FC2ブログ

2019/01/01 ・ 2019/01/02 ・ 2019/01/03 あけましておめでとうございます

*1/1
年が明けた0時すぎ、リモートでローバンドCW。
0:38、3.516MHzでRK3ERが聞こえる。
新年最初のQSOはこの局。

昼間は病院に行ったりして何も聞いていなかったが、夕方はリモートでローバンドCWを聞いてみる。
19:06、3.506MHzのCE2LRは弱い。

次は自宅設備でワッチ。
7MHz FT8(新)でKN4IAS/KH2とQSO。

深夜はまたリモートでローバンドCW。
23:09、1.8188MHzでRL3BZが聞こえる。

23:17、1.8166MHzではN9RVが入感。

*1/2に日付が変わり、引き続きローバンドをワッチ。
0:35、1.8244MHzでVE6WZのCQが聞こえる。
しかし、CQ一回だけで消えてしまった。

気まぐれで、自宅設備のRDPで3.5MHzのFT8(新)をワッチしてみる。
1:03、F5BZBが-19で入感。
ちなみにこのRDPは7~28MHz用だ。

続いて3B8CWは-20で入感。

K6FGも-15で見えている。

またリモートに戻して3.5MHz CWをワッチ。
1:07、3.504MHzではER1SSがまあまあの強さで入感。
しかし呼んでも届かない。

3.5098MHzではGM4YXIが入感。

1/2正午すぎからはQSOパーティーに参加。
干支のステッカーは2か所の“R”が抜けているので...
手っ取り早く20QSOするのはどのバンド・モードがいいか?
とりあえず7MHz SSBでやってみる。
QRVしている局を探すものの、大抵の局は“例の調子”で1QSOが長く、どちらがCQを出している局かがわかるまで結構時間がかかる。
それからコールサインが判明し、コールするのだが、サフィックスだけでコールする局に呼び負ける。
すると、また“例の調子”の長いQSOをもう1サイクル聞かないといけない。
7MHz SSBは1局で断念。
次は7MHz CWでやってみる。
7MHzと言えども、流石にCWではQSOはスムーズで、呼びに回っても35分で20QSO完了。

その後また病院。

夜はリモートでローバンドでも呼びに回り、1.9MHzで5QSO、3.5MHzで2QSOを追加。

21時、自宅設備で14MHz FT8(新)をワッチ。
あまり特筆すべきところは出ていないが、ZS6HONとQSO。

皆さんコールしていたS79KWは不感。

*1/3
早朝に起きようと思って、前夜22時頃就寝したが、無事5時に起きれたので油断したのと、寒かったので、また寝てしまった。
結局7時起床。
何と合計9時間も睡眠!

リモートでローバンドCW。
7:05、3.508MHzでHA6FQがS6で入感。

3.505MHzではYT3XがS6で聞こえる。
QRMがあるのか何なのか、頻繁にQSYしている。
この局とは何度もQSOしているので、クラブコールで呼んでQSO。

7:30、暇そうなHA6FQをコールしてみるが、QSOできない。
Sは2~5と下がってきている。
時折他の局もコールするが、誰も届かない。

3.503MHzではOE3XMAがS6で入感。
この局もクラブコールでQSOしておいた。

3.509MHzではYL3CWがS6で入感。
7:49に消えてしまった。

午後病院。

ここ最近はいつ聞いてもお馴染みの局ばかりで、QSOの相手がなかなかいない。

1/1 0040J 3516.1kHz CW RK3ER (European Russia) 100W
1/1 1919J 7074.0kHz FT8(新) KN4IAS/KH2 (Guam) 165deg 170W
1/2 2102J 14074.0kHz FT8(新) ZS6HON (South Africa) 255deg 160W
スポンサーサイト



2019/01/04 ・ 2019/01/05 ・ 2019/01/06 ・ 2019/01/7 ・2019/01/08 ローバンド不振(ハイバンドは言わずもがな), E51DWC 160C

