FC2ブログ

2018/11/14夜 ・ 2018/11/15朝 4Z4KX 80C, US5WE 160C, E77D 80C

11/14 20:10、10.111MHz CWにYL100Rが出ているが、猛烈に弱い。
他のYL100も、どれも聞こえない。
YL100だけでなく、他の局もこれと言って聞こえない。
あかんわ。

11/15朝、今日もリモートでローバンドのCW運用。
5:45、3.525MHzでER3MMが聞こえる。
なかなかQSOできないこの局だが、今日も信号強度は弱い。
様子を窺っていると、消えてしまった。

3.502MHzのHA6FQはS7。

3.516MHzには3Z100Iがいるが弱い。

3.525MHzのER3MMのCQが再開している。
呼んでみるがリターンはない。
時々反応はあるのだが、届かない。

6時すぎ、3.503MHzで4Z4KXが聞こえてきた。
信号は弱いが、何度かコールしているとリターンが返ってきた。
しかし、どこかミスコピーされている。
何度も何度もコールを聞かれるので、何度も何度も打つのだが、最終的にプリフィックスがJH3で終わってしまった様子。
もう少し強くなったら再度呼んでみよう。
8分後、了解度が少し上がったのでコールしてみる。
今度はプリフィックスはコピーしてもらえたが、逆にサフィックスが怪しい。
「I」と聞こえた気がする。
QRZ.COMを見て納得。
うちと同じで100Wにワイヤーアンテナらしい。

1.823MHzではUS5WEがS4で良く聞こえている。
自信はなかったが、コールすると2局目でリターンあり。
当然バンドニュー。
HL5IVLのQRMで受信に難があった。

160mは他に聞こえないので80mへ戻る。

6:26、3.511MHzでSP7HKKが入感。
まあまあ良く聞こえていたのでコールするが、QSBで下がってしまって、なかなかコールサインをコピーしてもらえない。
何度も何度も打って、また上がってきたタイミングでフルコピーを確認。
ファイナル時は普通にQSOできていた。

6:34、3.516MHzでEW2何だっけ、入感。
弱い。

3.517MHzではLA3MHAが弱すぎる。

6:36、ER3MMは相変わらず弱い。

6:50頃、3.515MHzにE77Dが出てきた。
非常に弱い。
例によってなかなかQSOできないボスニアヘルツェゴビナだが、聞いていると少し信号が上がったのでコール。
スムーズにコピーしてくれた訳ではないが、意外にもQSOできた。
非常に耳が良い。
やっとできたE7。
バンドニュー。

7時、4Z4KXはまだ聞こえている。
しかし、国内が賑やかになってきてQRM状態。
呼ぶ局は少ない。
いつもはすぐに消えてしまうのに、今日は長時間やっている。
コンディションが良いのだろう。

7:06、3.523MHzではIZ4ZZBがとても強力。
こんなに強いのは初めて。
しかもこんな時間に。
誰一人呼ばないのでコールしてQSO。
当局がコールしたので、「CQ JA JA JA」になった。

7:09、3.520MHzでYL100Zが入感。
弱いからダメかと思ったが、QSOできた。

7:12、4Z4KXはまだ聞こえている。

7:15、HA6FQもまだ良く聞こえている。

いい加減今朝のローバンドはやめにして、自宅アンテナでFT8のワッチ。
10MHzも18MHzもこれと言ったところは確認できず。

YL100シリーズは、3.5MHzで5局全部QSOできたので自動的にアワードが発行された。

Class_award_for_JL3LSF.png

11/15 0615J 3503.0kHz CW 4Z4KX (Israel) Band New 100W
11/15 0619J 1822.9kHz CW US5WE (Ukraine) Band New 100W
11/15 0629J 3511.0kHz CW SP7HKK (Poland) 100W
11/15 0650J 3515.0kHz CW E77D (Bosnia Herzegovina) Band New 100W
11/15 0706J 3523.0kHz CW IZ4ZZB (Italy) 100W
11/15 0709J 3520.0kHz CW YL100Z (Latvia) 100W

2018/11/16 4k6FO 80C, HG2DX 160C, OH1ND 160C, LY5W 160C

11/16 0時、リモートでローバンドCWをワッチ。
3.504MHzではK9DXが聞こえるが弱い。

0:07、3.512MHzで4K6FOが入感。
80mのアゼルバイジャンは未交信なので即コール。
QSOできた。
思いがけないバンドニュー。

3.503MHzではLY1GがS5で入感。

0:15、3.517MHzではHG90NSが聞こえている。

3.509MHzではOH5VTが入感。

3.507MHzのSM6CPYは弱い。

HG90NSはEuばかりがQSOしている。
呼んでみたが、当然Euに呼び負けてリターンはない。
次から次へとEuがコールする。
信号はまあまあ強いので、Euのコールの隙を突ければQSOできるのではないか。
面白い、やってみよう。
ひたすらコール。
しかし、やはり呼び負けの連続。
リモートのタイムラグがあるので、相手がスタンバイした瞬間に打ち込むのは非常に難しい。
続けること30分、やっとリターンあり。
この間にJAは誰一人コールしなかった。

1.824MHzではLZ1ZFが入感。
コールしようと思ったら、ロシアの局が先に呼んでしまったので静観。
これが終わったらコールしよう、と思っていたが、消えてしまった。

11/16朝、凝りもせずにリモートでローバンドCW。

6:10、1.812MHzでSP2HNFが聞こえるがカスカス。

6:11、1.8185MHzではHG2DXが入感。
160mのHAは未交信。
と言うか、160mでは大抵の所が未交信。
非常に弱いが、すぐにリターンあり。
バンドニュー。

