FC2ブログ

新型コモンモードフィルター ハイバンド改善版

先日製作した新型コモンモードフィルターのハイバンドの減衰量が30dBともの足りなかったので、コアを1個追加して改良しました。

s_最新CMF_200205

その結果、減衰量は次の通りどのバンドでも40dBを確保できました。
1.8MHz 47dB
3.5MHz 49dB
7MHz 52dB
10MHz 51dB
14MHz 49dB
18MHz 47dB
21MHz 47dB
24MHz 44dB
28MHz 42dB
50MHz 46dB
スポンサーサイト



新型コモンモードフィルター ハイバンド改善版 挿入損失

コア3連に3mほどの同軸を巻いていますので、念のためノーマルモードの挿入損失を測定しておきました。
コネクタロスを含めてこれぐらいなら許してもらえますでしょうか。

1.2MHz -0.29dB
1.8MHz -0.24dB
3.5MHz -0.38dB
7MHz -0.43dB
10MHz -0.37dB
14MHz -0.51dB
18MHz -0.53dB
21MHz -0.52dB
24MHz -0.58dB
28MHz -0.58dB
50MHz -0.58dB

50MHzで100W出すと87.5Wになります。
14MHzで200W出すと177.8Wです。

2020/01/14 ~ 2020/02/09 横田OMに感謝

1月中旬から多忙で時々ワッチする程度。
2月に入ると色々なペディションも始まって、それなりにQSOできてはいる。
7MHz・10MHzが意外に使えていて、HU1DL、5I4ZZ、TO3FM、E44CCなどができている。

5I4ZZがQSOしやすい一方で5I5TTが弱く、2/7 14:40の18.068MHz CWはカスカス、2/9 14:15の14.001MHz CWは皆さんコールしているが当局には何も聞こえなかった。
2/5 7:25の7.034MHz CWはスプリットの設定ミスで送信周波数がコロコロと動きまわり、オンフレで拾っていた。7:33頃に正常化したが、その頃から信号が低下。
ただ、2/7 6:30の1.827MHz CWは聞こえた!(オフバンドで呼べず。)
2/9 15:08の18.068MHz CWは、なぜか一発でリターンが返ってきた。

2/7 6:43 10.112MHz CWでTZ1CEが聞こえたが、オンフレのパイルが強烈だった。

TO3FMのQRZ.COMを読んでいただくとよく分かるが、こういうオペレーションをしてもらえると当局のような弱々しい局でも7MHzでカリブ海とQSOできるという証明でもある。
良くないコンディションと弱小局に配慮していただいたうえ、か弱い信号を拾っていただき、横田OMには感謝しかない。