*1/4
0時すぎ、7MHz FT8(新)でOD5ZZが入感。
コールしているとQSOできた。
バンドニュー。

0時半、リモートでローバンドCWをワッチ。
3.522MHzでFK8IKがS5で入感。
コールするが、かなり苦労して何とかコピーしてくれた。

夜、またリモートでローバンドCWのワッチ。
21:09、1.8205MHzでRL3Aが入感。

3.511MHzではVK3CWBとJA1LNQが同時にQRVしている。

21:10すぎ、1.8225MHzでVK6LWが入感。
弱い。
コールするがリターンはない。

23:57、3.5186MHzではRT3Tが聞こえる。

*1/5に日付が変わり、3.5018MHzでE51DWCが聞こえる。
「UP1」と打っている。

3.5064MHzではUD4FがFB SIG。

E51DWCに戻ってコール。
QSOできた。

朝もリモートでローバンドCW。
8時すぎ、3.524MHzで4X0Mが入感。
弱い。

8:09、3.5028MHzではER1AUが聞こえる。
しかし、コールしてもリターンはない。

3.5024MHzではUY0ZAがクリアに聞こえている。

8:22、3.520MHzではUX3UWが聞こえる。
弱い。

ローバンドはやめて、自宅設備でワッチ。
8:27、10.120MHz CWではS57Vが強い。

8:29、4X0Mが7.0124MHz CWにQSYしてきた。
コールしてQSO。
3.5MHzは厳しかったが、7MHzでは簡単に届く。

8:35、S57VもコールしてQSO。

午後、15:15、14.001MHz CWでE51DWCが聞こえるのでQSO。

14.028MHz CWでは4X0MがL/Pで非常に弱く入感。

深夜、リモートでローバンドCWをワッチ。
22:07、3.5065MHzでVK6LWが聞こえる。
呼んでも届かない。

*1/6
5:30、10MHzはノイズレベルが高い。

リモートでローバンドCWをワッチ開始。
5:40、3.5095MHzでDM70GERがS9で強力に入感。
しかし、呼んでもリターンはない。
しばらくコールしているとQSOできた。

6時、3.536MHzでUR5MMが「CQ TEST」。

3.512MHzではF5INも「CQ TEST」。
信号強度はまあまあだが、ノイズレベルがやや高い。

3.5115MHzではSP9JZTが「CQ TEST」。

3.517MHzではS57Fが弱い。

3.5259MHzでは9A1AAが強い。

3.5223MHzではPA3FQAの「CQ TEST」が聞こえる。
弱い。

3.504MHzではHA5BGLがS8と強力。

6:25、3.508MHzではOK1CFがS7で入感。
某先生がコールを何度も何度も繰り返して苦労の末QSO。
当局が呼んでみると、一発でQSOできた。
地域差か???

1.8214MHzではUA9LDDの「CQ TEST」が聞こえる。

3.5245MHzではSP7Pの「CQ TEST」が聞こえる。

6:40、コンテストばかりなので、もうやめ。

深夜
またリモートでローバンドCWをワッチ。
23:23、3.5155MHzでRT19NYが入感。
23:26に消えてしまった。

3.502MHzではE51DWCが聞こえる。
弱い。

23:38、3.519MHzでRU0AがS6。

*1/7
0時すぎ、3.505MHzでER1AUが聞こえる。
まあまあの了解度。
0:20には少し信号が上昇。
0:27、0:30とだんだん信号が上がってきてFBに聞こえるように。
0:40、「QRZ」が返ってきたが、結局QSOできず。

0:46、3.5155MHzでRT19NYが聞こえる。
強いが、なかなか正しくコピーしてくれず苦労。

0:50、3.529MHzでRK3AW/Mが聞こえる。
コールしてQSO。

1:05、また今日もER1AUが聞こえるがリターンはない。

3.517MHzではSN100IPが良く聞こえる。
しかし、しばらくすると弱くなった。

3.516MHzではVU2CVSが弱い。

朝もリモートでローバンドCW。
7:18、3.504MHzでは4Z4KXが聞こえる。
少し弱い。

3.506MHzではHA8RMがS7。

7:20、3.525MHzでHZ1TTが入感。
「UP1」と打っている。
呼んでも呼んでも届かない。

3.512MHzではLZ1354PMが入感。
呼んでもリターンがない。

7:40、QRXになっていたHZ1TTが再開。
しかし、やはり無理。


リモートでローバンドCW。
1.8229MHzでE51DWCが入感。
弱いが、時々信号が上がる。
「UP2」と打っている。
UP2ではバンド外にはみ出してしまう。
少し下目で呼んでみるが、全然届かない。