6:15、1.821MHzではUR5WAが弱い。

1.8255MHzではUT5UJOが聞こえる。

6:25、1.8176MHzではOH1NDが入感。
160mのOHも未交信。
ちょっとパイルになっているが、呼んでみると一発で突破できた。
しかし、リターンの途中でHLの局が被せてコールし始めて、何を打たれたかわからなくなった。
鬱陶しいので、コール3回繰り返しで対抗。
HL局は大人しくなって、無事QSOできた。
バンドニュー。

1.8195MHzではLY5Wがカスカスで入感。
これは厳しい。
しかし、160mのLYも未交信なので、無謀にもコールしてみる。
こちらにはカスカスなのだが、驚いたことにリターンが返ってきた。
全部の符号はコピーできないが、「LSF」と打っているようには聞こえたし、向こうは特に難のない様子で普通に打ってきている(ように聞こえる)。
信じられないが、どうもQSOできたようだ。
バンドニュー。

色々呼びまわっていると、RW0LTが当局と同じように呼びまわっている。
当局がQSOした次に、RW0LLがコールするというパターンが続く。

6:40、1.8215MHzではOM3SXがカスカス。

6:42、160mは諦めて80mへ。

3.521MHzではYL100Zが入感。
QRMが酷い。

3.506MHzのOU5Uは今日は強い。

6:45、3.504MHzでは今日もDK1NOが聞こえるが、信号は強くない。

3.505MHzのS51IVも強くはない。

3.5075MHzではGW3YDXがQRVし始めたばかりのようで、ちょうど1局目とのQSOが終わる頃だろうか。
「CQ JA」が出たので慌ててコール。
即リターンがあり、RST579を貰った。
バンドニューだと思ったら、2nd QSOだった。
あらら。
当局とのQSOが終わるとパイルになった。

6:50、3.528MHzのHG90HLはカスカス。

3.520MHzではSV1DKDが聞こえるが弱い。

6:57、DK1NOがS5ぐらいまで上がってきた。

3.512MHzではUD4Cが聞こえており、Sは5。

今朝はローバンドのコンディションが良い。
7時すぎにクラスターを見ると、見事にローバンドで埋まっていた。
そろそろ自宅のアンテナでのワッチに切替え。

10MHz、14MHz、18MHzのCWは何ひとつ聞こえない。

ではFT8は?
10MHzではこれと言ったところは入感なし。
14MHzも。
18MHzに至っては、WとKH2だけ。
FBなのはローバンドだけか...

8時、もう一度17MHz FT8を覗いてみる。
XE2JSが入感している。
QSBが激しく、-19だったと思ったら、その次には+1になったり。

11/16 0007J 3512.0kHz CW 4K6FO (Azerbaijan) Band New 100W
11/16 0047J 3517.0kHz CW HG90NS (Hungary) 100W
11/16 0611J 1818.5kHz CW HG2DX Band New (Hungary) 100W
11/16 0630J 1817.6kHz CW OH1ND (Finland) Band New 100W
11/16 0635J 1819.5kHz CW LY5W (Lithuania) Band New 100W
11/16 0649J 3507.5kHz CW GW3YDX (Wales) 100W

2018/11/16夜 ・ 2018/11/17 LY7M 160C, ON4IA 80C

2018/11/16夜、例によってリモートでローバンドCW。

20:15、1.8235MHzのVK2WFは弱すぎる。

22:05、1.818MHzのAA0RSはカスカス。

3.5039MHzではRA1QDがS9振るノイズに埋もれぎみ。

22:10、3.5025MHzでSM2EKMがS8でFBに入感。

23:09、1.8235MHzではN7UAが弱いながらも聞こえている。
10分ぐらい様子を見てコールすると、そのうち反応が返ってきた。
しかしコールはミスコピーされていて、惜しいところまではコピーされるものの、結局ダメ。

11/17朝5時、リモート運用の続きを...

1.819MHzではLY4Aが聞こえているが、呼び負けの連続。
そうこうしていると、1.822MHzにも同じLYからLY7Mが出てきた。
ここでも先生方に呼び負けながらも何とかQSOできた。

5:26、1.825MHzではYL100Lが、強くはないがクリアに聞こえる。
コールしてQSO。

1.821MHzのYO2LCは弱い。
呼んでみたけどダメだった。

5:42、1.824MHzではUR5WAが弱いけどもクリアに聞こえている。
どうも160mは80mと違ってノイズレベルが低いのか、弱くても良く聞こえる。
コールすると「AGN」と返ってきて、再度コールするとQSOできた。

5:50頃、3.550MHzでSX100WWIが良く聞こえている。
呼んでみたけど全然届かず、5:53にQRTとなった。

5:55、3.525MHzでいつものER3MMが入感。
いつも通り弱い。
そして、呼んでも呼んでもやはり届かない。
いつの日かQSOできるのだろうか???

3.5095MHzではOP8VPが聞こえる。
せっかくの未交信のベルギーだが、呼んでも届かず。

とか言っていると、3.505MHzでON4IAが入感!
FB Sig!
慌ててコールするが、立て続けにWに呼び負け。
3局目ぐらいでQSOできた。
当局のQSOが終わると、JAが何局かコールしていた。
ベルギー、バンドニュー。

3.504MHzではES3AXが辛うじて聞こえるが、時折「AX」とか断片的に聞こえる程度。

7:23、3.506MHzではON8DMが「CQ NA」。
何か急になぜベルギーこんなに?

