FC2ブログ

明日は早起きして仙台まで行って...

だいぶ更新をサボっていますが、大型の仕事と新型コロナ騒動でやる気が出ない、と言ったところでしょうか。
福島から帰って来たら何か書きます。
スポンサーサイト



2020/04/07 福島へ

新型コロナウィルス騒動の真っ只中、kW級送信機の仕事で福島へ出張。
人口密集地の東京を通らないルートで行くことになった。
大阪空港から仙台まで飛行機で、仙台から福島までは東北新幹線を利用。
飛行機の機材は74人乗りのDHC8-Q400だったが、乗客は16名だけ。
昔アメリカのローカル路線でこういうガラ空きのフライトをよく経験したのを思い出す。
新幹線は1両に4人だけだった。
移動自粛の要請はよく浸透している。

2020/03/29~2020/04/14 OCV

3/19から4/14までのQSO。

3/29は、新型コロナウイルスが大変なことになっているEA各地が入感。
全エリアQSOできるかな?と思ってコールする。
1、2、3、4、5、6、8エリアはQSOできたものの、7、9、0エリアが入感せず。
アクティブな7エリアが入感しなかったのは謎。
9エリアはアフリカなので仕方ない。
0ってどこ???
4/4は逆に7エリアが入感したが、全国的オープンはなかった。

3/22は20mFT4でS01WSが入感。
FT4では初のS01WS。

4/4夜は17m FT8でC37ACが入感。
QSO後、080にQSYするとのアナウンスがあった。
080にQSYとはFT4のことだ。
すぐに追いかけるとFT4でCQが出た。
他に追いかけてきた局はほとんど居なくて、当局とのQSO後はlonelyだった。

4/11はOH*STAYHOME祭り。
これも全エリアQSOできるかどうかやってみた。
順調に1、2、3、4、5、6、7、8エリアとはQSOできたが、どうしても9と0が出て来なかった。
一応全エリアQRVするらしいが、9と0は一度も信号を受信できていない。

QSOが難しかったのは、8A1HOMEとZ39STAYHOME。
なぜインドネシアがこんなに届かない???
Z39STAYHOMEは信号が強いものの、延々コールしてやっと-24でリターンがあった。
そら届かんわな...

OCV !

