2017/05/01 ・ 2017/05/02 A25UK 20S & 40C

5/1に日付が変わろうとする頃、14.196MHz SSBでA25UKが入感。
弱い。
主にEuとQSOしている。
最初は「Up5 to 15」と言っていたが、そのうち「Listening 200」と言うようになった。
数局がうわっと同時にコールするかと思えば、誰も呼ばなくなることもある。
延々コールをし続けているJA局もいる。
しかし届いていない。
こちらはコンスタントにコールを続ける。
すると0:10、遂にリターンあり。
よく届いたものだ。
ビックリ。

5/1朝、これといった所は聞こえないが、7.016MHzでRV1CC/6がパイルになっている。
パイルになる理由はわからないが、信号が強いのでとりあえず参戦。
何度かコールしているとリターンあり。

夜22時台、21.026MHzでA25UKが非常に弱く入感。
中国局が延々オンフレで呼んでいて邪魔。
しかも少し下にズレている。
あの人達はいつもオンフレで呼んでいる印象があるが...
うるさいので聞いていられない。
断念。

23時台、18.146MHz SSBでA25UKが入感。
信号はまあまあ強い。
コールしてみたが、届きはしない。
よく考えたら、17SはQSO済みだった。
しばらくすると、信号強度が急激に低下。

10.1346MHz RTTYでもA25UKが入感。
信号そのものは弱くはないのだが、UPでコールしている局からのQRM、抑圧でほとんど解読できない。
これは最低だ。

0時すぎ、7.026MHzのA25UKがDSP使用で何とか了解できるようになった。
RPはほとんど変わらないので、コール開始。
7MHzも上からの抑圧が多少あるが、しばらく呼んでいると何となく自分かと思うリターンが。
QSBでちょっとよくわからない。
しかしタイミングは完璧に合っている。
多分QSOできたかと思う

14.0105MHzでは9Q6BBが弱く聞こえる。
そのうち呼ぶ局が増えてきた。

5/1 0010J 14196.0kHz SSB A25UK (Botswana) 260deg 190W
5/1 0606J 7016.0kHz CW RV1CC/6 (Russia) 320deg 190W
5/2 0039J 7026.0kHz CW A25UK (Botswana) 260deg 180W
スポンサーサイト

いい加減なビニール線で楽しい6m

高知に来ていますが、例によってベランダからグラスファイバーポールで3.5MHzの折り返しアンテナを建ててHF各バンドでQRV。
s-DSC_1420.jpg

5/5子供の日は、朝から6mでEスポがオープン。
最初は3.5MHzのワイヤーにATUで無理矢理乗っけてDS4EOIとQSOしたものの、とても苦しい。
そこで急遽、たまたま持っていた1.4mほどのビニール線を給電点に撚って付け足し。
ポールに沿わせてビニールテープで留めてはみたが、途中で背が足りなくなったのでゴム紐で横へ引っ張って折り曲げ。
逆Lになった。
しかも、ご覧の通り庇の下側で非常にいい加減なアンテナになった。
s-DSC_1417moji.jpg

給電点の接続状況は更にいい加減。
s-DSC_1419.jpg

これで7エリア、8エリア各局とFBにQSOできた。
特に、夕方JE8CRA局をコールすると、1エリアからのパイルの中、一発でリターンあり。
アンテナの説明をすると、「全然良く来てますけどね」と言って笑われたhi。

それにしても長時間続いたEスポだった。

2017/05/03 ~ 2017/05/06 高知県南国市

大型連休?
連休の長さを大型とか小型とか言うのか?
中型もあんの?
大きい小さいじゃなくて、長い短いと違うんかなあ。
形のないものに「型」とかしっくり来ないなあ。
協会の用語は時々おかしいよなあ。
もとい。
ゴールデンウィークの帰省。
今回はあわよくば3.5MHzでA25UKが聞こえないものかと思って、3.5MHzの折り返しアンテナを設置。
しかし、まったく聞こえなかった。
仕方ないのでATUで無理矢理色んなバンドにQRV。
(※次回は10mほどのワイヤーもパラ接続しよう。)
3.5MHzで国内1局、10MHzで国内2局、18MHzでアフリカ1局、24MHzでオセアニア1局、28MHzでオセアニア1局。
詳細省略。
EスポとF層伝搬の複合が多かったように思う。

50MHzでは前述の通りEスポが開けたが、あまり積極的にはコールせず、QSO局数はBVが1局、HLが2局、JR6が2局、7エリアが1局、8エリアが4局、5エリアが1局(JA5RCT/5愛媛県喜多郡内子町)。
JA5RCT/5はグランドウェーブ。
あのビニール線で届くということは見通しあるのかな???
笹峠山?

