FC2ブログ

北野天満宮に行ってきた

6月1日と言えば、電波の日。
でもありますが、京都・北野天満宮では雷除大祭が行われ、年に一度このときだけ雷除けのお札やお守りを授与していただけるという。
(授与は6/1~6/3の3日間。)
遠いけれども行ってみた。

ちょっと行きにくい。
嵐電を乗り継いで行くのも乗り換えが多いし遠回りで嫌。
嫌いなJRに乗らずに行くと、これも面倒なルートとなる。
混んでいる路線バスに乗るのも嫌。
仕方ない。我慢して大阪から新快速で京都まで行き、嵯峨野線に乗り換えて円町で降りる。

s-s_DSC_5226_moz.jpg

円町駅は丸太町通り西大路西入るなので、西大路通りを今出川通りまで徒歩で1km上がって、北野白梅町の交差点を東に入れば北野天満宮まですぐだ。

s-s_DSC_5227_moz.jpg

朝9時半に自宅を出て、北野天満宮の鳥居に着いたのが12時ちょうど。
2時間半。
まあ悪くないだろう。

s-s_DSC_5229_moz.jpg

雷除大祭のポスターやら幟が出ている。

s-s_DSC_5228.jpg

s-s_DSC_5246.jpg

授与所には、普段は出ていない雷除けのお札とお守りの看板が出ている。

s-s_DSC_5236_moz.jpg

お参りをしてからお札とお守りを購入。
(諸般の事情で大量購入。)

s-s_DSC_5260.jpg

帰りも同じルートで、今出川通り(北野白梅町)から丸太町通り(円町駅)まで西大路通りを1km下って戻ってきた。

普段あまり乗りたくないJR。
円町駅から京都駅まで、それなりに満員の普通電車に乗って驚いたことがある。
途中駅の丹波口、二条、梅小路京都西では、ドアは車掌が開閉する。
しかし、なぜか終点の京都では扉は乗客がボタンを押さないと開かない。
なぜ???
満員で、全員降りる終着駅で、なぜ車掌が開けずに客が開けるのだ???
わからん。
私が降りたドアは、白人男性が慣れた手つきで開けてくれたが、ドア付近に居るのが外国人観光客の場合は、扉が開かずに困惑していた。
こういう理解しにくいJRの論理は、私のJR嫌いの一因である。
スポンサーサイト



2019/05/30夜 ・ 2019/05/31 E31A 15C

*5/30夜
21時台、14.009MHz CWでLA/DL2VFR(EU-033)が聞こえるが弱い。

21.021MHz CWでE31Aが入感。
UPはパイルで、呼び倒しも酷い。
リターンがあっても、明らかに違うコールの局がメモリーボタンを押し続けている。
一度誰かに録音してもらって自分の恥ずかしい状態を聞いた方が良い。
RPは結構変わるので、UP1ちょうどでコールしてみたら、「LSF」でリターンあり。

*5/31
0:12、14.215MHz SSBでE31Aが聞こえる。
時々OTHレーダーが動作して、辛うじて内容が聞き取れるという状況になる。
「UP5 to 10」だが、呼んでも呼んでも届かない。
Euが多い。

0:58、14.041MHz CWでMJ/OQ7A/P(EU-099)が入感。
弱い。
コールすると「JA?」と返ってきてQSOできた。
QSO終了後、「JA JA」と連呼してくれるようになった。

1:26、14.0274MHz CWでUT2LF/LHが入感。
コールしてQSO。

夜22:40、14.013MHz CWでSF50CGが入感。
結構パイルになっていたが、何とかリターンあり。

22:59、14.014MHz CWで4JF1EUが入感。
このパイルは大きい。
呼んでも呼んでも無理。

23:15、14.195MHz SSBでE31Aがまた出ている。
JA指定。
しかし、全然届かない。
途中QRXがあり、0:54再開。
FBに入感しているが、呼んでも呼んでも届かない。
1時頃にもまたASIA・JA指定となったが、まったくリターンがない。
1:16、NA・SA指定になったので断念。

5/30 2206J 21021.0kHz CW E31A (Eritrea) 300deg 125W
5/31 0058J 14041.7kHz CW MJ/OQ7A/P (EU-099) 345deg 160W
5/31 0126J 14027.4kHz CW UT2LF/LH (Ukraine) 335deg 160W
5/31 2252J 14013.0kHz CW SF50CG (Sweden) 335deg 160W

