2016/03/31夜 ・ 2016/04/01 VK0EK依然隙間のないパイル, FT4JA強い

3/31夜、18.084MHzのVK0EKが良く聞こえる。
しかし呼んでも呼んでもリターンはない。
20:57に消えてしまった。

18.087MHzのFT4JAは強力。
JA指定だがリターンはない。

9時頃、7.016MHzでVK0EKが聞こえる。
信号はまあまあ。
いつもよりも早い時間に7MHzに出てきた。
こういう日替わりで予測のできない運用をされると非常にやりにくい。
大半はJAをピックアップしているが、12分毎に5分間NA指定となる。
7分JAで5分NA。
頑張って呼んではみるが、ダウンに隙間がない。
これではリターンがあるはずがない。

23時前、また18.087MHzのFT4JAを聞く。
依然よく聞こえているが、リターンは100%完全にEuのみ。
強力なのにJAは蚊帳の外。
しかしEu指定はしていない。

仕方ないので空いている局を探す。
10.1079MHzのJW/DL7DF。
これならすぐにQSOできる。

日付が変わって4/1、JW/DL7DFが14.008MHzにいる。
コールすると一発でリターンあり。

14.040MHzではE44YLが著しく弱いながら聞こえる。
リターンはEuのみ。
いくら呼んでも届かない。
そのうち他のJAのコールに気付き、JA指定となった。
気付いていなかったが、JAからコールしている局が意外に多く、当局にはリターンがない。
QSBが激しく、リターンがあったのかも知れないが、嫌なタイミングで聞こえなくなる。
ダメだこりゃ。

朝、14.022MHzの5V7DがS3を振る強さ。
QSOできそうな気がするが、全然だめ。
UPに隙間はあるが、隙間で呼んでいても全然反応がない。
隙間で呼んで気付いてもらえないとはいったいどういうことなんだろう。

もうしょうもないので西方面にアンテナを向けるのをやめて、北東へ。
18.082MHzではお馴染み6Y5WJが聞こえる。
調べてみると、この局とは意外に18MHzで自宅からQSOしたことがなかったのでコールしてQSO。
これ5V7Dの方が遥かに強いんだけど...
しかもカリブ海方面には前方の谷を挟んでここよりも少し高い丘の上に団地が建っていて、対するアフリカ方面は、アフリカまで障害物が皆無。
いったいどうなっているのやら。

3/31 2316J 10107.9kHz CW JW/DL7DF (Svalbard) 350deg 160W
4/1 0006J 14008.0kHz CW JW/DL7DF (Svalbard) 350deg 160W
4/1 0758J 18082.0kHz CW 6Y5WJ (Jamaica) 40deg 200W
スポンサーサイト

2016/04/01 VK0EK 17C, FT4JA 15C エイプリールフールじゃなくて!

VK0EKももう1QSOぐらいは狙いたいし、FT4JAも始まっているので、今日は午後半休を取って15時半過ぎに帰宅。
イチゴを1個食べてシャックに入る。
VK0EKとFT4JAのQRV状況を確認。

18.084MHzのVK0EKがFB SIG。
軽くダウンの様子を聞いてからコール。
1回目、呼び負け。
もう一度ダウンを聞いて、さっきリターンがあった局の周波数に正確に合わせる。
2回目、即フルコールでリターンあり。
QSO終了後よく聞くと、ずっと同じ周波数で拾っていて、しかも呼ぶ局がほとんどおらずガラガラ。
その後も聞いているとお馴染みのJL3C某局にリターンがあったが、ラストレターが間違っているうえに「TU」と打たれてしまった。
「あちゃー」と思っていると、ガラガラだったので訂正に成功していた。
夜はパイルが厳しいが、平日夕方ならこんなに楽にQSOできるのか。

s-VK0EK_17C_02_160401.jpg

再度他の周波数でもVK0EKを聞いてみる。
21.034MHzは弱く、時々聞こえなくなる。
21.290MHzも弱い。
24.904MHzは不感。
18.140MHzもカスカス。
あかんわ。