7:29、3.507MHzでHA5OVがS5でまあまあの強さ。
なぜかパイルになっている。
このパイルを聞くと呼ぶ気が失せるが、思い切ってコールしてみると、一発でリターンあり。

ここでそろそろリモート運用をやめて、自宅設備でワッチ。
やっぱりここ最近は10MHzより上はパッとしないなあ。

9時、14.011MHz CWではA35EUが聞こえるが、非常に弱い。
コールしても反応がない。
あかんわ。

10時、18.143MHz SSBでA35EUが入感。
S3だが、UP10で呼ぶとリターンあり。

夜20:25、リモートで80mをワッチ。
3.5058MHzでZF9CWが入感。
非常に弱い。
UA局と国内の8Jの記念局のQRMが酷い。
呼んではみたが、届かないまま21:05にQRTとなった。

その後、160mを聞いていると、偶然JH9DRL/9局がJA9コンテストに出ておられたのでQSO。
1st QSO TNX! でした。

早めに寝ようと思ったが、その前に10MHz FT8をワッチ。
TF5Bが入感している。
コールするが、周波数が悪いようでリターンがない。
バンドは空いているのだが。
何度か周波数を変えてコールしていると、DRL局の次にリターンあり。
バンドニュー。
TFが入感するとは思ってもいなかった。

11/17 0515J 1822.0kHz CW LY7M (Lithuania) Band New 100W
11/17 0526J 1824.9kHz CW YL100L (Latvia) 100W
11/17 0542J 1823.7kHz CW UR5WA (Ukrane) 100W
11/17 0642J 3505.3kHz CW ON4IA (Belgium) Band New 100W
11/17 0732J 3507.4kHz CW HA5OV (Hungary) 100W
11/17 1003J 18143.0kHz SSB A35EU (Tonga) 135deg 200W
11/17 2135J 1811.5kHz CW JH9DRL/9 (富山市) 100W
11/17 2310J 10136.0kHz FT8 TF5B (Iceland) 350deg 130W

2018/11/18 EA8/UA5C 80C, F5IN 80C, RP6RRC 17C

11/18朝、恒例のローバンド・リモートCW運用。

5:30、3.518MHzでYO3FFFがLZ DX ContestでCQを出している。
コンテストのお陰で今朝は多くの局が聞こえており、普段はアクティビティーの低いエンティティ―も出てきている様子。
探してみよう。

5:39、3.5227MHzで待望のフランス、F5INを発見。
ハイバンドでは強力なこの局も、80mではこんなに弱いのか。
その瞬間、ブリブリとOTHレーダーが稼働開始。
orz

他を探そう。
しかし、目新しいところはなかなか聞こえて来ない。

5:47、3.5126MHzでEA8/UA5Cがメチャクチャ強力に入感。
QRMやら妨害やらあって、どの信号でSメーターが振れているのか良くわからないが、どうやらS9+10dBある様子。
・-・-・-・-連続の妨害よりも遥かに強く、全く妨害になっていない。
コールすると、間もなくQSOできた。
思ってもみなかったバンドニュー。

その後はまた、これと言ったところは聞こえない。
3.520MHzのIZ4ZZBはS7。

6:12、3.507MHzのOZ1HDFもS7。

3.5075MHzのGW3YDXは弱い。

6:20、F5INが3.5186MHzに出ており、やはり猛烈に弱いが、QSBの山では半分ぐらい符号がわかる。
意を決して何度か呼んでみると、反応が返ってきた。
当然リターンのコールサインは完全には聞き取れないのだけど、他に誰も呼んでいないようでもあるので、再度コールを打つ。
すると、やはりタイミングのあったリターンと「59927」が返ってくるので、こちらもコンテストナンバーを送る。
QSOできたみたい。
バンドニュー。
普段は全然聞こえないFがやっとできた。

6:28、3.5106MHzではP3XがSメーターを9まで振らせている。
コールしてQSO。

時々160mもワッチ。
6:35、1.8225MHzではJAが何かを呼んでいる。
どうも3V8SFのようだが、こちらでは何も聞こえない。

3.528MHzではSV1JGが聞こえている。

6:50、3.537MHzにカーボベルデのD41CVが出てきた。
パイルにはなっていない。
JAも呼んでいない。
これはチャンス。
しかし、RW0LTの超連続コールがもう、“如何なものか”レベル。
うざいなあと思っていたら、突然諦めてくれた。
7時には少し信号が上昇。
7:03にはもう少し強くなった。
しかしリターンはない。
7:06には信号が下がってきて、7:07には聞こえなくなってしまった。
残念。

7:11、3.5085MHzで今日もOP8VPが聞こえる。
Sの振れは3。
コールするがリターンはない。
他の局にもリターンはない。
あかんわ。
当局にリターンがないのは仕方ないが、他の局も聞こえないとは耳が悪いでしょう。

7:17、3.5448MHzでRT2Fが入感。
カリニングラードではないか。
コールしようと思ったら、すぐに聞こえなくなってしまった。

7:30、EU(ベラルーシ)、LZなどの東欧の一部はまだ強力に聞こえている。
OP8VPも聞こえているがQSBがある。
3.507MHzのGW3YDXは弱く、lonelyだった。

ローバンドはOFFにして、自宅設備で10MHzより上をワッチ。
10MHz FT8はいつのも調子。

7:35、14.017MHz CWではVP2MUWが聞こえる。
信号は弱いが、14MHzでカリブ海は滅多に聞こえないので、これでも良い方かと思う。
当然、呼んでもパイルを突破できる筈もない。

7:40、14.036MHz CWではHH2AAが入感。
この局も弱い。

朝のQRV終わり。

午後、14時すぎ、18.071MHz CWでEP6RRCが入感。
QSBがある。
UPのパイルは大きい。
RPは3k、4k、5kと、どんどん上へ上がって行く。
こちらは、もっともっと上へ上へ先回りする。
これを何度か繰り返していると、UP6.14で「JL3SSF」のリターンあり。
訂正すると、QSBで下がってしまい危うかったが、再々訂正で何とかQSO成立。

