FC2ブログ

2019/07/30 7X2TT 20F

*7/30
1:25、14.095MHz FT8 DXpeditionモードで7X2TTがQRV。
カスカスで入感。
コールすると間もなくリターンあり。
こちらから-24を送って、-21をもらった。

7/31から8/3までは8エリアへ旅行。
室蘭から北見まで走らされた。
このレンタカーで。
遠かった。

7/31 新千歳空港→支笏湖(千歳市)→登別温泉(登別市) 97km
8/1 登別温泉→旭山動物園(旭川市)→温根湯(北見市) 371km
8/2 温根湯(北見市)→旭川→美瑛→白金青い池→ファーム富田→滝川IC→札幌 349km
8/3 札幌→さっぽろ羊ケ丘展望台→新千歳空港 49km
合計866km+α

S_DSC_6268.jpg

S_DSC_6309.jpg

S_DSC_6336.jpg

S_DSC_6346.jpg

S_DSC_6362.jpg

S_DSC_6370.jpg

S_DSC_6373.jpg

S_DSC_6390.jpg

S_DSC_6543.jpg

7/30 0132J 14095.0kHz FT8 7X2TT (Algeria) 330deg 150W
スポンサーサイト



2019/08/04 FD, CY9C 20F

*8/4
0:16、10.131MHz FT8でCY9CをコールするJAがいる。
当然当局では受信できない。
0:32にはA45某局がQSO成立か?

0:58、14.090MHz FT8でもCY9Cが出ているようで、UR4某局がコールしている。
当然当局では受信できない。

7:25、10.131MHz FT8でVK9APXをコールしている局がいる。
CY9Cも出ているようだが、VK9/Lでさえ受信できない。

どうも50MHzの7エレの性能が出ていないように思うので、朝からタワーに登る。
7エレをHFのビームと90度交差配置にした。
アンテナアナライザーで測ってみると、事前の共振周波数が48.95MHz付近であったのが、事後では50.52MHz付近にも共振点ができた。
しかも広帯域の特性が出て良くなった。

早速50MHzでフィールドデーコンテストの様子をワッチ。
1、2、5、9、0エリアの9局とQSO。
特筆すべきは、近年コンテストでさえも静岡の局が全然聞こえなくなっていたのが、今日は2局QSOできた。
そして、JK1LSE/1局も久々の1エリアグランドウェーブだった。

15:45、50MHz FT8でJJ0AWXが突然ふわっと浮いて受信できた。
すぐにコールするとリターンあり。
今までは一方通行だったが、リターンが返ってくるようになった。

夜、JA2IGYのビーコンを聞いてみる。
聞こえる。
昔、実家では普通に聞こえていたが、ここに引っ越してきてから、東側の山が近くなったせいか受信できなかった。
そして、7エレを90度ずらして聞こえるようになった。
明らかに7エレの性能が改善された。
Eu方面に対しては、今年はもう手遅れで、また来年のお楽しみか。

20:30、14.090MHz FT8 DXpeditionモードでCY9Cが出ている。
最初は非常に弱く、時々しか受信できなかったが、間もなく信号が上がってきた。
15分ぐらいコールしていると、リターンあり。
73の頃には更に信号が上昇し、ウォーターフォールが赤色になっていた。

