FC2ブログ

2018/04/04 Z68BG 30C

3月末から何かと多忙で、なかなかワッチもできていない。

4/4 6:35、10.124MHz CWでZ68BGが入感。
Sの振れは2。
最初はパイルの隙間で呼んでいたが、そういう拾い方はしないようなので、皆さんのRPに重ねて呼んでいると、首尾よく呼ぶ局が減ってQSOできた。
バンドニュー。
この局とは比較的簡単にQSOできた。
この局は明らかにZ60Aよりも優れている。

4/5 0時すぎ、14.0135MHz CWでZ61DXが入感。
呼んでも呼んでもEuに勝てない。
というか、Euのコールが途切れても届かない。
これは受信が悪い様子。
0:47に立て続けにJAにリターンが返ったが、当局は届かない。
この局はZ60A同様に、ロケーションなのか何なのか、何かが悪い。
明らかにZ68BGとは違う。
難しいエンティティ―だ。

4/4 0641J 10124.0kHz CW Z68BG (Republic of Kosovo) Band New 320deg 160W
スポンサーサイト



2018/04/07 3B7A 15S

6:10、7.023MHz CWの3B7Aは弱い。
しかし皆さん呼んでいる。

10MHz FT8では5A1ALが強力に入感。
したのだが、デコードできたのは1回だけ。
あれほど強かったのに1回しか読めなかったのはおかしいが、恐らく、以降ずっとQRMで潰されっ放しになったのだろう。
某局がQSOされていた。

8時、10MHz FT8でEK4JJとQSO。
モードニュー。

その後、忘れるところだったが歯科へ。
帰って来て、ウォーキングへ。
泉北5号線に出ると、いつもの交機八尾が違反処理中だった。

s-交機八尾矢印板180407

そのとき、今日から自転車で学校に通い始めた2ndが校門を出たとのお知らせメールが。
予定よりも早い。
慌てて引き返して歩いていると、10分ぐらいして2ndの自転車に追いつかれた。

午後昼寝から目覚めて、そろそろ3B7Aが入感しているだろうと思ってワッチ。
21.285MHz SSBで聞こえている。
UP 5 to 15とのことで、パイル参戦。
周波数を変えて呼んでいたら、18分でリターンあり。
バンドニュー&モードニュー。

18.130MHz SSBでも3B7Aが聞こえている。

24.955MHz SSBでも3B7Aが聞こえているのでパイル参戦。
こちらはUP 5 to 10とのこと。
しかし呼んでも呼んでも届かない。
いかにもQSOできそうな皆さんにはリターンがあるが、当局は呼んでも呼んでもダメ。
16:20には信号が強くなってきたが、やはりダメ。
1時間半ほど呼んでいて、喉が痛くなってきたのでやめ。
エレメントが4本もあるのにまったく飛ばないアンテナだ。
16時半頃からはEuを多く拾うようになっていた。

14.023MHz CWにも3B7Aが出ていたはずだが、17時半には全然聞こえなくなっていた。

3B7は3B7Cのときに14MHz CWをCFMしているので、もう別にどうでも良いのだ。

4/7 0800J 10136.0kHz FT8 EK4JJ (Armenia) Mode New 320deg (いい加減) 35W
4/7 1543J 21285.0kHz SSB 3B7A (Saint Brandon) Band New & Mode New 255deg 170W

2018/04/08

夕方3B7Aを呼んでもどうせできないので外出。

夜19:50、21.023MHz CWの3B7Aのパイルに参戦。
20:29、思いっきり上の方で呼んでいたらリターンがあった...が、そのとき呼ぶ周波数を動かしてしまっていた。
慌てて戻してはみたが、元の周波数には戻せなかったようで失敗。
その直後から立て続けにEuへリターンが返り...
依然コールを続けているが難しい。
20:30からQRX。
20:51に再開されたが、猛烈に弱くなっている。

