FC2ブログ

2018/05/19午後以降 ・ 2018/05/20 ・ 2018/05/21未明 Royal Wedding記念局, 6O0X 17C+20C

5/19 15時すぎ、14.007MHz CWでVK4DX/P(OC-137)とQSO。

19時半、18MHz CWでRoyal Wedding真っ最中のイギリスから記念コールでたくさん入感。
しかも強い。
まず18.085MHz CWのMR0CCE(Isle of Man)とQSO。
JA指定だった。
次に18.080MHz CWのGR3TXFとQSO。
NigelもJA指定だった。
それから18.0837MHz CWでGR4BWPとQSO。
もういいわ。
リビングへRoyal Weddingの生中継を見に降りる。

18.0768MHz CWでYL3CWがFBに入感。
しかし誰もコールしない。

18.0785MHz CWではOV1CDXがまあまあFBに入感。
彼のQRZ.COMを見ると、盲目になったということで、紙ログも電子ログもコールの記録は無理なので記憶するとか書いてある。
ひょえー!

20:15、18.077MHz CWで4X70Rが弱いながら入感。
呼んでみると、意外にもすぐにQSOできた。
4X70はガンガンに聞こえているのに呼べども呼べども届かない局もあれば、今回みたいなこともある。
よくわからん。

18.087MHz CWのOH0/SK3SNはカスカス。

20時半、18.0853MHz CWにはSV5/DL3DRNがいる。
弱いがQSOはできそう。
実は、小一時間前に18.0852MHzのMR0CCEに思いっきり混信していた。
しかし、強くないのでMR0CCEとのQSOには差し支えなかった。

21時頃、18.0721MHz CWで6O0Xが入感。
メチャクチャ弱い。
カスカスに近い。
RPはUP1近辺。
リターンはわかりにくいが、コールを続ける。
21:16にリターンがあったような気がしたが、QSBで聞こえなくなってしまった。
更にコールを続ける。
弱くてリターンが聞き取れないが、繰り返されたコールに聞き耳を立てると、自分のコールだった。
ちょっとサフィックスが怪しいような気がしたので、もう一度コールを打ってから「599 BK」と打つ。
QSBで何も聞こえなくなったが、QSOできたように思う。
バンドニュー。

5/20 0:19、18.072MHzの6O0Xは、弱いし呼んでも届かないので、呼ぶ局が殆どいなくなった。
それでもCQは出していた。

0:29、14.007MHz CWで4X70Aが強い。
これはできる、と思ってコール。
しかし全く届かず、全然呼ばれないと思われて消えてしまった。

18:57、18.071MHz CWで4X70Iが入感。
1コール目はスルーされたが、2コール目でリターンあり。
これでアワード完成かな?

21:20、3.796MHz SSBのW6UCがS9+10dBで強力。
「CQ DX North Pacific」と言っている。
誰も呼ばない。

14.037MHz CWのOX3XRは少しだけ聞こえたが、その後聞こえなくなった。

23時すぎ、14.024MHz CWでCQ-M International DX Contest参加のUA2FZが入感。
普段あまり聞こえないカリニングラードだが、強力に聞こえている。
呼ぼうと思ったら急激に弱くなった。
14.022MHz CWのUA2FFは依然強いのでQSO。

5/21 0時すぎ、14.023MHz CWでLY80FOCがS9で入感。
殆ど呼ぶ局がいないのでQSO。

14.0165MHz CWでもカリニングラードのUA2CZが聞こえる。
カリニングラードいっぱい。

1時頃、14.008MHz CWで6O0Xが入感。
弱い。
RPは例によってUP1近辺だろうが、UPを聞くとUP2で呼んでいる局が多い。
しめしめ。
しばらくUP1.47ぐらいでコールしていたら、リターンあり。
またしてもバンドニュー。
呼び始めてからずっとEuばかり拾っていたので、他にQSOするJAはいない状況だった。
その後1:50になぜか突然JA指定になったが、その瞬間から信号がかなり低下。

5/19 1522J 14007.0kHz CW VK4DX/P (OC-137) 170deg 170W
5/19 1940J 180852.kHz CW MR0CCE (Isle of Man) 345deg 170W
5/19 1956J 18080.0kHz CW GR3TXF (England) 345deg 170W
5/19 2003J 18083.7kHz CW GR4BWP (England) 340deg 170W
5/19 2015J 18076.9kHz CW 4X70R (Israel) 310deg 170W
5/19 2124J 18073.2kHz CW 6O0X (Somalia) Band New 275deg 170W
5/20 1858J 18071.0kHz CW 4X70I (Israel) 310deg 170W
5/20 2326J 14022.0kHz CW UA2FF (Kaliningrad) 340deg 150W
5/21 0005J 14023.3kHz CW LY80FOC (Lithuania) 330deg 150W
5/21 0121J 14008.1kHz CW 6O0X (Somalia) Band New 280deg 150W