*1/8に日付が変わり、0:15、3.509MHzでER1AUが入感。
良く聞こえるが、呼んでも呼んでも届かない。

1:30、3.5225MHzでRK19NYが聞こえる。
弱い。

3.519MHzのRO19NYを呼ぶが、1:56にQRXとなった。
2時に3.5177MHzに出てきた。

3.512MHzではRC19NYが聞こえる。

夜もリモートでローバンドCW。
21:05、3.512MHzでUN5Jが入感。
呼んでいると、一度「JL」と返ってきたが、それきり。

21:15頃、18.229MHzでE51DWCが入感。
最初はめちゃくちゃ弱かったが、21:41には少し信号が上がった。
しかし、QSBで落ちている時間が長く、なかなか難しい。
22:01にそれっぽいリターンがあった。
しかし、どことなく間違えているように聞こえる。
「599」を送ってくれているのは聞こえる。
再度コールを繰り返して「559」を送ると、完全に低下してしまって、最後までよくわからなくなった。
できた?
できてない?
その後も、QSBで上がってきたら呼んでみたものの、すぐに下がってしい、きっとダメ。
そのうちクラスターに2度スポットされ、信号も安定してきたので、UPはパイルに。
こうなるともうダメ。

年末頃から、3.5MHzでコールしてもほとんどリターンが返って来なくなった。
11月はよくQSOできたのに。
こちらでは良く聞こえていても、相手側のスノーノイズなどのレベルが高いのだろうか。
特に中央アジアやEuでその傾向が強い。

追記: 160m CWのE51DWCはClublogでログインが確認できた。
最初のQSOがダメだと思って、後でもう一度コールしたが、どちらもQSOできていた。

1/4 0019J 7074.0kHz FT8(新) OD5ZZ (Lebanon) Band New 300deg 175W
1/4 0034J 3522.0kHz CW FK8IK (New Caledonia) 100W
1/5 0052J 3502.0kHz CW E51DWC (South Cook) 100W
1/5 0830J 7012.4kHz CW 4X0M (Israel) 300deg 180W
1/5 0835J 10120.0kHz CW S57V (Slovenia) 330deg 130W
1/5 1516J 14001.0kHz CW E51DWC (South Cook) 120deg 140W
1/5 1954J 7003.1kHz CW E51DWC (South Cook) 120deg 180W
1/6 0550J 3509.5kHz CW DM70GER (Germany) 100W
1/6 0628J 3508.0kHz CW OK1CF (Czech Rep) 100W
1/7 0046J 3515.5kHz CW RT19NY (Russia) 100W
1/7 0050J 3529.0kHz CW RK3AW/M (Russia) 100W
1/8 2201J 1822.9kHz CW E51DWC (South Cook) Band New 100W

リモート局160mアンテナ改修

リモート局のローバンド用傾斜型アンテナは、80m用のフルサイズワイヤーと160m用の短縮コイル入りワイヤーを使用していた。
160mの成績が頗る悪いので、ローディングコイルのワイヤーを解いて延ばし、元のエレメント先端につぎ足して、フルサイズ化した。
ただ、これを真っ直ぐ傾斜型にするには、ワイヤー引き留め位置をかなり上に上げないといけない。
色々厄介なので、引き留め位置をあまり変更せずに、下向きの折り曲げでお茶を濁した。

VSWR最低周波数は1.73MHzぐらいにあったので、何度かワイヤーを切ってみた。
合計50cmぐらい切ったところで、あまり変化が見られなくなった。
そこで、下方への引っ張り角度を変えてみると、VSWR最低点は1.81MHzぐらいに来た。
ただし、インピーダンスの実部の値が多少低いので、VSWRの値はそんなに良くない。
あと10Ωでも上がれば良いのだが、まあこれでも良い。

作業の際、寒いわ、強風が吹くわ、ロープが鉄塔のボルトに絡まるわ、で思ったよりも苦労した。
その甲斐もあってか、早速当日夜に何とかE51DWCとQSOできた。
26エンティティー目。

ただ、それほど良くなった訳ではない。

s-160mエレメント改修190108

2019/01/09 ・ 2019/01/10

*1/9
日付が変わる前からQRVしていたリモートでのローバンドCW運用。
0:05、3.505MHzでA61Qが聞こえる。
すぐに消えてしまった。

0:09、1.824MHzでRK4FDが何かを呼んでいる。

0:23、E51DWCが3.501MHzにQSYしてきた。
誰もコールしない。

6:28、1.8185MHzではDL5AXXが聞こえるが弱い。

6:36、3.524MHzでHZ1TTが入感。
UPで呼ぶが、まったくリターンがない。

6:55、3.507MHzでDL5AXXがS6で良く聞こえている。

3.518MHzでJR6YTY(八重山郡与那国町)が聞こえる。

3.543MHzではHF100WWのCQが始まった。
最初は呼んでも気付いてくれなかったが、間もなくリターンあり。
RST449をもらったが、意外にしっかりコピーしてくれていた。