1/14 2121J 7074.0kHz FT8 ES6RQ (Estonia) 345deg 180W
1/14 2131J 7045.0kHz FT8 VK9NK (Norfolk) 155deg 180W
1/14 2349J 7074.0kHz FT8 A65DF (UAE) Band New 290deg 180W
1/18 1716J 14205.0kHz SSB TM70TAAF (France) 340deg 175W
1/18 2156J 7074.0kHz FT8 AE4JP/KH2 (Guam) 160deg 175W
1/19 0054J 7074.0kHz FT8 A92GE (Bahrain) Band New 300deg 175W
1/19 1417J 14074.0kHz FT8 DDU1S/1 (OC-090) 220deg 180W
1/19 1744J 7005.0kHz CW T88CZ (Palau) 190deg 170W
1/24 0142J 7074.0kHz FT8 ZS6ZA (South Africa) 255deg 175W
1/24 0240J 7074.0kHz FT8 9K2HM (Kuwait) 280deg 180W
1/25 1321J 21074.0kHz FT8 DU1S/1 (OC-090) 235deg 140W
1/25 1740J 18140.0kHz SSB VK3/UA4WHX (Australia) 175deg 145W
1/25 2309J 10145.0kHz FT8 VK9NK (Norfolk) 160deg 135W
1/26 0037J 7074.0kHz FT8 XE2BCS (Mexico) 50deg 180W
1/26 1122J 18134.9kHz SSB KH0/JA1LPH (Saipan I) 150deg 150W
1/27 2359J 7026.5kHz CW F5OHM (France) 335deg 175W
1/31 0214J 7074.0kHz FT8 I0OSI/ARPI (Italy) 330deg 200W
2/1 1901J 7008.0kHz CW HU1DL (El Salvador) 48deg 175W
2/1 2148J 10131.0kHz FT8 HU1DL (El Salvador) Band New 35deg 130W
2/2 1344J 24915.0kHz FT8 VK9NK (Norfolk) 165deg 125W
2/3 0806J 14077.0kHz FT8 TO3FM (Martinique) Mode New 30deg 175W
2/4 0038J 7074.0kHz FT8 K7CA (USA) 50deg 170W
2/7 0618J 7056.0kHz FT8 5I4ZZ (Tanzania) Band New 280deg 160W
2/7 2220J 7056.0kHz FT8 HU1DL (El Salvador) 50deg 165W
2/7 2248J 1811.0kHz CW 3W1T (Vietnam) Band New 100W
2/7 2319J 10131.0kHz FT8 5I4ZZ (Tanzania) 280deg 140W
2/8 1058J 18100.0kHz FT8 C21VA (Nauru) 135deg 160W
2/8 1437J 18095.0kHz FT8 5I4ZZ (Tanzania) 280deg 160W
2/8 1454J 10136.0kHz FT8 C21AA (Nauru) 135deg 140W
2/8 1736J 14074.0kHz FT8 EA9ACD (Ceuta) 135deg (L/P) 165W
2/8 2138J 1818.0kHz CW JT1CO (Mongolia) 100W
2/8 2147J 1822.1kHz CW BY4DX (China) 100W
2/9 0010J 10142.0kHz FT8 E44CC (Palestine) 310deg 150W
2/9 0917J 14120.6kHz RTTY ZF2WF (Cayman Is) 30deg 165W
2/9 1508J 18068.0kHz CW 5I5TT (Tanzania) 280deg 170W
2/9 1658J 18075.0kHz CW 5H4WZ (AF-063) 270deg 170W
2/9 1722J 7077.0kHz FT8 TO3FM (Martinique) Band New 30deg 160W
2/9 1856J 7020.0kHz CW ZP6/KC2RG (Paraguay) 55deg 170W

2020/02/10 ・ 2020/02/11 E44CC 80C, 一方80Cの5I5TTと5H4WZは撃沈

*2/10
早起き。
7.080MHz FT8に5H4WZが出ていたのでコール。
一発でリターンあり!

5:55、3.520MHz CWでE44CCが強い。
Sは8振っている。
コールし続けて6:12にリターンあり。
この頃にはレートが非常に悪くなっており、1局/分~0.5局/分ぐらいの有様だった。

6:30、3.5292MHz CWで5I5TTが入感。
強い。
同時に3.5029MHz CWで5H4WZも入感。
強い。S8。
5H4WZはJA指定。
どちらの局も呼んでも呼んでも届かない。
5H4WZは7時頃にJA指定終了。
そして7:30に弱くなってしまった。
結局どちらも撃沈。

21:50、10.105MHz CWでE44CCが聞こえる。
某局が呼んでおられるが全く届いておらず、EuばかりがQSO。
こりゃダメだ。
当局も面白がってコールしてみたが、やはりまったく届かず。

*2/11
5:45、7.090MHz SSBで5I5TTが入感。
UP5。
信号は弱い。
呼んでも呼んでも届かない。
JA指定になるまで放置しよう。

今朝はタンザニア勢は80Cに出てきてくれていない。
なおE44CCも80Cには出ていない。

6:02、7.021MHz CWでTZ1CEが聞こえる。
呼んでも届かない。

6:10、7.090MHzの5I5TTがJA指定になっている。
OPは島本OMではない。
OMは寝ているとのこと。
SSBのでピックアップされる先生は相変わらず4エリアが多いなあ。
当局は呼んでも呼んでも届かない。
UPのパイルはどんどん大きくなり、ご本尊はどんどん弱くなり、
やる気が失せた。

6:40頃、3.5119MHz CWでEC6AAEが聞こえる。
QSOしている局が終わったのでコール。
多分当局に反応があったと思うのだが、自信がありそうな局が鼻息荒く出て行ったので、先にやらせる。
しかし、見かけ倒して手こずっており、イラっとする。
その局もQSOが終わったのでコール。
別の局もコールしていたが、再度「JL」と返してくれた。
また別の局に取られるのは勘弁して欲しいので、コールを過剰に3回繰り返して無事QSO。

