FC2ブログ

2017/05/12 ・ 2017/05/13 Z68BB, E51LYC, アフリカ勢

5/12 深夜23:15、18.084MHzではTA4/DL6CTが入感。
コールするが反応はない。
非常に耳が悪い。
こりゃダメだ。

23時半、14.0135MHzでコソボのZ68BBが入感。
信号は弱い。
コソボは今までいくら呼んでも呼んでもQSOできなかったが、コールすると一発でQSOできた。
初コソボ。

5/13朝6時頃、14.040MHzでノースクックのE51LYCが聞こえる。
コールしてみたものの、ATUの調整を失敗してとんでもない高SWRになってしまっている。
それでもリターンがあってちょっと困ったが、適当にSWRを下げて何とかQSO。

14.030MHzには5A1ALが出ているようで、呼んでいるJA局がいる。
しかしうちでは何も聞こえない。
6時半になると、5A1ALの信号が強くなっていて、Sが3まで振る。
オンフレのパイルになっている。
コールしてはみたが、6:58にQRTとなってしまった。
5Aはいつまでも苦労しそうだ。

8時すぎ、18.070MHzでE51LYCが入感。
UP1.82でQSOできた。

14.022MHzではCT9/DL5AXXが聞こえる。
Sは2まで振る。
コールするとQSOできた。

8:50、21.040MHzではE51LYCがパイルになっている。
14MHzと18MHzはパイルになっていなかったが、なぜか21MHzは大きなパイルになっている。
なぜ???
時々NA/SA指定やNA/SA/OC指定になる。
色々忙しくなってきて途中で断念。
勿論手応えは全くなかった。
そのうち聞こえなくなっていた。

夕方、21.028MHzでは9Q6BBがS6で入感。
コールするがパイルが大きくてダメ。
Nandoはパイルの山のいちばん激しい団子になったところからピックアップするので、いくら呼んでもリターンはない。
これでTZ6BBではかなり苦しめられた。
隙間で呼ぶなどの作戦は全く意味がない。
小規模局に厳しい。
16:48からQRXとなり、16:56に戻って来た。
しかし、忙しいし断念。
どうせ呼んでもQSOできまい。

深夜14.050MHzで5Z4/DL2RMCの「CQ TEST」が聞こえる。
信号は弱い。
ほぼ同じ周波数で別の局がRunしていて、それをHLの局が呼んでいるので聞きづらい。
それでもちょっと無理してコールしてみると、一発でリターンが返ってきた。
QRMに耐えながらもスムーズにナンバー交換して、数秒でQSO完了。

21.037MHzではSU9JGの「CQ TEST M」が聞こえる。
誰もコールしない。
呼んでQSO。

21.027MHzではJ28PJが大きなパイルになっている。
信号が強くなく、難しい。
23:29頃に急激に信号が下がってきた。
23:35を過ぎるとまた上がってきた。
その後も強弱を繰り返しながら聞こえているが、一向にリターンはない。
0:01にQRTになってしまった。
ああ眠い。

5/12 2332J 14013.5kHz CW Z68BB (Kosovo) 320deg 170W
5/13 0609J 14040.0kHz CW E51LYC (North Cook, OC-098) 120deg 200W
5/13 0823J 18070.0kHz CW E51LYC (North Cook, OC-098) 120deg 170W
5/13 0828J 14022.0kHz CW CT9/DL5AXX (Madeira) 340deg 160W
5/13 2232J 14050.0kHz CW 5Z4/DL2RMC (Kenya) 285deg 160W
5/13 2316J 21037.0kHz CW SU9JG (Egypt) 310deg 150W

2017/05/14 9Q6BB 15C

0:20すぎ、J28PJが18.070MHzでCQを出し始めたので即コール。
しかし、CQは1回だけで、そのまま消えてしまった。

夕方、21.233MHz SSBで8J60JAREが聞こえる。
しかしUP5は例によってカオス。
延々呼び倒している局が複数。
ピックアップされてもQSO済みを宣告される局も続々。
QSOできている局は1エリアと7エリアが圧倒的に多い。
ピックアップされた局のコールをメモしていくと、聞いている間に西日本へのリターンは3局だけだった。
17:43頃、信号が弱くなってきた。

21時前、18.084MHzでCT9/DL5AXXが入感。
すぐにQSOできた。
あまり呼ばれないのか、その後すぐに消えてしまった。

深夜、21.037MHzで9Q6BBが入感。
Sの振れは4.
昨日、パイルのど真ん中しかピックアップしないのを確認していたので、RPを探してピッタリその周波数でコールする作戦開始。
たった3回コールしただけでリターンあり。
作戦成功。
しばらく聞いていたが、完全に一点取りしているのに気付かずに、他の周波数で呼んでいる局が多くいた。