3/19 0642J 7074.0kHz FT8 LU9DO (Argantina) 120deg 170W
3/20 0722J 10136.0kHz FT8 RI0B (AS-068) 350deg 160W
3/21 0157J 10136.0kHz FT8 5B60ALJ (Cyprus) 300deg 160W
3/21 1530J 18073.0kHz CW T6AA (Afghanistan) 295deg 155W
3/21 2219J 14074.0kHz FT8 PB75A (Netherlands) 340deg 160W
3/21 2221J 14074.0kHz FT8 DK2CF (Germany) 340deg 160W
3/21 2256J 14074.0kHz FT8 S50XX (Slovenia) 340deg 160W
3/22 1822J 14080.0kHz FT4 S01WS (Western Sahara) 340deg 170W
3/22 2205J 14074.0kHz FT8 M6DX (England) 340deg 160W
3/23 0633J 10136.0kHz FT8 LU3CM (Argentina) 120deg 150W
3/25 2335J 10136.0kHz FT8 DM50LEO (Germany) 330deg 160W
3/25 2342J 10136.0kHz FT8 8N6SHURI/6 (?) 330deg 160W
3/25 2343J 10136.0kHz FT8 UX7VA (Ukraine) 330deg 160W
3/26 0700J 10136.0kHz FT8 ZD7MY (St. Helena) 290deg 160W
3/26 2210J 10136.0kHz FT8 XE1YD (Mexico) 50deg 160W
3/28 1738J 7074.0kHz FT8 N9AMI (FL, USA) 30deg 170W
3/28 1751J 7149.6kHz SSB KW7Y (USA) 45deg 175W
3/28 2310J 1822.2kHz CW VK6LW (Australia) 100W
3/29 0038J 10136.0kHz FT8 8Q7PR (Maldives) 250deg 155W
3/29 0044J 10136.0kHz FT8 3B8FV (Mauritius) 250deg 155W
3/29 0810J 18100.0kHz FT8 XE1R (Mexico) 50deg 175W
3/29 1151J 18100.0kHz FT8 ZL7DX (Chatham I) 150deg 165W
3/29 1608J 18100.0kHz FT8 EA8JK (Canary I) 340deg 165W
3/29 1622J 18100.0kHz FT8 EA6VQ (Balearic Is) 340deg 165W
3/29 1628J 18100.0kHz FT8 EA6EE (Balearic Is) 340deg 165W
3/29 1640J 18100.0kHz FT8 EA5GPQ (Spain) 340deg 165W
3/29 1713J 18100.0kHz FT8 EA1FCF (Spain) 340deg 165W
3/29 1718J 18100.0kHz FT8 EA4ZM (Spain) 340deg 165W
3/29 1725J 18100.0kHz FT8 EA3NT (Spain) 340deg 165W
3/29 1812J 18100.0kHz FT8 EA1B (Spain) 340deg 165W
3/29 1851J 18100.0kHz FT8 EA2KR (Spain) 340deg 165W
3/29 2207J 14074.0kHz FT8 EA5OL (Spain) 340deg 170W
4/1 2124J 18100.0kHz FT8 IS0YHV (Sardinia) Mode New 320deg 175W
4/2 0059J 7074.0kHz FT8 ZR1ADI (South Africa) 260deg 160W
4/4 2005J 18100.0kHz FT8 EA3IAZ (Spain) 335deg 165W
4/4 2011J 18100.0kHz FT8 EA7TR (Spain) 335deg 165W
4/4 2014J 18100.0kHz FT8 EA5GL (Spain) 335deg 165W
4/4 2037J 18100.0kHz FT8 C37AC (Andorra) Mode New 335deg 165W
4/4 2042J 18104.0kHz FT4 C37AC (Andorra) 335deg 160W
4/4 2054J 18100.0kHz FT8 EB4DMH (Spain) 335deg 160W
4/4 2055J 18100.0kHz FT8 R2DR (Russia) 335deg 160W
4/4 2058J 18100.0kHz FT8 EA7JOU (Spain) 335deg 160W
4/4 2059J 18100.0kHz FT8 RZ3EC (Russia) 335deg 160W
4/5 1519J 14039.9kHz CW R207RRC (AS-207) 20deg 175W
4/5 1802J 18100.0kHz FT8 8J1RL (南極昭和基地) 205deg 150W
4/5 2107J 14074.0kHz FT8 CU2DX (Azores Is) Band New 340deg 180W
4/5 2114J 14074.0kHz FT8 EA1HLH (Spain) 340deg 180W
4/5 2117J 14074.0kHz FT8 EA3ZD (Spain) 340deg 180W
4/5 2119J 14074.0kHz FT8 SP1TJ (Poland) 340deg 180W
4/5 2133J 14074.0kHz FT8 EA5OL (Spain) 340deg 180W
4/10 0008J 14074.0kHz FT8 E7STAYHOME (Bosnia-Herzegovina) 325swg 150W
4/10 2247J 14074.0kHz FT8 OH6STAYHOME (Finland) 340deg 180W
4/11 1203J 14258.0kHz SSB R207RRC (AS-207) 15deg 165deg
4/11 1649J 14259.0kHz SSB OH8STAYHOME (Finland) 340deg 165W
4/11 1651J 14235.5kHz SSB OH6STAYHOME (Finland) 340deg 165W
4/11 1703J 14074.5kHz FT8 OH5STAYHOME (Finland) 340deg 165W
4/11 1709J 14250.0kHz SSB OH2STAYHOME (Finland) 340deg 165W
4/11 1728J 14074.0kHz FT8 EA1AKS (Spain) 335deg 160W
4/11 1733J 14074.0kHz FT8 EA7KE (Spain) 335deg 160W
4/11 1737J 14074.0kHz FT8 F8NHF (France) 335deg 160W
4/11 1740J 14074.0kHz FT8 OH7STAYHOME (Finland) 335deg 160W
4/11 1747J 14228.0kHz SSB OH1STAYHOME (Finland) 340deg 160W
4/11 1751J 18072.0kHz CW OH3STAYHOME (Finland) 340deg 150W
4/11 1753J 18151.0kHz SSB OH7STAYHOME (Finland) 340deg 150W
4/11 1826J 14080.0kHz FT4 OH6STAYHOME (Finland) 340deg 160W
4/11 2053J 14074.0kHz FT8 OH4STAYHOME (Finland) 340deg 160W
4/11 2324J 10136.0kHz FT8 OH3STAYHOME (Finland) 340deg 175W
4/12 1627J 14074.0kHz FT8 OH1STAYHOME (Finland) 340deg 160W
4/12 1659J 21074.0kHz FT8 8A1HOME (Indonesia) 225deg 145W
4/12 1743J 14084.0kHz RTTY OR8STAYHOME (Belgium) 330deg 160W
4/14 0147J 10136.0kHz FT8 Z39STAYHOME (Macedonia) 330deg 150W

