FC2ブログ

2015/11/28 S9TM, CQ WW DX Contest CW

11/28朝、3.5MHzを聞くと、3.508MHzでHA8KWがガツンと599で入感。
コールすると、4局ぐらいが同時に呼ぶプチパイルとなった。
しかし何と当局にリターンがありビックリ。

ハイバンドの様子を聞いてみると、21.026MHzでZF2MJが聞こえる。
コールすると、珍しいことに1エリアに呼び負けることもなくリターンあり。

21.018MHzではK1MM/HI3が聞こえる。
これもコールするとすぐにQSOできた。

14.012MHzにサントメプリンシペのS9TMが出てきた。
サントメプリンシペと言えば、まだ移動運用をする前の2011年2月にS9DXの運用があったが、当然QSOできる訳もなく。
また、新居完成前の2014年2月にはモービルでS9FTがRTTYで599で入感。
しかし当時RTTYはやっておらずチャンスなし。
ということで今日まで未交信できたもの。
さて、S9TMをコールするが全然手応えがない。
拾っている周波数がわかるのでその付近で呼ぶが全然ダメ。
しばらく放置して8時過ぎに戻ってみると、相変わらず聞こえている。
コールする周波数を下げて呼んでみると、「DSF」のリターン。
最初は自分じゃないと思っていたが、また「DSF」と打つのでコールを打ってみると、「JL3LSR」で返ってきた。
訂正しようとするが、先日から寒くなったせいでパドルの下に敷いている滑り止めが固くなって滑る。
符号を打つ度に右へ左へパドルが動き、メチャクチャな符号が出てしまう。
醜態を晒しながら何度も訂正の訂正をして何とかQSO。
ニュー。
これで298エンティティ―目。

その後、歯医者へ行ったり、用事で出かけたりで午後初めてWW DXの様子を聞く。
21.0655MHzではC92ZOが入感。
コールしているとQSOできた。
バンドニュー&モードニュー。

期待したアフリカ方面はほとんど聞こえない。
21.074MHzで弱々しく聞こえているSU90IARUを呼んでも反応はない。

14.061MHzのZD8Wをロングパスでコールしてみると、多分リターンがあってコンテストナンバーを送ってくれているが、あまりにも弱くなり過ぎて自分のコールかどうか確認ができない。
ただ他に誰も呼んでいないので自分に間違いないのだが、弱すぎる。
最終的には「NIL」と打たれて終わり。
これはムリ。

21.02077MHzのS9TMもロングパスでカスカス。

そんな中、14.013MHzのD4Cだけが579と強力。
コールするとすぐにQSOできた。

7MHzのカリブ海方面も悪い。

何とか7.035MHzのTI5WだけはFBに聞こえており、コールするとリターンあり。
バンドニュー。

しかし7.038MhzのYN2CCは全然届かず。

夜は21MHzから1.8MHzまで色々な局をコールするが、1局もQSOできず。
特にローバンドが悪く、Euがほとんど聞こえない。
80mのバンドニューを増やす目論見は破綻。
今日は朝は好調だったが、時間が遅くなるにつれて悪くなってきた。

11/28 0654J 3508.3kHz CW HA8KW (Hungary) Sloper 200W
11/28 0702J 21026.0kHz CW ZF2MJ (Cayman Is) 40deg 200W
11/28 0713J 21018.0kHz CW K1MM/HI3 (Dominican Rep) 30deg 200W
11/28 0818J 14012.3kHz CW S9TM (Sao Tome, Principe) New 300deg 150W
11/28 1557J 21065.5kHz CW C92ZO (Mozambique) Band New & Mode New 260deg 200W
11/28 1800J 14013.6kHz CW D4C (Cape Verde) 330deg 150W
11/28 1834J 7035.3kHz CW TI5W (Costa Rica) Band New 50deg 200W
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

WW

S9(資料によってはサオトメとありますが。)おめでとうございます。
うちでも良く聞こえていましたが、「のれんに腕押し」でした。後2つ
ですね。VP8シリーズで一気に300ですかね。ZL9もあるようですね。

 昨日は、昨年はあれほど入っていた南米がほとんど聞こえません
でした。14MHzのFY5KEが初南米?でした。

午後の28MHzの3B9HAもかすかす。ZA1WWが14MHzで夕方ショートパス
で聞こえました。QRZ.comでは情報がありませんでしたが、少なくとも
MGRはOH2BHのようです。

夜中の7MHzはZF2MJが良く聞こえていましたが、ダメ。
北米は一発で拾ってくれました。Euは、YL、9A、SMの3つです。
もっと聞こえていたのですが、どうもSが9つ以上振らないと届か
ないようです。

