FC2ブログ

2016/05/15 JG8NQJ/JD1 SSB!

朝は2ndの塾のテストと説明会でQRVなし。
午後は例によって、徹夜仕事に備えての昼寝だが、その前にちょっとワッチ。
21.195MHz SSBではJG8NQJ/JD1が59で聞こえている。
この局は今回、今までやっていなかったことを色々やっている。
先日は7MHzにQRVしたり、RTTYをやったりしていたが、今日は遂にSSBに出てきた。
コールすると、二度目のトライで拾ってもらえたので、このことに言及すると、あまり呼ばれなくなってきたので新しいことをやってみたとのこと。
それが成功したようで、7MHzもRTTYもSSBも盛況だ。
まだ運用していない24MHzもお願いしておいた。
今回はそろそろ離島のようで、今日の運用を以って撤収とのこと。
地理で南鳥島の位置を習った2ndにJD1のCQを聞かせると、南鳥島に人がいることを知らなかったとのことで驚いていた。

夜、徹夜仕事へ出勤。
阪和道でちんたらと3台並走しているDQNのクラウンが鬱陶しい。
3通のボクちゃんが少し前に出た隙に追い越してぶち抜き。
後ろから追い上げてきたエルグランドは、ようせんかった様子。
県境に近くなり、奈良ナンバーの車がやたら飛ばす。
奈良の人間はジジイでもババアでも誰でもやたら飛ばす感があるところが鬱陶しい。
特に帰路、阪奈道路に入って早々に2通に移りたいのに、後方から2通をびゅんびゅん飛ばして来る輩が多過ぎて、黄線の開始点までに車線変更できず、のろのろと延々1通を走らされるのが嫌。
朝は早く帰りたい。

5/15 1515J 21195.0kHz SSB JG8NQJ/JD1 (南鳥島) 135deg 200W

2016/05/16 磁気嵐

徹夜明け。
伝搬予報はまだ悪くはないが、明らかに磁気嵐で何も聞こえない。

夕方は急激に色々聞こえるようになり、18時過ぎ、18.078MHzではCT9/DL5AXXがJA指定でQRVしているのが良く聞こえる。

7.012MHzではJ68GUがカスカスながら聞こえる。
しかし、ご本尊の周波数で「QSL 599 TU」と打ち続けて妨害する輩がいる。
しかもキーイングが極めて下手くそで、「QSL」も「TU」も十中八九打ち損なっている。
やっている内容から考えて、酔っ払いかADHDのどちらかに違いない。

夜、21.028MHzでは3B9FR Robertの信号が聞こえている。
あまり呼ばれておらず気の毒だが、それはアクティブな証拠。
これから冬に向かうロドリゲスだが、元気に頑張ってもらいたい。

18.150MHz SSBでは4JRA29という変わったコールサインの記念局が出ている。
ただ、呼んでも呼んでもEuに負けてしまう。

18.080MHzではTM0FZFが聞こえていて、これは何度かコールするとQSOできた。

18.125MHz SSBでは、9H4JXが入感。
東日本の局が拾われることが多いが、こちらではいくら呼んでもダメ。
しかも、ある局が一緒にコールしていてやりにくい。
非常に嫌なパイルアップだった。

その後、4JRA29が18.081MHzにQSY。
CWは簡単にQSOできた。

深夜、18.0695MHzでSV9/OH1VRが入感。
セッポ先生のSV9は以前24MHzでは交信しているが、18MHzでは未交信なのでコール。
これもすぐにQSOできた。
なお、セッポさんは以前うちの会社に来たことがある。

5/16 1735J 24912.1kHz CW JA1KJW/6 (沖縄県島尻郡渡名喜村) 222deg 150W
5/16 2159J 18080.0kHz CW TM0FZF (France) 340deg 200W
5/16 2305J 18081.0kHz CW 4JRA29 (Azerbaijan) 305deg 200W
5/16 2324J 18069.5kHz CW SV9/OH1VR (Crete) 310deg 200W

2016/05/17夜 ・ 2016/05/18未明 んー

深夜、14.021MHzでR16USAが入感するぐらいでさっぱり。
何かと思ってQRZ.COMを見れば、アイスホッケーワールドチャンピオンシップの記念局らしい。
サフィックスの違う記念局16局とQSOをするとアワードがもらえるらしい。
アワードは特に要らないけれど、コンディションが悪くてこれと言った所が聞こえないので、このR16の記念局を探してみた。
すると、急激に色んな周波数で色んなサフィックスの記念局が出てきた。
その大半は、ロシアなのに呼んでも呼んでも届かないのだが、4局はQSOできた。