2019/06/01 ・ 2019/06/02 9M4DXX 6F, 3D2CR 40C+40S+17S+15F, R26RRC

*6/1
北野天満宮から帰宅して50MHzをワッチ。
FT8がいつもにも増して賑やかだったので、主にCQを出してQSO。
ビームを300度方向に向けていると、いつものように1エリアや6エリアから沢山のコールをいただいた。
未交信の市もあって、MIXでのJCCが少しずつ増えてきている(MIXでJCCを追いかけるかどうかは別として)。
そして、デジタルモードのJCCは、早くもWKD93となった。
(今回、不思議と郡の局は1局もいなかった。)

CQを出しながら、左側のBand Activityを眺めていると、9M4DXXが入感していたのでコール。
すぐにQSOできた。

17:45、3W9XGが入感していたのでコール。
リターンなし。
来客のため終了。

夜20:55、14.0245MHz CWでOX3XRが入感。
最初は呼ぶ局も少なかったが、間もなくクラスターを見て集まった皆さんでオンフレのどパイルに発展。
もう、“わや”。
OX3XRは嫌気がさしたのか、間もなく消えてしまった。

21:18、7.002MHz CWに3D2CRが出てきた。
ん?
3D2の?
CR?
C?
コンウェイリーフか?
UP2.44でコールすると、パイルになる前にQSOできた。
ペディション開始早々にQSOできたようで良かった。

21:45、10.116MHz CWでR26RRC(AS-204)が入感。
すぐに消えてしまった。
そのまま延々待っていると、22:27に再開された。
すぐにQSOできた。

その後、3D2CRは7.138MHz SSBに出てきた。
弱いものの、呼ぶ局が少なかったのでUP5でQSOできた。

22:50、14.195MHz SSBのE31Aは弱い。

23:26、10.131MHz FT8 F/H。
皆さんコールしているが、うちではご本尊のウォーターフォールすら見えない。
CWとSSBはQSOできたのに、FT8が見えないっておかしいよね。

*6/2
1:43、10.1225MHz CWでE31Aが聞こえる。
届きそうにない。

7.0157MHz CWでE31Aが聞こえているが、呼んでも届かない。

2:44、14.020MHz CWでR26RRCが入感。
UP1でQSOできた。

朝9:40、21.091MHz FT8 F/H で3D2CRが出ていて、皆さん呼んでいる。
しかし、やはりうちでは何も受信できない。

9:49、18.140MHz SSBで3D2CRが入感。
弱いが、UP5でコールすると「Japan Lima Three ?」と返ってきて、QSOできた。
バンドニュー。

その後、昼間で庭の芝刈り。
昼食後に雨が降ってきた。
午前中に芝を刈って良かった。

13:26、21.091MHz FT8 F/Hで3D2CRが入感。
3回コールしたところでリターンあり。
モードニュー。

夜は徹夜仕事。
雨が降り続くと中止かも。

6/1 1656J 50313.0kHz FT8 BD6JN (China) 300deg 100W
6/1 1702J 50313.0kHz FT8 BH6JFR (China) 300deg 100W
6/1 1713J 50313.0kHz FT8 9M4DXX (West Malaysia) 300deg 100W
6/1 2118J 7002.0kHz CW 3D2CR (Conway Reef) 140deg 175W
6/1 2227J 10116.0kHz CW R26RRC (AS-204) 340deg 140W
6/1 2248J 7138.0kHz SSB 3D2CR (Conway Reef) 140deg 180W
6/2 0244J 14002.0kHz CW R26RRC (AS-204) 355deg 150W
6/2 0946J 18140.0kHz SSB 3D2CR (Conway Reef) Band New 140deg 125W
6/2 1327J 21091.0kHz FT8 3D2CR (Conway Reef) Mode New 140deg 125W

50MHz国内省略

2019/06/02 ・ 2019/06/03 3D2CR 20C+40F

*6/2
15:12、14.002MHz CWで3D2CRとQSO。
弱かった。
バンドニュー。

夜の仕事に備えて寝ていたら、元請け業者の現場監督から電話がかかってきて、南部の方に雨雲があるので作業は中止だと言う。
雨雲レーダーを見る限り、絶対に降らないと思う。
現場監督もそう思い、作業班に施工するよう伝えたが言うことを聞かないらしい。
ということで、仕事は休みになった。