6:53、7.140MHz SSBでE44CCが入感。
信号が上がってきた。
しかし7時には早くもJAを拾わなくなった。

7時すぎ、10MHz CWと7MHz CWでE44CCとQSO。

8:05、14.020MHz CWでXE1RKが聞こえる。

14.016MHz CWではKP2Mが良く聞こえている。

16:06、18.074MHz CWでE44CCが入感。
すぐに信号が低下してしまった。
弱いながらも延々コールしていると、16:39にQSOできた。
最初は「OL3LF」で返ってきたので、あー違うかなと思っていると、また「OL3LF?」と打っている。
ひょっとして自分かなと思って、スピードを若干下げてコールすると、「JL3」に変わった。
それでも向こうは結構苦労していて、なかなかフルコピーしてもらえない。
「JL3LIF」になったのでもう一息。
スローにして繰り返し、やっとフルコールをコピーしてもらえた。
QSO終了後、JA指定に戻った。
そして信号も急にUP。
ビーム振ってんのか。

17時すぎ、21.080MHz FT8で皆さんE44CCをコールしているが、当局には1ラインも見えない。

2/10 0548J 7080.0kHz FT8 5H4WZ (AF-063) 270deg 160W
2/10 0612J 3520.0kHz CW E44CC (Palestine) Band New 100W
2/11 0642J 3511.9kHz CW EC6AAE (Balearic Is) 100W
2/11 0712J 10105.0kHz CW E44CC (Palestine) 315deg 130W
2/11 0726J 7015.0kHz CW E44CC (Palestine) 315deg 155W
2/11 0802J 18100.0kHz FT8 V31VP (Belize) 50deg 160W
2/11 1639J 18074.0kHz CW E44CC (Palestine) 310deg 150W

VP8PJより

昨夜寝ている間にVP8PJのRobから携帯にメールが届いていた。
現在アルゼンチンのプンタアレナスで出航待ちで、QRVは2月22日頃だと思ってくれ、とのこと。

新型コモンモードフィルター実戦投入

数日前、ノーマルタイプ2式とハイバンド改良型1式を実装して使用開始した。

ハイバンド改良型を当然50MHzの系統に挿入した訳だが、問題発生。
今までは、系統中に接続されすぎている色々な機器(リニアアンプ、バンドパスフィルター、中波カット用ハイパスフィルター、オートアンテナチューナー、同軸切替器、旧コモンモードフィルター、変換コネクター、接続ケーブル)のうち、インピーダンス特性が良くないものがあり、偶然にもオーバーオールでは相殺されて問題になっていなかった。
特に旧CMFは、トロイダルコアに巻いたポリエチレン絶縁高周波同軸ケーブルの変形が原因と思われるインピーダンスの乱れが大きかったのに対して、この度交換したコモンモードフィルターはテフロン同軸を使用したので、インピーダンス特性が良すぎてオーバーオールでの相殺関係が崩れてしまった。
特にATUを使用しない50MHzではどうしようもなくなってしまい、リグのすぐ後に同軸切替器を追加して50MHzだけ別系統とした。
これにより、50MHzに関しては、接続されているものが同軸切替器と新型CMFだけとなったので、シンプルかつインピーダンスの乱れも少なく良好となった。

ハイバンド改良型はもう1式製作中だが、適切なサイズの細長いプラスチックケースが市販品では見当たらず、致し方なくアクリル板で作ることを検討。
ネットで業者を探すと、カットして穴あけしてもらっても安価なので発注した。
と言うか、自分でアクリル板と専用カッターを買ってカットするよりも多分安い。

2020/02/11夜 ・ 2020/02/12 5H4WZ 80C Easy!