その他は何も聞こえず、ローバンドのコンディションは悪い。

夜もリモートでローバンドCWのワッチ。
23:30、1.823MHzで今日もE51DWCが入感。
今日も弱い。

*1/10
リモートでローバンドCWをワッチ。
朝7時すぎ、1.8MHzも3.5MHzも何も聞こえない。

自宅設備で7MHz CWを聞く。
聞こえるDXは7.011MHz CWのDS3EXXぐらいか。

深夜もリモート。
23:08、80mと160mを行ったり来たりしている様子のE51DWCが、ちょうど1.8224MHzでCQを出し始めた。
HL5IVLのQRMがあり、信号も弱いが、幸いにもノイズレベルは低い方だ。
クラブコールでコールするが、1度目は気付いてもらえず、2度目のコールでリターンあり。
ふわふわしていたが、何とか「QSL」と打っているのが聞こえた。
23:14には信号が少し上昇。
その後もさらに強くなった。
しかし23時半ぐらいには消えてしまった。
また80mにQSYしたようだが、聞こえない。

1/9 0700J 3518.0kHz CW JR6YTY (八重山郡与那国町) 100W
1/9 0711J 3543.0kHz CW HF100WW (Poland) 100W

2019/01/11 ・ 2019/01/12 ・ 2019/01/13 ・ 2019/01/14 ・ 2019/01/15 TG9ADQ 40T

*1/11
朝、リモートでローバンドCWを聞く。
6:25、1.8MHzは何も聞こえない。

3.5MHzもDXは何も聞こえない。

6:33、SV0AMSを呼ぶロシアの局が聞こえるのみ。

7:14、3.501MHzでは4X4KXが聞こえるが弱い。

3.503MHzに9LY1JMが出ているようで、UPはパイルになっている。
当然御本尊は聞こえない。

3.511MHzではDL4RCEが「CQ TEST」。

8:20、3.503MHzで9LY1JMが微かに聞こえるようになった。
流石にUPのパイルはもう消えている。
しかし変だ。
パイルになっていたときは聞こえず、こんな時間になってJAのパイルが消えてから聞こえ出すとは。
どうなってんの???

*1/12
0時すぎにリモートでローバンドCWを聞く。
0:16、3.5138MHzではHG4Fが「TEST」。

3.5055MHzではVK6LWが聞こえる。

朝もリモートでローバンドCWをワッチ。
6:45、3.5067MHzではLY2Jがとても弱い。

6:55、3.508MHzではDL1REMが「CQ NA」。
弱い。

3.5086MHzではHA2NAがS4で良く聞こえる。

160mは何も聞こえない。

*1/13
夜22時、14MHz FT8(新)をワッチ。
VK0HZが3B8FVをコールしている。
VK0HZってどこかと思えば、ただの南極だ。

VK0HZが他の局のコールに応答し始めた。
当局も呼んでみる。
しばらくすると「GRID?」と打ってきた。
コールする際にグリッドロケーターを付けろということか。
言われるがままにGL付きでコール。
22:26にリターンが返ってきた。
嫌な予感がする。
73まで辿り着けないような気がして、画面を注視。
すると、案の定ウォーターフォールが濃淡を繰り返し、何度も繰り返し「R-03」が送られてくる。
マズい、届かないようになってしまっている。
結局悪い予感は的中し、「73」は返って来なかった。

*1/14
12時すぎ、28MHz FT8(新)でVK2が入感。

VK2MBK、VK2BC、VK2/G3NJVと順にQSO。
他にもVK2BGLやVK2EMEなどが入感していた。
その後VK4なども入感。

夜は7MHz FT8(新)をワッチ。
ZF2LCが入感したが、届かない。

TG9ADQが入感したのでコール。
しばらく呼んだが、反応がなくなったので送信停止。
すると、リターンが返ってきた。
慌てて送信するが、Auto Seqが始まらない。
再度RPTから送信し直して、何とかQSO。
7MHzのTGはバンドニュー。