イスラエル建国70周年アワード

所定の4X70シリーズの記念局とQSOすれば自動生成されるイスラエル建国70周年記念アワード。

なかなかログをupしてくれなかった4X70Iがやっとupしてくれたので、ご覧のアワードが自動生成された。
QSOできたのは次の6局で、4X70Aだけ相性が良くない。
4X70E
4X70I
4X70L
4X70R
4X70S
4Z70IARC

s-ISRAEL70_JL3LSF.jpg

2018/05/21 ・ 2018/05/22 ・ 2018/05/24 ・ 2018/05/25 ・ 2018/05/26 ・ 2018/05/27 ・ 2018/05/28朝 CR3DX 15C, 6Y6N 20C, KP2M 20C

5/21深夜、18.0795MHz CWでOZ18ICEがよく聞こえる。

14.018MHz CWでは6O0Xが聞こえている。

14.029MHz CWでDL3JJ/PとQSO。

14.0129MHz CWではYL2GNが入感。

14.023MHz CWではGM4KGKが聞こえるが弱い。

23時半、14.0287MHz CWでYL/LY1CM/Pが聞こえ、弱いながらもQSOできた。

5/22 23時、18.086MHz CWでTM80FOCが聞こえたが、呼んでもQSOできなかった。

5/24 6時半、14.040MHz CWでIF9Aが入感。
呼ばれていない。
コールするとリターンあり。
QSO終了後、イタリアの局がコールしていたが、全然届いていなかった。
それ以外の局からのコールは延々全くなく、lonelyだった。

5/25に日付が変わり、14.031MHz CWで4U1ITUが聞こえていた。

14.023MHz CWではSF80FOCがよく聞こえた。

14.0189MHz CWではGD0OUDが入感。
1:06に信号が上がってきた。

5/26夜、14.0471MHz CWでWPX CW参加中の8P5Aが聞こえるが、非常に弱い。
方向は12度ぐらい。

21.0205MHz CWではCR3DXが入感。
21MHzで西アフリカ沖が聞こえるようになってきたということで、記念にナンバー交換。

20:55、14.205MHz SSBでFS/KH8Zが弱いながらも聞こえる。
ただし、了解度が悪く、なかなかコールできない。
呼んだところでパイルを突破することもできない。
14MHzでこの局が聞こえたということは、CWならカリブ海がジャンジャン聞こえるのではないか、と思って探す。

21:40、14.0397MHzにお馴染みの6Y6Nがいたのでコール。
弱いが、何とかナンバーをコピーしてくれた。

14.0516MHz CWではお馴染みのKP2Mも入感。
何とかナンバー交換できた。

14.073MHz CWにはZF9/ZF2XAがいる。
最初ははっきり聞こえており、呼ぶ局もいなかったが、22時頃に急に弱くなってしまった。

14.070MHz CWではHZ1FIが入感。
最初は強力だったが、だんだんと弱くなってしまった。

5/27は、2ndの登山練習のために朝からお友達も連れて金剛山に登山。
30年振りかなあ。
学校で富士登山が予定されており、その練習で学校から金剛山に登る予定であったのが雨で流れてしまったので、自主的に実施したもの。
午後帰宅。

5/27 18時半、14.0678MHz CWでは相変わらず8P5Aが弱い。

22:15、14.0512MHz CWでZF2DOが聞こえるが、ちょっとムリな感じ。

14.0808MHz CWではZF9/ZF2XAが聞こえるが、やはり何とか聞こえるという程度。

登山で眠くなってきたので寝ようとしたら、職場のマイクロにフェージングが発生してアラームメールが来た。
あちゃー。
仕方なく緊急出向。
結構上がったり下がったりするねー。
ここまでの上昇フェージングは初めて見た。
1時帰宅。

5/28は眠いので7時起床。
14MHz FT8でKL7RRC/Pが出ているが、受信はできたりできなかったり。
これでは到底QSOはできない。
コールしていると、N7QT Robの信号が見えたのでコール。
何度か呼んでいるとQSOできた。
ホームのRobとのQSOは意外にも初めて。

5/21 2228J 14029.0kHz CW DL3JJ/P (Germany) 160W
5/21 2338J 14028.7kHz CW YL/LY1CM/P (Latvia) 160W
5/24 0633J 14040.0kHz CW IF9A (EU-054) 160W
5/26 2051J 21020.5kHz CW CR3DX (Madeira Is) 150W
5/26 2140J 14039.7kHz CW 6Y6N (Jamaica) 190W
5/26 2152J 14051.6kHz CW KP2M (US Virgin Is) 160W
5/28 0739J 14074.0kHz FT8 N7QT (USA) 45deg

2018/05/28 ・ 2018/05/29 KL7/KJ6MBW

5/28 23時すぎ、14MHz FT8でA92AAとQSO。
モードニュー。
ほとんど呼ばれていなかった。

その後、G0JHCともQSO。
これもモードニュー。

5/29、ゴールデンウイークの重複代休。
ちょうど登山とマイクロのフェージング疲れでしんどいので休めて良かった。
しかし、色々あって余計にしんどくなってしまった。
休まない方がましだったかも。