FT4JAの方はどうだろう。
24MHz CWは、ご本尊は聞こえないのにUPはたくさん呼んでいる。
28.100MHz RTTYでは弱いもののデコード率は高い。
しかし、とてもじゃないけどリターンがあるとは思えない。
あかんわ。

18.070MHzのJW/DL7DFが強いのでとりあえずQSO。

21.001MHzではE44YLが出ているが、例によって著しく弱い。
当然リターンはない。

17時ちょうどにFT4JAが21.037MHzに出てきた。
クラスターにはスポットされず、JAもほとんど呼んでいないが、呼んでもEuに呼び負ける。
いくら呼んでもダメ。
信号も弱くなってきた17:54、ASIA指定になった。
こんなに弱くなってからASIA指定になっても無理。
18時には猛烈に弱くなった。
諦めて夕食。

夕食を食べて、食洗器から食器を出して片づけをしてからワッチ再開。
21.037MHzのFT4JAはちょっとは聞こえるようになっている。
しかしまだ弱く、プリアンプを入れて聞く。
ちょっと呼んでみるが、当然リターンはなし。

8時、24.898MHzでは3B8DBがS3で入感。
JAが何局か呼んでいるが、コールすると一発でリターンあり。
FT4JAと同じような方面なので、縁起が良いというか...

21.037MHzのFT4JAに戻る。
すると急激に信号が上がってきて、Sが2まで振る。
夕方からずっとこの周波数を聞いていて、夕方はまだEuのパイルが聞こえなかったので、ドイツかどっかのSDRでパイルの傾向と空いている周波数を眺めていた。
20時になってもその傾向はあまり変わっていないように思える。
コールする周波数を21.042MHz付近に決めた。
21.04242の一点張りでコール開始。
3~4分呼んだところ、何とフルコールでリターンあり!
びっくり。
たまにはこんなことがあっても良かろう。
ATNO。
304エンティティ―目。
しかし皆さん目ざとくて、すぐに21.04242に集まってきた。

あー、もーええわ。
本日はもう閉店で2ndの勉強を監視。
監視しないとやらないから。

4/1 1556J 18084.0kHz CW VK0EK (Heard I) Band New 210deg 200W
4/1 1614J 18069.8kHz CW JW/DL7DF (Svalbard) 335deg 200W
4/1 2000J 24897.9kHz CW 3B8DB (Mauritius) 255deg 150W
4/1 2006J 21037.0kHz CW FT4JA (Juan de Nova Island) New 255deg 190W

2016/04/01夜 ・ 2016/04/02 VK0EK 15C

4/1夜、「もーええわ」とは言ったものの少しワッチ。
22時過ぎ、先日から何度も何度もQSOしようとしてできないところが入感。
結構はっきり聞こえているのでQSOできそうな気がするが、呼び負ける。
そのうちOPが代わったと言うか、CQを出す局が交代となり、先日から連絡を取り合っている局になった。
当局のコールサインを知っているので、これはチャンスかも知れない。
頑張ってコールするが、やはり呼び負ける。
そのうちどこかの外国人がこの珍局に対して、恐れ多くもQSYしろと言って邪魔をしてくるし、パイルもコピーできないようで消えてしまった。
今回も残念。

14.040MHzではTA0/DL7UCX (AS-201)が弱く聞こえているが、呼べども呼べどもリターンはない。

4/2朝、10.119MHzのFT4JAがS3~5で入感。
RPも観察していてわかったので、呼んでいればQSOできるような気もするが、あまり時間がなくじっくり呼べなかった。