15時前、14.190MHz SSBでA35EUが強い。
間もなく14.210MHzにQSYとなった。
UP5は「CQ Contest」と聞こえるので、UP6でコール。
しばらくすると「Again」と返ってきた。
再度コールすると「OK, guys. Spread out 5 to 10」とのアナウンスがあり、そのままUP6でコールするとリターンあり。

夜の徹夜仕事に備えて昼寝。

11/18 0547J 3512.6kHz CW EA8/UA5C (Canary Is) Band New 100W
11/18 0625J 3518.6kHz CW F5IN (France) Band New 100W
11/18 0628J 3510.6kHz CW P3X (Cyprus) 100W
11/18 1427J 18071.1kHz CW EP6RRC (AS-189) 283deg 200W
11/18 1500J 14210.1kHz SSB A35EU (Tonga) 135deg 150W

2018/11/19

2018/11/19、徹夜仕事の明け。
帰宅して、寝る前に少しワッチ。

7:15、7.023MHz CWのEP6RRCは弱く、NA指定。

リモートでも聞いてみる。
3.5309MHz CWでEP6RRCが入感。
しかし、すぐ上の周波数のSSBからのQRMで、了解度が猛烈に悪い。
そもそも何でこんなところにSSBで出てくる???
JA9某局へのリターンは聞き取れたが、その後呼んではみたものの、リターンが殆ど聞き取れない。
このSSBのQRMさえなければ何とかなったと思うのだが、悔しい限り。
しばらくして1kHz下へQSYし、スプリットとなり、主にEuへリターンが返る状況を聞いて断念。

リモートやめ。
8:33、18.075MHz CWでA35EUが聞こえる。
コールしてQSO。
そのまま聞いていると、「QSY SSB」と打たれた。

即SSB帯域を探すと、18.120MHzでA35EUのCQを確認。
すぐにオンフレで呼んだつもりがUP5で呼んでいた。
2度目のコールをしようとしてオンフレに戻したところ、「UP5」とアナウンスがあったので、またUP5でコール。
一番乗りでQSO。
その後はしばらくlonelyだった。

14:48、18.0781MHz CWでEP6RRCが聞こえるが、昨日と違ってCQ連発。

クラスターには14.0398MHzでEP6RRCがL/Pでスポットされており、実際に皆さんコールしているが、うちでは全くの不感。

16:09、10.110MHz CWでA35EUが聞こえるが、Eu指定。

19:39、10.110MHzのA35EUは弱すぎる。

20時半、またリモートで80mをワッチ。
3.507MHz CWでLA1MFAが弱く聞こえる程度。

21時半、3.520MHzでA35EUがS8で入感。
しかしNA Eu指定。
A3は160mから6mまでCFM済みなので別に良いが。

今日は今ひとつ。
A35EUとEP6RRCはQRV時間が短いのか、すれ違いが多い。

11/19 0833J 18075.0kHz CW A35EU (Tonga) 135deg 190W
11/19 0838J 18120.0kHz SSB A35EU (Tonga) 135deg 190W

2018/11/19深夜 ・ 2018/11/20 EA8/UF1F 80C

11/19深夜のリモートローバンドCWのワッチ。
22:30、3.505MHzでAD5Aが聞こえる。

22:43、3.509MHzではXV9Dが強い。
UP1でパイルになっており、ビートもかけられているが、2回目のコールでパイルを抜けた。

翌朝は8時前に職場へ行かないといけないので、早寝。

11/20、4:25。
あまり時間もないが、ちょっとだけリモートでワッチ。

3.511MHzではEA8/UF1Fが入感。
最初は強かったが、見る見るうちに弱くなった。
そして、最初は11/18にQSOしたEA8/UA5Cだと思っていたが、違うことに気付いてコール。
既に信号は弱く、EuとしかQSOしていない。
それでもコールを続けていると、気付いてくれて「JA」と反応が返ってきた。
この頃には他にもコールするJA局が2局ぐらいいたが、タイミングからして明らかに当局への反応。
何度再送してもサフィックスが正しくコピーできないようで、更にコールを繰り返し、最終的にはフルコピーしてもらえた。
QSO終了後、JA指定となった。
しかし、相手の反応を聞かずに延々コールを続ける局がいて、皆さんに「LSN LSN」と叱られていた。
HLのクラスターおじさんがpirateだとスポットしていたが、QRZ.COMで検索して情報がなかったからと言ってpirateとは、はっきり言うけど頭が悪いわ。
上手く探せば情報が見付かる。

朝のQRVはここまでで、空に星が出ているうちに家を出た。

夜20:15、自宅設備で7MHz FT8をワッチしていると、CO3SARが入感。
コールするが、隙間がないぐらい賑やかで、潰されて届かない。
そして受信できなくなってしまった。

20:22頃、1.8095MHzでA35EUが入感。
ただし弱い。
先に風呂に入って戻ってくると、もう消えていた。
この局は1回のQRV時間が短いので、そもそもなかなか巡り合えない。

11/19 2243J 3509.0kHz CW XV9D (Vietnam) 100W
11/20 0455J 3511.0kHz CW EA8/UF1F (Canary Is) 100W

2018/11/21 ・ 2018/11/22 8Q7DX 80C, A35EU 80C

11/21朝、リモートCW運用。

5:23、3.530MHzでHZ1TTが聞こえる。
コールするが届かず。

3.515MHzではSP85NISKOが聞こえる。
しばらくすると「73」と打って消えてしまった。

1.820MHzではパイルが起きている。
1.819MHzのEA8/RD1Aのパイルだろうか?
うちでは何も聞こえない。

5:37、3.510MHzではOV1CDXが珍しく聞こえている。

5:45、1.821MHzにはEP6RRCが出ているようだが不感。
しかし、5:51には何となく聞こえ始めた。

5:53、1.818MHzではUN7LZが入感。
勿論160m未交信エンティティ―なので、コール開始。
しかし届かない。
何度も呼んでいると、「AGN」と返ってきたが、再送してスタンバイしたらCQが出た。
あかんわ。