21時半、風呂から上がってワッチすると、14.185MHz SSBで3B7Aが入感。
呼んではみたが、だんだんEu主体になってきたのでもうアカン。

DXCC endorsement申請

LoTWでZ60AがCFMでき、CFMが310エンティティ―になったのでDXCCのendorsement申請を行った。
80mについては紙台帳での集計に誤りがあって、現在97WKDまできていることが判明。

3B7Aは午後・夕方から夜早めのいちばんやりやすい時間帯に不在なので辛い。
朝の80mは見事に6時ちょうどからEu向けに切り替わる。
よく聞こえているのでもうちょっと遅くまでJA指定をして欲しいなあ。
その後延々と何時間もやるので、Eu向けの時間が長い。
40m SSBは呼んでも無駄だろう。

2018/04/10 3B7A 12C, 17S, 10C

4/10、今日は現場仕事だったのでいつもよりも早く帰宅。
夕食保留でワッチする。
19:06、24.894MHz CWで3B7Aが聞こえる。
強くはないが、非常にクリアに聞こえている。
UPでQSOしている局が聞こえたので、その近辺で呼んでいると1分以内にリターンが返ってきた。
UP1.54だった。
バンドニュー。

14.023MHz CWの3B7Aは弱いのでパス。

18.130MHzではSSBで3B7Aが聞こえている。
決して強くはないが、何とかなりそう。
しばらくUP5やUP10で呼んでいたが、どうも埋没しているようなので、UP7で呼んでみた。
すると、YL2*SFだか何だったか忘れたが、Euのコールでリターンが聞こえた。
一瞬スルーしそうになったが、待て待て、これ自分のコールによく似てる!
それから2度目のやりとりで、フルコピーしてもらえた。
バンドニュー。

続けて28.023MHzを聞くと、CWで3B7Aが入感。
これも強くはないが、極めてクリアに聞こえている。
RPはよくわからないが、適当に呼んでいたら、すぐにUP3.44でリターンあり。
バンドニュー。
コール開始から16分間で3バンドWKD。
3B7Cの14MHzと合わせて5バンド目。

21.080MHz RTTYでも3B7Aが入感している。
しかもこれは強い。
誰もがご存じの先生方が次々とピックアップされていくが、RPが把握できない。
広範囲に周波数を変えてコールを続けてみたが、全然リターンなし。
20時すぎからはEuを多く拾うようになってしまったので、やめ。
撃沈。

4/10 1907J 24894.0kHz CW 3B7A (St. Brandon) Band New 255deg 140W
4/10 1919J 18130.0kHz SSB 3B7A (St. Brandon) Band New 255deg 170W
4/10 1922J 28023.0kHz CW 3B7A (St. Brandon) Band New 255deg 100W

2018/04/11

4時すぎから3.523MHz CWの3B7Aが強かった。
しかしその強い時間帯はEuしか拾っておらず、いくら呼んでもダメ。
5:15にようやくJA指定になった。
JA指定が始まる頃から信号は一段弱くなった。
パイルは大きく、呼んでも呼んでもダメ。
時折オンフレでピーピーやる認知症か何かの輩がいて邪魔。
そしてあまりRPを動かさなくなってきて、その周辺は空いてきたのだが、ちょうどお時間となりまして、6:14にJA指定終了。
その後はEuしか拾わなくなった。
クラスターを見ると、朝鮮半島方面で自分でスポットしてパイルを大きくしておきながら、1時間呼んでると文句をまたスポットする変わったオッサンがいる。

なお、10MHzの3B7Aはいつ聞いてもほとんど聞こえない。
なぜ10MHzだけこんなん???