時間がないのは、2ndが中学校に通うと言うので入学式に行くため。
天気も良くて暖かくて良かった。

夕方、24.904MHzのVK0EKがFBに入感。
コールしているとどんどん弱くなっていき、そして16:48にSSBにQSYとなったので買い物に外出。

19時、14.034MHzのVK0EKはカスカスかそれよりちょっとましな程度。

18.087MHzのFT4JAもカスカス。

21.034MHzのVK0EKもよく聞こえないが、しばらく聞いていると了解できる程度になった。
コールしてみるがリターンはない。
再度ダウンの様子を聞いて、「このあたりかな」とDown2.64でコール。
今度は一発でリターンあり。
聞き逃しそうな“か弱い”リターンで、サフィックスも1文字間違えているように聞こえたので再確認してもらったところ、2回繰り返しのフルコールが返ってきた。
3QSO目。
何のことはない、他には誰も呼んでいなかったようで、QSO終了後に出た「CQ DWN 1」にも誰もコールせず、ちょっとの間CQ連発となっていた。

14.034MHzのVK0EKが少し強くなっていたので、調子に乗ってコール。
パイルはそれほどでもないのでQSOできそうな気がする。
RPはあまり広くない範囲でランダムにポンポン飛ぶ。
空いている周波数やリターンがあった周波数の近くでコールするが、やはり当局の信号が弱いため引っかからない様子。
諦めた。

例によって14.040MHzのTA0/DL7UEX (AS-201)は非常に弱くて届かない。

4/2 1942J 21034.0kHz CW VK0EK (Heard I) Band New 210deg 180W

2016/04/03未明 VK0EK 40C

深夜色々と雑用をして、もう寝ようかと思ったが少しワッチ。
2時過ぎ、VK0EKのDXAを見ると80mにしか出ていない様子。
3.5MHzを聞くが、何も聞こえない。
7MHzのVK0EKが出てくる周波数付近では、何やら「CQ TEST」を打っている局が聞こえる。
バンドエッジの7.001MHzでは何かが微かに聞こえる。
よく聞くとVK0と打っているではないか。
UPでは1、2局がコールしている状況。
時折CQが出るが、弱すぎてリターンがわからない。
リグのDSPを最大限調整して、おぼろげながら40%ぐらいは聞き取れるようになった。
誰もコールしていない瞬間を狙ってコール。
「J*@..?」
何か返ってきた。
最初の「J」と「?」が聞こえたし、UPで何も聞こえなかったので、再度コール。
完全には聞き取れないが、それっぽいリターンが返ってきた。
「599 BK」と送ると、タイミングの合った「TU」が返ってきた。
UP1.22だった。
DXAにこの7MHzの運用が反映されていないので、QSOできたかどうか確認のしようもないので就寝。
朝起きてDXAで確認すると、合格だった。
想定外の4QSO目。

4/3 0222J 7001.0kHz CW VK0EK (Heard I) Band New 210deg 200W

2016/04/03 FT4JA 12S!

思いがけずVK0EKが4QSOもでき、おまけにFT4JAまでQSOできて完全に欲がなくなり、朝はワッチすらせずに眠りこけていた。
昼食に出かけ、買い物に寄って、マクドで買ったはちみつレモンのマックシェイクをチューチュー吸いながら14時前に帰宅。
今夜は徹夜仕事なので昼寝する、その前に、ちょっとだけハイバンドの様子をうかがう。
FT4JAが15mと12mに出ているようだが、SSBなのでどうせ無理と決めつけて、CWで何かを探そうとするが、これと言ってめぼしいところも出ていない様子。

仕方なく21.300MHzのFT4JAを聞く。
意外にしっかり聞こえているが、その分パイルが激しい。

24.960MHzのFT4JAは弱い。
はっきり言ってカスカスに近い。
「Up 5 to 20」と言っているようだが、10分ぐらいUPの様子をうかがって、どこで拾っているかを調査。
UP15でのリターンを確認したので、QSOが終わったタイミングで小声でコールしてみた。
相変わらずのカスカスだが、何となく「Japan Lima」と聞こえたような気がする。
再度コールすると、今度は「Japan Lima Three Lima Sierra Hotel」と聞こえたような気がした。
再度コールすると、どうもフルコピーしてくれたような感じ。
またもや思いがけずの2QSO目。
FT4JAはSSBでQSOできるとは想像もしていなかった。
ちょっと調子に乗り過ぎかも。