19時から20時半にかけて、50MHz FT8で5エリアの3局とQSO。

20:40、50MHz FT8でUN3GXが入感。
コールしてみたが、市内某局がUN3GXに半分被せてCQを出してしまい、全然受信できなくなってしまった。
同様にコールされていた高槻の某局も諦めざるを得なかった様子。

23:09、50MHz FT8でBA4SIとQSO。
この局とはQSO済みかと思ってスルーしていたが、SSBとCWでは交信しているものの、FT8は未交信だった。

*6/3
0:03、14.004MHz CWの4U1Aが良く聞こえている。
コールすると「JL3LS?」と返ってきたので、再度コール。
すると「QSL TU」と送ってきた。
大丈夫かいな?
このOP、ちょっとそそっかしい。
聞いていると、4U1Aがスタンバイしてから少し間を置いて送信し始める大半のJA局と相性が悪い。
JAが即座に送信し始めないのに耐え切れず、またリターンを送信してしまう。
すると、同時送信となって、双方とも何も聞こえない状態になってしまう。
どっちもどっちだと思うが、大半の局と同じことの繰り返しになっている。
JAの方も、前の局がそうなっているのを聞いていたはずなのに、自分も同じことをやってしまう。
大丈夫ですか???
大丈夫ですか???

1:08、14.039MHz CWでLA/DL7UXG(EU-076)が入感。
弱いしJAは誰もQSOしていないが、コールするとQSOできた。

1:12、14.195MHz SSBでまたまたE31Aが入感。
そして、またまたいつもと同じように弱い。
結局毎日コールしても届かない14MHz SSB。
何か致命的な問題あるよね。
UPでは4U1Aがコールしていた。

23:55、7.078MHz FT8 F/Hで3D2CRが入感。
3回コールしたところでリターンあり。

6/2 1512J 14002.0kHz CW 3D2CR (Conway Reef) Band New 140deg 150W
6/2 2309J 50313.0kHz FT8 BA4SI (China) 280deg 100W
6/3 0004J 14004.0kHz CW 4U1A (Vienna) 330deg 150W
6/3 0108J 14039.0kHz CW LA/DL7UXG (EU-076) 345deg 150W
6/3 2359J 7078.0kHz FT8 3D2CR (Conway Reef) 140deg 150W

2019/06/04 ・ 2019/06/05 ・ 2019/06/06 ・ 2019/06/08 TR8CA 15C, T88TJ 6F, S9A 17F

*6/4
22:02、21.010MHz CWでTR8CAが入感。
UPでコールしていたら、DWNだった。
DWN1.16でコールするとリターンあり。

*6/5
0:25、14MHz FT8でA41ZZとQSO。

3.567MHz FT8 F/Hで3D2CRが入感。
パイルがかなり大きい。
リモートではデジタルモードができないので、自宅の7MHz / 10MHzのRDPにATUで乗せてコール。
まともなアンテナの皆さんには順番にリターンがあるが、当局は届かない。

*6/6
日付が変わり、3.567MHz FT8の3D2CRを引き続きコール。
すると、0:53にリターンが返ってきた。
しかし、73が返って来なかった。
再チャレンジ開始。
1:01にまたリターンがあったが、やはり73は返って来ない。
チャレンジを続ける。
1:22にまたリターンがあったが、結局73までは無理。
諦め。

6/6夜もまた3.567MHz FT8に3D2CRが出てきた。
前日のQRVでかなりの局がQSOできたので、空いている。
結構CQ連発状態。
それでもリターンはない。
今日はリターンすら返って来ない。

*6/8
9時、50MHz FT8でT88TJが入感。
コールしていると間もなくリターンあり。
強かったのでQSOできる気がしていた。

コンディションが良さそうなので、50MHz FT8でCQ。
国内7局(1、3、7、9、0エリア)とBG6CJRがコールしてくれた。
今回は短時間だけ。
皆さんはWをコールしている。
うちでは見えない。

11:56、50.313でやっとW7EWがデコードできた。
呼んでも届かない。
12:03には信号が低下してしまったが、12:15には逆に+3まで上昇。
かと思えば12:17にはまた見えなくなった。
そしてそのうちまた+へ上がってきた。
変動が激しい。
こりゃアカン。

12:17にはW7MEMも受信できた。
12:32にはW5LDAも入感。

13じすぎの状況は、皆さんVE、9K、EX、Wをコールしている。
当局にはどれも受信できない。

13:33にはEX8MLTが受信できるようになり、それ以降Wが立て続けに見え始めた。
N6ED、W6FM、W6AYC...