8/4 2047J 14090.0kHz FT8 CY9C (ST. Paul) Mode New 10deg 150W

今日現在のアンテナの様子

こんな感じ。

S_DSC_6779.jpg

2019/08/14 ・ 2019/08/15 ・ 2019/08/16 TO5Mはムリ, KH8C 30F

*8/14
帰宅してワッチ。
20:14、14.035MHz CWでTO5Mが聞こえている。
弱いなあ。

10.143MHz FT8でもTO5Mが入感。
21時からはWやEuを拾い始めた。

TO5Mは無理だった。

*8/15
夕方、10.143MHz FT8でTO5Mが出ているが不感。
東日本の局がQSOしている。

10.136MHz FT8でKH8Cが入感。
いくらコールしてもリターンなし。
17:44にQRTとなった。

18時、10.143MHzのTO5Mを再度ワッチ。
何となくウォーターフォールに黄色い筋がうっすらと見えるのだが、デコードできない。
18:50には黄色の筋が濃くなってきたが、それでもデコードできない。
諦めて夕食へ。
夕食から戻って確認すると、18:02から18:12の間に信号が上昇し、なんと-1でデコードできていたことが判明。
がっかり。
18:59にも-7で受信できたが、すぐに受信できなくなった。

19:35、TO5Mのオンラインログを眺めていると、20m FT8にQRVし始めたことがわかった。
探してみると、14.085MHzにでていることが窺えた。
しかし、御本尊が例の如く受信できない。
19:37にやっとTO5MのCQがデコードできた。
コールするが、またCQが出る。
皆さんコールしているのに、延々のCQとなっている。
おかしい。
19:42には-4となった。
しばらくして交信が成功した局がいる。
マルチアンサーされるとデコードできなくなる。
信号は-5程度で安定している。
それでも全然届かない。
JAからはかなり一方通行ぎみ。
19:52、WとQSOしている。
おいおい...
いい加減台風10号の有人待機に出勤しよう。
と言うことで断念。

*8/16
明けで昼に起床。
13:11、50.160MHz CWで何か聞こえる。
しかしすぐに聞こえなくなった。
ビームが西方向なので、多分あの方々が九州のどっかに行っているのかと。
FT8にQSYしたかと思ってワッチするが、見当たらない。
探していると、50.285MHz RTTYでJA5RWY/6(福岡県嘉麻市)を発見。
やっぱり。
コールするが、全然届かない。
デコード率も良くない。
しばらく呼んでいたが、消えてしまった。
次はFT8かな?
WSJT-Xを起動すると、JG3IFX/Pが受信できた。
Esで東の方とQSOされていたが、コールしているとリターンあり。
ここはSSBが欲しいけど、この信号強度では無理ねー。

15:20、14.005MHz CWでZS9Vが入感。
弱い。
コールするが全然届かない。
15:41には信号が少し上昇。
15:50にはかなりFBに入感するようになった。
しかし、15:53には低下に転じ、16:05にはほぼ不感となってしまった。

17:55、TO5Mが出てくるのを待っていると、10.136MHz FT8で昨日撃沈したKH8Cを発見。
慌ててコールすると、「Hold TX Freq」のチェックが外れて、オンフレになってしまった。
あー、と思っているとリターンあり。
たまたまオンフレになったのが幸いして一発でQSOできてしまった。
昨日の惨状は何だったのだろう。

10.107MHz CWでTO5Mが出ているようで、皆さんUPでコールしている。
しかし、うちでは御本尊が受信できない。
20mに出てきてくれ。

TO5Mがなかなか14MHzに出て来ないので、50MHzをワッチ。
18:28、50.213MHz SSBでJA6WCYが聞こえる。
到来方向は正面よりも南寄りの210度。
Sは5振っている。
未交信の奄美市なのでQSOしたいが、呼んでも、9エリアが珍しいのか9エリアばかり拾ってしまって、QSOしてもらえない。
そのうち聞こえなくなった。
逃してしまった、残念。

50.203MHz CWではJS6SCOが入感。
何度か呼び負けたが、QSOできた。
宜野湾市。

50.220MHz SSBではJS6TWW(島頭郡南大東村)が入感。
この局とは交信済みだと思っていたが、未交信だった。
コールしてQSO。

18:50、TO5Mのリアルタイムログを見ていると、14MHzに出てきた。
しかし、何とFT4だ。
探してみると、14.080MHzのようだ。
御本尊はやはりデコードできない。
仕方ないので今のうちに夕食を。