2020/04/14夜 今日はハイバンド

今日はテレワーク。
仕事と用事を済ませて19時ワッチ開始。

50MHzではBYとBVが入感。
4局とQSO。
8N6SHURI/6ともQSO。

20:46にシャックに戻ると、50MHzは一瞬にしてコンディションが低下し、何も受信できなくなった。
21時以降は24MHz FT8でFR4OO、21MHz FT8ではS79KW、A60WARD/5、AP2HAとQSO。

4/14 1901J 50313.0kHz FT8 BM6GJL (China) 240deg 100W
4/14 1905J 50313.0kHz FT8 BV2NT (Taiwan) 240deg 100W
4/14 1908J 50313.0kHz FT8 BX2ADE (Taiwan) 240deg 100W
4/14 1926J 50313.0kHz FT8 BV3UF (Taiwan) 230deg 100W
4/14 1931J 50313.0kHz FT8 8N6SHURI/6 (?) 225deg 100W
4/14 2105J 24915.0kHz FT8 FR4OO (Reunion) 245deg 130W
4/14 2123J 21074.0kHz FT8 S79KW (Seycheles) 255deg 150W
4/14 2134J 21074.0kHz FT8 A60WARD/5 (UAE) 300deg 150W
4/14 2138J 21074.0kHz FT8 AP2HA (Pakistan) 300deg 150W

びっくりしたこと

4/13午前、仕事でテレビを見ていたら、8日に中国武漢の封鎖が解除されたことに関連し、上海の街の状況を現地在住の日本人(一般人)が動画で紹介するという。
次の瞬間、画面にはスマホで撮影された上海の街の様子とともに、「上海に在住 Y田T郎さん(50)」とスーパーが出た。
Y田T郎。
その名前を見て、28年前にイリノイ州シャンペインで同級生だったTaroだと確信した。
間もなく映し出された撮影者の顔は、学生時代には掛けていなかったメガネを掛け、マスクまで着けているのに、間違いなくTaroだとわかった。
黒々として多めだった髪は、すっかり白くなっている。
まさかこんな形で消息を知ることになるとは、びっくりした。
彼は当時東南アジアで繁盛していた日本のスーパーに就職し、最初はHSに赴任したと記憶している。

新型コロナウイルスには感染していないようで安心した。

2020/04/15 ・ 2020/04/16 ・ 2020/04/17 ・ 2020/04/18 ・ 2020/04/19 ・ 2020/04 20 STAYHOME更に続々, ハイバンドのコンディション上がってきた, 4/20朝のカリブ海

ハイバンドのコンディションが良くなってきて、28MHzや24MHzでQSOの相手がみつかる。

4/20朝は18MHzのカリブ海がFBで、8時半にKP4JRSとQSOできただけでも驚きなのに、なんと10時半をすぎてからCO8LYとQSOできた。
18MHz FT8のCO8LYは、入感してもすぐに受信できなくなることが今までに何度もあって、QSOできていなかった。
今日は長時間安定して入感していた。

