2017/03/29 ~ 2017/04/01 VQ917JC

3/29の0時台、14.002MHzでTC3SOが良く聞こえているが、NA指定。

10.112MHzのZA1Eは弱い。

10.116MHzではOM685RADOLAが聞こえている。
Euしかコールしていないが、呼ぶと気付いてくれてQSOできた。

10.106MHzでSV9/OG55Wが入感。
信号は弱いがQSOできた。
3/23同様、QSO終了後に信号が強くなった。

3/30 0:55、V51WWが弱く聞こえていたが、周波数は失念。

10.107MHzでは4L1MLが聞こえていたが、QRXとなってしまった。

3/31 23時半、14.025MHzではVQ917JCが入感。
Sメーターの振れは3。
コールを始めるが、すぐにEuばかり拾うようになってしまったので断念。

14.004MHzでは3B8MMのCQが聞こえる。
誰も呼ばないのでコール。

14.025MHzのVQ917JCに戻ると、UPが結構上の方まで行ってしまっていることが判明。
UP4.39でコールするとリターンあり。

1時間後、日付も4/1に変わって1時前、VQ917JCが10.103MHzに出ている。
UP3ぐらいでコールするとQSOできた。
バンドニュー。

1:15、3.503MHzではZL2IOのCQが聞こえる。

他は3.512MHzでDS1TDSが聞こえるだけ。

10.124MHzではOZ100DVIが聞こえる。
コールしてみても届かないし、JA2の局がしつこくコール。
しかも、タイミングが完全にズレている。
こりゃアカン。
寝よう。

4/1昼間、聞こえるのはオセアニアが少しだけ。
連日コンディションが悪い。
11時半、18.079MHzでKH2BYが入感。
UP1でコール。
2局ぐらいに呼び負けた後QSO。

午後、14.080MHzではRTTYでAH2Pが入感。
「UP 1 TO 3」ということだが、どこでコールしようか迷ったが、咄嗟にUP2.5でコールするとリターンあり。

ここのところコンディションが悪く、QSOできる所はこんな感じ。

3/29 0044J 10116.0kHz CW OM685RADOLA (Slovak Rep) 335deg 160W
3/29 0055J 10106.0kHz CW SV9/OG55W (Crete) 325deg 160W
3/31 2341J 14003.9kHz CW 3B8MM (Mauritius) 250deg 170W
3/31 2347J 14025.0kHz CW VQ917JC (Chagos) 247deg 170W
4/1 0108J 10103.0kHz CW VQ917JC (Chagos) Band New 245deg 150W
4/1 1134J 18079.0kHz CW KH2BY (Guam) 160deg 190W
4/1 1252J 14080.0kHz RTTY AH2P (Guam) Mode New 160deg 170W
スポンサーサイト

高知へ

4/1夜、新しい車で高知へ。
乗っていて非常に楽。

4/2、朝から空港近くの入交石油で洗車してもらう。
1000円で非常にきれいにしてくれる。

午後、高知医療センターへお見舞いに。
s-KIMG1205.jpg

その後、高知駅前のとさてらすに行って竜馬パスポートを赤からブロンズにステージアップ。
シルバーへのステージアップはもう無理だろう。


2017/04/04 3D2AG/P 17R

4/4高知から帰宅。
昼までに着けるかと思っていたが、阪高3号神戸線が渋滞して昼を過ぎてしまった。
渋滞の原因は特になかった。
あと、湾岸線も車が多く鬱陶しかった。

s-KIMG1202_02.jpg

帰って来る頃にはコンディションも多少は良くなっているかと思ったが、SSNは高くなったものの、コンディションは依然ダメ。

夕方、18.111MHz RTTYの3D2AG/P (Rotuma)とQSO。
モードニュー。

深夜、3.516MHzでは4W/PE7Tが聞こえる。
聞こえるのは聞こえるが、例の連続短点によって聞こえにくい。
外付けDSPとノッチフィルターを駆使して何とかコピーできるが、それでも時々聞こえなくなる。
コールすると反応が聞こえたが、やはり短点に潰されてしまった。
静観していると、今度はフルコールが聞こえた。
この短点は何なんだろう???