その前に、50.313MHz FT8にKG6DXが出てきたのでコール。
すぐにQSOできた。
以前はこの局をいくら呼んでもリターンがなかったが、7エレに変えた成果だろうか。

19:48、TO5MはFT4をやめてCWにQRVしている。
最初は14.026MHzだったようだが、14.025MHzに移ったようで少し混乱している。
御本尊は聞こえるが、弱い。
コールしてみるが、リターンは聞きづらいしパイルも大きいし。
これは無理。
そもそも、運用モードを日替わりで変えるのはやめてくれ。
狙いにくい。
毎日14MHz FT8 F/Hをやってくれればいいのに。
ホームページには「Provide as many ATNO´s as possible」や「Focus on Asia & OC」と書いてあるが、面白くない冗談は要らん。
この人達とQSOするのは無理だと思う。

20CでTO5Mをコールしながら、FT8とFT4の変更届を電子申請で行った。
附属装置諸元表さえ修正すれば、手続き自体は簡単だ。
しかし、提出後に諸元表に誤記を見付けてまた差し替え...
なにはともあれ、これでWSJT-X 2.1.0を使ってFT4にもQRVできるようになった。

8/16 1343J 50313.0kHz FT8 JG3IFX/P (福岡県嘉麻市) 280deg 100W
8/16 1344J 50313.0kHz FT8 DS2JJV (Korea) 280deg 100W
8/16 1406J 50313.0kHz FT8 JE3WQU (京都府相楽郡精華町?) 280deg 100W
8/16 1758J 10136.0kHz FT8 KH8C (American Samoa) 130deg 140W
8/16 1842J 50203.0kHz CW JS6SCO (宜野湾市) 210deg 100W
8/16 1849J 50220.0kHz SSB JS6TWW (沖縄県島尻郡南大東村) 200deg 100W
8/16 1857J 50313.0kHz FT8 KG6DX (Guam) 170deg 100W

2019/08/17 FT4運用開始, 西宇和郡6m, TO5Mはなお撃沈

*8/17
FT4の変更届を行ったので、早速テストQSOを試みる。
14.080MHzをワッチ。
お馴染みのOD5某局をコール。
何度呼んでもなしのつぶて。
ターゲット変更。
SV1QTを呼んでみる。
間もなくリターンあり。
FT4のファーストQSO、とりあえず成功。

次、今年よくQSOしているYO9HPをコール。
すんなりとQSO完了。
FT4で思ったこと。
FT8では送るRPTよりも貰うRPTの方が大概低いが、今のところFT4では逆転。
これからどうなる???

朝6時すぎ、50.285MHz RTTYでJA5RWY/6(田川郡赤村)。
信号は弱いが何とかQSO。
しかし、長町さん私のプリフィックス間違えて覚えてないかい?
まあいいけど。
続いて50.313MHz FT8でJG3IFX/PともQSO。

その後また一寝入り。

11時半、50MHz FT8でCQを出してみる。
JA3UVR、JM1SZY、JH6JWE、JH3RVF、JA3BXC、JH2SBBがコールしてくれた。

12:09、50.160MHz CWでJG3IFX/6(京都郡みやこ町)とQSO。
続けてSSBでもQSO。

12:27、50.285MHz SSBでJA5RWY/6(京都郡みやこ町)とQSO。
続けてRTTYでもQSO。
しかし、長町さんやっぱり私のプリフィックス間違えて覚えてないかい?

14:05、50.247MHz RTTYのJA5SUI/5(那賀郡那賀町)がFBに入感していたのでコール。

15:05、14.005MHz CWでZS9V(AF-064)が入感。
昨日は撃沈だったが、今日は3分でリターンあり。

15:53、それまで50.280MHz FT8でCQを出していたJD1BHAが、50.220MHz CWにQSYしていた。
コールしてQSO。
母島。

17時、JK6GPS(曽於市)が入感。
3エリアの局とQSOしているが、信号がどんどん低下している様子。
QSO終わりでコールするが、1エリアの局をピックアップ。
その次も果敢にコールすると、「3LSF」は取ってくれた。
「プリフィックスをミスってます」と言われて、再度コール。
フルコピーをしてくれたのが確認できたところで、完全に落ちてしまった。
んー...