*1/15
前夜遅くまで用事をしていて、頭が痛くなったので7時半すぎまで寝た。
このため朝のQRVなし。

夜は7MHzでFT8(新)をワッチしているが、これと言ったところは入感していない。

リモートで聞くローバンドも、160mは聞こえないし、80mはOTHレーダーがうるさい。

1/13 2226J 14074.0kHz FT8(新) VK0HZ (Antarctica) 215deg 160W
1/14 1209J 28074.0kHz FT8(新) VK3MBK (Australia) 175deg 125W
1/14 1213J 28074.0kHz FT8(新) VK2BC (Australia) 175deg 125W
1/14 1231J 28074.0kHz FT8(新) VK2/G3NJV (Australia) 175deg 125W
1/14 2142J 7074.0kHz FT8(新) TG9ADQ (Guatemala) Band New 50deg 165W

2019/01/16 ・ 2019/10/17 ・ 2019/01/18 ・ 2019/01/19 ・ 2019/01/22 ・ 2019/01/23 ・ 2019/01/24 H33J 40F, S70VB 40C

*1/16
18:19、7MHz FT8(新)にVK0AIが出てきたようで、皆さんコールしている。
しかし、うちではまったく受信できない。
18:46になって、やっと-18で受信できた。
18:59、御本尊の周波数に重ねて「JJA3ZZ」というコールでCQを出して妨害する輩が出現。
19:00、-19。
19:13、-16。
19:15、-24。
19:23、-11。
信号は上がってきたが、まったくムリ。

*1/17
18:37、14MHz FT8(新)でZL7/JA0JHQが入感。
しばらくコールしているとリターンあり。

*1/18
朝7時、リモートで80m CWをワッチすると、3.5045MHzで9LY1JMが微かに聞こえた。

1.8215MHzではET3AAが出ているようで、UPはパイルになっている。
当然うちでは聞こえない。

*1/19
未明のリモート・ローバンド(CW)。
1:34、1.820MHzでON7QKが入感。
弱い、弱い。
すぐに聞こえなくなった。

2:14、10.125MHz CWでET3AAが入感。
UP1だが、呼んでも呼んでもリターンがない。
すぐに消えてしまった。

7.027MHz CWでは9G2HOが聞こえる。
弱い。

2:53、9G2HOが7.039MHz CWに出ている。
呼んでも呼んでも届かない。
一度だけ「?」が返ってきたのみ。

*1/22
21:40、7MHz FT8(新)でH33Jが入感。
呼んでいるとQSOできた。
40mのパナマはバンドニュー。

*1/23
朝のリモート・ローバンド運用(CW)。
5:52、3.5069MHzでER3MMが聞こえるがカスカス。

5:55、1.8157MHzでS52AWが聞こえる。
そして即座にパイルが勃発。
数局QSOして消えてしまった。

6:30、3.528MHzでZ35Mが聞こえるが、弱いしOTHレーダーも被っている。

6:32、3.508MHzでUR3HCが聞こえる。
久々にQSOできそうな局が聞こえたのでコール。
しかし、サフィックスがなかなかコピーできないようで、何度も何度も聞き返される。
何とかフルコピーしてもらい、「559QSB」をもらった。
その割にはこちらの名前などはすんなりとコピーしてくれた。

3.505MHzでS70VBが入感。
当然弱い。
コールする局がいるのだが、それに対して「5NN」を打って邪魔をする輩がいる。
コールするたびにいちいち「5NN」を打つ。
しかも、そのキーイングも下手くそ。
「5」と「N」ぐらい綺麗に打てるようになろうよ。
呼ぶ局がコールサインを二度繰り返すと、これまた勘が悪くて二度繰り返すことを察知できず、一度目にコールサインを打ち終わったところで「5NN」を打つので、その「5NN」が二度目のコールサインと重なって妨害になっていない。
何をやってんだか。

*1/24
6:56、7.001MHz CWでS70VBが聞こえる。
弱いが、QSBの山でコールすると、谷でリターン。
困った。
ほとんど聞こえない。
しかし、これはVladにはいつものことで、「QSOできたんかな?」と半信半疑になるQSOでNILになったことは一度もない。
きっとフルコピーしてくれているだろう。

20:37、7.010MHz CWでKH6/JH0CJHが入感。
凄く了解度が悪いが、様子を見てコール。
リターンはほとんど聞き取れなかったが、「TU」が返ってきたので大丈夫なのだろう。

