FC2ブログ

2019/02/26 ・ 2019/03/02 ・ 2019/03/03 TR8CA 20S L/P, 9X2S 30F

*2/26
22:10、7.009MHz CWでT31EUが入感。
5分呼んでいたらQSOできた。

*3/2
10時半、18MHz FT8(新)でT31EUが入感。
間もなくQSOできた。

21MHz FT8(新)でもT31EUが入感。
こちらもQSOできた。

12:45、24.891MHz CWでT31EUが入感。
弱い。
UPではほとんど何も聞こえないのでRPが不明。
呼んでも呼んでもリターンなし。
東日本にばかり返っていた。
外出のため断念。

16:14、14.195MHz SSBでT31EUが入感。
オンフレで間もなくQSOできたが、OM3KFOが所謂呼び倒しをしていて、遠い所からコールしていて申し訳ないが邪魔だった。

続けて14.175MHz SSBではTR8CAがL/Pで入感。
ちょうどビーム方向がT31と同じ。
コールする局はほとんどおらず、すぐにリターンあり。

CWでアフリカが聞こえないかと探してみるが、聞こえない。
14.0255MHzでR2019LSが聞こえたのでQSO。

16時半、14.023MHz CWでEA9LZが聞こえるではないか。
S/PでS2~5程度。
良く聞こえている。
そして誰もコールしない。
呼んでみるが、全然届かない。
まったく無反応でCQばかり出る。
16:34に信号は急激に低下。
UD0Aもコールするが届いていない。
この局、何度かコールして全然リターンがなかったのでどうしたか???
何と!
中国式にCQを出し始めた。
びっくり仰天!

19時、10.131MHz FT8(新)でT31EUが入感。
DXpeditionモード。
すぐにQSOできた。
そして、QSO終了後にCQ連発となった。

*3/3
未明1:00、PCを閉じて寝ようと思ったら、10MHz FT8(新)で9X2Sが入感しているではないか。
早速コールしてみると、一発でリターンが返ってきた。
びっくりした。
しかし、「73」が返ってこない。
慌てて2度再送して、やっと「73」を確認。

12:50、24MHz FT8でT31EUが入感。
呼んでいる国内局が見えないので、適当な周波数で何度か呼んでいると、間もなくQSOできた。
これで160mから12mまでQSO。

18:03、7.060MHz RTTYでT31EUが入感。
18:14に5分間のQRX。
18:25にはNA指定。
その後もコールしていると、18:36にキリのいい7.062MHzでリターンあり。

21:50、7.025MHz CWでHD8Mが聞こえる。
聞こえると言っても、かなり弱い。
FT8では全然デコードできなかったほど。
ちょっとコールしてみたが、リターンが判別できないので無理。

2/26 2215J 7009.0kHz CW T31EU (OC-043) 125deg 190W
3/2 1033J 18100.0kHz FT8(新) T31EU (OC-043) 125deg 140W
3/2 1038J 21074.0kHz FT8(新) T31EU (OC-043) 125deg 130W
3/2 1615J 14195.0kHz SSB T31EU (OC-043) 125deg 175W
3/2 1621J 14175.0kHz SSB TR8CA (Gabon) 125deg 175W
3/2 1626J 14025.5kHz CW R2019LS (Russia) 315deg 160W
3/2 1906J 10131.0kHz FT8(新) T31EU (OC-043) 125deg 170W
3/3 0107J 10136.0kHz FT8(新) 9X2S (Rwanda) 280deg 170W
3/3 1255J 24910.0kHz FT8(新) T31EU (OC-043) 125deg 110W
3/3 1836J 7060.0kHz RTTY T31EU (OC-043) 125deg 195W
スポンサーサイト



2019/03/05 ・ 2019/03/06 ・ 2019/03/07 ・ 2019/03/09 ・ 2019/03/10 ・ 2019/03/11 TR8CR 20C, 5X2S 40F+30F, HR5/F2JD 40F

*3/5
8:40、10.124MHz CWで9G2HOが入感。

*3/6
7:28、14.0329MHz CWでTR8CRが聞こえる。

*3/7
0:18、7.012MHz CWでA52ICが入感。
弱い。
すぐに消えてしまった。

23:37、7.012MHz CWでA52ICが聞こえる。
S7~9だった。
流石にQSOできた。

*3/9
1:43、7MHz FT8で5X2Sが入感。
2回コールしたところでリターンあり。
バンドニュー&モードニュー。
しかし「73」が返ってこない。
QRMがあるのか。
その後信号は低下してしまい、2:01に消えてしまった。
これはきっと10MHzにQSYしたのだと思い、10MHzでワッチ。
2:13、やはり10MHzで信号を確認。
コール開始。
2:21にリターンあり。
バンドニュー。
ワッチしていた限り、QSOしたJAは当局含めて2局だけだった。