50MHz SSB、CWを聞きに行く。
50.135MHz SSBではBW/JH3GGCが良く聞こえている。

またFT8に戻る。
N6ML、NA6L、NC6K、KG7CW、KQ6RS、N6ED、N6ML、AG6CV、K6SRZ、K6RO、N7OUU、KF6I、N6CA、K7JA、W7GJ...これは凄い。
強い局もあるが、どの局を呼んでもリターンがない。
そもそも、コールできる隙間が殆どない。
やっと見つけた隙間も、すぐに埋まってしまう。
アカンわ。

15:40、KG7CWが50.088MHz CWで弱く聞こえている。
本当に弱い。

17時、50MHz FT8ではA41MOが入感。
しかし、時々一瞬入感する程度。
17:23には急激に信号が上昇し、-8 → -2 → 0と上がっていった。
しかしリターンはない。
A45XRも見え始めたが、A41MOのように強くはない。
17:37にはA4勢は急激に受信できなくなった。

たくさん入感した割には何一つQSOできない。
やめ。
やめ。
隙間がないから。
隙間がなくても適当にどこかに被せてコールすれば届くような、大電力局しかQSOは無理だろう。
面白いけど面白くない。

23:40、18.095MHz FT9 F/HでS9Aが入感。
S9AのVFOの周波数がどこになっているのかよく分からないが、18.0959あたりか?
コール開始すると、たった2回でリターンあり。
なぜか空いていたので。

14.023MHz CWでは何かがオンフレのパイルになっている。
弱い。
RT4P/Mと打っているようだ。
QRZ.COMには載っていない。
パイルだが、コールすると「JL3」と返ってきて何とかQSOできた。

6/4 2205J 21010.0kHz CW TR8CA (Gabon) 300deg 140W
6/5 0025J 14074.0kHz FT8 A41ZZ (Oman) 290deg 150W
6/8 0903J 50313.0kHz FT8 T88TJ (Palau) 190deg 100W
6/8 1122J 50313.0kHz FT8 BG6CJR (China) 60deg 100W
6/8 2343J 18095.9kHz FT8 S9A (Sao Tome & Principe) 300deg 125W
6/9 0001J 14023.0kHz CW RT4P/M (Russia) 340deg 140W

国内省略。

2019/06/09 S9A 15F, KL7HBK 6F

*6/9
1:40頃、21.0919MHz FT8でS9Aが入感。
なんでそういう周波数なのか。
コールしているとリターンあり。

朝は色々と用事を済ませ、昼前から50MHzをワッチ。
今日もコンディションは良さそうなので、コールしたりCQを出したり。

12:17、50MHz FT8でCQを出していると、KL7HBKのCQが出たので、CQを止めて即コール。
2回目のコールでリターンあり。
FT8のKLは初交信。
KL7HBKとはCWで交信したことがある。

その後13時すぎまで、また50MHzでFT8やSSBやCWで国内局とQSO。
一番良かったのはJQ1AHT/7(東田川郡庄内町)。
山形県の郡は、まだ3つしかない。

夜は21時すぎからまた50MHz。
FT8で国内のコンディションがFB。
はじめは1エリアや6エリアがたくさん見えていたが、物色しているうちにコンディションが低下。
4局しかQSOできなかったが、初めての市は3つQSOできた。

6/9 0142J 21091.9kHz FT8 S9A (Sao Tome Is) 300deg 120W
6/9 1200J 50313.0kHz FT8 BH3OQQ (China) 80deg 100W
6/9 1217J 50313.0kHz FT8 KL7HBK (Alaska) 30deg 100W
6/9 1220J 50313.0kHz FT8 BA4MY (China) 30deg 100W