2018/04/13 3B7A 40C, 30R

最近は早寝早起きをしていたが、今日は寝るのが遅くなった。
0:40頃、遅くなりついでにワッチしてみると、7.023MHz CWの3B7Aが強力。
Sが9まで振る。
国内はスキップしておらず、RPが明快。
RPを追いかけて追いかけて10分ちょっと、UP1.9でリターンあり。
バンドニュー。
QSO終了後しばらくして、30分間のQRXに突入。
今夜のLog UPはまだだったので、このQRX中に上げてくれれば良いなあ。

そして寝ようと思ったが、なかなかUPされないClublogを待ってみた。
そのうち3B7Aが10.1419MHz RTTYに出てきた。
呼んでも呼んでもリターンはないし、たまに判明するRPで呼んでもダメ。
信号も弱くなってくるし。
2時頃、気まぐれでUP1.1で呼んでいたらリターンあり!
なかなか相性の良くなかった10MHzを、これまた相性の良くなかったRTTYでWKD。
バンドニュー&モードニュー。
いつの間にやらもうQSOするバンドないわ( ゚Д゚)

4/13 0054J 7023.0kHz CW 3B7A (St. Brandon) Band New 250deg 200W
4/13 0204J 10141.9kHz RTTY 3B7A (St. Brandon) Band New & Mode New 250deg 150W

2018/04/13 ・ 2018/04/14 3B7A 15R, 20S, 10S

4/13 23時、18.185MHz SSBでは3B7Aが聞こえているが弱い。

4/14、朝から歯科へ。
年末から通い始めて、4か月もかかったが、ようやく治療完了。
と思ったら、今度は反対側も虫歯になっているとのことorz

歯科から帰宅してウォーキングへ。
朝は寒かったが、太陽が照ってきて汗が出るほど暑くなった。
泉北5号線ではお馴染みの交機八尾が。
いつ見ても居る。
まるで四六時中リグの前に居る先生のようだ。

s-DSC_2379corr.jpg

今回の3B7Aで最後まで残った14MHzでQSOできないかとワッチ。
12:15、14.023MHz CWで3B7Aが出ているが、ピークでカスカス。
1エリアでは良く聞こえているようでパイルが聞こえる。
14時になって、ようやく微かに聞こえてきた。
14:22にはreadableになった。

14:56、14.185MHz SSBでも3B7Aが聞こえるが、readableといったところ。
弱い。

15:02、14.023MHz CWの3B7Aは依然弱く、QSBもある。

16時半、21.0799MHz RTTYに3B7Aが出てきた。
呼んでみたが、CQを1回だけ出しただけで消えてしまった。

16:50、24.894MHz CWの3B7Aは弱い。

16:55、18.079MHz CWの3B7AはS4つ振っている。

17:05、14.0034MHz CWにVK5MAV/9 (OC-265)が出ているのでコール。
「JL3」のリターンがあったが、サフィックスをなかなか取ってくれない。
何度も打ち直して何とかQSO。
なぜ?

クラスターには14.175MHzのL/PでHV0Aとのことだが、うちでは聞こえない。

17:24、21.0799MHz RTTYで3B7Aが入感。
適当に周波数を予想して、UP2.62でコールすると「LSF」でリターンあり。
再度コールを送って無事QSO。
これで21MHzは3モード達成。

20:13、28.485MHz SSBで3B7Aが入感。
コールするが、なぜか100Wしか出ない当局では届かない。

20:30、14.1851MHz SSBに3B7Aが出てきた。
UP7で数回コールすると、リターンあり。
今回の3B7Aで最後まで残った14MHzだが、やっとQSOできた。
これで3.5MHzから28MHzまでは全バンド制覇。

20:35、28.485MHz SSBに戻ると、信号が強くなってS3まで振っている。
UP5で数回コールするとリターンあり。

4/14 1707J 14003.4kHz CW VK5MAV/9 (OC-265) 200deg 160W
4/14 1725J 21079.9kHz RTTY 3B7A (St. Brandon) 255deg 150W
4/14 2033J 14185.0kHz SSB 3B7A (St. Brandon) 250deg 170W
4/14 2037J 28485.0kHz SSB 3B7A (St. Brandon) 250deg 100W