14:45、14.005MHz CWでFO/OK2ZIが入感。
2回コールしたところでリターンあり。

16:50、10.105MHz CWでFO/OK2ZIが入感。
コールするがリターンはない。
そしてQSYしてしまった。
QSY先はよく聞こえなかったが、多分10MHz FT8だろう。
FT8でワッチ。

17:09、10MHz FT8でお馴染みEA8TLが入感。
コール一発でQSOできた。

17:11、出てきた出てきた、FO/OK2ZIが10MHz FT8に出てきた。
コールするとすぐにQSOできた。
しかし、「73」を送った後、「RR73」が2回返ってきたので、最後向こうで受信できなくなった様子。
まあ大丈夫だろう。
皆さんVK0AIをコールしているが、うちではまったく受信不可。

10MHz FT8でEA8AXTも入感。
コールするが、だんだん弱くなってQSOできず。
一方、EA8PTは強い。
しかしリターンはない。

20時、7.080MHz FT8でHR5/F2JDが入感。
DX Peditionモード。
コールするとすぐにリターンあり。

*3/10
11:45、18MHz FT8。FO/OK2ZI。
呼んでも呼んでもリターンがない。
+20と強い割には、どの局ともスムーズにQSOできていない。
ほぼすべての局に対して、レポートと「73」を複数回繰り返していた。

*3/11
15:55、14.005MHz CWでE51AUZが聞こえる。
しかし弱すぎる。
無理だと思いつつUP1でコールすると、QSOできた。
耳が良いようだ。

16:05、10.121MHz CWで9G2HOが入感。
弱い。
皆さん呼んでいるが、リターンに無関係にコールするJA1Mの局などが潰し合い状態になっている。
譲り合えば何局かはQSOできると思うが、結局ほとんど誰もQSOできていない。
あほとしか思えない。

3/6 0728J 14032.9kHz CW TR8CR (Gabon) 295deg 150W
3/7 2338J 7012.0kHz CW A52IC (Bhutan) 270deg 200W
3/9 0144J 7074.0kHz FT8(新) 5X2S (Uganda) Band New & Mode New 285deg 200W
3/9 0221J 10136.0kHz FT8(新) 5X2S (Uganda) Band New 285deg 170W
3/9 1445J 14005.0kHz CW FO/OK3ZI (French Polynesia) 125deg 170W
3/9 1709J 10136.0kHz FT8(新) EA8TL (Canary Is) 350deg 175W
3/9 1712J 10136.0kHz FT8(新) FO/OK2ZI (French Polynesia) 170deg 175W
3/9 2003J 7080.0kHz FT8(新) HR5/F2JD (Honduras) 40deg 200W
3/11 1558J 14005.0kHz CW E51AUZ (South Cook Is) 120deg 170W

5 Band DXCCの盾が届いた

新デザイン盾。
やっと到着。

s-DSC_3817.jpg

2019/03/12 ・ 2019/03/15 ・ 2019/03/16 ・ 2019/03/17 VK0AI 30F, アフリカ全然ダメ

*3/12
1:30、10.1059MHz CWで7P8LBが入感。
良く聞こえるのでコールするが、リターンはEuばかり。
時々RPが判明するのだが、呼んでも呼んでもリターンなし。

*3/15
2:28、10.1084MHz CWで7P8LBが入感。
やはりリターンはEuばかりで、呼んでもリターンなし。

20:45、7P、5Xほかアフリカ勢は全部ハイバンドにしか出ていない様子。
なめとんな。

*3/16
1:05、7.0252MHz CWで5X3Cが聞こえる。
弱い。

10時半、18.140MHz SSBでVK4/JA8COEが入感。
コールしてQSO。

18時頃、10MHz FT8(新)をワッチ。
これといった所は入感しない。
眺めていると、VK0AIがデコードできた。
慌てて空き周波数を確認してコール。
何度か呼んだところでリターンあり。
2バンド目。
バンドニュー。
パイルになる前で良かった。