4/4 1725J 18111.0kHz RTTY 3D2AG/P (Rotuma) Mode New 140deg 170W
4/4 2257J 3516.1kHz CW 4W/PE7T (Timor Leste) 180W

あちゃー、消滅したの???

KH4とKH5KとKH7Kが消滅エンティティ―になったらしい。
ああ、KH5Kは去年の話か。
当局は3つとも未交信だった。
あと、KH1とKH3も未交信だ。
個人的感想としては、この3つを消すならKP1とKP5も消して欲しい。

さて今日のQSOは
0時台に14.026MHzでOY/MM0ZBHが弱く聞こえており、聞いていると少し信号が上がってきた。
UP1でしばらくコールしていると「JL3」と聞こえた気がしたが、UPでは「KL」も呼んでいたので、どうせそっちかと思って静観。
すると再度リターンが聞こえ、間違いなく「JL3」だった。
しかし、サフィックスがなかなか正しくコピーしてもらえずに、「RSR」とか「LSR」とかを何度も打たれた。
最終的には何とかQSOできた。
OYは久しぶり。

4/6 0041J 14026.0kHz CW OY/MM0ZBH (Faroe Is) 345deg 170W

株式会社ワカマツが...

業務終了!!!
参った。

2017/04/06夜 80mでXEが聞こえた

22時、3.508MHzでXE2Sが聞こえる。
信号強度はまあまあで、まさかXEが聞こえるとは思ったこともなかったのでビックリ。
皆さんオンフレでコールしている。
パイルに勝てるとは思えないが、とりあえず参戦。
しかし、結構しつこい呼び方をする局が1局いて、パイルに嫌気がさしたのか、消えてしまった。
あーあ。

23時、3.5045MHzでKH2BYが入感。
勿論Sは9を超えている。
UP1でコールするが、ビートで妨害がかけられていて、しかもこのビートが9+30dBも振っている。
よし、ビートと勝負じゃ!
間もなくフルコールのリターンあり。
勝ったw

4/6 2308J 3504.5kHz CW KH2BY (Guam) 170W

2017/04/08 XE2S 80C

4/7朝7時、14.040MHzでR71RRCが聞こえる。
UPで呼ぶがリターンはない。
もう少し高い周波数でコールするとリターンあり。

4/7深夜22時頃、14.0116MHzでA71YYが入感。
信号は強い。
延々オンフレでピックアップしているが、パイルで呼び負けの連続。
全然QSOできない。
22:36にQRTとなってしまった。

4/8に日付が変わり、10.103MHzでは4S7VBGが入感。
コールするとリターンあり。

10.105MHzではUK9AAが聞こえる。
主にEuとQSOしているが、コールするとQSOできた。
バンドニュー。

10.112MHzでは4Z5CXがS7で入感。
コールすると「JA」と反応があったが、QRMが酷いそうでなかなか正しくコピーしてもらえない。
何度もコールを打って、何とかQSOできた。
バンドニュー。

4/8朝9時、14.213MHz SSBでCO2LCが聞こえるが、めちゃくちゃ弱い。

14.275MHz SSBではHI3MRVが聞こえるが、これも弱い。

15:05、18.106MHz RTTYで4S7VBGが入感。
準備をしていたら聞こえなくなった。

10.109MHzではR71RRCが入感。
UP1でコールするが、呼び負ける。
数局に呼び負けた後、何とかQSOできた。
QSO終了後の15:22から急に誰も呼ばなくなった。

16:40頃、21.0145MHzでJIDXに参加している5R8SVが入感。
信号は弱い。
呼んでも呼んでも呼び負けるが、最終的には呼ぶ局が減ってきてQSOできた。