21:50、14.020MHz CWでS70VBが入感。
弱い。
これはちょっと無理。

23時半、S70VBが10.1069MHz CWに出てきたが、すぐに聞こえなくなった。

1/17 1847J 14074.0kHz FT8(新) ZL7/JA0JHQ (Chatham I)) 155deg 175W
1/22 2159J 7074.0kHz FT8(新) H33J (Panama) Band New 45deg 195W
1/23 0635J 3508.0kHz CW UR3HC (Ukraine) 100W
1/24 0700J 7001.0kHz CW S70VB (AF-024) 255deg 180W
1/24 2039J 7010.0kHz CW KH6/JH0CJH (Hawaii) 80deg 180W

2019/01/25 ・ 2019/01/26 ・ 2019/01/27 S70VB 30C, XZ2B 15C, 160Cバンドニュー3つ(T88PB, 9M6NA, UN9L)

*1/25
朝、リモートでローバンドCWをワッチ。
1.8193MHzではOK1DWPが聞こえる。
そしてコールする局が多い。

7時すぎ、1.8224MHzで9M6NAが入感。
呼んでもリターンはない。
7:20、9M6NAを呼ぶRC3Wが良く聞こえていた。

*1/25
21:21、10.107MHz CWでS70VBがカスカスの入感。
例によってこちらでは信号は弱いが、向こうへは飛んで行きそうなのでコール。
何とかQSOできた。

*1/26
日付が変わった頃にリモートでローバンドCWをワッチ。
0:37、1.8224MHzでZ66Xが弱いながらも聞こえる。
JG1局がロングコールを続けているが、リターンはない。
その隙間で当局も呼んでみるが、やはりリターンはない。
0:43、少し信号が上がってきた。
1:07にはもっと上昇。
しかし、延々リターンはなく、CQ空振りの連続。
1:49にQRTとなった。

1.8104MHzではLY4Aが聞こえる。

1:50、1.8119MHzではOK1DWPが入感。
やはり呼んでも届かない。

1.8178MHzではHA8LNNが聞こえる。

2:07、1.821MHzではLZ1NKがFBに入感。
それでもリターンはない。
寝る。

11:31、21.005MHz CWでXZ2Bが入感。
呼んでいる局はいない。
信号はFB。
早速UP2でコールしてQSO。
11:40には急激に信号が低下して、カスカスになった。

17:35、10MHz FT8(新)をワッチするが、ウォーターフォールが見えるものの何もデコードしない。
なぜ???
しばらく経つとデコードし始めた。
なぜ???

18時台、リモートでローバンドCWワッチ。
CQWW 160m開催中だが、1.8MHzではUA0、BY、JAしか聞こえない。

*1/27
0時すぎ、1.8127MHzで9M6NAが聞こえる。
すぐに聞こえなくなった。

0:15、1.8137MHzでR7ABが聞こえたのでナンバー交換。
このあたりまではQSOできる。

1.8238MHzではT88PBが入感。
160mのT8は未交信。
コールすると、サフィックスがなかなか伝わらなかったが、何とかQSO。
バンドニュー。

1.815MHzではE2Xが聞こえる。
呼んでも届かない。

1.8138MHzでは4D2XXが良く聞こえる。
DUだ。
160mのDUも未交信なのでQSOしたいところ。
しかし、呼んでも呼んでも呼んでも呼んでも届かない。
断念。

1:12、1.8129MHzで9M6NAが聞こえる。
コールするとすぐにQSOできた。
バンドニュー!

1:24、1.8219MHzでUN9Lが良く聞こえている。
160mではUNも未交信。
コールするとすぐにQSOできた。
バンドニュー。
これで160mは29エンティティ―目だ。
うーん、DUができれば30になるのに...