*2/11夜
20:45、7.024MHz CWのHU1DLは弱い。

21:50、7MHz FT8でV31VPが入感。
同時に入感しているHU1DLは安定しているのに対して不安定な入感。

23:00、7.022MHz CWで9N7AMが入感。
コールし始めた途端にQRXとなった。
再開後、23:20に信号が急激に低下して行った。

*5/12
5:48、3.514MHz CWでI2BWWが聞こえる。

6:00、7.090MHz FT8で9N7AMが入感。
7.090MHzを設定の周波数に追加しないままコールしていて、リターンがあったがレポートを送るシーケンスで相手コールサインの代わりに<RR73>が自動的に入ってしまい、どうしようもなくなって断念。
気を取り直して7.090MHzを設定に追加して再挑戦。
6:22にQSOできた。
バンドニュー。

6:29、3.513MHz CWでSN95IARUが入感。
最初は「?」程度の反応だったが、何とかQSO。

6:33、3.516MHz CWでは今日もEC6AAEが聞こえる。

6:41、3.528MHz CWでSO95PZKが入感。
この局も最初はSN95IARUと同じような反応だったが、何とかQSO。

3.511MHz CWでは4K4Kが良く聞こえている。

7時、3.505MHz CWで5H4WZが入感。
Sメーターは見ていなかったが結構強く、S9を超えていたかも知れない。
最初は適当にUP1近辺で呼んでみたが、何かおかしい。
UPを聞いてみると、UP1近辺で呼んでいる局は非常に少ない。
上へ上へ受信周波数を上げて行くと、UP3以上で団子状態のパイルを発見。
パイルのど真ん中UP3.82でコールしてみると、なんと一発でリターンが返ってきた。
これはビックリ!
バンドニュー。
しばらくしてから、同じ周波数でクラブコールでもコールすると、また簡単にQSOできた。

2/12 0622J 7090.0kHz FT9 9N7AM (Nepal) Band New 280deg 140W
2/12 0629J 3513.0kHz CW SN95IARU (Poland) 100W
2/12 0641J 3528.0kHz CW SO90PZK (Poland) 100W
2/12 0703J 3504.9kHz CW 5H4WZ (Tanzania) Band New 100W

2020/02/13 HU1DL 17F, 今朝のローバンドは昨日と違ってサッパリ

*2/13
5:58、1.8225MHz CWでE44CCが聞こえる。

1.82115MHz CWではEM200ANTが入感。

5:50、14MHz FT8でZD7MYがEuとQSOしているが、何度も同じ内容を再送していて苦労している。

6:39、3.501MHz CWで5I5TTが入感。
コールするがリターンなし。
6:45頃からEuが多くなった。
6:49、「JL3」と返ってきたのだが、再度コールするも反応なし。
更にコールしていると、全然違う局を拾っていた。
もうあかんわ。
6:57、QRX。

7時現在で1.8225MHzのE44CCは了解度が上がっていたが、UPは大パイルで呼ぶ気が失せた。

1.815MHz CWの5H4WZも聞こえるがカスカス以下。

3.501MHzの5I5TTは7:07再開。
戻ってきたら少し弱くなっていた。
「ぐわーん ぐわーん」というノイズなどが出てきて了解度が悪い。
Eu主体。

1.821MHz CWのEC6AAEはカスカス。
でも聞こえはするなあ。

8時半、18.095MHz FT8でHU1DLが入感。
弱いし閑古鳥が鳴いている。
2回コールしたところでリターンあり。
今朝はこれだけ。

2/13 0830J 18095.0kHz FT8 HU1DL (El Salvador) 50deg W

2020/02/13夜 ・ 2020/02/14 5I5TT 20C, あまり良くなかった朝のローバンド

*2/13夜
21:29、14.030MHz CWで5I5TTが入感。
めちゃくちゃ弱くてムリだと思ったが、コールするとすぐにQSOできた。

14.0048MHz CWでも5H4WZが入感。
弱すぎでこっちはムリだった。

*2/14
5:40、3.524MHz CWでE44CCが入感。
Euばかり。
今日は弱い。
6:00、5分間のQRX。

3.505MHz CWの5H4WZも今日は弱い。

6:03、3.518MHz CWのSO90PZKも非常に弱い。

6:05、1.8207MHz CWのYL2SMだけが良く聞こえている。

6:10、7.025MHz CWで5I5TTが聞こえるが、今ひとつ弱くてリターンがない。
Euばかり。

6:15、3.524MHzのE44CCが再開していた。

3.516MHz CWではSP95AIRUが入感。

6:29、1.8219MHz CWでUS5WEが入感。
弱い。
呼んでも届かない。

6:37、3.516MHzのSP95IARUを呼んでみる。
「JL3」のリターンあり。
再送するが、「Only JL3」と打っている。
Euの呼び倒しがいる様子。
それに加えて、向こうでは了解度が悪いようでかなり苦労してQSOしてくれた。