11/22 0:45、自宅設備でワッチ。
7.025MHz CWでEP6RRCが入感。
弱いしQSBがある。
1時には信号が少し上がったが、1:25にはNA指定になってしまった。

11/22朝、リモートCW運用。

6:17、1.8305MHzでは何と4K6FOが聞こえる。
しかしここはオフバンド。
如何ともしようがない。

3.502MHzでは8Q7DXが強い。
Sは7~8。
UPでコールするが、リターンはほとんどがEu。

3.501MHzでは4Z4KXが聞こえている。

8Q7DXに戻る。
6:45には少し信号が弱くなった。
しかし、HLの局にリターンが返った頃から、アジアへも返るようになってきた。
その後、リターンの大半がJAになった。
そして、7:10にやっとパイルを抜くことができてリターンあり。
バンドニュー。
80mの109エンティティ―目。
しかし、CFMは確かまだ97。
今朝は雨で、2ndを駅まで送ったりしてあまり時間がなく、8Q7DXで精いっぱい。

夜21:08、3.517MHzでは弱いながらA35EUが入感。
しばらく呼んでいたらリターンあり。
QSO終了後、「NA」と打っていたので、間一髪。

11/22 0710J 3502.0kHz CW 8Q7DX (Maldives) 100W
11/22 2116J 3517.0kHz CW A35EU (Tonga) 100W

2018/11/23 EA8/RW7K 80C, TK/S53CC 80C, TK/S57C 160C

11/22夜、寝る前にリモートでローバンドCWワッチ。

22:10、1.8245MHzでRN3CTがFB Sig。

1.8295MHzではR8CAが聞こえる。

でも、その程度。
寝よう。

11/23朝、勤労感謝の日だが休日出勤のためちょっとだけリモートでローバンドCW。

5:57、3.5095MHzではEA8/RW7Kが聞こえる。
オンフレのパイルになっているが、コール。
反応がないのでもう一度コール。
まだ反応がないので更にもう一度。
よし、リターンあり。
EA8は非常に相性が良いようだ。

6:15、3.507MHzでOU5Uが聞こえる。

6:18、3.535MHzでTK/S53CCが入感。
おー、これはQSOしなければ。
コールするとすぐにQSOできた。
バンドニュー。

6:30、もしや、と思って160mへQSY。
いた、いた!
1.8236MHzでTK/S57Cが聞こえる。
スプリットかなと思ってUPを聞くが、何も聞こえないし、バンドエッジにも近いので、とりあえずオンフレでコール。
すると、「UP」とお知らせがあった。
やっぱりか。
しかし、ノイズがあって了解度が悪い。
フィルター類を調整していると、6:34に良好にコピーできるようになった。
この間にQSOした局は2、3局だけで、CQ連発になっている。
コールするが、またCQが出る。
何度呼んでもCQが出るので、2回繰り返しで呼んでみた。
すると「?」が返ってきた。
今度は3回繰り返しでコール。
やはり返ってくるのは「?」。
次は2回繰り返しで再コール。
すると、フルコールのリターンが返ってきた。
おお、QSOできた。
バンドニュー。
この頃にはS9まで上がっていたが、ノイズか何かわからない障害のレベルは高かった。

今朝は時間がないので、ちょっと聞いて終わりかと思っていたが、TKのダブルバンドニューがラッキーだった。

11/23 0559J 3509.5kHz CW EA8/RW7K (Canary Is) 100W
11/23 0618J 3535.2kHz CW TK/S53CC (Corsica) Band New 100W
11/23 0618J 1823.5kHz CW TK/S57C (Corsica) Band New 100W

2018/11/23夜 ・ 2018/11/24朝~午後 5X2B 80C! 80m初アフリカ本土

11/23夜、リモートでローバンドCWをワッチ。

20:19、3.514MHzでJO2ASQ/6(藤津郡太良町)が大パイルになっている。
コールすると、一発でリターンが返ってきた。

20:30、1.854MHzのOK0EVは弱すぎる。

20:54、3.507MHzではA35EUがNA指定。

22:58、1.830MHzで4F6FOが入感。
おー、バンド外。
これは残念。

1.8235MHzではA45RSが聞こえる。
しかし呼んでもリターンはなく、すぐに消えてしまった。

11/24朝、リモートでローバンドCW。

5:14、3.5129MHzでいきなりSV9/LZ4AWが聞こえた。
すぐコールすると、リターンが返ってきたが、ちょっと間違っている様子。
再送していると、うっかりキーボード操作を誤って符号が出なくなってしまった。
打ち直したが、そのタイミングでQSBで下がってしまい、QSOできたかどうかわからなかった。
5:20、すぐ近くの周波数にEA8/RW7Kが出てきて、混信し始めた。
様子を窺っていると、了解度が上がったようなので再度コール。
何とかQSOできた。
バンドニュー。
80mの110エンティティ―目。

5:28、3.516MHzで、何とEA2OTのCQがはっきり聞こえる。
コールすると「?」が返ってきた。
再度コールするが、急に何も聞こえなくなった。
残念。
他の周波数を聞いてみると、他の局も聞こえなくなっていた。

