FC2ブログ

2018/02/28 ・ 2018/03/01 3C3W 30C

2/28 21:50、7.030MHzでVI70HIが入感。
朝から天気予報で脅されていた「春の嵐」に備えてタワーをクランクダウンしている。
信号は強い。
普通のオーストラリアだ。
パイルではないがなかなかリターンがない。
UPの周波数を変えながらコールしていると「JL1LSL」でリターンあり。
まじか。
ノイズで苦しいのか?
再度コールするが「JL3?」と返ってきた。
もう一度コールしてサフィックスを繰り返し、何とかコピーしてくれた。

3/1 朝、21.024MHzで3D2EUが聞こえるので、ビームを向けると聞こえなくなった。
あれ?
北方向に戻すとまた聞こえてくる。
やられた!
慌ててベランダからアンテナを確認すると、アンテナ全体が90度ぐらい向きが“いがんで”しまっている。
今までどんな強風でもここまで方向がズレることはなかった。
余程の強風だったのだろう。
3D2EUはビームを振ってピークを探しても、やはり弱いので断念。

クラスターには10.125MHzで3C3Wというスポットがたくさんある。
嘘だろと思いつつ聞いてみると、めちゃ強い。
Sメーターが7やら8まで振る。
低めの周波数でコール。
リターンはない。
もう一度コール。
ここじゃない。
今度は高めのUP3.79に変えてコール。
一発で気持ちのいいフルコールが返ってきた。
くどいようだがクランクダウン中の14m高の短縮DPだ。
3C0Wの運用もあるようで、この調子でATNO何とかしたいなあ!

2/28 2152J 7030.0kHz CW VI70HI (Australia) 180deg 200W
3/1 0728J 10125.0kHz CW 3C3W (Republic of Equatorial Guinea) 170W
スポンサーサイト



3D2EU 80mログサーチOK!

2/28 0:20に七転八倒しながら80mでQSOしたロツマの3D2EU。
完全にミスコピーされていると思っていたが、今日更新されたClublogで無事ヒットした。
バンドニューで80mの92エンティティー目となった。
耳が良い!
感謝。

2018/03/02 ・ 2018/03/03 3C3W 20C

3/2 7時、14.029MHz CWで3C3Wが入感。
コールしてみたが、7:10すぎに弱くなってしまった。

3/3 7時すぎ、14.029MHz CWで3C3Wが入感。
設定は昨日コールしていたときのまま変えていないので、そのままコール。
リターンはない。
UPの様子を探ると、UP2近辺で大きなパイルがあるが、もっともっと上で呼んでいる局がいる。
どんどん上へ上へ上げていくと、「599 TU」を打っている局が聞こえた。
しかも、3C3Wの送信と完璧にタイミングが合っている。
ここだ。
その少し上でコール開始。
リターンはない。
もう一度よく聞くと、RPはUP10.1の固定だ。
UP10.13でコールすること数回、フルコールでリターンが返ってきた。
コールし始めてから5分でゲット。
大半の局が気付かずに低い周波数でコールしてくれていたのが助かった。
そして、QSO終了後に信号は急激に弱くなった。
昨日もこの時間までだった。
どうもこのパスは7:10までのようだ。
アンテナは強風に備えて下げたときのままで、地上高12.5m。
方向はどこを向いているかわからない状態。
前々から思っていたのだが、クランクダウンしている方が良く飛ぶような気がする。

3/3 0710J 14029.0kHz CW 3C3W (Republic of Equatorial Guinea) 180W

2018/03/03の続き VU4G 15C

3/3昼間、3/1未明の強風で方向が“いがんだ”アンテナの向きを修正。
久々にタワーに登った。
ローテーターのところが滑って約65度ズレていた。
その他、給電部のテープの巻き直し等も行った。

14:40、3D2EUが10.105MHz CWで入感したのでQSO。

15時、21.018MHz CWでVU4Gが入感。
Sメーターは振れず、強くもないが、クリアに聞こえる。
UPの様子をうかがい、RPの近辺で呼ぶ。
リターンがないのでもう少し上にずらしてコール。
すると、フルコールのリターンが聞こえた。
タイミングから考えて、呼ぶ周波数を変える前のコールに対するリターンに違いない。
慌てて周波数を大体戻し、「JL3LSF JL3LSF 599 K」と送る。
何とか「TU」が返ってきた。
危なかった。
そしてこんなに早くQSOできるとも思っていなかった。