国内省略。

2019/06/09深夜 ・ 2019/06/10未明 S9A 12F

*6/9深夜
23:20、18.073MHz CWでS9Aが入感。
良く聞こえているが、パイルが大きい。
23:32に「QRX 20MIN」となった。
しかし、待てど暮らせど戻って来ない。

*6/10未明
日付が変わってワッチを続けていると、24.9117MHz FT8にS9Aが出てきた。
当然信号は弱いが、ガラ空きで、コールするのは1~3局程度。
MSHVで2波立てられたらデコードできないが、1波なら受信可能。
何度かコールすると、それまで2波立っていたのが1波になったのが確認できた。
キタ!
多分これ、キタ!
やはり自分へのリターンだった。
12mのS9はバンドニュー。
この改造5バンドアンテナ、結構いけるなあ。

1:00、21.290MHz SSBでもS9Aが聞こえる。
弱い。
Euの壁がある。

2:10、18.073MHz CWでS9Aが聞こえる。
強くはないが、良く聞こえている。
しかし、呼んでも呼んでもEuの壁が厚い。
2:30いい加減断念して就寝。

6/10 0051J 24911.7kHz FT8 S9A (Sao Tome Is) Band New 300deg 100W

2019/06/10 Wやら何やらで大賑わいの50MHz、しかし受信すらままならずorz

*6/10日中
リフレッシュ休暇第二弾。
8:56、50MHz FT8ではKL7HBKが見えている。
皆さんWをコールしているが、当局に見えるのはKL7HBKだけ。
9:56、やっとW3UUMが見えた。
9:58、N5OSKとK5EWも見えた。
10:27、K5QE、AA5Cも入感。
ただし、どの局もすぐに受信できなくなる。
その後、KB7IJ、N5JRが入感。
皆さんには大量のWが受信できているようで、例によって隙間のないパイルとなっている。
当局はと言うと、時折瞬間的にWがデコードされるだけで、コールできる相手は1局もない。
こんなに賑わっていながら、1局も交信できないとは。

11:46、少しWの入感は落ち着いてきた様子で、パイルは収まっている。
JA2HMO局がCQを出していて、調べると羽島市らしい。
羽島市はSSBで長年焦げ付いているので、苦し紛れにQSO。
MIXのNEW。
(MIXかFT8でJCCを追いかけるかどうかの結論は出ていない。)

午後も50MHz FT8は受信しっ放し。
14:46、SV1EDUが入感。
弱い。
その後、SV8CSも見えた。
やはり長続きはしない。

諄くて申し訳ないが、こんなに賑わっていながら、1局も交信できないとは。
エレメントを1本や2本増やしたところで、受信できるようになるとも思えず...何をどうすれば受信できるのやら。

2019/06/10夜 ナニこれ?夜の中央アジアめっちゃ好調!

*6/10
昼間はこてんぱんだった50MHz。
22:50に何となくワッチしてみると、EX8MLTが入感しているではないか!
コールしてみると、すぐにリターンが返ってきたではないか!
UK9AAも入感している。
コールすると、これもリターンあり。

その後もしばらく眺めていると、EX8MLTもUK9AAも暇そうにCQ連発。
EX8MLEも入感したが、EX8MLTと間違えるというありがちな勘違いでスルーしてしまった。
EX8MLEは受信できなくなった。

23:03、EX8MLTをUN7TWがコールしている。
しかも強い。
EX8MLTをコールするUN7TWをコールすると、すぐに応答してくれた。
-1を送って-8を貰った。

もっと見えへんかなあ。

と思っていたら、UN3GXが入感。
早速コールしてQSO。

23:33にUK9AAがUN7EGとQSOしていたが、UN7EGは見えなかった。

やっぱりこの方面は、ノー障害物なので良いなあ。
そして今夜は、誰一人クラスターにスポットしなかったのが良かった。

6/10 2222J 14090.0kHz FT8 S9A (Sao Tome Is) 300deg 120W
6/10 2253J 50313.0kHz FT8 EX8MLT (Kyrgyzstan) 305deg 100W
6/10 2255J 50313.0kHz FT8 UK9AA (Uzbekistan) 305deg 100W
6/10 2304J 50313.0kHz FT8 UN7TW (Kazakhstan) 305deg 100W
6/10 2322J 50313.0kHz FT8 UN3GX (Kazakhstan) 305deg 100W