0時半前、QSOしたくて3月から連絡を取り合っているがいまだにQSOできない某局が14MHzでCQを出し始めた。
信号は弱いが了解度は良い。
コールするが届かない。
延々コールを続けたが、0:53に一度「JL3」までコピーしてくれたものの、「非常に弱い」と言って諦められてしまった。
その後も「Japan station ?」と気付いてくれたが、これも結局だめ。
聞こえなくなった後、2時前にメールを送っておいたら、朝に返事があった。
ATNOができるのはいつのことやら。

5/17 2347J 14021.0kHz CW R16USA (Russia) 350deg 190W
5/17 2356J 10107.0kHz CW R16FIN (Russia) 10deg 140W
5/18 0021J 14048.0kHz CW R16MSK (Russia) 340deg 200W
5/18 0028J 7022.4kHz CW R16KAZ (Russia) 340deg 200W

2016/05/19

朝、14.275MHz SSBの9Q0HQは弱い。

14.288MHz SSBではTN2BJが出ていてパイルになっている。

6時台、18.073MHzではJ68GUが聞こえる。
信号は弱く、呼んでも届かない。
6:40頃、急に聞こえなくなってしまった。
少し経ってから、僅かに下の周波数で何かが出てきた。
信号強度は十分あるがコールサインを打たない。
J68GUが出てきたのかどうか。
違っていたら嫌なので静観していたら、弱くなってしまった。
弱くなってから、やはりJ68GUと判明。
周波数が少しズレていたので、てっきり違う局がCQを出し始めたのかと思っていた。
信号が強いときならQSOできたのに。

夜、QSOできるのはR16シリーズぐらい。
夜の18MHzでは強い。

5/19 2036J 18075.0kHz CW R16NOR (Russia) 340deg 200W
5/19 2056J 21024.0kHz CW R16FIN (Russia) 340deg 200W
5/19 2210J 18085.8kHz CW R16DNK (Russia) 340deg 200W
5/19 2212J 18074.0kHz CW R16SWE (Russia) 340deg 200W

2016/05/20 ・ 2016/05/21 コンディション悪い

5/20、日帰り出張で東京。
ついでに銀座1丁目にある高知県のアンテナショップで買い物をして、竜馬パスポートにスタンプを押してもらった。
スタンプが6個になったので、赤パスポートへステージアップ。
ちなみにアンテナショップはアンテナ屋さんではない。

出張から帰宅し、深夜にワッチしてみても、QSOできるのはR16の一部の局ぐらい。
コンディションが悪い。

5/21朝、14.225MHz SSBで5Q1RF (EU-088)が良く聞こえる。
CQ空振りの連続だが、呼んでも呼んでもリターンはない。
どうなっているのだ。

10.116MHzのTY2ACは弱い。
パイルはそれほど大きくもないが、QSOはできない。

14.019MHzの9H3JDも弱い。

夕方、10.123MHzでVK9NTが入感。
コールするが、JA6HWSという実在しないコールをオンフレで延々打ち続けている輩がおり、リターンが聞こえない。
しかも、へったくそなストレートキーでいい加減にしてくれ。
そうこうしていると、UP1では呼ぶ局がいなくなり、簡単にQSOできた。

24.898MHzではA71EMがFBに聞こえる。
オンフレのパイルで団子になるので、30Hz下にずらしてコールすると、リターンあり。
バンドニュー。

深夜、18.1058MHzではRTTYでA45XRが入感。
いくらコールしても届かなかった。
周波数をそのままで放置していると、またピロピロ聞こえてきた。
周波数を合わせるとタジキスタンのEY7ADだった。
誰もコールしないので呼んでみた。
少し違う周波数で「CALL AGN?」が返ってきた。
再度コールするが、また「CALL AGN?」
もう一度コールしてみるが、今度はCQになった。
気を取り直してコールするとQSOできた。

5/20 2324J 7064.0kHz SSB R16FRA (Russia) 340deg 200W
5/20 2331J 18078.5kHz CW R16LVA (Russia) 340deg 200W
5/21 1645J 10123.0kHz CW VK9NT (Norfolk) 160deg 160W
5/21 1837J 24897.9kHz CW A71EM (Qatar) 295deg 150W
5/21 2315J 18105.7kHz RTTY EY7AD (Tajikistan) 310deg 200W

2016/05/22 50MHzのEsだけが猛烈

朝、7.007MHzでJH1LMD/1の (八丈郡八丈町)が猛パイルになっている。
IOTAのリストを見ると、なぜかAS-043に記入がなかったのでコール開始。
何度かコールするとリターンあり。
物凄いパイルだったので、30Hz下で呼んだが、よくもまぁあのパイルでリターンがあったものだ。