5:45頃、3.505MHzで5B/4Z5LAがオンフレのパイルになっている。
コールするとリターンあり。

3.514MHzではIQ9UIがパイルになっている。

6時、1.8115MHzでHS0ZFVが聞こえる。
コールするが、6:03に信号が下がってしまい、そのまま聞こえなくなった。
6:10には再び聞こえてきた。
コール再開。
しかし届かない。
オンフレのパイルの中、スローでコールDS3HWSが鬱陶しい。
6:17にDS3HWSにリターンが返った。
しかし、当の本人には聞こえていない様子。
え?
聞こえてないのに飛ぶの???
何度繰り返されてもまともに聞こえていない様子。
最終的には、適当に打ったとしか思えない「599」が相手に通じてQSO成立。
こちらはと言うと、更に何度コールしても届かない。
QSOが成立したDS3HWSは、本人はQSOした自覚がないので、またしつこくスローでコールする。
ああ、もう、やめて。
HS0ZFVもご丁寧にまたDS3HWSに付き合っている。
あかんわ。
撃沈。

6:35、80mにQSYすると、3.519MHzに5X2Bが出ている。
だいぶ前から出ていたようだが、気付かなかった。
遅ればせながらコール開始。
UPは当然パイル。
6:45、少し信号が下がったような気がする。
RPがわかるので、隙間ではなく団子の塊のところでコール。
えらいパイルだが、なぜか届きそうな気がする。
6:58、「JL3LSG」でリターンあり。
おお、パイルが抜けた!
バンドニューどころか、80mで初めてのアフリカ本土。
111エンティティ―目。
80mのアフリカと言えば、2013/02/21朝の移動運用で、3.773MHz SSBの9U4Uを逃して以来ではないか。

3.505MHzでは5B/4Z5LAが強い。
S9+20dB振っている。
コールしてQSO。

7:04、3.525MHzでE73JOがS9+20dBで入感。
いつも弱くてなかなかQSOできないE7が、なぜ今日はこんなに強い?
オンフレのパイルでしばらく呼んでいると、「PSE JL」でリターンあり。

7:13、3.5139MHzで未交信のマケドニア、Z35Fが聞こえる。
コールすると反応があったが、QRMでよくわからない。
ひょっとするとQSOできたかも知れないが、NILでいいわ。
また頑張ろう。

7:16、5X2Bはまだ良く聞こえている。
そろそろローバンドはQRTしよう。

自宅設備でCQWW DX Contest CW開始前の14MHzをワッチ。

7:19、14.005MHz CWでKP4TFが弱く入感。
本当に弱い。
7:24には「NW QRT」と打たれてしまった。

7:25、14.0172MHz CWではP40Wがメチャクチャ弱い。

7:28、14.0215MHz CWにJ8NYが出てきた。
WのQRMが酷い。
7:36、信号は上がってきたが、何かをUPで呼ぶパイルからのQRMが益々酷い。
皆さん何を呼んでいるのだろう。
あまりに酷いQRMと、リターンが返ってきそうにない状況に、断念して朝食へ。

8:40、あと20分でコンテスト開始というのに、これと言って出ていない。
しばらくすると、弱いながら色々聞こえてきた。

14.022MHz CWではPZ5T。
弱すぎる。

14.0327MHz CWにはTI5/KL9A。
Sは1~2。
しばらく呼んでいると何とかQSOできた。

14.004MHz CWではHR9/SP4Z。
これも弱い。

間もなくコンテスト開始時刻の9時になるので、TI5/KL9Aを聞いていた。
直前にはCQをやめて「VVV」を打っていた。
9時になるとTI7Wでrunし始めた。
コール開始。4分かかって何とかQSOできた。

14.022MHz CWでPJ2Tが聞こえるが弱い。
サイクルのピークではしつこいぐらい入感するこの局も、今の時期はカスカスに近い。

21MHzも聞いてみよう。
21.007MHzではA35EUが入感。
コールしてナンバー交換。

やめ、朝の部、やめ。
ウォーキングを兼ねてクリーニングを出しに行った。

午後13時、14.040MHzで8Q7DXが入感。
QSBが激しい。
信号が上がったときでも、いくら呼んでもリターンがない。
他の皆さんは楽々QSOしているのに、当局だけ届かない。
いくら呼んでもCQが出る。
しばらく放置してから、13:38にまたコールすると、何とかリターンあり。
何じゃこりゃ。
疲れた。

11/23 2019J 3514.0kHz CW JO2ASQ/6 (佐賀県藤津郡太良町) 100W
11/24 0523J 3512.9kHz CW SV9/LZ4AW (Crete) Band New 100W
11/24 0547J 3505.0kHz CW 5B/4Z5LA (Cyprus) 100W
11/24 0658J 3519.0kHz CW 5X2B (Uganda) Band New 100W
11/24 0708J 3525.0kHz CW E73JO (Bosnia Herzegovina) 100W
11/24 0851J 14032.7kHz CW TI5/KL9A (Costa Rica) 55deg 150W
11/24 0904J 14032.7kHz CW TI7W (Costa Rica) 55deg 150W
11/24 0948J 21007.0kHz CW A35EU (Tonga) 135deg 160W
11/24 1338J 14040.0kHz CW 8Q7DX (Maldives) 260deg 150W

2018/11/24夕方~ ・ 2018/11/25朝 80mバンドニュー6個!, 160m全滅

11/24夕方、WWDX CW。

16:10、14.026MHz CWでE78WWが聞こえる。
調べてみると、14MHzのE7は未交信。
コールしてQSO。
バンドニュー。

14.0215MHz CWにもE72Uがいる。
この局ともQSOしておこう。

10.131MHz FT8 DXpeditionモードでA35EUがQRV。
強力で、すぐにQSOできた。

16時半、7MHz CWにQSYして中米・カリブ海を探す。

7.057MHzではHQ9Xが聞こえる。
空いている。
コールしてQSO。

16:37、7.051MHzではTI7Wが入感。
ここも空いている。
コールしてQSO。

7.032MHzのPJ4Kは弱い。

7.0606MHzではV47Tがパイルになっている。
弱くて無理。

7.014MHzの6Y3Tも弱い。

16:55、7.0675MHzにはZF1Aがいて、コールするが届きそうで届かない。

ここで2ndから電話があり、学校まで迎えに来いと。
QRX。

17:50帰宅。
7MHzではもうこれと言ったところは聞こえない。
先に夕食を。

夕食後、リモートのローバンドCW運用へ。
18:48、1.824MHzではN7UAが聞こえる。
コールするが、CQが出る。
全然届かない。
ひたすらコールしていると、19:06にやっとQSOできた。
160mのWはバンドニュー。
QSO終了後、明らかに信号が上昇。