6:47、3.524MHzのE44CCがJA指定になっていた。
RPは固定の一点取りだったが、かなり苦労していてレートは悪い。
先日はクラブコールでQSOし損ねたので、コールしてQSO。
このQSO直後、「AS AS AS」と打って消えた(7時)。

2/13 2129J 14030.0kHz CW 5I5TT (Tanzania) 280deg 160W
2/14 0637J 3515.9kHz CW SP95IARU (Poland) 100W

VP8PJより

VP8PJのRobから携帯にメールが届いていた。
いよいよプンタアレナスからサウスオークニーに向けて出航した。
GPSの軌跡を見ると、速度は時速25km程度で、まだ外洋には出ていない。
プロフィール

JL3LSF

Author:JL3LSF
1970年生まれ
1984年、大阪府堺市でJL3LSF開局
1991年、イリノイ州シャンペインの消防署でTechnician Plus取得 (N9PLT)
2011年、Amateur Extra取得 姫路で (NA1AA)
2014年、大阪府堺市南区にQSY
2020年、開局36周年

アンテナ
 (1)地上高14m 3 element Yagi (for 20, 17, 15, 12 and 10m)
 (2)地上高17.5m Rotatable Dipole (for 40 and 30m)
 (3)地上高16m 7 element Yagi (for 6m)

空中線電力 150Wぐらい

第一級アマチュア無線技士
職業 無線技術者(第一級陸上無線技術士 = 昔で言うところの一技) 選任されている無線局は440局(2019/05/01現在)
旧第一種伝送交換主任技術者
第三種電気主任技術者
高等学校教諭一種免許(工業)
フルハーネス型墜落制止用器具特別教育受講済
専門は物理
以下省略

本業は6mのJCC/JCGハンティングで、昔は自宅からも山からもアクティブにQRV。
しかし仕事でン十kW級の無線を始めてからというもの、しばらくアマチュアを休業。
数年前から段階的にカムバックし、密集住宅街の狭い家から何を思ってか、3.5MHzから28MHzでDXを呼んではガッカリ。
移動運用で狙うDXにも限界が訪れ、2014年4月、遂にたまりかねて高台移転。
やっと普通の弱小局に格上げか???

*2014年4月24日、6バンドHexagonal Beam設置。

*2014年秋からは小さなタワーに給電してローバンドの運用を開始。

*2015年1月29日、18MHz/24MHz用4エレHB9CVを追加。

*2015年5月からは50MHz用の自作5エレF9FTを使用開始。

*2015年8月、F9FTを10MHz用釣竿ロータリーダイポールに交換。

*2015年9月、釣竿ロータリーダイポールを7MHz/10MHzの2バンド用に変更。

*2015年10月、ローバンド用アンテナをスローパーに変更。

*2016年1月、Hexagonal Beamを3エレトライバンダーに交換。

*2016年4月、スローパーを撤去して3.5MHz用のロングワイヤーを設置。

*2018年6月1日、ローバンド用のリモート局の免許を受ける。給電点海抜高655mのハーフスローパー。恐らく大阪で一番高い。ただし100W。

*2018年9月、台風21号により被災。マストパイプが曲がり、数を減らす目的で3エレトライバンダーとWARCの4エレHB9CVを統合して改造!

*2018年11月6日、リモート局のローバンド用アンテナをハーフスローパーから傾斜型に変更(160m・80m)。給電点海抜高638.5m。スカイツリーよりは高い。

*2019年1月8日、リモート局の160m用エレメントを短縮型からフルサイズ(折り曲げ)に変更。

*2019年5月6日、50MHzの6エレ八木を再設置。

*2019年7月20日、50MHzのアンテナを6エレからブーム長8.7mの7エレに交換。

今思うと、やっぱりHexagonal Beamがいちばん良いような...

アクセス
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
625位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
138位
アクセスランキングを見る>>
Amazon
Solar-Terrestrial-Data
雨雲レーダー
カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
QRコード
QR
愛用品1
フルークのテスター。安価でしっかり使える。
愛用品2
屋外でケーブル結束すると、耐候性結束バンドでも切れるのは時間の問題。エンドレスタイは耐久性が違う。必要な長さを切って使うので、結束バンドのような無駄がない。
愛用品3
台風のときに風速と気圧を測って「そろそろ上陸かな」と推測するのはコレ。