17:55に3.512MHzでJIDXのナンバーを交換している局が弱く聞こえる。
最初はコールがコピーできなかったが、N6ROと判明。
コールすると、同時に呼んでいる局がいたが、「F」とコピーしてくれた。
再度コールすると「SF」を取ってくれた。
しかしそこまでで、ちょっと厳しそうなので断念。
そのまま聞いていると、18:10に某局/2がコールするのが聞こえた。
しかし、少し下でCQを出している局のQRMの他、被せてコールする局が出てきて、QSOできたのかどうかはよく聞こえなかった。
その後、信号が僅かに上がってきたので再度挑戦。
何度か聞き返されたが、何とかフルコールが返ってきた。

18時半、3.5088MHzではKH6CJJがパイルになっている。

3.5145MHzではVE7CCが聞こえる。
コールすると、何とか反応あり。
しかし、なかなかコールをコピーしてもらえない。
「JL3LSR」とコピーされた後、何とかフルコピーしてくれて、ナンバーも通じた様子。
しかし、その後で怪しいコールの再確認が返ってきたように聞こえたが...

3.526MHzでXE2STがCQを出し始めた。
信号は非常に弱い。
一番にコールしてみるが、当然反応もない。
すると、某局がコール。
反応があるものの、なかなか向こうの受信が苦労している。
これではうちは無理だ。
18:50には少し信号が上がってきたが、まだ弱い。
引き続き様子を窺っていると、18:57に急激にパイルアップになった。
原因はやはりアレだった。
うんざりするよな。
19:07頃からビートをかける輩が出現。
この輩、誰かが送信してスタンバイしたタイミングで送信し始める。
せっかくQSOが成立しかけても台無しになってしまうので、皆さん困っているだろう。
しかもしつこい。
根気ええやんけ。
一体どういう奴なのか。
到来方向は75度か255度だった。
また、DS3HWSがコールしていて、何度も「DS3」でリターンが返るのに、毎回わからずに出て行かない。
ちょっといい加減にしたら?

19:20頃に3.507MHzでXE2SがCQを出しているのに気付いた。
信号はXE2STと同じぐらいの強さで、弱い。
しかし、皆さん3.526MHzのXE2STに一生懸命になっているようで、XE2Sをコールする局はほとんどいない。
コールするが、反応はない。
反応がないのでまたコール。
すると、驚いたことにフルコールのリターンが返ってきた。
ナンバーを送ってスタンバイするが、反応が返ってこない。
「59925」を連呼していると、無事「TU」が聞こえた。
バンドニュー。
3.5MHzの82エンティティ―目。
ビートの輩の功罪だろうか。
なお、XE2STよりもXE2Sの方が耳が良かった。

のんびりと夕食を食べた後、21.010MHzで聞こえるS79Zをコール。
呼び始めてすぐ、21:01にQRTとなった。

4/7 0701J 14040.4kHz CW R71RRC (AS-071) 10deg 170W
4/8 0048J 10103.0kHz CW 4S7VBG (Sri Lanka) 225deg 150W
4/8 0054J 10105.0kHz CW UK9AA (Uzbekistan) Band New 270deg 150W
4/8 0115J 10112.0kHz CW 4Z5CX (Irael) Band New 310deg 150W
4/8 1520J 10109.1kHz CW R71RRC (AS-071) 10deg 150W
4/8 1650J 21014.5kHz CW 5R8SV (Madagascar) 230deg 160W
4/8 1815J 3512.2kHz CW N6RO (USA) 200W
4/8 1833J 3514.5kHz CW VE7CC (Canada) 200W
4/8 1926J 3507.0kHz CW XE2S (Mexico) Band New 200W

2017/04/09 JT65はやっぱりダメ, S79Z 15C

s-DSC_1339.jpg

4/8深夜、小電力で遠い所とQSOできるだとか、低い値のレポートをもらう方が良いだとか、理想論ばかり語られて実際は全然飛ばないJT65だが、たまには様子をうかがってみよう。
10MHzではXE1GKがCQを出している。
意外に強く入感しているので呼んでみる。
が、やはりまたCQが出る。
他に誰も呼んでいないのに届かないとはどういうことだろうか。
もう一度コールすると、今度は呼び負け。
30分ぐらい呼んでいたが、結局交信できなかった。
やはりJT65は小電力で遠くとQSOできるものではない。
ターゲットを他の局に変更。
HB9ELEが受信できるのでコール。
しかし、やはりまたCQが出る。
もう一度コールすると、やっとリターンあり。
こちらには-10で入感しているが、もらったレポートは-19。
「-10」と送るが、何とまた「-19」と返ってきた。
どうも途中で受信できなくなった様子。
どんだけ飛ばんモードやねん。
HBはCWなら簡単に届くぞ。
まあ何とかQSO終了。
やっぱりあかんわ。
JT65終了。