さあ寝よ。

4/3 1400J 24960.0kHz SSB FT4JA (Juan de Nova) Band New & Mode New 255deg 140W

2016/04/03夜 VK0EK 20C 5バンド目

19時に起きて、夕食までの短時間でちょっとワッチ。
VK0EKが14.03378MHzで聞こえる。
信号は弱い。
ダウンを聞くと、今までの大きなパイルではなく、普通級な感じ。
良く聞いてRPを確認し、その近くで呼んでいると、19:22にリターンあり。
しかし「JL3LHF」に聞こえたので訂正したが、反応がない。
いつまでも反応がなく、次の局へのリターンが聞こえた。
DXAが順調に稼働しておらず、反映が遅れている。
どれぐらい遅れているかもわからない。
しばらく待ってみたが、自局のコールが現れないので再挑戦。
先ほどと同様にコールしていると、19:32にフルコールでリターンあり。
特に難しい印象はなく、RPから少し離れたところで呼んでいればリターンがある。
あと6日あるので、この調子だと聞こえればQSO可能だろう。

さあ、出勤、出勤。

4/3 1932J 14033.8kHz CW VK0EK (Heard I) Band New 210deg 180W

W1AW/KP4 QSL CFM

W1AW WASはゲットしたものの、W1AW/PのQSLカードは一向に送られてきません。
DXにはビューロー経由で送ると書いてあったと思うのですが...
そんな中、唯一SASEで請求していたW1AW/KP4をCFM。

s-s-W1AW_KP4_QSL_front.jpg

s-s-W1AW_KP4_QSL_back.jpg

2016/04/04 FT4JA三昧 平日は easy easy

徹夜仕事の明けで帰宅。
朝は何も聞こえず就寝。

午後起きて昼食後、りんくうプレミアムアウトレットに靴を買いに行った。
夕方帰宅してFT4JAを探すと、24.907MHz CWと21.300MHz SSBで聞こえる。

まずは24.907の方に参戦。
RPの周辺でコールする作戦。
毎回RPを確認してコール。
17:24に「LSF」でリターンがあったが、“呼び倒し親父”に上から被せられて横取りされた。
更に頑張ってコールしていると、4分後にリターンあり。

次は21.300の方へ。
これは非常に弱く、リターンが聞こえるのは時々。
しかし良く聞くと毎回「UP5」と言っているようだ。
どうもかなり空いている様子。
UP5でしばらく呼んでいると、カスカスながらフルコールでリターンあり。

他にどこかに出ていないかと探すが、出ていない。
しばらくボーっと待機していると、28.040MHzに出ているのを発見。
相変わらず信号は弱い。
UPでは激しくコール合戦が繰り広げられている。
一応参戦していると、ご本尊が聞こえなくなった。
しばらくそのまま聞いていると、ピッピコ、ピッピコとキーを叩いてチャチャを入れる奴が居る。
こういう間があると、こういう奴が必ず出てくる。
いつも思うのだが、これは黙ってじっと待っていられない学習障害だと思う。
だからパイルアップが学級崩壊のようになるのだろう。
病院に行った方が良い。
17:53にFT4JAが戻ってきて、「QSY UP 28050 SRI」と打った。
これは速く行ってコールしなければヤバいことになる。
慌ててQSYしてUP1で待機。
すぐにCQが始まったのでコール。
3回呼んだところでリターンあり。
一番乗り!
バンドニュー。
焦って慌ててコールしたが、その必要はまったくなかった。
さっきのQSYのアナウンスを聞いてついてきた局は他におらず、その後10回以上連続でCQ空振り。
その後も時々コールがある程度でCQ連発。
さっきまで激しくコールしていた面々は、あのQSYのアナウンスが解読できなかったのだろうか???
5分経過してようやくコールが多くなってきて、“呼び倒し親父”も寄ってきた。

今日は30分以内に一気に3QSO増。
もうしばらく待てば18MHzにも出てくるのだろうが、夕食に外出。

4/4 1728J 24907.0kHz CW FT4JA (Juan de Nova I) 255deg 140W
4/4 1737J 21300.0kHz SSB FT4JA (Juan de Nova I) 255deg 180W
4/4 1754J 28050.0kHz CW FT4JA (Juan de Nova I) Band New 255deg 150W

2016/04/06未明 深夜のFT4JAは猛パイル?