1.8152MHzでUA4Mが聞こえたのでQSO。

朝もリモートでローバンドCW。
1.8108MHzではOK5Zが聞こえる。
QSOは無理だ。

1.816MHzではA6が聞こえているが、フルコールもコピーできないぐらい弱い。

1.813MHzではOM2Yが入感。
弱いし、すぐにパイルになってしまう。

1.820MHzではUZ2Mが聞こえる。

やはり朝の160mは良くないので、諦めて80mへ。

3.5245MHzではSV2/RW3ALが「CQ TEST」。
何のコンテスト?
REF French Contest CWだろうか?
と言うことは、フランスの局を探そう。

3.5176MHzでTM2Tを発見。
コールするとQSOできた。
他にフランスの局は聞こえないので電源断。

1/25 2137J 10107.2kHz CW S70VB (AF-024) 210deg 190W
1/26 1131J 21005.0kHz CW XZ2B (Myanmar) 255deg 150W
1/27 0015J 1813.6kHz CW R7AB (European Russia) 100W
1/27 0029J 1823.8kHz CW T88PB (Palau) Band New 100W
1/27 0112J 1812.9kHz CW 9M6NA (East Malaysia) Band New 100W
1/27 0124J 1821.9kHz CW UN9L (Kazakhstan) Band New 100W
1/27 0136J 1815.3kHz CW UA4M (European Russia) 100W
1/27 0716J 3517.6kHz CW TM2T (France) 100W
プロフィール

JL3LSF

Author:JL3LSF
1970年生まれ
1984年、大阪府堺市でJL3LSF開局
1991年、イリノイ州シャンペインの消防署でTechnician Plus取得 (N9PLT)
2011年、Amateur Extra取得 姫路で (NA1AA)
2014年、大阪府堺市南区にQSY
2019年、開局35周年

アンテナ
 (1)地上高15m 3 element Yagi (for 20, 17, 15, 12 and 10m)
 (2)地上高17.5m Rotatable Dipole (for 40 and 30m)
 (3)地上高16m 7 element Yagi (for 6m)

空中線電力 150Wぐらい

第一級アマチュア無線技士
職業 無線技術者(第一級陸上無線技術士 = 昔で言うところの一技) 選任されている無線局は440局(2019/05/01現在)
旧第一種伝送交換主任技術者
第三種電気主任技術者
高等学校教諭一種免許(工業)
フルハーネス型墜落制止用器具特別教育受講済
専門は物理
以下省略

本業は6mのJCC/JCGハンティングで、昔は自宅からも山からもアクティブにQRV。
しかし仕事でン十kW級の無線を始めてからというもの、しばらくアマチュアを休業。
数年前から段階的にカムバックし、密集住宅街の狭い家から何を思ってか、3.5MHzから28MHzでDXを呼んではガッカリ。
移動運用で狙うDXにも限界が訪れ、2014年4月、遂にたまりかねて高台移転。
やっと普通の弱小局に格上げか???

*2014年4月24日、6バンドHexagonal Beam設置。

*2014年秋からは小さなタワーに給電してローバンドの運用を開始。

*2015年1月29日、18MHz/24MHz用4エレHB9CVを追加。

*2015年5月からは50MHz用の自作5エレF9FTを使用開始。

*2015年8月、F9FTを10MHz用釣竿ロータリーダイポールに交換。

*2015年9月、釣竿ロータリーダイポールを7MHz/10MHzの2バンド用に変更。

*2015年10月、ローバンド用アンテナをスローパーに変更。

*2016年1月、Hexagonal Beamを3エレトライバンダーに交換。

*2016年4月、スローパーを撤去して3.5MHz用のロングワイヤーを設置。

*2018年6月1日、ローバンド用のリモート局の免許を受ける。給電点海抜高655mのハーフスローパー。恐らく大阪で一番高い。ただし100W。

*2018年9月、台風21号により被災。マストパイプが曲がり、数を減らす目的で3エレトライバンダーとWARCの4エレHB9CVを統合して改造!

*2018年11月6日、リモート局のローバンド用アンテナをハーフスローパーから傾斜型に変更(160m・80m)。給電点海抜高638.5m。スカイツリーよりは高い。

*2019年1月8日、リモート局の160m用エレメントを短縮型からフルサイズ(折り曲げ)に変更。

*2019年5月6日、50MHzの6エレ八木を再設置。

*2019年7月20日、50MHzのアンテナを6エレからブーム長8.7mの7エレに交換。

今思うと、やっぱりHexagonal Beamがいちばん良いような...

アクセス
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
597位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
135位
アクセスランキングを見る>>
Amazon
Solar-Terrestrial-Data
雨雲レーダー
カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
QRコード
QR
愛用品1
フルークのテスター。安価でしっかり使える。
愛用品2
屋外でケーブル結束すると、耐候性結束バンドでも切れるのは時間の問題。エンドレスタイは耐久性が違う。必要な長さを切って使うので、結束バンドのような無駄がない。
愛用品3
台風のときに風速と気圧を測るのはコレ。