夕方はEsで8エリアがたくさん入感。

昼にJG3IFX/6とQSOしたときに、1エリアの局に「また西宇和郡も出てきます」と言っていたので、待ち受け。
問題は50.160で待つか、50.313で待つか、50.285で待つか...
んー、ここは50.313に賭けてみよう。
フェリーの時間などを想像して、出てくる時間を予測。

19:15頃、50.313MHzで一際大きな音で「ぴー」と聞こえてきた。
デコードが完了する前に、西宇和郡に違いないと確信。
やっぱり正解だった。
JG3IFX/P西宇和郡伊方町。
そいう言いつつも、コールするのは一歩出遅れ。
前の局が終わって、コールすると、あれ?
反応がない。
おかしいなと思っていると、oddとevenを変えられていた。
次のCQでダブルクリックし直して、何とかQSO成功。
やっとQSOできた西宇和郡。
ちなみに愛媛県の郡は、あと北宇和郡の焦げ付きと南宇和郡の未交信がある。
19:16頃にFT8のCQが途切れたので、160と285を警戒。
50.285MHz SSBでJA5RWY/5が出てきてQSO。
その後RTTYもWKD。
やっとプリフィックスの間違いに気づいてくれた。かな?

20時、50.160MHz CWでJG3IFX/5が聞こえたのでQSO。
SSBもQSOしたかったが、このタイミングで待ちかねていたTO5Mが20Fに出てきたので断念。

20時、TO5M。
14.080MHzのFT8よ。
えー?これFT4の周波数!
あかんやつ。
ま、とりあえずパイル参戦。
足の踏み場がないパイル。
全然リターンがない。
しばらくして信号も上昇して調子良くデコードしていたが、まったく手応えがない。
20時半を過ぎたら、信号が低下してきた。
あー、もうデコードできん。
あかん。
しかもFT4のQRM辛い。
御本尊の上にも容赦なくFT4が被さる。
こんな周波数でやるか!
21時頃、やっと気付いたんかいな、14.085MHzにQSY。
もう遅いわ。
デコードできんぐらい低下してしもてる。
それでも皆さん結構コールしている。
凄いね、デコードできるの?!コレ
しかし、間もなくコールする局もだんだん減ってきた。
最終的には誰も呼ばなくなった。
今日も撃沈。
やっぱりあの人達とQSOするのは無理だ。
14.080とか痛恨の痛恨でしょ。

21:35、TO5Mの望みはないので、18.076MHz CWのOJ0Oをコール。
何かよくわからんが、OJ0がDXCCのエンティティ―になって50周年記念なのかな?
それでなのか、大パイルになっている。
UPで延々コール。
なかなかリターンがない。
22時頃にはだいぶ弱くなってしまった。
22:18、ほとんどカスカスになってきたところで、「JL3」のリターン。
再度コールを送るが、もうわからん。
あーヤバい。
その後二度と上がっては来なかった。