2019/06/11 ・ 2019/06/12 9K2HS 6F, S9A 40F

*6/11
0:18、14.004MHz CWでOJ0AWが入感。
UP1.6でQSOできた。

21.023MHz CWのS9Aは無理。

14.074MHz FT8では色々と出ているが、9G2HOをコールしてみる。
消えてしまった。

朝8:56、50MHz FT8でW4UDHが入感。
ある局にリターンが返ったがその局が反応せず、何度もリターンを送っているうちに信号が低下してしまった。
あーあ。

9:02、W5LDAが入感。
しばらく-5ぐらいで安定。

そう言えば、JP1LRT局のブログで50.280MHzを国内専用FT4/FT8の周波数にすることを広報されていたのを思い出し、徐にCQを出してみた。
10回CQを出したが、何の反応もない。
そのうち皆さん覗いてくれるようになるかな。

9:53、50MHz FT8でDU6/PE1NSQが入感したのでQSO。

10:15、KL7HBKが+2で安定して入感している。
その後、JG3IFX/8(檜山郡厚沢部町)やVR2019CWCとQSO。
しかし、それ以上特筆するようなところは入感しないので、午前の部終了。

昼食後、また50MHzのワッチ。
12.32、PCのディスプレイを眺めていると、9K2HSのCQを見逃さなかった。
-2!
つっよ!
空いていたので上の方で即コール。
なんと、「+1」が返ってきた。
なかなかチャンスに恵まれなかった9Kを遂にWKD。
6m 45エンティティ目かな。

他に何か出て来ないかなーと思って画面を注視していると、UN6T、UK9AA、EX8MLT、UN3GX、VK8AWというお馴染みの面々が見えてきた。
とりあえず、UN6TだけQSO。

13:59にはUN7TWが、14:56にはUK8FFと9K2GSも入感してきた。

15:02には9K2ODも入感。
コールをし始めると、途中から「CQ ZL」に変えられてしまった。
んー

15:11、更に4X4DKも見え出した。
この頃には流石に大量のJAが6mに集結してしまっていて、パイルが大きい。
15:45には信号が上昇し、15:51には-3へ、15:53には0へ、15:56には+4まで上昇した。
QSOできるような錯覚に陥るが、全然リターンはない。
16:00には信号が低下し始めたが、16:02には-2へと持ち直してきた。
気を取り直して頑張ろうと思った矢先の16:05、例の市内某局が、またまた4X4DKのすぐ横でCQを出し始めた。
もうこれで抑圧されて4X4DKは完全に見えなくなってしまった。
この局、毎回毎回毎回毎回珍局のすぐ横または珍局に半被せしてCQを出すが、これはわざとなのか、無意識にそうできる能力があるのか、どちら???
この局のCQが終わると、4X4DKは消えていた。

16:24、今度は5B4ALXが入感。
16:40頃には信号が上昇。
その後低下したが、17:10にはまた強くなった。
頑張ってコールしてみたが、自分のミスもあってチャンスを逃してしまった。
また次回。

実は、印刷屋に発注していた新しいQSLカードが届いたので、昼に120枚ほど記入して、FT8でコールしながら順番に並べ替えて、JARLビューローに送る準備をしていた。
17:30にこのQSLと、9K2HSへのSASEを投函しに〒へ。

18:17、JG3IFX/8が久遠郡せたな町へ場所移動したようなのでQSO。

夕食後、また50MHzをワッチしながらメールを打っていると、スマホにアラームメールが次々と届いた。
職場でヤバいことが発生し、慌てて処置してから、某局と某局とで緊急出動。
帰宅したら2時だった。
一息ついて歯を磨いて寝る用意をしていると、ガラガラの7.056MHz FT8でS9Aが入感していたので、すぐにQSOして就寝。
風邪を引いたので早く寝たかったのに...
それと、リフレッシュ休暇だったのに出勤してしまったので、また取り直し。
あれ「私リフレッシュ休暇なので対応しません」って言ってたら、間違いなく事故ってた。