17:42、18.073MHz CWでZ60Aが入感。
弱い。

18.0699MHz CWで9K2MUが「CQ ASIA」を出している。
コールするが反応がない。
他のJAも呼ぶが反応がない。
どこかと1局QSOして消えてしまった。
17mの9KはなかなかQSOできない。

18:14、7.026MHz CWでイースター島のXR0YDが入感。
非常に弱い。
1時間ぐらい呼んだが、まったくダメだった。

21:50、18.086MHz CWで3C3Wが入感。
QSOできているのはほぼEuばかり。
22時からの10分間のQRXを挟み、コールを続けてみたが、全然届かず。
22時半には急激に弱くなった。

3/3 1444J 10105.0kHz CW 3D2EU (Rotuma) 140deg 160W
3/3 1502J 21018.0kHz CW VU4G (Andaman Is) 230deg 160W

2018/03/04 VU4G 17C, Z60A 17C

3/4 11:10、18.069MHz CWでXR0YDが入感。
信号は弱い。
どこで呼べば良いかよくわからないが、適当にUP1.46でコールすると一発でリターンあり。

11時半、14.0876MHz RTTYでBU2CBが入感。
BVは160mから6mまでQSOしており、モードはPhoneとCWでQSOしているが、RTTYは未交信。
良い機会なのでQSO。

12:58、28.026MHz CWで3D2EUが聞こえる。
信号は弱い。
どこで呼べば良いかよくわからないが、UP1.02でコールするとQSOできた。
その後も聞いていると、大きなアンテナの先生方が苦戦している。
何度も呼んでやっとリターンがあったと思ったら、聞こえないようで反応しない。
そういう局が何局も見られた。
相当高い角度から入射していたのだろうか。

15時すぎ、18.079MHz CWでVU4Gが入感。
信号は弱い。
コールしてリターンがなければ呼ぶ周波数を上げる。
こうして4回ぐらいコールしたところでリターンあり。
バンドニュー。

その後、徹夜仕事に備えて昼寝。
19時すぎに起床。

19:08、18.074MHz CWでZ60Aが聞こえる。
JAが次々にピックアップされ、この流れに乗りたいがリターンはない。
19:17からはEuばかりにリターンが返る状況になってしまった。
それでもUPの周波数を微妙に変えながらコールしていると、「3RSF」と返ってきた。
再度コールするが、リターンは「JR3RSF」。
「NO DE JL3LSF JL3LSF」と打つとフルコピーしてくれた。
「599 TU」を送るが、反応がない。
もう一度「599 TU」と送ると、やっと「TU」が返ってきた。
バンドニュー。
これではEuに潰されると永遠にQSOできないわ。

21時すぎ、18.086MHz CWで3C3Wが聞こえる。
最初は弱かったが、すぐにしっかりと聞こえるようになった。
UP5近辺で周波数を変えながら呼ぶが、リターンはない。
21:25に5分間のQRXとなった。
長めの5分間だったが21時半すぎに再開。
21:38には信号が強くなったが、依然リターンはない。
21:49には急激に弱くなり、それっきり上がってくることはなかった。
仕方なく仕事へ。

3/4 1110J 18069.1kHz CW XR0YD (Easter Is) 100deg 180W
3/4 1135J 14087.6kHz RTTY BU2CB (Taiwan) Mode New 235deg 150W
3/4 1258J 28026.0kHz CW 3D2EU (Rotuma) 140deg 100W
3/4 1509J 18079.0kHz CW VU4G (Andaman Is) Band New 240deg 170W
3/4 1921J 18074.0kHz CW Z60A (Kosovo) Band New 300deg 170W

2018/03/05 3D2EU 12C, 3C3W 17C

徹夜明けで帰宅。
7時、14.029MHz CWで3C3Wが今日も強い。
Sは5~7振っている。
主にWとJAを拾っている。

7:35、18.085MHz CWでKP4TFが聞こえるが、カスカスに近い。

8時、18.080MHz CWで3D2EUが入感。
コールしてQSO。

それから就寝。
13時すぎ起床。

13:18、24.893MHz CWで3D2EUが聞こえるが、猛烈に弱い。
蚊の鳴くような小さな音でしか聞こえない。
24MHzのロツマは未交信。
UP1より僅かに上で皆さん呼んでいるが、当局には弱すぎて無理。
リターンが聞き取れないこともあるが、様子を見て誰も呼んでいない隙にコール。
「?」が返ってきた。
再度コール。
また「?」が返ってきた。
今度は2度繰り返してコール。
何とかそれらしいコールが返ってきたが、最後の方がQSBで落ちてしまって聞き取れない。
もう一度コールを打ってみる。
今度は何とかフルコールが返ってきた。
バンドニュー。
13:35にもう一度聞いてみると、信号は強くなっていた。