8/17 0019J 14080.0kHz FT4 SV1QT (Greece) 310deg 150W
8/17 0119J 14080.0kHz FT4 YO9HP (Romania) 330deg 150W
8/17 0617J 50285.0kHz RTTY JA5RWY/6 (福岡県田川郡赤村) 260deg 100W
8/17 0635J 50313.0kHz FT8 JG3IFX/P (福岡県田川郡赤村) 260deg 100W
8/17 1132J 50313.0kHz FT8 JA3UVR (守口市) 80deg 100W
8/17 1133J 50313.0kHz FT8 JM1SZY (横浜市青葉区) 80deg 100W
8/17 1138J 50313.0kHz FT8 JH6JWE (長崎市) 260deg 100W
8/17 1145J 50313.0kHz FT8 JH3RVF (西宮市) 150deg 100W
8/17 1147J 50313.0kHz FT8 JA3BXC (箕面市) 70deg 100W
8/17 1154J 50313.0kHz FT8 JH2SBB (名古屋市守山区) 70deg 100W
8/17 1209J 50160.0kHz CW JG3IFX/6 (福岡県京都郡みやこ町) 270deg 100W
8/17 1215J 50160.0kHz SSB JG3IFX/6 (福岡県京都郡みやこ町) 270deg 100W
8/17 1227J 50285.0kHz SSB JA5RWY/6 (福岡県京都郡みやこ町) 270deg 100W
8/17 1232J 50285.0kHz RTTY JA5RWY/6 (福岡県京都郡みやこ町) 270deg 100W
8/17 1408J 50247.0kHz RTTY JA5SUI/5 (那賀郡那賀町) 240deg 100W
8/17 1508J 14005.0kHz CW ZS9V (AF-064) 260deg 150w
8/17 1553J 50220.0kHz CW JD1BHA (東京都小笠原支庁小笠原村母島) 165deg 100W
8/17 1702J 50285.0kHz SSB JK6GPS (鹿児島県曽於市) 235deg 100w
8/17 1918J 50313.0kHz FT8 JG3IFX/P (愛媛県西宇和郡伊方町) 265deg 100W
8/17 1945J 50285.0kHz SSB JA5RWY/5 (愛媛県西宇和郡伊方町) 265deg 100W
8/17 1947J 50285.0kHz RTTY JA5RWY/5 (愛媛県西宇和郡伊方町) 265deg 100W
8/17 2001J 50160.7kHz CW JG3IFX/5 (愛媛県西宇和郡伊方町) 265deg 100W
8/17 2218J 18076.0kHz CW OJ0O (Market Reef) 350deg 120W

2019/08/18

*8/18
日付が変わって、OJ0Oが10.108MHz CWに出てきた。
信号は弱い。
浮き上がったと思ったら、次の瞬間に下がる。
QSBのピークでコールしていると、2:03にそれっぽいリターンがあり。
再送していると、完全に落ちてしまった。
その後も様子を見ながらコール。
2:15、カスカスながらまたリターン。
RSTの交換はできたようだが、ちゃんとコピーしてもらえているかどうかは不安がある。

トライバンダーに接触不良の疑いがあるので、朝の涼しいうちにタワーに登って、ラジエターだけ降ろして点検。
作業開始と同時に日が出てきて、結局暑くなった。
まずトラップコイルの状態を確認する。
悪い所はない。
と言うよりむしろ良好。
よくあるのが、ボビンのネジ穴がバカになることだが、ボビンが太いのでしっかりしている。
次に怪しいのは給電点の電蝕。
酷い状況ではないが、少し電蝕がある。
アルミパイプと給電用の圧着端子とアルミ製のスタブを、サンドペーパーで磨く。
半日シャックで様子を窺って、調子が良くなっている。
やはりあの若干の電蝕が原因だったか。
でもまたそのうち電蝕が起こるよなあ...

午後は50MHzをワッチ。
FT8でCQを出すと、11局が呼んでくれた。

16:25、50MHz FT8でJH5YYQが強力。
あまりにもFB SIGなのでコールしてQSO。

その後、14MHz FT8をワッチすると、3D2MPが強い。
コールすると2番目にリターンあり。
Fijiのデジタルモードはモードニュー。

TO5M。
8月18日までとアナウンスしておきながら、17日UTCのうちに早々とQRTしてしまったのだろうか。
ホームページには「Our Goals」という項目があって、そこに「Provide as many ATNO´s as possible 」と掲げられている。
「Focus on Asia & OC」とも記載されている。
それにもかかわらず、ATNOを提供しようとか、Asiaに特段の配慮をしようとかいう姿勢が何一つ感じられなかった。
残念と言うか、酷いペディションだった。
QSOできた人は他人事かも知れないが、逃した者としてはどの点を取ってみても腸が煮えくり返る。
このエンティティ―はいつになったらQSOできるのだろう。