VK0AIをコールしているときに、N7QT Robの信号が見えていた。
CQが出たのでコール。
QSBが激しかったが、何とかQSOできた。

*3/17
7時頃、10.118MHz CWで5V7EIが入感。
信号は弱い。
7:10に少し信号強度上昇。
7:15には更に上昇。
しかしその後また元の弱さに戻ってしまった。
そして7:26には急激に上昇。
同じ周波数でコールしている局がどんどん拾われるのだが、当局には一切リターンなし。
そうこうしているうちに、RPが10.123MHzに達してしまった。
この周波数は5X3Cのご本尊の周波数。
困った。
7:50頃からはリターンがEuへ行ってしまった。
もうダメ。
7MHz CWにも出てきたが、一瞬聞いて呼ぶ気が失せた。

今回のアフリカ各ペディは全然ダメだ。
殆ど聞こえてこないし、たまに聞こえても届かない。
行ってもらう価値ない。

3/16 1036J 18140.0kHz SSB VK4/JA8COE (OC-138) 180deg 120W
3/16 1810J 10136.0kHz FT8(新) VK0AI (Macquarie) Band New 170deg 175W
3/16 1818J 10136.0kHz FT8(新) N7QT (USA) 45deg 175W

2019/03/18 5V7EI 20F, 5X3E 17F+15F, 5X3C 17C

*3/18
7:20、10.115MHz CWで5X3Cが聞こえる。
弱い。
コールし始めるとどんどん弱くなって、7:27にはもう無理なほどに。

14.083MHz FT8(新)で5V7EIが強い。
+20!!!
DX Peditionモード。
空き周波数でコールし始めると、3回目でリターンあり。

一方、14.218MHz SSBの5V7EIはカスカス。
5VはSSBが未交信。

14:10、18.095MHz FT8(新)で5X3Eが入感。
DX Peditionモード。
空き周波数でコールし始めると、今度は2回目でリターンあり。
5XもSSBが未交信。

14:40、18.068MHz CWで5X3Cが聞こえる。
しかし、OTHレーダーがうるさい。
RPはわかるのだが、呼んでも呼んでも呼び負ける。
ひたすらコールしていると、14:58にUP1.6でリターン。

クラスターによると、14.263MHz SSBで5X3CがL/Pで入感しているらしいが、当局には何も聞こえない。

15:23、14.032MHz CWで5X3CがL/Pで聞こえるが弱い。

15:25、21.091MHz FT8(新)で5X3Eが入感。
10分間コールしているとQSOできた。

3/18 0736J 14083.0kHz FT8(新) 5V7EI (Togo) 310deg 170W
3/18 1413J 18095.0kHz FT8(新) 5X3E (Uganda) 280deg 125W
3/18 1458J 18068.0kHz CW 5X3C (Uganda) 280deg 125W
3/18 1535J 21091.0kHz FT8(新) 5X3E (Uganda) 280deg 120W

2019/03/18夕方~夜, 2019/03/19未明 5X3E 30F+40F

*3/18
15:56、7.018MHz CWで5V7EIが聞こえる。
弱い。

16:32、10.118MHz CWで5V7EIが入感。
弱い。

20:10、7.0456MHz RTTYでE6AFが入感。
しかし、C/Nが悪くてデコード率が良くない。
これは無理。

7.010MHz CWでXR0ZRCが弱々しく聞こえる。
もう夕方以降のコンディションはトコトン悪い。

23:52、10.131MHz FT8(新)で5X3Eが入感。
DX Peditionモード。
閑古鳥が鳴いていて、2度目のコールでリターンあり。

*3/19
0:55、7.056MHz FT8(新)で5X3Eが入感。
4回目のコールでリターンあり。
空いていた。

3/18 2353J 10131.0kHz FT8(新) 5X3E (Uganda) 280deg 175W
3/19 0057J 7056.0kHz FT8(新) 5X3E (Uganda) 280deg 200W

2019/03/19朝 ・ 2019/03/20 ・ 2019/03/21 ・ 2019/03/22 ・ 2019/03/23 ・ 2019/03/24 V31MA 40F, 5V7EI 20C, VE3LYC/KL7 30C, 5X3C 40S

*3/19
7:50、7.053MHz FT8(新)で5V7EIが入感。
DX Peditionモード。
最初は-8だったが、QSBがありすぐに落ち込んでしまった。