6/11 0019J 14004.0kHz CW OJ0AW (Market Reef) 345deg 120W
6/11 0954J 50313.0kHz FT8 DU6/PE1NSQ (Philippines) 220deg 100W
6/11 1022J 50313.0kHz FT8 JG3IFX/8 (檜山郡厚沢部町) 45deg 100W
6/11 1025J 50313.0kHz FT8 VR2019CWC (Hong Kong) 240deg 100W
6/11 1234J 50313.0kHz FT8 9K2HS (Kuwait) 300deg 100W
6/11 1239J 50313.0kHz FT8 UN6T (Kazakhstan) 300deg 100W
6/11 1817J 50313.0kHz FT8 JG3IFX/8 (久遠郡せたな町) 30deg 100W
6/12 0306J 7056.0kHz FT8 S9A (Sao Tome Is) 300deg 175W
プロフィール

JL3LSF

Author:JL3LSF
1970年生まれ
1984年、大阪府堺市でJL3LSF開局
1991年、イリノイ州シャンペインの消防署でTechnician Plus取得 (N9PLT)
2011年、Amateur Extra取得 姫路で (NA1AA)
2014年、大阪府堺市南区にQSY
2019年、開局35周年

アンテナ
 (1)地上高15m 3 element Yagi (for 20, 17, 15, 12 and 10m)
 (2)地上高17.5m Rotatable Dipole (for 40 and 30m)
 (3)地上高16m 7 element Yagi (for 6m)

空中線電力 150Wぐらい

第一級アマチュア無線技士
職業 無線技術者(第一級陸上無線技術士 = 昔で言うところの一技) 選任されている無線局は440局(2019/05/01現在)
旧第一種伝送交換主任技術者
第三種電気主任技術者
高等学校教諭一種免許(工業)
フルハーネス型墜落制止用器具特別教育受講済
専門は物理
以下省略

本業は6mのJCC/JCGハンティングで、昔は自宅からも山からもアクティブにQRV。
しかし仕事でン十kW級の無線を始めてからというもの、しばらくアマチュアを休業。
数年前から段階的にカムバックし、密集住宅街の狭い家から何を思ってか、3.5MHzから28MHzでDXを呼んではガッカリ。
移動運用で狙うDXにも限界が訪れ、2014年4月、遂にたまりかねて高台移転。
やっと普通の弱小局に格上げか???

*2014年4月24日、6バンドHexagonal Beam設置。

*2014年秋からは小さなタワーに給電してローバンドの運用を開始。

*2015年1月29日、18MHz/24MHz用4エレHB9CVを追加。

*2015年5月からは50MHz用の自作5エレF9FTを使用開始。

*2015年8月、F9FTを10MHz用釣竿ロータリーダイポールに交換。

*2015年9月、釣竿ロータリーダイポールを7MHz/10MHzの2バンド用に変更。

*2015年10月、ローバンド用アンテナをスローパーに変更。

*2016年1月、Hexagonal Beamを3エレトライバンダーに交換。

*2016年4月、スローパーを撤去して3.5MHz用のロングワイヤーを設置。

*2018年6月1日、ローバンド用のリモート局の免許を受ける。給電点海抜高655mのハーフスローパー。恐らく大阪で一番高い。ただし100W。

*2018年9月、台風21号により被災。マストパイプが曲がり、数を減らす目的で3エレトライバンダーとWARCの4エレHB9CVを統合して改造!

*2018年11月6日、リモート局のローバンド用アンテナをハーフスローパーから傾斜型に変更(160m・80m)。給電点海抜高638.5m。スカイツリーよりは高い。

*2019年1月8日、リモート局の160m用エレメントを短縮型からフルサイズ(折り曲げ)に変更。

*2019年5月6日、50MHzの6エレ八木を再設置。

*2019年7月20日、50MHzのアンテナを6エレからブーム長8.7mの7エレに交換。

今思うと、やっぱりHexagonal Beamがいちばん良いような...

アクセス
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
858位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
183位
アクセスランキングを見る>>
Amazon
Solar-Terrestrial-Data
雨雲レーダー
カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
QRコード
QR
愛用品1
フルークのテスター。安価でしっかり使える。
愛用品2
屋外でケーブル結束すると、耐候性結束バンドでも切れるのは時間の問題。エンドレスタイは耐久性が違う。必要な長さを切って使うので、結束バンドのような無駄がない。
愛用品3
台風のときに風速と気圧を測るのはコレ。