いつの間にか4/9に日付が変わっているが、また3.5MHzをワッチ。
3.507MHzでHS3LSEが良く聞こえているのでコール。

3.518MHzではWH7Wがあまりにも強いのでコール。

4/9朝、14.005MHzでは、昨夜3.5MHzでQSOしたVE7CCが聞こえる。
コールしてナンバー交換。
他はこれといった所が聞こえない。

夕方、21.002MHzでS79Zが聞こえる。
RPの近くでしばらくコールしているとリターンあり。
パイルだった。

18時台、7.004MHzではJIDXのHC2AOが聞こえる。
コールしていると、「JA3」やら「L」やら心当たりのあるリターンがあるが、その都度他の局に負けてしまう。
そして「F」のリターンが。
再度コールするが、また「F」が返る。
もう一度コールしてフルコールが返ってきた。
しかしコールしていた時間は短かかった。

夜20時頃、3.514MHzでは今日もXE2Sが聞こえている。
しかし、何かを呼ぶパイルからのQRMが酷い。
このパイルは何?
探してみると、3.512MHzで非常に弱々しくHR5/F2JDが聞こえている。
これか。
しかしこれはあまりにも弱くてどう考えてもQSOは不可能だ。
しかも下の方にJIDXのCQを出す局がいて、QRMで聞きにくい。

21:19に3.512MHzを聞くと、HR5/F2JDはもう出ていない様子。
よく聞くと何かが聞こえる。
6K2CEW/5 AS-045と打っている。
AS-045は未交信なのでコールするが、反応がない。
何度かコールすると、「JL3」と返ってきた。
しかし受信が厳しいようで、何回も何回もコールを打って何とかQSOできた。
当局があまりにも何回もコールを打ったので、それが客寄せとなったみたいで、急に数局が呼び始めた。

深夜は急激にコンディションが低下してきて、ほとんど何も聞こえなくなってしまった。
日付が変わる直前に14.001MHzに4S7VBGが出てきたのでQSO。

4/9 0000J 10138.0kHz JT65 HB9ELE (Switzerland) Mode New 330deg 15W
4/9 0119J 3506.7kHz CW HS3LSE (Thailand) 200W
4/9 0124J 3518.0kHz CW WH7W (Hawaii) 200W
4/9 0816J 14005.3kHz CW VE7CC (Canada) 40deg 160W
4/9 1640J 21002.0kHz CW S79Z (Seychelles) 260deg 160W
4/9 1828J 7004.0kHz CW HC2AO (Ecuador) 50deg 180W
4/9 2124J 3512.0kHz CW 6K2CEW/5 (AS-045) 200W
4/9 2356J 14001.0kHz CW 4S7VBG (Sri Lanka) 250deg 160W

2017/04/10 ・ 2017/04/11 S79Z 80C

4/10深夜、7.012MHzで3D2SEが聞こえる。
時折CQ空振りになるのでQSO。

4/11朝5時半、10MHzは何も聞こえない。

7MHzを聞くと、7.018MHzでZD7BGが聞こえるが、非常に弱い。

7.051MhzではS79Zがパイルになっている。
なぜか送信周波数が微妙に動いている。
UPで拾っている周波数がよくわかるのでコール。
しばらく呼んでいると、「LSF」でリターンあり。

ZD7BGが7.023MHzにQSYしている。
呼んでいる局は少ない。
しかも、1 QSOが終わってすぐに呼ぶ局はいないので、すぐにコールするとリターンあり。
バンドニュー。