*3/20
7:40、14.018MHz CWで5V7EIが入感。
リターンはない。
6:45にはNA指定になった。

10.118MHz CWの5V7EIは聞こえない。

6:50、7.130MHz SSBで5X3Cが入感。
聞き始めたときは「7k下」と言っていたが、「3k下」、「5k下」と次々にQSXを変更。
そして7:24にQRTとなった。

7:26、14.018MHz CWの5V7EIは依然リターンがない。
拾われるのはWばかり。

*3/21
11:35、14.095MHz FT8(新)でE6AFが入感。
DX Peditionモード。
閑古鳥が鳴いていて、すぐにリターンあり。
しかし、「73」が返ってこず、そのまま受信できないほどに落ちてしまった。
閑古鳥が鳴いていた理由は、皆さんの所では一足先に落ちてしまっていたのだろう。

17時半、14.018MHz CWで5V7EIが入感。
L/P。
弱い。

18時、7MHz FT8(新)でV31MAが入感。
コールするが、他の局にリターンが返ったので送信停止。
そのままQSOを眺めていたら、自分にリターンが返ってきた。

18:10、7.056MHz FT8(新)でXR0ZRCが入感。
DX Peditionモード。
コールするがリターンはない。
CQが頻繁に出る。
かと言ってCQ onlyでもない。
-6や-7で強く入感していたが。

23:58、10.131MHz FT8(新)で5X3Eが入感。
CQ連発。

*3/22
7:29、14.018MHz CWで5V7EIが入感。
UP1.69でコールすると、すぐに「JL3D」でリターンあり。
しかし、何度再送しても「JL3D」が返ってくる。
キーイング速度を変えたりしても、やはり「JL3D」。
困った。
頑張って何度もコールを打っていたら、何とかフルコピーしてくれた。

7:35、10.118MHz CWの5V7EIは弱い。

*3/23
7:18、7.122MHz SSBで5X3Cが入感。
JA指定。
弱い。
QSBもあって届かない。
7:26にJA指定が解除されてしまった。

10:15、21.074MHz FT8(新)でE6ETが入感。
コールしていたら、4回目でリターンあり。
しかし「73」が返ってこない。
信号は低下してしまった。

11:20、21.074MHz FT8のE6ETの信号がまた上がってきた。
やり直す必要もないかと思うが、コール。
間もなくリターンあり。
しかし、やっぱり「73」が返ってこない。
もういいわ。
その後、JG3某局とのQSO中に、突如消えてしまった。

11:58、21.0886MHz RTTYでE6ETが入感。
7分間呼んでいたら、やっとリターンあり。

12:14、14MHz FT8(新)でE6AFとQSO。

20:50、10.110MHz CWでVE3LYC/KL7が入感。
弱い。
しかもJAは誰もQSOしていない。
しかし、コールすると気付いてくれてQSOできた。
21:02に信号が驚くほど上昇。

*3/24
6時台、7.144MHz SSBで5X3Cが入感。
QSXはJA向け7.136。
なかなか届かない。
6:55、遂に「JL3」のリターンが返ってきた。
しかし、何度コールし直しても届かず、結局諦められてしまった。
その次はコールエリア指定となった。
0から始まり、9、8、7、6、5、4、3と。
3のときにJE3某局とQSOした後、「JA3LS」のリターンが。
私???
7136を聞いてもコールしている局がいない。
やっぱ自分か。
と思っていたら、「JA3LSEですか」と言っている。
なんだ、自分じゃなかったのか。
と思っていたら、JA3LSEは空耳だったようで、聞こえないということで2エリアに行ってしまった。
えー?
やっぱり自分だったようだ。
がっかり。
その後引き続き2、1とエリア指定したものの、「下がってきた」と言って7:03にJA指定が終了となった。
あー
QSXは通常のUP5になっており、Euがたくさんコールしている。
しかし、JAでは信号は持ち直してきていて、Euを押しのけてピックアップされるJAが何局か出現。
信号が上がってきていることに気付いてJA指定を再開してくれ。
期待に反してEuを拾い続けている。
そのまま聞いていると、7:24に突然「JAの方お聞きでしたら7133」とアナウンスがあった。
お聞きです、お聞きです!
即7.133でコールすると、「Sierra Foxtrot」と返ってきた。
再度コールしてフルコピーしてもらえた。
やっとできた、5XのSSB。
モードニュー。
当局とのQSO後、もう1局JAとQSOしてQRTとなった。
ギリギリセーフだった。

