル結束すると、耐候性結束バンドでも切れるのは時間の問題。エンドレスタイは耐久性が違う。必要な長さを切って使うので、結束バンドのような無駄がない。
愛用品3
台風のときに風速と気圧を測るのはコレ。