1.819MHzではHQ9Xだろうか、大きなパイルになっているが、当局では聞こえない。
どうも北東方向が悪い。
自局鉄塔と、近隣に林立する鉄塔が影響しているかも。

3.522MHzではV26Kだと思うが、弱いし安定しない。

1.8229MHzのK3LRは弱い。

ここで防犯パトロールへ。
QRX。

20:50、防犯パトロールから帰宅してワッチ再開。
1.823MHzではN6WMが聞こえる。

21時、1.8177MHzでV73NSが入感。
意外に弱い。
いくら呼んでも届かない。
21:05、「W3」のリターン。
本当にW3かと思ったら、どうも当局らしい。
そして、いくら再送してもまた「W3」しか返って来ない。
やぱり本当にW3かなと思って静観すると、誰も送信しないのでまた促される。
そしてまたコールするのだが、やっぱり「W3」。
ダメだこりゃ。
数分間を置いてコールしてみると、やっぱり「W3」が返ってきた。
もうダメ~。

1.820MHzではAA7Aが聞こえる。
すぐに聞こえなくなった。

1.816MHzではNR5M。
弱い。

1.8126MHzではW7RM。
弱い。

23時、1.813MHzではW7ATが入感。
ちょっと弱い。
やっぱり北米方向がダメ。
夜に粘っても無理そうなのでQRTして寝よう。

11/25朝、リモートでローバンドのWWDX CWを。

4:20、1.8172MHzで9A1Aが良く聞こえる。
これはできるか、と思ったが、いくら呼んでも届かない。
これがダメならどの局もダメそう。

1.8233MHzではOH2XXが聞こえるが弱い。

1.8133MHzではS53Oが良く聞こえる。
しかしすぐに弱くなってきた。

1.8138MHzではDF0HQが聞こえるが弱い。
弱いが安定しているのでコール。
しかし届かない。

もう1.8MHzは断念して3.5MHzへQSY。
狙いは今まで全くQSOできなかったHB9、PA、Z3と、ここ数日ちらほら聞こえているEA。

3.5167MHzでいきなりZ35FがFBに入感。
コールしていると、どんどん弱くなってしまった。
あーあ。

3.502MHzではHB9CAが入感。
コールするが届かない。
やっぱり難しいHB9。

3.516MHzではZ3Bが入感。
この局も無理だった。

5:05、3.536MHzではEA6FOが聞こえる。
信号強度はS6。
しばらくコールしていると、何とかコピーしてくれてQSO成功。
バンドニュー。

5:17、3.555MHzでCN2COが良く聞こえている。
コールすると消えてしまった。
しかし、3.5565MHzにQSYしているのを発見してコール。
QSOできた。
バンドニュー。
アフリカ本土2エンティティ―目。

3.550MHzにもCN3Aがいる。
こちらはちょっと弱い。

3.564MHzのCR5Eも弱い。

3.518MHzにもHB9がいるが、コールがよくわからない。

3.526MHzでEA1FAが聞こえるが弱い。

ここで、またちょっと1.8MHzを聞いてみる。
1.8194MHzではSN1Wが聞こえる。
呼んでみるが、やはり届かない。

1.8195MHzではLZ2WOが良く聞こえているが、全然届かない。

また3.5MHzへ戻る。
3.566MHzにはHZ1FIが出ていて、良く聞こえているのだが、呼んでも呼んでもCQが出る。

6:03、3.5434MHzでHB9FAPが入感。
呼んでみるとリターンがあったが、最後までミスコピーされたまま終わってしまった。
ガッカリ。

6:06、3.5245MHzでEC2DXが聞こえる。
コールするとQSOできた。
耳が良い!
スペイン、バンドニュー。
目標1つクリア。

6:11、HB9FAPの信号が上がっており、S5まで振る。
再挑戦すると、今度は簡単にQSOできた。
やっとQSOできたHB9。
バンドニュー。
2つ目の目標クリア。

3.5056MHzのPAは弱くて、コールサインもよくわからない。

3.5256MHzではOH0Vが出ているが、QSBがあるし呼んでも届かない。
OH0がこれでは…
しばらくしてからもう一度コールしてみると、QSOできたかも知れないが、よくわからず。

3.540MHzでは4O4Aが聞こえる。
呼んでもリターンなし。

6:48、3.542MHzではTK0Cが入感。
コールすると「L3」でリターンがあって、QSOできた。

3.534MHzではCR5Eが聞こえる。
コールしているとリターンあり。
ちょっとややこしくなったが、多分QSOできた。
QSO終了後、信号はS6まで上昇。

CN2COはS9まで上がっている。
非常に強い。

7:05、3.5346MHzにCN3Aも出ている。
コールするとQSOできた。
S5。

3.5178MHzにはCR3DXが出ている。
コールしていると、500Hz下のCN2COのパイルがどんどん激化。
猛烈なQRMが襲ってくる。
それでも何とかQSOできた。
バンドニュー。