5/7の3時に高知を出発して帰路へ。
ゴールデンウィークと言えど、流石にこの時間帯に出れば全線にわたってガラ空き。


↓ 4月
s-KIMG1202_02.jpg

↓ 1か月後(5/5)
s-KIMG1193.jpg
何か増えた!

A25UK結果

ご覧の通り5バンド、2モードのQSO。

s-A25UK_Clublog170507.jpg

4/27の0時台に最初にQSOできたはずの20m RTTYはNILだった。
QSLマネージャーに問い合わせてもやはりNIL。
RTTYではっきりとリターンがあったので間違えるはずがないのだが。
パイレート?
幻のモードニュー。

SV2RSGが...

DXCCにクレジットされないSV2RSGだが、ちゃっかり2016 WW WPX Contest CWで入賞し、「Rookie Low Power ALL BANDS」と「Single Op Low Power ALL BANDS」の部門でMount Athos第1位の賞状をもらっているではないか!
ARRLは認めていないが、CQ社はMount AthosからのQRVと認めたということ。

2017/05/07 全然あかんわ

5/7 19時台、18.085MHzでVU4YCが聞こえる。
呼んでも呼んでも、パイルでリターンはない。
下の方で何かが出てきたようで、UPでコールする局が被ってくる。
その局に対して「UP LID」と打つ局がいて、もういい加減にして欲しい。
20:22、「QRX 5MIN」と打って消えてしまったが、何分経っても再開はなかった。

18MHzではいくつかのパイルができているが、どれもご本尊が聞こえない。
あかん。

22時半、18.0825MHzで4Z69ADのCQが聞こえてきたのでQSO。

18.10665MHzではRTTYで5Z4/DL2RMCが入感。
コールしていると、18.01641MHzという非常に近い周波数にV51WHが出ていること判明。
この局とオンフレでQSOする局が立て続けに現れ、もうわや。

深夜、18.072MHzにVU4YCが出てきた。
信号は非常に弱く、例によって下の方からのQRMを何とかしつつ聞き耳を立てるが、厳しい。
そうこうしていると、同じ周波数でVR2COというコールサインでCQが始まった。
本当にVR2COかどうかわからないが、いい加減にして欲しい。
そのうちVR2COは消えてくれたが、VU4YCの信号は益々弱く、どう頑張っても無理。

非常に賑やかな18MHzだが、当局にはなかなかQSOできる相手がいない。

5/7 2236J 18082.5kHz CW 4Z69AD (Israel) 300deg 160W

2017/05/08 MJ/PA9JO 20S, VU4はご縁なし

5/8朝、14.0005MHzのTZ4AMは非常に弱い。
聞いていると、了解度が5にはなったが長時間は続かなかった。

VU4YCはどのバンドも聞こえない。

各バンド聞いてみるが、とにかく聞こえない。

6時台、14.215MHz SSBでMJ/PA9JOが強い。
「UP 5 to 10」とか言いながら延々UP5しか拾っていない。
参戦しても、小声でのんびりコールする大電力局に負け続ける。
これはあかん。
しかし、そのうち本当にUP 5 to 10を拾うようになった。
UP8.5付近でしばらくコールしていると、何とか気付いてくれた。

夜21:45、18.080MHzでVU4YCが聞こえる。
信号は弱い。
コールするが、RPがわからないし、Euばかり拾う。
どのペディションもそうだが、VU4はとにかくEuばかり相手にしてQSOしてくれない場合が多い。
そのうちビートで聞こえにくくなってしまった。
そして信号も低下。
完全に聞こえなくなった。
VU4と言えば、以前VU4CBがニコバル諸島のレアなIOTA AS-033からQRVしたが、聞こえる時間はEu指定ばかりでコールすることすらできなかった。
そのときご一行が言った、VU4KVではJAにサービスするのでVU4CBはEu向けにやらせてくれという、訳のわからない理屈はいつまでも忘れない。
AS-033が欲しかったのに。

23時すぎ、18.070MHzで5Z4/DL2RMCが聞こえる。
もう既に閑古鳥が鳴いていて、誰もコールしない。

18.095MHzではお馴染みTR8CAがFBに聞こえる。
この局とはもうQSOし過ぎの感があるので、呼ぼうという気も起きない。
TRの初交信までは、結構苦労したのだが...