歯科へ抜糸してもらいに行き、帰ってきてワッチ。
16時、18.086MHz CWで3C3Wが入感。
信号は弱いが、バッチリとクリアに聞こえる。
最初はEuばかりがQSOしていたが、次第にJAにもリターンが返るようになってきた。
JA局の信号は弱いのでリターンが探りにくいが、UA9、UA0の局はガツンと聞こえるので、RP探しに都合がいい。
同じ周波数で数局拾うと、あまり広くない範囲でRPが飛ぶ。
パイルはそれほど大きくないように思う。
RPの近辺でコールを続けていたら、15分ほどでフルコールのリターンが返ってきた。
バンドニュー。
明日ぐらいに3C0へ移動するのだろうか。
この調子で何としても3C0を何とかしたいなあ。

3/5 0802J 18080.0kHz CW 3D2EU (Rotuma) 140deg 170W
3/5 1325J 24893.0kHz CW 3D2EU (Rotuma) Band New 140deg 150W
3/5 1617J 18086.0kHz CW 3C3W (Republic of Equatorial Guinea) Band New 300deg 170W

3C3Wの3/4付けのニュースを読んでみる

K3が1台故障したとのこと。
これは前回3C1Lのペディションのときの故障と同じのようだ。
予備のK3で2局態勢で運用中。
アンノボン行きのフライトが火曜日(3/6)と決まれば、月曜日(3/5)にアンテナを下ろしてアンノボンへの移動の用意をするらしい。
しかし、今現在3C3Wはまだガンガン運用中のようなので、3/6のフライトはないのだろうか。

2018/03/06 Z2LA 20FT8

3C3Wは結局アンノボン行きのフライトは今日はなかったそうで、次の機会は3/10土曜日とのこと。
さてどうなるやら。

今までFT8でペディション局とQSOしようなどと思ったことがなかったが、何を思ったか急に14MHzのZ2LAをコールしてみた。
23:34頃からコールし始め、Z2LAがレポート交換を終えて「RRR」か「73」を送る前のタイミングで「Enable TX」をクリック。
この調子で15分呼んだところでリターンがあった。
モードニュー。
こちらからは+04を送り、-10をもらった。
こちらでの入感もかなり強かったし、もらったレポートも比較的高い値だった。

3/6 2349J 14074.0kHz FT8 Z2LA (Zimbabwe) Mode New 265deg 35W

2018/03/08 ・ 2018/03/09 9M0W, 3B8XF 40C, 40mの3C3Wが異常に強いが撃沈

3/8 23:20、10.105MHz CWで9M0Wが入感。
呼び負けながら6分間コールして何とかQSO。

23:40、7.005MHz CWでも9M0Wが入感。
10MHz同様に呼び負けながら9分間コールしてリターンあり。
同じ周波数で呼ぶJAが先に次々とピックアップされ、そろそろ自分かと思ったらEuに呼び負ける状況だった。

3/9朝6時半、7.023MHz CWで3B8XFが入感。
Sは6まで振る。
コールするが、オンフレで延々呼んでいるJAが何局もいて、リターンが聞き取れない。
このオンフレの局は、どうも3B8XFを呼んでいるのではなく、何かをUPで呼んでいるパイルのようだ。
多分3C3Wかな?
例によっていくら呼んでもJAとEuに呼び負ける。
6:49には聞こえなくなった。
どこかへQSYしたと見て探すと、7.027MHzにいた。
既にQSOしているJAがいる。
UPで呼ぶと、「JA3」と聞こえた。
タイミング的に自分かと思ったので、再度コール。
今度は「JR3」が返ってきた。
最近JR3とミスコピーされることが本当に多い。
今度は何度も繰り返してコールするが、やはり「JR3LSF」とコピーされている。
「JL3 JL3 JL3 LSF」と打つと、やっとフルコピーしてもらえた。
バンドニュー。
コールサインからしてOPはG3TXF Nigelであることがすぐにわかる。
QRZ.COMの写真では、海岸の波打ち際にアンテナを建てていて理想的。
強いのも納得。