2018/04/14 ・ 2018/04/15 ・ 2018/04/16 3B7A 40S

4/14夜、7.0225MHz CWでJIDX参加中のXE2Sが入感。
コールすると何とかQSOできた。

23時半、10.115MHz CWで3B7Aが聞こえるが、QSBがあって厳しい。

4/15 13:45、14.185MHz SSBの3B7Aはカスカス。
3B7Aの14MHzはいつも地域差が大きい。
パイルになっているのに当地で聞こえないという状況のときが多い。

19:29、10.105MHz CWでVK9X/N1YCが入感。
RPを追いかけて、そろそろかなーと思った頃にQRX。
しばらくして聞いてみると戻っていた。
最初はRPが少しずつ動いていく感じだったが、パイルが大きくなってきてポンポンと飛ぶようになった。
皆さんがコールし始めた瞬間に空き周波数を探し、それからコールするとすぐにリターンあり。

22:18、14.185MHz SSBで3B7Aが入感。
まあまあ弱い。
呼ぶ局があまりおらず、何か挨拶して消えた。

夜は徹夜仕事。
順調に終わったので早朝に帰宅。

4/16 5:39、7.060MHz SSBで3B7Aが入感。
信号はS7まで上がった。
7.185MHzで何度かコールするとリターンあり。
その後JA指定となり、15分間ぐらい7.175MHzで拾っていた。
JA指定解除後はEuばかりとなった。

6:20、10.115MHz CWの3B7Aは弱い。

午後、3B7Aが14MHz RTTYに出ていたようなので、また戻ってくるのを待ち伏せ。
13時半頃に14.081MHz付近で信号が聞こえたので周波数を合わせてみると、コールしているHLの局だった。
ご本尊はかすりもしない。
やはり14MHzの地域差は大きい。
3B7Aは撤収に入ったが、2セットだけ残して細々と続けているらしい。

13:40、21.022MHzでVK9X/N1YCが入感。
呼ぶ局があまりおらず、一発でリターンあり。

15:25、24.892MHz CWでVK9X/PE7TとQSO。
S=2。
UP2指定。

18時前、18.073MHz CWでVK9/PE7Tが入感。
RPを追いかけてコールしていると、4エリアのプリフィックスと「LSF」が合体したコールでリターンあり。
再送すると「JL3 SRI AGN」と返ってきた。

18時半、14.030MHz CWでZ66Dがカスカス。
UPではパイルになっている。
どうせ東日本でよく聞こえているのだろう。

14.0219MHz CWでVK9X/N1YCが入感。
当局にはこれぐらいしかQSOできるものはない。

4/14 2205J 7022.5kHz CW XE2S (Mexico) 60deg 180W
4/15 1939J 10105.0kHz CW VK9X/N1YC (Christmas I) 220deg 150W
4/16 0542J 7060.0kHz SSB 3B7A (St. Brandon) 255deg 180W
4/16 1342J 21022.0kHz CW VK9X/N1YC (Christmas I) 230deg 150W
4/16 1528J 24892.1kHz CW VK9X/PE7T (Christmas I) 230deg 140W
4/16 1759J 18073.2kHz CW VK9X/PE7T (Christmas I) 230deg 170W
4/16 1838J 14021.9kHz CW VK9X/N1YC (Christmas I) 230deg 170W

2018/04/16夜 3B7A 20R

4/16夜、これと言って聞こえないので、14.0799MHzで3B7AのRTTYが入感しないかと思って待つ。
出てくるあてはない。
20:35、突如3B7AのCQが入感!
なかなか聞こえない14MHzがS6でしっかりと受信できている。
即座にコールするが、7エリアの局に負けた。
恐れ入るわ。
ずっと待ち受けしてたんかいな。
何してんねん。
その後も皆さんに先を越され、HL局へのRPでコールしようとしたら、「UP UP UP PSE SPREAD OUT」と見えた。
RPが上へ上がって行くということだ。
これはチャンス。
すかさず上へずらしてコール。
ちょっと文字化けしているが、「GWKL3LSF 599 JL3LSF JL3GSFQ」とリターンあり。
これで14QSO目かな。
流石にもうこれで終わりかな???