18.140MHz SSBではCX6DZが聞こえている。

14.222MHzではA71YMが強い。
この局は親日家のようで面白く、ファイナル時などに「Thank you very much.モシモシー、アノニ(あのね)、ショナラ(さよなら)、オリガト(ありがと)」と言っている。

5/8 0653J 14215.0kHz SSB MJ/PA9JO (Jersey) 340deg 180W

2017/05/09 EI44WAW, SU9JG

夜22時頃、お目当てのVU4YCは18MHzに出ていない。

14.0366MHzにGS3PYE/Pが出てきた。
信号はまあまあ強い。
UPの周波数を勘で変えながらコール。
3回目のコールでリターンあり。
結構大きなパイルでレートも悪かったので、QSOできてびっくり。

14.008MHzではEI44WAWがオンフレでQSOしている。
コールすると、ちょうど他の局のコールが途切れてQSOできた。

23時すぎ、18.084MHzでVU4YCが弱々しく入感。
コールを始めるが、RPがわからない。
23:29にはNA指定になった。
しかし幸いにもNA指定はあまり長く続かなかった。
23:40頃に、やっとRPがUP1.1ぐらいだと判明。
しかしすぐに消えてしまった。
難しいなあ。

23:50すぎ、18.073MHzでSU9JGが入感。
オンフレでQSOしている。
ちょうど呼ぶ局が途切れ、「JL3」のリターンあり。
再度コールするが厳しそう。
「JL3LIF」で返ってきた。
何度も打って修正すると、「JL3LSF TU」が返ってきてClublogでリアルタイムに確認できた。
0時には呼ぶ局がいなくなり、CQ空振り状態となった。
JA6の局がコールするが届かない。
0:04には聞こえなくなった。
この伝搬もEスポが関係している様子。
聞こえなくなったのは21MHzへQSYしたためのようだが、21MHzはもっと悪かったようで、すぐに戻ってきた。
しかし、信号は下がる一方。
結局0時を過ぎてQSOできた局はいなかった。
聞き始めてから弱くなるまでにQSOできたJAは6局だった。

5/9 2210J 14036.6kHz CW GS3PYE/P (EU-008) 330deg 170W
5/9 2216J 14008.0kHz CW EI44WAW (Ireland) 330deg 170W
5/9 2357J 18073.0kHz CW SU9JG (Egypt) 310deg 180W

2017/05/10 全然QSOできないVU4YC

朝6:40、14.007MHzのLX/ON4WRCは弱い。
朝は時間がなくて、これを聞いただけ。

今日は所用で早く帰宅。
14.020MHzでは3W9FU/Pが聞こえていたのでUP1.1でコールしてQSO。

いつもは帰宅が遅くて聞けない夜早い時間帯の18MHzのVU4YCだが、今日は19:50から聞けた。
18.084MHzで聞こえている。
信号は弱い。
RPはUP1.1近辺。
しかし、いくらコールしても呼び負ける。
他に呼ぶ局が1局しかいなくても、確実に呼び負ける。
一度でも他の局のコールが途切れてくれれば良いが、全く途切れず、必ず誰かがコールする。
20:46には信号が強くなったが、それでも届かない。
そして21時に消えてしまった。
10.106MHzに出てきたので、こちらへQSYしたようだが、非常に弱い。
ダメ。

18.094MHzでGS3PYE/Pが聞こえる。
信号は弱い。
オンフレだったが、何とかQSOできた。

18.073MHzではT77Cが聞こえる。
非常に弱いが、これも何とかQSOできた。
バンドニュー。

18.083MHzではMJ/PA1AWが聞こえる。
この局はT77Cよりも更に弱い。
オンフレのパイルだが、ちょっとした拍子に運良く「SF」がコピーされた。
再度コールすると「JR3LSF」と返ってきた。
もう一度訂正すると「JL3*SF」、*が良く聞こえなかったが、「L」ではないことは確実。
更に訂正するとフルコピーしてもらえ「CFM TU」が聞こえた。
VU4YCよりも弱いがQSOできた。

深夜、18.1008MHz RTTYでV51WHが入感。
信号は弱く、デコード率はそこそこ。
結構長い間ワッチオンリーで様子を窺っていたが、23時過ぎにコールするとフルコールが返ってきた。
キーボードをカチャカチャ打って、短いラバースタンプQSO。

23:25、18.084MHzにVU4YCが出てきた。
早い時間帯と深夜の2回18MHzに出てくるのがいつものパターン。
しかし深夜の信号は弱い。
呼んでもリターンはない。
23:31からはNA指定になってしまった。
しかし、この局のNA指定はいつも長くは続かない。
今日も早々に指定が解除された。
しかしやはりQSOはできない。
VU4はいつもそうだが、本当に難しい。