3.505MHzではS79Zが聞こえるではないか。
しかもSメーターが7まで振っている。
外はやや強風で、逆Lのエレメントとローディングコイルが風に煽られているようで、SWRが大きく変動する。
RPはよくわかるので、コール開始。
10分も経たないうちに「JL3」のリターンが!
コールを繰り返してスタンバイするが、サフィックスが微妙に違うように聞こえる。
再度コールを繰り返してスタンバイする。
今度はよく聞こえなかったが、合っているように思った。
「599 599 TU」と長めに送ると、タイミングのバッチリ合った「TU」が返ってきた。
できたみたい。
勿論バンドニュー。
80mの83エンティティ―目。
それどころか、80mの初アフリカ。

4/10 2212J 7012.0kHz CW 3D2SE (Fiji) 140deg 200W
4/11 0551J 7051.0kHz CW S79Z (Seychelles) 225deg 180W
4/11 0558J 7023.1kHz CW ZD7BG (St. Helena) Band New 315deg 180W
4/11 0608J 3505.0kHz CW S79Z (Seychelles) Band New 170W

昨日のことだが...

先日仕事で使っているIP専用線が断になったので説明を求めたところ、装置のソフトのバグだと説明を受けた。
昨日それが嘘だったと発覚したので、朝からN何とかコミニケーションに電話して、どやして呼びつけ。
対策もしないと言うので、厳しく絞り上げた。
昼は時間がなかったので、社員食堂でカレーそばを注文。
麺場のおばちゃんが、つけ麺のことで頭がいっぱいで、注文を右の耳から左の耳へ聞き流していたことが判明。
またキレそうになった。
午後もちょっとキレそうになった。
1日大きな声を出していたので喉が痛かった。
麦門冬湯を飲んで寝たら治った。

麦門冬湯はよく効く。
プロフィール

JL3LSF

Author:JL3LSF
1970年生まれ
1984年、大阪府堺市でJL3LSF開局
1991年、イリノイ州シャンペインの消防署でTechnician Plus取得 (N9PLT)
2011年、Amateur Extra取得 姫路で (NA1AA)
2014年、大阪府堺市南区にQSY 開局30周年
2017年、開局33周年
アンテナ
 (1)地上高16.5m 3 element Yagi (for 20, 15 and 10m)
 (2)地上高15m Mini-multiantenna HB18-24X4A (4 element HB9CV, for 17 and 12m)
 (3)Inverted L w/Loading Coil for 80m
 (4)地上高18m Rotatable Dipole (for 40 and 30m)
空中線電力 150Wぐらい
第一級アマチュア無線技士
職業 無線技術者(第一級陸上無線技術士) 選任されている無線局は438局(2016/9/16現在)
旧第一種伝送交換主任技術者
第三種電気主任技術者
専門は物理
以下省略

本業は6mのJCC/JCGハンティングで、昔は自宅からも山からもアクティブにQRV。
しかし仕事でン十kW級の無線を始めてからというもの、しばらくアマチュアを休業。
数年前から段階的にカムバックし、密集住宅街の狭い家から何を思ってか、3.5MHzから28MHzでDXを呼んではガッカリ。
移動運用で狙うDXにも限界が訪れ、2014年4月、遂にたまりかねて高台移転。
やっと普通の弱小局に格上げか???
2014年秋からは小さなタワーに給電してローバンドの運用を開始。
2015年5月からは50MHz用の自作5エレF9FTを使用開始。
2015年8月、F9FTを10MHz用釣竿ロータリーダイポールに交換。
2015年9月、釣竿ロータリーダイポールを7MHz/10MHzの2バンド用に変更。
2015年10月、ローバンド用アンテナをスローパーに変更。
2016年1月、Hexagonal Beamを3エレトライバンダーに交換。
2016年4月、スローパーを撤去して3.5MHz用のロングワイヤーを設置。
3.5MHzのアンテナは随時改修中。

アクセス
Solar-Terrestrial-Data
雨雲レーダー
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
QRコード
QR