4/6真夜中0時、14.037MHzではFT4JAが良く聞こえている。
しかし、聞こえないEuの壁がごっついようで、RPは十数kHz上のようだ。
そういう状況なので呼んでも呼んでもお返事はないし、リターンはEuばかり。
昼間が空いているだけに、夜間がまだそんな開始当初と変わらないような状況だとは知らなかった。

18.097MHzのFT4JAも同様。

1:55に3.534MHzのVK0EKを聞いてみる。
弱い。
DSPをこねくり回してようやく何か聞こえる。
2:05には若干ましになった。
2:41にはもう少し聞こえるようになり、2:49には結構聞こえてきた。
「CQ VK0EK DWN 1」と打っている。
コールするがリターンはない。
そのうちご本尊の周波数で、数字とアルファベットの羅列を延々打つ謎のQTCが始まった。
orz
諦め

2016/04/06夜 ・2016/04/07未明

4/6深夜、3.534MHzのVK0EKを聞く。
いつもながら信号が弱いうえに、恐らくFT4JAをコールしている局からのキークリック音がカツカツ、カツカツと被ってきてリターンが聞き取れない。
一旦寝てからまた起きて聞こう。

3時半に起きて聞くが、まったく聞こえなくなっていた。
ああ、失敗。
しかし、DS局とBD局は同時に激しくコールしていて、最終的にどちらもQSOできた様子。

余計なことだが、DSもBDも符号のリズムが物凄く下品で嫌。
あんなプリフィックスが割り当てられたら悲惨だ。
特にDS5が酷い。
短点多過ぎる。

4/6 2324J 18069.0kHz CW 9M0O (Spratly) 235deg 200W
プロフィール

JL3LSF

Author:JL3LSF
1970年生まれ
1984年、大阪府堺市でJL3LSF開局
1991年、イリノイ州シャンペインの消防署でTechnician Plus取得 (N9PLT)
2011年、Amateur Extra取得 姫路で (NA1AA)
2014年、大阪府堺市南区にQSY 開局30周年
2017年、開局33周年
アンテナ
 (1)地上高16.5m 3 element Yagi (for 20, 15 and 10m)
 (2)地上高15m Mini-multiantenna HB18-24X4A (4 element HB9CV, for 17 and 12m)
 (3)Inverted L w/Loading Coil for 80m
 (4)地上高18m Rotatable Dipole (for 40 and 30m)
空中線電力 150Wぐらい
第一級アマチュア無線技士
職業 無線技術者(第一級陸上無線技術士) 選任されている無線局は438局(2016/9/16現在)
旧第一種伝送交換主任技術者
第三種電気主任技術者
専門は物理
以下省略

本業は6mのJCC/JCGハンティングで、昔は自宅からも山からもアクティブにQRV。
しかし仕事でン十kW級の無線を始めてからというもの、しばらくアマチュアを休業。
数年前から段階的にカムバックし、密集住宅街の狭い家から何を思ってか、3.5MHzから28MHzでDXを呼んではガッカリ。
移動運用で狙うDXにも限界が訪れ、2014年4月、遂にたまりかねて高台移転。
やっと普通の弱小局に格上げか???
2014年秋からは小さなタワーに給電してローバンドの運用を開始。
2015年5月からは50MHz用の自作5エレF9FTを使用開始。
2015年8月、F9FTを10MHz用釣竿ロータリーダイポールに交換。
2015年9月、釣竿ロータリーダイポールを7MHz/10MHzの2バンド用に変更。
2015年10月、ローバンド用アンテナをスローパーに変更。
2016年1月、Hexagonal Beamを3エレトライバンダーに交換。
2016年4月、スローパーを撤去して3.5MHz用のロングワイヤーを設置。
3.5MHzのアンテナは随時改修中。

アクセス
Solar-Terrestrial-Data
雨雲レーダー
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
QRコード
QR