50MHz省略。
8/18 1653J 14074.0kHz FT8 3D2MP (Fiji) Mode New 140deg 160W

2019/08/18 ・ 2019/08/21 ・ 2019/08/22 ・ 2019/08/24 7P8JK, S92HP, 50MHz Euと9エリア出張

*8/18夜
18.155MHz SSBで7P8JKが入感。
コールするが呼び負ける。
ひと通り皆さん順に拾われて、ほぼ最後にやっとリターンあり。
モードニュー。

*8/21
0:56、14MHz FT4でS92HPが入感。
コールするとすぐにQSOできた。

夜もまた14MHz FT4をワッチ。
GB60ATGが入感したのでQSO。

23:35、14.225MHz SSBで7P8JKが入感。
呼んでいる局はおらず、すぐにQSOできた。

*8/22、毎年恒例の9エリア出張。
小浜市で仕事をして民宿に宿泊。
2日目はもう少し足を伸ばして、福井市内で中波某局を見物。
新人の実習を兼ねて、誠に失礼ながら勝手にアンテナの見掛効率も実測。
その後更に勝山市まで行き、同様に某局の見物。
ここのアンテナは、ボーっと見ていれば気付きにくいが、不思議なアンテナだった。
道中、鳴鹿大堰と龍ヶ鼻ダムと浄土寺ダムに立ち寄り。
大規模な水力発電設備がないので、新人の電験の受験勉強には物足りなかったか。
8/23の天気予報は大雨の予報で、警報も出ていたが、福井では雨は殆ど降らず。
なんじゃい???

*8/24
1時、10MHz FT8をワッチ。
ER5DXをコールしてQSO。
すると、SP5MXZも呼んできたのでQSO。

朝、50MHzをワッチ。
FT8でBX2ADEが強いのでQSO。

午後も50MHz。
RTTYでJJ3INK/4(高梁市)、FT8でJO1LVZ、JJ3INK/4(総社市?)、JA1BOP、SSBでJA5RCT/5(三好市)とQSO。

夕方、50MHz FT8で先生方がCQ DX。
しばらく眺めていると、Euを呼ぶ先生も出現。
うちでも受信できるかな?と思って更に眺めていると、17:37に遂にSP4MPBをデコード。
コールするが1分で見えなくなった。
それでも、いつものように一回限りのデコードではなかったので、望みがある。
じっと受信していると、再度SP4MPBが入感。
コールしていると、どんどん強くなってきた。
しばらく呼んでいると、リターンあり。
この瞬間の信号は-3まで上がっていた。
やっぱりこの7エレいけるわ。
その後、夕食中にもう1局SP3QDMが入感していた。

8/18 2136J 18155.0kHz SSB 7P8JK (Lesotho) Mode New 255deg 120W
8/21 0056J 14080.0kHz FT4 S92HP (Sao Tome & Principe) 300deg 150W
8/21 2201J 14080.0kHz FT4 GB60ATG (England) 340deg 150W
8/21 2335J 14225.0kHz SSB 7P8JK (Lesotho) 255deg 150W
8/24 0106J 10136.0kHz FT8 ER5DX (Moldova) Band New 305deg 150W
8/24 0107J 10136.0kHz FT8 SP5MXZ (Poland) 305deg 150W
8/24 1015J 50313.0kHz FT8 BX2ADE (Taiwan) 230deg 100W
8/24 1407J 50272.8kHz RTTY JJ3INK/4 (高梁市) 280deg 100W
8/24 1419J 50313.0kHz FT8 JO1LVZ (?) 280deg 100W
8/24 1312J 50313.0kHz FT8 JJ3INK/4 (総社市?) 280deg 100W
8/24 1708J 50237.1kHz SSB JA5RCT/5 (三好市) 250deg 100W
8/24 1728J 50313.0kHz FT8 JA1BOP (川崎市) 330deg 100W
8/24 1747J 50313.0kHz FT8 SP4MPB (Poland) 330deg 100W