7:27、7.118MHz SSBに5V7EIが出ているが、カスカス。

3/21 1140J 14095.0kHz FT8(新) E6AF (Niue) 135deg 170W
3/21 1803J 7074.0kHz FT8(新) V31MA (Belize) 45deg 200W
3/22 0729J 14018.0kHz CW 5V7EI (Togo) 310deg 160W
3/23 1018J 21074.0kHz FT8(新) E6ET (Niue) 135deg 130W
3/23 1205J 21088.6kHz RTTY E6ET (Niue) 135deg 130W
3/23 1214J 14074.0kHz FT8(新) E6AF (Niue) 135deg 160W
3/23 2056J 10110.0kHz CW VE3LYC/KL7 (NA-150) 25deg 175W
3/24 0724J 7133.0kHz SSB 5X3C (Uganda) Mode New 285deg 200W
プロフィール

JL3LSF

Author:JL3LSF
1970年生まれ
1984年、大阪府堺市でJL3LSF開局
1991年、イリノイ州シャンペインの消防署でTechnician Plus取得 (N9PLT)
2011年、Amateur Extra取得 姫路で (NA1AA)
2014年、大阪府堺市南区にQSY
2019年、開局35周年

アンテナ
 (1)地上高15m 3 element Yagi (for 20, 17, 15, 12 and 10m)
 (2)地上高17.5m Rotatable Dipole (for 40 and 30m)
 (3)地上高16m 7 element Yagi (for 6m)

空中線電力 150Wぐらい

第一級アマチュア無線技士
職業 無線技術者(第一級陸上無線技術士 = 昔で言うところの一技) 選任されている無線局は440局(2019/05/01現在)
旧第一種伝送交換主任技術者
第三種電気主任技術者
高等学校教諭一種免許(工業)
フルハーネス型墜落制止用器具特別教育受講済
専門は物理
以下省略

本業は6mのJCC/JCGハンティングで、昔は自宅からも山からもアクティブにQRV。
しかし仕事でン十kW級の無線を始めてからというもの、しばらくアマチュアを休業。
数年前から段階的にカムバックし、密集住宅街の狭い家から何を思ってか、3.5MHzから28MHzでDXを呼んではガッカリ。
移動運用で狙うDXにも限界が訪れ、2014年4月、遂にたまりかねて高台移転。
やっと普通の弱小局に格上げか???

*2014年4月24日、6バンドHexagonal Beam設置。

*2014年秋からは小さなタワーに給電してローバンドの運用を開始。

*2015年1月29日、18MHz/24MHz用4エレHB9CVを追加。

*2015年5月からは50MHz用の自作5エレF9FTを使用開始。

*2015年8月、F9FTを10MHz用釣竿ロータリーダイポールに交換。

*2015年9月、釣竿ロータリーダイポールを7MHz/10MHzの2バンド用に変更。

*2015年10月、ローバンド用アンテナをスローパーに変更。

*2016年1月、Hexagonal Beamを3エレトライバンダーに交換。

*2016年4月、スローパーを撤去して3.5MHz用のロングワイヤーを設置。

*2018年6月1日、ローバンド用のリモート局の免許を受ける。給電点海抜高655mのハーフスローパー。恐らく大阪で一番高い。ただし100W。

*2018年9月、台風21号により被災。マストパイプが曲がり、数を減らす目的で3エレトライバンダーとWARCの4エレHB9CVを統合して改造!

*2018年11月6日、リモート局のローバンド用アンテナをハーフスローパーから傾斜型に変更(160m・80m)。給電点海抜高638.5m。スカイツリーよりは高い。

*2019年1月8日、リモート局の160m用エレメントを短縮型からフルサイズ(折り曲げ)に変更。

*2019年5月6日、50MHzの6エレ八木を再設置。

*2019年7月20日、50MHzのアンテナを6エレからブーム長8.7mの7エレに交換。

今思うと、やっぱりHexagonal Beamがいちばん良いような...

アクセス
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
597位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
135位
アクセスランキングを見る>>
Amazon
Solar-Terrestrial-Data
雨雲レーダー
カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
QRコード
QR
愛用品1
フルークのテスター。安価でしっかり使える。
愛用品2
屋外でケーブル結束すると、耐候性結束バンドでも切れるのは時間の問題。エンドレスタイは耐久性が違う。必要な長さを切って使うので、結束バンドのような無駄がない。
愛用品3
台風のときに風速と気圧を測るのはコレ。