5/10 1722J 14019.9kHz CW 3W9FU/P (AS-157) 230deg 170W
5/10 2127J 18094.0kHz CW GS3PYE/P (EU-008) 330deg 180W
5/10 2131J 18073.0kHz CW T77C (San Marino) Band New 330deg 180W
5/10 2146J 18083.0kHz CW MJ/PA1AW (Jersey) 340deg 180W
5/10 2303J 18100.8kHz RTTY V51WH (Namibia) 260deg 180W

2017/05/11 コンディション悪い

残念ながら、VU4YCは1QSOもできずに終わってしまった。
いつものことだが、VU4は本当に難しい。

5/11朝、コンディションは低下している。
SSNが0になっている。
クラスターのスポット数も極端に少ない。
ワッチしても何も聞こえない。

夜帰宅してもまだクラスターのスポット数が少ない。
これを見ただけでも聞く気が失せる。
実際これと言って聞こえない。

深夜になって、ようやく持ち直してきたのか、14.011MHzで9K2NOが強力に入感。
間もなくオンフレのパイルに。

14.0405MHzではEI11WAWが聞こえる。
コールすると「JL3」と返ってきた。
再度コールすると、ちょうどQSBで下がり始めたが「LSF」がコピーできた。

9K2NOのパイルに戻る。
オンフレなのでなかなか難しい。
ピックアップされているのは、こちらでは非常に弱く聞こえる局が多い。
なぜか、こちらに強力に聞こえる局はあまりQSOできていない。
周波数を少し下にずらしてコールしていると、フルコールでリターンあり。

18.145MHz SSBでは、弱いながらCT9/DF6QVが聞こえてきた。
QSOしているのは大抵Euだが、無謀にもコール。
23:37に「JA3」と返ってきたが、コールし直すと急に聞こえなくなってしまった。
それっきり。

18.073MHzでは5/9にQSOしたSU9JGがカスカス。

18.126MHz SSBでは、EuがQSOしているEL2BGがカスカスで聞こえている。

0時半には18.073MHzのSU9JGの信号も上がってきた。
強くはないが。

14.195MHzの9K2ICは弱い。
一応呼んではみたが、無理。

5/11 2255J 14040.5kHz CW EI11WAW (Ireland) 340deg 170W
5/11 2301J 14011.0kHz CW 9K2NO (Kwait) 305deg 170W
プロフィール

JL3LSF

Author:JL3LSF
1970年生まれ
1984年、大阪府堺市でJL3LSF開局
1991年、イリノイ州シャンペインの消防署でTechnician Plus取得 (N9PLT)
2011年、Amateur Extra取得 姫路で (NA1AA)
2014年、大阪府堺市南区にQSY 開局30周年
2017年、開局33周年
アンテナ
 (1)地上高16.5m 3 element Yagi (for 20, 15 and 10m)
 (2)地上高15m Mini-multiantenna HB18-24X4A (4 element HB9CV, for 17 and 12m)
 (3)Inverted L w/Loading Coil for 80m
 (4)地上高18m Rotatable Dipole (for 40 and 30m)
空中線電力 150Wぐらい
第一級アマチュア無線技士
職業 無線技術者(第一級陸上無線技術士) 選任されている無線局は438局(2016/9/16現在)
旧第一種伝送交換主任技術者
第三種電気主任技術者
専門は物理
以下省略

本業は6mのJCC/JCGハンティングで、昔は自宅からも山からもアクティブにQRV。
しかし仕事でン十kW級の無線を始めてからというもの、しばらくアマチュアを休業。
数年前から段階的にカムバックし、密集住宅街の狭い家から何を思ってか、3.5MHzから28MHzでDXを呼んではガッカリ。
移動運用で狙うDXにも限界が訪れ、2014年4月、遂にたまりかねて高台移転。
やっと普通の弱小局に格上げか???
2014年秋からは小さなタワーに給電してローバンドの運用を開始。
2015年5月からは50MHz用の自作5エレF9FTを使用開始。
2015年8月、F9FTを10MHz用釣竿ロータリーダイポールに交換。
2015年9月、釣竿ロータリーダイポールを7MHz/10MHzの2バンド用に変更。
2015年10月、ローバンド用アンテナをスローパーに変更。
2016年1月、Hexagonal Beamを3エレトライバンダーに交換。
2016年4月、スローパーを撤去して3.5MHz用のロングワイヤーを設置。
3.5MHzのアンテナは随時改修中。

アクセス
Solar-Terrestrial-Data
雨雲レーダー
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
QRコード
QR