18.082MHzでTA2/DL2JRMが聞こえるが、弱すぎてコールできない。

21.004MHzではA71AがS8で入感。
オンフレで拾っている。
タイミングがズレているHLの局がいてやりにくいが、2回呼んだところでリターンあり。
そのまま聞いていると、22:50過ぎに「QSY 1818MHZ」と打たれた。
早速18MHzにQSYして探す。
18.077MHzに出てきた。
そして即パイル発生。
呼び始めると、ちょうどスプリット運用になった。
適当に設定すると、UP1.12になった。
一発でリターンあり。
それにしてもパイル。
なんじゃこのパイルは?

18.0815MHzで4Z5ADがCQを出しているのでQSO。

今夜はEsがここに落ちてきているようで、9Q6BBもA71Aも簡単にQSOできて良かった。
これも単純に運の問題。

5/14 2059J 18084.0kHz CW CT9/DL5AXX (Madeira) 340deg 170W
5/14 2223J 21037.0kHz CW 9Q6BB (Democratic Republic of Congo) 290deg 150W
5/14 2240J 21004.0kHz CW A71A (Qatar) 300deg 150W
5/14 2255J 18077.0kHz CW A71A (Qatar) 300deg 170W
5/14 2323J 18081.5kHz CW 4Z5AD (Israel) 300deg 170W

2017/05/15 VU7KPは無理

朝8時、21.040MHzでE51LYCが聞こえるが、すぐにNA指定になった。

夜21時前、10.108MHzでE51LYCが聞こえるが、了解度が悪い。
コールすると、どうも自分に返っている様子。
QSOできたようだ。

18.080MHzでは9J2BOが聞こえる。
信号は強くない。
この局とは何度もQSOしているので受信のみ。
だんだんとパイルになってくる。
まさかバンドニューとも思えない面々が次々QSOしている。

18.156MHz SSBではES1QX/5が良く聞こえる。
最初は聞いているだけだったが、あまりにも良く聞こえるのでコール。
ビームが9Jに向いたままだった。
ビームを正面に向け、気を取り直してコール。
今度は一発でリターンがあった。
その後はまあまあのオンフレパイルになっていた。

22:45、18.150MHz SSBではVU7KPが入感。
これも信号は弱い。
UP 5 to 10だが、全然手応えなし。
皆さんも苦戦されている。
どうもEuの壁がごっつい様子。
Eu指定をしないのがせめてもの救いか。
「Outside of Japan. Outside of Europe.」が時々出る。
時間経過とともに信号は低下。
0時を過ぎると呼べるような強さではなくなった。

5/15 2049J 10108.0kHz CW E51LYC (North Cook OC-098) 120deg 150W
5/15 2111J 18156.0kHz SSB ES1QX/5 (Estonia) 330deg 170W

2017/05/16 ・ 2017/05/17 VU7KP 15S

5/16 23時過ぎ、18.155MHz SSBでVU7KPが聞こえる。
信号はどちらかと言えば弱い。
すぐに「Outside of Europe, outside of Japan」になってしまった。
とか言いながらも、しばらくはEuを拾ったりしていた。
そのうち問答無用のNo Eu, No JAになり、コールしたJA局に対して「I'll work you tomorrow」と言っていた。

14.205MHz SSBではA91WTISが入感。
のんびりしていたら消えてしまった。

14.278MHz SSBではお馴染みの7X5QBが聞こえる。

14.0308MHzでは9J2BOが聞こえる。

いつの間にか5/17に日付が変わっているが、14.016MHzでDL60TELFが良く聞こえるので、コールしてQSO。

1時半頃、14.0367MHzで5Z4/DL2RMCが聞こえてきた。
そしてちょっとしたパイルが始まった。

5/17朝、コンディションが悪いようなのであまりワッチせず。

今日の仕事場は近かったので、いつもより相当早く帰宅。
これはVU7KPのチャンスがあるかも。

夕食後、21.280MHz SSBで弱く聞こえるVU7KPを確認。
早速コールする。
UP5を拾っているようだが、呼んでもリターンはない。
そのうち「Up 5 to 10」と言うようになった。
さて、どこで呼ぼうか。
Up 8でコール開始。
間もなくサフィックスでリターンあり。
何度か再コールして何とかQSO。
モードニュー。
この後いつもの18MHzにQSYしてくれるか???