4/15 2232J 10122.0kHz CW OH2STAYHOME (Finland) 350deg 160W
4/15 2307J 7178.0kHz SSB DX0STAYHOME (Philippines) 220deg 175W
4/16 0931J 14086.7kHz RTTY DX0STAYHOME (Philippines) 220deg 160W
4/16 1639J 50313.0kHz FT8 BU2EQ (Taiwan) 230deg 100W
4/16 1645J 18078.0kHz CW DX0STAYHOME (Philippines) 220deg 150W
4/16 2119J 18100.0kHz FT8 5Z4/G3AB (Kenya) Mode New 280deg 160W
4/16 2145J 18100.0kHz FT8 S79VU (Seychelles) 255deg 160W
4/16 2206J 7074.0kHz FT8 DX0STAYHOME (Philippines) 220deg 160W
4/17 2122J 14023.0kHz CW YO19STAYHOME (Romania) 320deg 170W
4/17 2129J 14028.0kHz CW OQ1HOPE (Belgium) 330deg 170W
4/17 2145J 18100.0kHz FT8 S79KW (Seychelles) 255deg 160W
4/18 0952J 50313.0kHz FT8 BU2AE (Taiwan) 230deg 100W
4/18 1118J 50313.0kHz FT8 BA7IO (China) 255deg 100W
4/18 1343J 28074.0kHz FT8 VK4UH (Australia) 175deg 125W
4/18 1406J 28018.0kHz CW DX0STAYHOME (Philippines) 220deg 125W
4/18 1409J 28510.0kHz SSB DX0STAYHOME (Philippines) 220deg 175W
4/18 1424J 28074.0kHz FT8 KG6DX (Guam) 170deg 120W
4/19 0047J 14074.0kHz FT8 SZ3STAYHOME (Greece) 315deg 160W
4/19 0113J 10110.0kHz CW Z39STAYHOME (Macedonia) 320deg 165W
4/19 1350J 14074.0kHz FT8 ZW5STAYHOME (Brazil) 55deg 175W
4/19 1616J 24915.0kHz FT8 XX9ET (Macau) 240deg 130W
4/19 1620J 24915.0kHz FT8 ZS6C (South Africa) 255deg 130W
4/19 1636J 18100.0kHz FT8 5B4STAYHOME (Cyprus) 295deg 160W
4/19 2056J 18100.0kHz FT8 AM4WARD (Spain) 340deg 160W
4/19 2100J 18100.0kHz FT8 AM2WARD (Spain) 340deg 160W
4/19 2105J 18100.0kHz FT8 AM3WARD (Spain) 340deg 160W
4/19 2138J 18100.0kHz FT8 EA6AAB (Balearic Is) 340deg 160W
4/20 0151J 18100.0kHz FT8 AM6WARD (Balearic Is) 340deg 160W
4/20 0158J 18100.0kHz FT8 AM95WARD (Spain) 340deg 160W
4/20 0829J 18100.0kHz FT8 KP4JRS (Puerto Rico) 30deg 170W
4/20 1033J 18100.0kHz FT8 CO8LY (Cuba) 40deg 165W
4/20 2109J 14074.0kHz FT8 UX1AA (Ukraine) 295deg 160W
4/20 2120J 14074.0kHz FT8 5Z4/G3AB (Kenya) 295deg 160W

なんでそこへぶつけてくる?!

FT8で珍局をコールしていると、必ずご本尊に重ねてCQを出したりどこかをコールしたりする局が現れる。
この広い帯域内でよくもまあドンピシャのところへぶつけてくるなあ...
毎日毎日もうキレかけやわ。

祝! 免許手続き簡素化とバンド拡張

本日4月21日付けで下記2件を含む制度改正が行われた。

①アマチュア局の免許手続きの簡素化(無線局免許手続規則改正)
 既存の局で、PCなどの付属装置を付加する場合に指定事項に変更が生じなければ、送信機系統図や付属装置の諸元の添付が不要となった。
 また、既にデジタルモードが許可されている局がデジタルモードを追加する場合、指定事項に変更がなければ手続きが不要となった。

②周波数の追加割当て(告示改正)
 1.8MHz帯
  1800~1810kHz(一次業務)と1825~1875kHz(二次業務)が追加された。
  全電波型式の区分ができたため、SSBなどが申請可能となった。
 3.5MHz帯
  3575~3580kHz(二次業務)と3662~3680kHz(二次業務)が追加された。

160mでは、バンド外に出てくる局を呼べずに指を咥えることがなくなり、「UP」と指定されて素直にUPでコールできるようになる。

2020/04/20 ・ 2020/04/22 ・ 2020/04/23 ・ 2020/04/25 ・ 2020/04/27 ・ 2020/04/28 YI1QEA 20F, SU9TH 20X

4/20 2333J 14074.0kHz FT8 YI1QEA (Iraq) 305deg 160W
4/22 2227J 14074.0kHz FT8 9N1AA (Nepal) 280deg 160W
4/22 2243J 14074.0kHz FT8 5B4STAYHOME (Cyprus) 330deg 160W
4/23 2042J 21074.0kHz FT8 5Z4/G3AB (Kenya) 275deg 150W
4/23 2050J 21074.0kHz FT8 FR5GS (Reunion) 250deg 150W
4/23 2103J 21074.0kHz FT8 8Q7PR (Maldives) 250deg 150W
4/23 2224J 14014.0kHz CW AM1WARD (Spain) 340deg 175W
4/23 2230J 18100.0kHz FT8 AM6WARD (Balearic Is) 340deg 160W
4/25 0856J 14074.0kHz FT8 8C2WFM (Indonesia) 220deg 170W
4/25 1247J 14074.0kHz FT8 DX0STAYHOME (Philippines) 220deg 160W
4/27 0638J 18100.0kHz FT8 VK9NK (Norfolk Is) 150deg 160W
4/27 0700J 14074.0kHz FT8 ZM4TT (New Zealand) 155deg 160W
4/27 2153J 18100.0kHz FT8 4K0STAYHOME (Azerbaijan) 305deg 165W
4/28 0021J 14080.0kHz FT4 SZ3STAYHOME (Greece) 335deg 160W
4/28 0041J 18100.0kHz FT8 OD5STAYHOME (Lebanon) 305deg 160W
4/28 2211J 14080.0kHz FT4 SU9TH (Egypt) 315deg 160W