7:20、それはそうと、さっき7.023に被さってきていたパイルはどうなったかな?
探してみると、7.019MHzに3C3Wがいた。
強い、強い。
JAかと思うぐらい強い。
しかし、どこを拾っているかよくわからない。
国内がスキップしているのか、UPはあたかもガラガラのよう。
時々UP6ぐらいでQSOしているのが聞こえるが、常にそのあたりという訳でもない様子。
時間もあまりないのでコール断念。
毎日呼んでいればQSOできそうな気もするなぁ。

3/8 2336J 10105.0kHz CW 9M0W (Spratly) 230deg 160W
3/8 2349J 7005.0kHz CW 9M0W (Spratly) 230deg 180W
3/9 0651J 7027.0kHz CW 3B8XF (Mauritius) Band New 250deg 180W

やっと3C0に向かうらしい

3C3Wご一行の最新ニュースによると、3/10のアンノボン行き(帰りは3/24)のチケットを購入したらしい。
3/10のアンノボン行きのフライトに備え、3/9の朝にパッキングして午後にマラボに向かうとのこと。
いよいよか?
QSOできるだろうか???
プロフィール

JL3LSF

Author:JL3LSF
1970年生まれ
1984年、大阪府堺市でJL3LSF開局
1991年、イリノイ州シャンペインの消防署でTechnician Plus取得 (N9PLT)
2011年、Amateur Extra取得 姫路で (NA1AA)
2014年、大阪府堺市南区にQSY
2019年、開局35周年

アンテナ
 (1)地上高15m 3 element Yagi (for 20, 17, 15, 12 and 10m)
 (2)地上高17.5m Rotatable Dipole (for 40 and 30m)
 (3)地上高16m 7 element Yagi (for 6m)

空中線電力 150Wぐらい

第一級アマチュア無線技士
職業 無線技術者(第一級陸上無線技術士 = 昔で言うところの一技) 選任されている無線局は440局(2019/05/01現在)
旧第一種伝送交換主任技術者
第三種電気主任技術者
高等学校教諭一種免許(工業)
フルハーネス型墜落制止用器具特別教育受講済
専門は物理
以下省略

本業は6mのJCC/JCGハンティングで、昔は自宅からも山からもアクティブにQRV。
しかし仕事でン十kW級の無線を始めてからというもの、しばらくアマチュアを休業。
数年前から段階的にカムバックし、密集住宅街の狭い家から何を思ってか、3.5MHzから28MHzでDXを呼んではガッカリ。
移動運用で狙うDXにも限界が訪れ、2014年4月、遂にたまりかねて高台移転。
やっと普通の弱小局に格上げか???

*2014年4月24日、6バンドHexagonal Beam設置。

*2014年秋からは小さなタワーに給電してローバンドの運用を開始。

*2015年1月29日、18MHz/24MHz用4エレHB9CVを追加。

*2015年5月からは50MHz用の自作5エレF9FTを使用開始。

*2015年8月、F9FTを10MHz用釣竿ロータリーダイポールに交換。

*2015年9月、釣竿ロータリーダイポールを7MHz/10MHzの2バンド用に変更。

*2015年10月、ローバンド用アンテナをスローパーに変更。

*2016年1月、Hexagonal Beamを3エレトライバンダーに交換。

*2016年4月、スローパーを撤去して3.5MHz用のロングワイヤーを設置。

*2018年6月1日、ローバンド用のリモート局の免許を受ける。給電点海抜高655mのハーフスローパー。恐らく大阪で一番高い。ただし100W。

*2018年9月、台風21号により被災。マストパイプが曲がり、数を減らす目的で3エレトライバンダーとWARCの4エレHB9CVを統合して改造!

*2018年11月6日、リモート局のローバンド用アンテナをハーフスローパーから傾斜型に変更(160m・80m)。給電点海抜高638.5m。スカイツリーよりは高い。

*2019年1月8日、リモート局の160m用エレメントを短縮型からフルサイズ(折り曲げ)に変更。

*2019年5月6日、50MHzの6エレ八木を再設置。

*2019年7月20日、50MHzのアンテナを6エレからブーム長8.7mの7エレに交換。

今思うと、やっぱりHexagonal Beamがいちばん良いような...

アクセス
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
597位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
135位
アクセスランキングを見る>>
Amazon
Solar-Terrestrial-Data
雨雲レーダー
カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
QRコード
QR
愛用品1
フルークのテスター。安価でしっかり使える。
愛用品2
屋外でケーブル結束すると、耐候性結束バンドでも切れるのは時間の問題。エンドレスタイは耐久性が違う。必要な長さを切って使うので、結束バンドのような無駄がない。
愛用品3
台風のときに風速と気圧を測るのはコレ。