9時前になって、50.168MHz CWでJS6TKYのCQを発見。
例によって18/24MHzの4エレでQSO。

50MHzではHL、BY方面が大挙して入感。
あまりQSOしまくっても仕方ないので、代表として50.133MHzでBX0VQPとQSO。

午後、14.088MHz RTTYでVK9NTとQSO。
誰も呼んでいなかった。
意外にも(?)バンドニュー。
いや、意外ではないかも知れない。
そして当然モードニュー。

夜は例によって徹夜仕事なので昼寝。

5/22 0550J 7007.3kHz CW JH1LMD/1 (東京都八丈郡八丈町) 120deg 200W
5/22 0846J 50168.0kHz CW JS6TKY (沖縄県八重山郡) 230deg 80W
5/22 1042J 50132.9kHz SSB BX0VQP (Taiwan) 230deg 80W
5/22 1503J 14088.1kHz RTTY VK9NT (Norfolk) Band New & Mode New 155deg 200W

2016/05/23 長時間にわたって何も聞こえない

徹夜明けで帰宅。
ちょっと聞いてみるが、ほとんど何も聞こえない。
辛うじて、14.2224MHz SSBでCT3BHだけが良く聞こえている。
コールするとすぐにQSOできた。
SSBはモードニュー。

その後も時々聞いているが、10MHzから50MHzまで、いつ聞いても1局聞こえるか何も聞こえないかのどちらか。
酷いコンディションで、クラスターのスポットもほとんどない。

5/23 0808J 14222.4kHz SSB CT3BH (Madeira) Mode New 345deg 190W

2016/05/23夜 ・ 2016/05/24 益々悪いコンディション

5/23夕方、10.108MHzにYJ0CSが出ている。
パイルになっていてしかも弱いが、コールしているとリターンあり。

10.116MHzではVK9OLが出ているようでパイルになっているが、うちではご本尊は聞こえない。
この全く聞こえない局、何をどうすれば聞こえるのだろう???

7.031MHzではVK9NTがRTTYに出ていて、信号は受かるのだがデコード率が悪い。
しかも信号は弱い。
パイルも大きい。
いくら呼んでも埒があかない。

夜、7.120MHz SSBのHC2AOが強い。
この局とは色んなバンドで過去9回QSOしているが、SSBでは交信したことがない。
ちょっとしたパイルになっていたが、2、3回コールするとリターンあり。

その後はまた何も聞こえず。

5/24朝、4:30に起きてきいてみるが、これと言って聞こえない。
4:50頃、14.021MHzでZ61KRが聞こえたのでコール。
信号は弱く、呼んでも呼んでも反応はない。
そのうち「JA」と反応があったので、再度コールすると「3」しか返ってこない。
コールを繰り返すと、「JA3LSF 599」と返ってきたので訂正するが、「TU」で終わってしまった。
Z6とはいまだに未交信のまま。
相性が悪い地域だ。

あまりにもコンディションが悪いので、また寝床に戻る。

6:30に起きて再び聞いてみる。
14.237MHz SSBでTC0TCが聞こえるが、弱すぎる。

10.110MHzではTY2ACが聞こえるが、パイルが大きい。

コンディションが悪くなると、途端にQSOできる相手が全くいなくなる。
これを弱小局の定義にしてもいいような気がする。
逆に、コンディションに関係なくとんでもない所とQSOしている局がいる。

5/23 1706J 10108.0kHz CW YJ0CS (Vanuatu) 160deg 160W
5/23 2038J 7120.0kHz SSB HC2AO (Ecuador) 55deg 200W

2016/05/25 ・ 2016/05/26 PZ5OX撃沈続き

5/25朝、10.117MHzでSV5/DJ5AA/Pが聞こえるが、弱くてQSOできない。

18.0908MHzではPZ5OXが入感。
信号強度はまあまあだが、なんせパイルが大きい。
呼んでも呼んでもダメ。
7:49に弱くなってしまった。

5/26朝、18.0755MHzでPZ5OXが聞こえる。
しかし、昨日と違って非常に弱く、リグに搭載されているなけなしの機能を全部使ってやっと半分ぐらい内容がコピーできる程度。
そういう状況なのでパイルにはなっていないが、呼んでも呼んでも届かない。
7:06に10MHzに行かれてしまった。