3.518MHzではOH0ZがS4で入感。
呼んでもリターンなし。

3.5215MHzではEA1DAVが弱い。
当然届かない。

3.522MHzではPA8ADが聞こえるが弱い。
先ほどからEA3Aが呼び回っているのが良く聞こえている。
CQ出して欲しいな。

7:50、ローバンド運用は終了。
160mはたくさん聞こえたが全滅。
パワー不足。
もし1kW突っ込めば余裕だろう。
80mはバンドニューが6つ。
目標クリアはHB9とEA。
PAはやっぱり難しい。
これでWKD 116エンティティ―となった。

次は自宅設備で14MHz CWをワッチ。
14.029MHzではPJ4Kが聞こえている。
信号は弱い。

8時半、14.034MHzではTI7Wが良く聞こえる。

14.0665MHzではXE2Xが出ていて、コールすると一発でQSOできた。

14.0016MHzではHQ9Xが聞こえている。

他はPYが聞こえるがどのPYも弱い。
コンディション悪い。
8:55、朝の運用終わり。

11/24 1610J 14026.4kHz CW E78WW (Bosnia Herzegovina) Band New 330deg 150W
11/24 1613J 14021.5kHz CW E72U (Bosnia Herzegovina) 330deg 150W
11/24 1618J 10131.0kHz FT8 A35EU (Tonga) 135deg 130W
11/24 1631J 7057.0kHz CW HQ9X (Honduras) 50deg 170W
11/24 1637J 7051.4kHz CW TI7W (Costa Rica) 50deg 170W
11/24 1906J 1824.0kHz CW N7UA (USA) Band New 100W
11/25 0512J 3536.1kHz CW EA6FO (Balearic Is) Band New 100W
11/25 0519J 3556.5kHz CW CN2CO (Morocco) Band New 100W
11/25 0606J 3524.5kHz CW EC2DX (Spain) Band New 100W
11/25 0611J 3543.4kHz CW HB9FAP (Switzerland) Band New 100W
11/25 0648J 3542.1kHz CW TK0C (Corsica) 100W
11/25 0659J 3534.0kHz CW CR5E (Portugal) Band New 100W
11/25 0705J 3543.6kHz CW CN3A (Morocco) 100W
11/25 0709J 3517.8kHz CW CR3DX (Madeira Is) Band New 100W
11/25 0838J 14066.5kH CW XE2X (Mexico) 30deg 150W
プロフィール

JL3LSF

Author:JL3LSF
1970年生まれ
1984年、大阪府堺市でJL3LSF開局
1991年、イリノイ州シャンペインの消防署でTechnician Plus取得 (N9PLT)
2011年、Amateur Extra取得 姫路で (NA1AA)
2014年、大阪府堺市南区にQSY
2019年、開局35周年

アンテナ
 (1)地上高15m 3 element Yagi (for 20, 17, 15, 12 and 10m)
 (2)地上高17.5m Rotatable Dipole (for 40 and 30m)
 (3)地上高16m 7 element Yagi (for 6m)

空中線電力 150Wぐらい

第一級アマチュア無線技士
職業 無線技術者(第一級陸上無線技術士 = 昔で言うところの一技) 選任されている無線局は440局(2019/05/01現在)
旧第一種伝送交換主任技術者
第三種電気主任技術者
高等学校教諭一種免許(工業)
フルハーネス型墜落制止用器具特別教育受講済
専門は物理
以下省略

本業は6mのJCC/JCGハンティングで、昔は自宅からも山からもアクティブにQRV。
しかし仕事でン十kW級の無線を始めてからというもの、しばらくアマチュアを休業。
数年前から段階的にカムバックし、密集住宅街の狭い家から何を思ってか、3.5MHzから28MHzでDXを呼んではガッカリ。
移動運用で狙うDXにも限界が訪れ、2014年4月、遂にたまりかねて高台移転。
やっと普通の弱小局に格上げか???

*2014年4月24日、6バンドHexagonal Beam設置。

*2014年秋からは小さなタワーに給電してローバンドの運用を開始。

*2015年1月29日、18MHz/24MHz用4エレHB9CVを追加。

*2015年5月からは50MHz用の自作5エレF9FTを使用開始。

*2015年8月、F9FTを10MHz用釣竿ロータリーダイポールに交換。

*2015年9月、釣竿ロータリーダイポールを7MHz/10MHzの2バンド用に変更。

*2015年10月、ローバンド用アンテナをスローパーに変更。

*2016年1月、Hexagonal Beamを3エレトライバンダーに交換。

*2016年4月、スローパーを撤去して3.5MHz用のロングワイヤーを設置。

*2018年6月1日、ローバンド用のリモート局の免許を受ける。給電点海抜高655mのハーフスローパー。恐らく大阪で一番高い。ただし100W。

*2018年9月、台風21号により被災。マストパイプが曲がり、数を減らす目的で3エレトライバンダーとWARCの4エレHB9CVを統合して改造!

*2018年11月6日、リモート局のローバンド用アンテナをハーフスローパーから傾斜型に変更(160m・80m)。給電点海抜高638.5m。スカイツリーよりは高い。

*2019年1月8日、リモート局の160m用エレメントを短縮型からフルサイズ(折り曲げ)に変更。

*2019年5月6日、50MHzの6エレ八木を再設置。

*2019年7月20日、50MHzのアンテナを6エレからブーム長8.7mの7エレに交換。

今思うと、やっぱりHexagonal Beamがいちばん良いような...

アクセス
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
255位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
49位
アクセスランキングを見る>>
Amazon
Solar-Terrestrial-Data
雨雲レーダー
カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
QRコード
QR
愛用品1
フルークのテスター。安価でしっかり使える。
愛用品2
屋外でケーブル結束すると、耐候性結束バンドでも切れるのは時間の問題。エンドレスタイは耐久性が違う。必要な長さを切って使うので、結束バンドのような無駄がない。
愛用品3
台風のときに風速と気圧を測るのはコレ。