プロフィール

JL3LSF

Author:JL3LSF
1970年生まれ
1984年、大阪府堺市でJL3LSF開局
1991年、イリノイ州シャンペインの消防署でTechnician Plus取得 (N9PLT)
2011年、Amateur Extra取得 姫路で (NA1AA)
2014年、大阪府堺市南区にQSY
2019年、開局35周年

アンテナ
 (1)地上高15m 3 element Yagi (for 20, 17, 15, 12 and 10m)
 (2)地上高17.5m Rotatable Dipole (for 40 and 30m)
 (3)地上高16m 7 element Yagi (for 6m)

空中線電力 150Wぐらい

第一級アマチュア無線技士
職業 無線技術者(第一級陸上無線技術士 = 昔で言うところの一技) 選任されている無線局は440局(2019/05/01現在)
旧第一種伝送交換主任技術者
第三種電気主任技術者
高等学校教諭一種免許(工業)
フルハーネス型墜落制止用器具特別教育受講済
専門は物理
以下省略

本業は6mのJCC/JCGハンティングで、昔は自宅からも山からもアクティブにQRV。
しかし仕事でン十kW級の無線を始めてからというもの、しばらくアマチュアを休業。
数年前から段階的にカムバックし、密集住宅街の狭い家から何を思ってか、3.5MHzから28MHzでDXを呼んではガッカリ。
移動運用で狙うDXにも限界が訪れ、2014年4月、遂にたまりかねて高台移転。
やっと普通の弱小局に格上げか???

*2014年4月24日、6バンドHexagonal Beam設置。

*2014年秋からは小さなタワーに給電してローバンドの運用を開始。

*2015年1月29日、18MHz/24MHz用4エレHB9CVを追加。

*2015年5月からは50MHz用の自作5エレF9FTを使用開始。

*2015年8月、F9FTを10MHz用釣竿ロータリーダイポールに交換。

*2015年9月、釣竿ロータリーダイポールを7MHz/10MHzの2バンド用に変更。

*2015年10月、ローバンド用アンテナをスローパーに変更。

*2016年1月、Hexagonal Beamを3エレトライバンダーに交換。

*2016年4月、スローパーを撤去して3.5MHz用のロングワイヤーを設置。

*2018年6月1日、ローバンド用のリモート局の免許を受ける。給電点海抜高655mのハーフスローパー。恐らく大阪で一番高い。ただし100W。

*2018年9月、台風21号により被災。マストパイプが曲がり、数を減らす目的で3エレトライバンダーとWARCの4エレHB9CVを統合して改造!

*2018年11月6日、リモート局のローバンド用アンテナをハーフスローパーから傾斜型に変更(160m・80m)。給電点海抜高638.5m。スカイツリーよりは高い。

*2019年1月8日、リモート局の160m用エレメントを短縮型からフルサイズ(折り曲げ)に変更。

*2019年5月6日、50MHzの6エレ八木を再設置。

*2019年7月20日、50MHzのアンテナを6エレからブーム長8.7mの7エレに交換。

今思うと、やっぱりHexagonal Beamがいちばん良いような...

アクセス
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
858位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
183位
アクセスランキングを見る>>
Amazon
Solar-Terrestrial-Data
雨雲レーダー
カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
QRコード
QR
愛用品1
フルークのテスター。安価でしっかり使える。
愛用品2
屋外でケーブル結束すると、耐候性結束バンドでも切れるのは時間の問題。エンドレスタイは耐久性が違う。必要な長さを切って使うので、結束バンドのような無駄がない。
愛用品3
台風のときに風速と気圧を測るのはコレ。