日曜日は北米も「3」の所しか聞こえず。

 南米は21MHzのOA4SSにみんなしてパイルになっていましたが、
どうも南米の連中は北米向けでずっとやっているみたいです。

ZF2MJは21MHzで出来ましたが、カリブで聞こえたのは日曜は
ここだけでした。

 お目当て?のPZ5WもBYやUゾーンが呼んでいるのですが、
ダイポールに毛が生えた程度ではこそりとも聞こえません。
夕方聞いて、明日朝は、終了まで聞けません。S9TMが奇跡的
に入ってくれればいいのですが。

ONXさん
このタイミングでS9が出てくるとは予想外でした。
次の大物群を逃さなければ300。
逃す可能性もおおいにあります。

ハイバンドも良くないですが、どのバンドのどの方面も今ひとつですね。
ZF2MJはコンテスト開始前はFBでしたが、今日の21MHzはできませんでした。
しかしその後弱々しく聞こえていた14MHzでQSOできました。
PZ5Wも遅い時間に弱くなってからQSOできました。

今日の午後のAF方面が良くなるといいのですが...
プロフィール

JL3LSF

Author:JL3LSF
1970年生まれ
1984年、大阪府堺市でJL3LSF開局
1991年、イリノイ州シャンペインの消防署でTechnician Plus取得 (N9PLT)
2011年、Amateur Extra取得 姫路で (NA1AA)
2014年、大阪府堺市南区にQSY
2021年、開局37周年

アンテナ
 (1)地上高14m 3 element Yagi (for 20, 17, 15, 12 and 10m)
 (2)地上高17.5m Rotatable Dipole (for 40 and 30m)
 (3)地上高16m 7 element Yagi (for 6m)
 (4)Shunt Fed Tower (for 160m)

空中線電力 150Wぐらい

第一級アマチュア無線技士
職業 無線技術者(第一級陸上無線技術士 = 昔で言うところの一技) 選任されている無線局は440局(2019/05/01現在) 最大空中線電力50kW
旧第一種伝送交換主任技術者
第三種電気主任技術者
高等学校教諭一種免許(工業)
フルハーネス型墜落制止用器具特別教育受講済
専門は物理
以下省略

本業は6mのJCC/JCGハンティングで、昔は自宅からも山からもアクティブにQRV。
しかし仕事でン十kW級の無線を始めてからというもの、しばらくアマチュアを休業。
数年前から段階的にカムバックし、密集住宅街の狭い家から何を思ってか、3.5MHzから28MHzでDXを呼んではガッカリ。
移動運用で狙うDXにも限界が訪れ、2014年4月、遂にたまりかねて高台移転。
やっと普通の弱小局に格上げか???

*2014年4月24日、6バンドHexagonal Beam設置。

*2014年秋からは小さなタワーに給電してローバンドの運用を開始。

*2015年1月29日、18MHz/24MHz用4エレHB9CVを追加。

*2015年5月からは50MHz用の自作5エレF9FTを使用開始。

*2015年8月、F9FTを10MHz用釣竿ロータリーダイポールに交換。

*2015年9月、釣竿ロータリーダイポールを7MHz/10MHzの2バンド用に変更。

*2015年10月、ローバンド用アンテナをスローパーに変更。

*2016年1月、Hexagonal Beamを3エレトライバンダーに交換。

*2016年4月、スローパーを撤去して3.5MHz用のロングワイヤーを設置。

*2018年6月1日、ローバンド用のリモート局の免許を受ける。給電点海抜高655mのハーフスローパー。恐らく大阪で一番高い。ただし100W。

*2018年9月、台風21号により被災。マストパイプが曲がり、数を減らす目的で3エレトライバンダーとWARCの4エレHB9CVを統合して改造!

*2018年11月6日、リモート局のローバンド用アンテナをハーフスローパーから傾斜型に変更(160m・80m)。給電点海抜高638.5m。スカイツリーよりは高い。

*2019年1月8日、リモート局の160m用エレメントを短縮型からフルサイズ(折り曲げ)に変更。

*2019年5月6日、50MHzの6エレ八木を再設置。

*2019年7月20日、50MHzのアンテナを6エレからブーム長8.7mの7エレに交換。

*2020年12月、1.8MHzタワードライブアンテナ運用開始。ATUで1.9MHzも使用可。随時改修。これにより160mのFT8にQRV可能に。

今思うと、やっぱりHexagonal Beamがいちばん良いような...

アクセス
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
512位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
118位
アクセスランキングを見る>>
Amazon
Solar-Terrestrial-Data
雨雲レーダー
カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
QRコード
QR
愛用品1
フルークのテスター。安価でしっかり使える。
愛用品2
屋外でケーブル結束すると、耐候性結束バンドでも切れるのは時間の問題。エンドレスタイは耐久性が違う。必要な長さを切って使うので、結束バンドのような無駄がない。
愛用品3
台風のときに風速と気圧を測って「そろそろ上陸かな」と推測するのはコレ。