5/17 0048J 14016.0kHz CW DL60TELF (Germany) 340deg 160W
5/17 2013J 21280.0kHz SSB VU7KP (Lakshadweep) Mode New 255deg 170W

2017/05/17 ・ 2017/05/18 E44WE 17S, VU7KP 20Sは撃沈

5/17夜、VU7KPは18MHzに出ていない。

21:25、18.142MHz SSBでE44WEが聞こえる。
しかし非常に弱く、リターンが聞き取れない。
上がってくるのを待つ。
少し上がったかなと思った頃、クラスターにスポットされた。
これは危ない。
21:42頃、信号はまたぐぐっと上がった。
クラスターを見た局が集まるのが早いか、リターンがあるのが早いか。
コールする局は増えてきているが、ここで何とかリターンあり。

22:15、18.1334MHz SSBではA71TAが良く聞こえている。

22:45頃、VU7KPが14.185MHzに出てきた。
ちょうどE2(HS)の局がピックアップされたが、プリフィックスがわからないということで、E2のコールサインを何度も何度も連呼している。
これでだいぶ皆さんが集まってしまって、E2局の交信終了後に一気にパイルになった。
あーあ...
以降、呼べども呼べども手応えなし。
同じ周波数で呼んでいる局がピックアップされることが何度もあった。
0:28には信号が著しく低下。
そして0:30にQRTを宣告された。
撃沈。

5/17 2143J E44WE (Palestine) 315deg 180W

2017/05/18夜 ・ 2017/05/19 VU7KP 20Sはやはり撃沈

5/18夜、2ndの腕時計のバンドを交換していたら遅くなってしまった。
22:50、18.138MHz SSBでE44WEが良く聞こえる。

VU7KPは出ていないなあ...と思ったら、14.180MHzに出てきた。
ちょうど18MHzから14MHzにQSYすろところだったようだ。
しかし、23:25頃からアメリカ指定になってしまった。
今回のアメリカ指定は結構長かった。
その後指定は解除されたが、23:58からはNo JAになってしまい、Eu指定となった。
日付が変わって0:20頃に指定解除となったが、その頃には弱くなってしまった。
0:41にはほとんど聞こえなくなった。
仕方ないので風呂に入り、1:15に再度聞くと、まだ聞こえている。
しかし弱い。
QSOできているJAもいるが、こちらは呼んでも届かない。
あまり呼ぶ局もおらず、消えてしまった。
今日も撃沈。

2017/05/19朝 E31A始まりましたが

朝6時半、7.002MHzではE31Aがパイルになっている。
入感方向は少し北寄りの330deg方向。
それほど強くはない。
近くの先生が物凄い剣幕でコールしているが、リターンはない。
これは参戦しても無意味。
14MHzでは某局の第二高調波が良く聞こえている。

2017/05/19 E31A 15S!

深夜、E31Aはどうせパイルが大きいだろうが、一応ワッチすることに。

21.290MHz SSBのE31AはUP20で拾っているが弱い。
皆さん呼んでいて無理そうな雰囲気。

21.240MHz SSBでは5Z4/DL2RMCが入感。
「Up 5 to 10」だがパイルが大きい。
CWならさほど難しくないのに、SSBになるといくら呼んでもリターンがない。
22:54にQSYとなった。
QSY?
どこへ?

14.183MHz SSBのE31Aも弱い。
21.290MHzと聞き比べると、21MHzの方が了解度が良い。
思い切って21MHzでパイル参戦することに。
UP20ではパイルが小さくなっている。
いや、もはやパイルですらない。
1~2局が順番にコールするような状況。
これなら順番が回って来るかも。
呼んでいると、「うーん...」と前置きして「3」やら「L」やら「S」が断片的に返って来た。
再度コールするが、やはり「うーん...」と言っている。
何度かこれを繰り返していると、何とかコピーしてもらえた。
バンドニュー。

5/19 2310J 21290.1kHz SSB E31A (Eritrea) Band New 303deg 170W

2017/05/20 E31A 17C

昨夜、15m SSBでE31AとQSOした後風呂に入り、寝ようと思っていると、23時半頃18.082MHzでE31Aが入感。
信号強度はS3。
UPは当然大きなパイルだが、かと言って、ごわんごわんと鳴って埒があかないようなパイルでもない。
バンドスコープで見ると隙間がある。
ピックアップされた局がどれかはわかりにくい。
最終的にはRPを見付けて、その近辺で呼んでいると、フルコールのリターンが返ってきた。
バンドニュー & モードニュー。
そう、E3のCWは初めて。
QSOできる少し前から、バンドスコープで見るとパイルの密集度が空いてきていた。