s-3B7Aマス埋め途中経過180416

4/16 2040J 14079.9kHz RTTY 3B7A (St. Brandon) 255deg 170W
プロフィール

JL3LSF

Author:JL3LSF
1970年生まれ
1984年、大阪府堺市でJL3LSF開局
1991年、イリノイ州シャンペインの消防署でTechnician Plus取得 (N9PLT)
2011年、Amateur Extra取得 姫路で (NA1AA)
2014年、大阪府堺市南区にQSY
2019年、開局35周年

アンテナ
 (1)地上高15m 3 element Yagi (for 20, 17, 15, 12 and 10m)
 (2)地上高17.5m Rotatable Dipole (for 40 and 30m)
 (3)地上高16m 7 element Yagi (for 6m)

空中線電力 150Wぐらい

第一級アマチュア無線技士
職業 無線技術者(第一級陸上無線技術士 = 昔で言うところの一技) 選任されている無線局は440局(2019/05/01現在)
旧第一種伝送交換主任技術者
第三種電気主任技術者
高等学校教諭一種免許(工業)
フルハーネス型墜落制止用器具特別教育受講済
専門は物理
以下省略

本業は6mのJCC/JCGハンティングで、昔は自宅からも山からもアクティブにQRV。
しかし仕事でン十kW級の無線を始めてからというもの、しばらくアマチュアを休業。
数年前から段階的にカムバックし、密集住宅街の狭い家から何を思ってか、3.5MHzから28MHzでDXを呼んではガッカリ。
移動運用で狙うDXにも限界が訪れ、2014年4月、遂にたまりかねて高台移転。
やっと普通の弱小局に格上げか???

*2014年4月24日、6バンドHexagonal Beam設置。

*2014年秋からは小さなタワーに給電してローバンドの運用を開始。

*2015年1月29日、18MHz/24MHz用4エレHB9CVを追加。

*2015年5月からは50MHz用の自作5エレF9FTを使用開始。

*2015年8月、F9FTを10MHz用釣竿ロータリーダイポールに交換。

*2015年9月、釣竿ロータリーダイポールを7MHz/10MHzの2バンド用に変更。

*2015年10月、ローバンド用アンテナをスローパーに変更。

*2016年1月、Hexagonal Beamを3エレトライバンダーに交換。

*2016年4月、スローパーを撤去して3.5MHz用のロングワイヤーを設置。

*2018年6月1日、ローバンド用のリモート局の免許を受ける。給電点海抜高655mのハーフスローパー。恐らく大阪で一番高い。ただし100W。

*2018年9月、台風21号により被災。マストパイプが曲がり、数を減らす目的で3エレトライバンダーとWARCの4エレHB9CVを統合して改造!

*2018年11月6日、リモート局のローバンド用アンテナをハーフスローパーから傾斜型に変更(160m・80m)。給電点海抜高638.5m。スカイツリーよりは高い。

*2019年1月8日、リモート局の160m用エレメントを短縮型からフルサイズ(折り曲げ)に変更。

*2019年5月6日、50MHzの6エレ八木を再設置。

*2019年7月20日、50MHzのアンテナを6エレからブーム長8.7mの7エレに交換。

今思うと、やっぱりHexagonal Beamがいちばん良いような...

アクセス
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
699位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
156位
アクセスランキングを見る>>
Amazon
Solar-Terrestrial-Data
雨雲レーダー
カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
QRコード
QR
愛用品1
フルークのテスター。安価でしっかり使える。
愛用品2
屋外でケーブル結束すると、耐候性結束バンドでも切れるのは時間の問題。エンドレスタイは耐久性が違う。必要な長さを切って使うので、結束バンドのような無駄がない。
愛用品3
台風のときに風速と気圧を測るのはコレ。