ここ3日QSOできる相手なし。

2016/05/26夜 ・ 2016/05/27朝 LX/DD2ML

5/26夜、14.020MHzでTF/DD5DDが入感。
しかしパイルで呼んでも呼んでも拾われない。

風呂ではなく、シャワーを浴びて戻ると同じ周波数でEA8URLがCQを出していた。
信号は弱く、誰も呼ばない。
QSBもあって、コールしてみるが届かない。
QRZ.COMを見ると、コンテストステーションのようで、卒倒しそうなアンテナ群だが、これでこんなに弱いようではドン鳴らん。

5/27朝、18.080MHzではLX/DD2MLが強い。
コールするとすぐQSOできた。
バンドニュー。
5/23以来の久々のQSO。

その後、LX/DD2MLは14.017MHzに出てきた。
ちょっとしたパイルではあるが、そう酷くはない。
しかし、団子になるとピックアップできず、皆が静まり返ってから最後の最後にコールした局にしかリターンはない。
仕方ないのでそのように最後の最後にコール。
リターンあり。

5/27 0718J 18079.9kHz CW LX/DD2ML (Luxembourg) Band New 340deg 200W
5/27 0831J 14017.0kHz CW LX/DD2ML (Luxembourg) 340deg 190W
プロフィール

JL3LSF

Author:JL3LSF
1970年生まれ
1984年、大阪府堺市でJL3LSF開局
1991年、イリノイ州シャンペインの消防署でTechnician Plus取得 (N9PLT)
2011年、Amateur Extra取得 姫路で (NA1AA)
2014年、大阪府堺市南区にQSY
2019年、開局35周年

アンテナ
 (1)地上高15m 3 element Yagi (for 20, 17, 15, 12 and 10m)
 (2)地上高17.5m Rotatable Dipole (for 40 and 30m)
 (3)地上高16m 7 element Yagi (for 6m)

空中線電力 150Wぐらい

第一級アマチュア無線技士
職業 無線技術者(第一級陸上無線技術士 = 昔で言うところの一技) 選任されている無線局は440局(2019/05/01現在)
旧第一種伝送交換主任技術者
第三種電気主任技術者
高等学校教諭一種免許(工業)
フルハーネス型墜落制止用器具特別教育受講済
専門は物理
以下省略

本業は6mのJCC/JCGハンティングで、昔は自宅からも山からもアクティブにQRV。
しかし仕事でン十kW級の無線を始めてからというもの、しばらくアマチュアを休業。
数年前から段階的にカムバックし、密集住宅街の狭い家から何を思ってか、3.5MHzから28MHzでDXを呼んではガッカリ。
移動運用で狙うDXにも限界が訪れ、2014年4月、遂にたまりかねて高台移転。
やっと普通の弱小局に格上げか???

*2014年4月24日、6バンドHexagonal Beam設置。

*2014年秋からは小さなタワーに給電してローバンドの運用を開始。

*2015年1月29日、18MHz/24MHz用4エレHB9CVを追加。

*2015年5月からは50MHz用の自作5エレF9FTを使用開始。

*2015年8月、F9FTを10MHz用釣竿ロータリーダイポールに交換。

*2015年9月、釣竿ロータリーダイポールを7MHz/10MHzの2バンド用に変更。

*2015年10月、ローバンド用アンテナをスローパーに変更。

*2016年1月、Hexagonal Beamを3エレトライバンダーに交換。

*2016年4月、スローパーを撤去して3.5MHz用のロングワイヤーを設置。

*2018年6月1日、ローバンド用のリモート局の免許を受ける。給電点海抜高655mのハーフスローパー。恐らく大阪で一番高い。ただし100W。

*2018年9月、台風21号により被災。マストパイプが曲がり、数を減らす目的で3エレトライバンダーとWARCの4エレHB9CVを統合して改造!

*2018年11月6日、リモート局のローバンド用アンテナをハーフスローパーから傾斜型に変更(160m・80m)。給電点海抜高638.5m。スカイツリーよりは高い。

*2019年1月8日、リモート局の160m用エレメントを短縮型からフルサイズ(折り曲げ)に変更。

*2019年5月6日、50MHzの6エレ八木を再設置。

*2019年7月20日、50MHzのアンテナを6エレからブーム長8.7mの7エレに交換。

今思うと、やっぱりHexagonal Beamがいちばん良いような...

アクセス
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
858位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
183位
アクセスランキングを見る>>
Amazon
Solar-Terrestrial-Data
雨雲レーダー
カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
QRコード
QR
愛用品1
フルークのテスター。安価でしっかり使える。
愛用品2
屋外でケーブル結束すると、耐候性結束バンドでも切れるのは時間の問題。エンドレスタイは耐久性が違う。必要な長さを切って使うので、結束バンドのような無駄がない。
愛用品3
台風のときに風速と気圧を測るのはコレ。