5/20朝は、真夜中のE3パイル参戦で眠いので早起きせず。
どうせ聞こえないのでワッチもなし。

午後も昼寝をしていると、「ピーンポーン」と鳴る。
出てみると「お家のことで一点お伝えすることがありまして」とか言っている。
人が気持ちよく寝ているのにムカつくなあ。
「なんですか、いいですわ!」

起きてしまったのでワッチ。
14MHzの下の方ではパイルが起きている。
E31Aが出てきたか?
14.012MHzに何かいるが、うちではほとんどわからない。
S/PでもL/Pでもダメ。
よくこれでこんだけ呼べるなあ...と感心しながらこれを書いている。

5/20 0055J 18082.0kHz CW E31A (Eritrea) Band New & Mode New 305deg 170W

DX Report皆勤賞

DX Reportの皆勤賞が届いた。
恒例のグラスだが、今年のものは底にコールサインが彫られている。
s-DSC_1508c.jpg

2013年から4年分のグラスを並べてみた。
s-DSC_1514c.jpg

プロフィール

JL3LSF

Author:JL3LSF
1970年生まれ
1984年、大阪府堺市でJL3LSF開局
1991年、イリノイ州シャンペインの消防署でTechnician Plus取得 (N9PLT)
2011年、Amateur Extra取得 姫路で (NA1AA)
2014年、大阪府堺市南区にQSY
2019年、開局35周年

アンテナ
 (1)地上高15m 3 element Yagi (for 20, 17, 15, 12 and 10m)
 (2)地上高17.5m Rotatable Dipole (for 40 and 30m)
 (3)地上高16m 7 element Yagi (for 6m)

空中線電力 150Wぐらい

第一級アマチュア無線技士
職業 無線技術者(第一級陸上無線技術士 = 昔で言うところの一技) 選任されている無線局は440局(2019/05/01現在)
旧第一種伝送交換主任技術者
第三種電気主任技術者
高等学校教諭一種免許(工業)
フルハーネス型墜落制止用器具特別教育受講済
専門は物理
以下省略

本業は6mのJCC/JCGハンティングで、昔は自宅からも山からもアクティブにQRV。
しかし仕事でン十kW級の無線を始めてからというもの、しばらくアマチュアを休業。
数年前から段階的にカムバックし、密集住宅街の狭い家から何を思ってか、3.5MHzから28MHzでDXを呼んではガッカリ。
移動運用で狙うDXにも限界が訪れ、2014年4月、遂にたまりかねて高台移転。
やっと普通の弱小局に格上げか???

*2014年4月24日、6バンドHexagonal Beam設置。

*2014年秋からは小さなタワーに給電してローバンドの運用を開始。

*2015年1月29日、18MHz/24MHz用4エレHB9CVを追加。

*2015年5月からは50MHz用の自作5エレF9FTを使用開始。

*2015年8月、F9FTを10MHz用釣竿ロータリーダイポールに交換。

*2015年9月、釣竿ロータリーダイポールを7MHz/10MHzの2バンド用に変更。

*2015年10月、ローバンド用アンテナをスローパーに変更。

*2016年1月、Hexagonal Beamを3エレトライバンダーに交換。

*2016年4月、スローパーを撤去して3.5MHz用のロングワイヤーを設置。

*2018年6月1日、ローバンド用のリモート局の免許を受ける。給電点海抜高655mのハーフスローパー。恐らく大阪で一番高い。ただし100W。

*2018年9月、台風21号により被災。マストパイプが曲がり、数を減らす目的で3エレトライバンダーとWARCの4エレHB9CVを統合して改造!

*2018年11月6日、リモート局のローバンド用アンテナをハーフスローパーから傾斜型に変更(160m・80m)。給電点海抜高638.5m。スカイツリーよりは高い。

*2019年1月8日、リモート局の160m用エレメントを短縮型からフルサイズ(折り曲げ)に変更。

*2019年5月6日、50MHzの6エレ八木を再設置。

*2019年7月20日、50MHzのアンテナを6エレからブーム長8.7mの7エレに交換。

今思うと、やっぱりHexagonal Beamがいちばん良いような...

アクセス
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
255位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
49位
アクセスランキングを見る>>
Amazon
Solar-Terrestrial-Data
雨雲レーダー
カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
QRコード
QR
愛用品1
フルークのテスター。安価でしっかり使える。
愛用品2
屋外でケーブル結束すると、耐候性結束バンドでも切れるのは時間の問題。エンドレスタイは耐久性が違う。必要な長さを切って使うので、結束バンドのような無駄がない。
愛用品3
台風のときに風速と気圧を測るのはコレ。