仕事はほぼ毎日テレワークだけど、なぜか早起きが苦手になった。
ということで、QRVは大体夜。

4/20のYI1QEAは珍しかった。

4/26の7時台に10MHz FT8に出ていたSU1SKはパイルで撃沈だったが、4/28夜の14MHz FT4のSU9THはeasyだった。

EuのSTAYHOME局はFT8でいくら呼んでも届かない局がある。
プロフィール

JL3LSF

Author:JL3LSF
1970年生まれ
1984年、大阪府堺市でJL3LSF開局
1991年、イリノイ州シャンペインの消防署でTechnician Plus取得 (N9PLT)
2011年、Amateur Extra取得 姫路で (NA1AA)
2014年、大阪府堺市南区にQSY
2020年、開局36周年

アンテナ
 (1)地上高14m 3 element Yagi (for 20, 17, 15, 12 and 10m)
 (2)地上高17.5m Rotatable Dipole (for 40 and 30m)
 (3)地上高16m 7 element Yagi (for 6m)

空中線電力 150Wぐらい

第一級アマチュア無線技士
職業 無線技術者(第一級陸上無線技術士 = 昔で言うところの一技) 選任されている無線局は440局(2019/05/01現在)
旧第一種伝送交換主任技術者
第三種電気主任技術者
高等学校教諭一種免許(工業)
フルハーネス型墜落制止用器具特別教育受講済
専門は物理
以下省略

本業は6mのJCC/JCGハンティングで、昔は自宅からも山からもアクティブにQRV。
しかし仕事でン十kW級の無線を始めてからというもの、しばらくアマチュアを休業。
数年前から段階的にカムバックし、密集住宅街の狭い家から何を思ってか、3.5MHzから28MHzでDXを呼んではガッカリ。
移動運用で狙うDXにも限界が訪れ、2014年4月、遂にたまりかねて高台移転。
やっと普通の弱小局に格上げか???

*2014年4月24日、6バンドHexagonal Beam設置。

*2014年秋からは小さなタワーに給電してローバンドの運用を開始。

*2015年1月29日、18MHz/24MHz用4エレHB9CVを追加。

*2015年5月からは50MHz用の自作5エレF9FTを使用開始。

*2015年8月、F9FTを10MHz用釣竿ロータリーダイポールに交換。

*2015年9月、釣竿ロータリーダイポールを7MHz/10MHzの2バンド用に変更。

*2015年10月、ローバンド用アンテナをスローパーに変更。

*2016年1月、Hexagonal Beamを3エレトライバンダーに交換。

*2016年4月、スローパーを撤去して3.5MHz用のロングワイヤーを設置。

*2018年6月1日、ローバンド用のリモート局の免許を受ける。給電点海抜高655mのハーフスローパー。恐らく大阪で一番高い。ただし100W。

*2018年9月、台風21号により被災。マストパイプが曲がり、数を減らす目的で3エレトライバンダーとWARCの4エレHB9CVを統合して改造!

*2018年11月6日、リモート局のローバンド用アンテナをハーフスローパーから傾斜型に変更(160m・80m)。給電点海抜高638.5m。スカイツリーよりは高い。

*2019年1月8日、リモート局の160m用エレメントを短縮型からフルサイズ(折り曲げ)に変更。

*2019年5月6日、50MHzの6エレ八木を再設置。

*2019年7月20日、50MHzのアンテナを6エレからブーム長8.7mの7エレに交換。

今思うと、やっぱりHexagonal Beamがいちばん良いような...

アクセス
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
625位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
138位
アクセスランキングを見る>>
Amazon
Solar-Terrestrial-Data
雨雲レーダー
カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
QRコード
QR
愛用品1
フルークのテスター。安価でしっかり使える。
愛用品2
屋外でケーブル結束すると、耐候性結束バンドでも切れるのは時間の問題。エンドレスタイは耐久性が違う。必要な長さを切って使うので、結束バンドのような無駄がない。
愛用品3
台風のときに風速と気圧を測って「そろそろ上陸かな」と推測するのはコレ。