16時、KL7/KJ6MBWが入感。
弱い!!!!!!!!!
東日本の局が立て続けにQSOした後に頑張ってコールするが、届かないしリターンもわからなくなる。
集中して聞いて、やっと聞こえたのが「AGN」。
他に誰も呼ばないのをいいことに、ロングコールしてみても届かない。
東からまだこっちにパスが移ってきていない。
まだかなーと待っていると、飛び越して4エリアで聞こえ出したようで、立て続けに4エリアの局がQSO。
こちらでは依然ダメ。
16:10にやっと少し上がってきた。
しかしリターンなし。
このあたりで呼ぶ局が増えて、スプリット運用になった。
じわじわと上がってきているのでコールを続ける。
16:16にはもう一段強くなった感じ。
呼び負けつつ頑張っていると、16:26に遂に「JL3」と返ってきた。
ここから何度かコールを再送して、やっとQSO。
QSO終了後、呼ぶ局がいなくなり、また信号もしっかりとしてきた。
慌ててコールしなくても良かったパターンだが、早く終わらせたかった。
しんどいから。

その後色々ワッチしているが、大して聞こえない。

5/28 2311J 14074.0kHz FT8 A92AA (Bahrein) Mode New 300deg 40W
5/28 2323J 14074.0kHz FT8 G0JHC (England) Mode New 340deg 40W
5/29 1626J 10115.0kHz CW KL7/KJ6MBW (NA-019) 30deg 140W
プロフィール

JL3LSF

Author:JL3LSF
1970年生まれ
1984年、大阪府堺市でJL3LSF開局
1991年、イリノイ州シャンペインの消防署でTechnician Plus取得 (N9PLT)
2011年、Amateur Extra取得 姫路で (NA1AA)
2014年、大阪府堺市南区にQSY
2019年、開局35周年

アンテナ
 (1)地上高15m 3 element Yagi (for 20, 17, 15, 12 and 10m)
 (2)地上高17.5m Rotatable Dipole (for 40 and 30m)
 (3)地上高16m 7 element Yagi (for 6m)

空中線電力 150Wぐらい

第一級アマチュア無線技士
職業 無線技術者(第一級陸上無線技術士 = 昔で言うところの一技) 選任されている無線局は440局(2019/05/01現在)
旧第一種伝送交換主任技術者
第三種電気主任技術者
高等学校教諭一種免許(工業)
フルハーネス型墜落制止用器具特別教育受講済
専門は物理
以下省略

本業は6mのJCC/JCGハンティングで、昔は自宅からも山からもアクティブにQRV。
しかし仕事でン十kW級の無線を始めてからというもの、しばらくアマチュアを休業。
数年前から段階的にカムバックし、密集住宅街の狭い家から何を思ってか、3.5MHzから28MHzでDXを呼んではガッカリ。
移動運用で狙うDXにも限界が訪れ、2014年4月、遂にたまりかねて高台移転。
やっと普通の弱小局に格上げか???

*2014年4月24日、6バンドHexagonal Beam設置。

*2014年秋からは小さなタワーに給電してローバンドの運用を開始。

*2015年1月29日、18MHz/24MHz用4エレHB9CVを追加。

*2015年5月からは50MHz用の自作5エレF9FTを使用開始。

*2015年8月、F9FTを10MHz用釣竿ロータリーダイポールに交換。

*2015年9月、釣竿ロータリーダイポールを7MHz/10MHzの2バンド用に変更。

*2015年10月、ローバンド用アンテナをスローパーに変更。

*2016年1月、Hexagonal Beamを3エレトライバンダーに交換。

*2016年4月、スローパーを撤去して3.5MHz用のロングワイヤーを設置。

*2018年6月1日、ローバンド用のリモート局の免許を受ける。給電点海抜高655mのハーフスローパー。恐らく大阪で一番高い。ただし100W。

*2018年9月、台風21号により被災。マストパイプが曲がり、数を減らす目的で3エレトライバンダーとWARCの4エレHB9CVを統合して改造!

*2018年11月6日、リモート局のローバンド用アンテナをハーフスローパーから傾斜型に変更(160m・80m)。給電点海抜高638.5m。スカイツリーよりは高い。

*2019年1月8日、リモート局の160m用エレメントを短縮型からフルサイズ(折り曲げ)に変更。

*2019年5月6日、50MHzの6エレ八木を再設置。

*2019年7月20日、50MHzのアンテナを6エレからブーム長8.7mの7エレに交換。

今思うと、やっぱりHexagonal Beamがいちばん良いような...

アクセス
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
858位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
183位
アクセスランキングを見る>>
Amazon
Solar-Terrestrial-Data
雨雲レーダー
カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
QRコード
QR
愛用品1
フルークのテスター。安価でしっかり使える。
愛用品2
屋外でケーブル結束すると、耐候性結束バンドでも切れるのは時間の問題。エンドレスタイは耐久性が違う。必要な長さを切って使うので、結束バンドのような無駄がない。
愛用品3
台風のときに風速と気圧を測るのはコレ。