2016/01/02 ・ 2016/01/03 新年の初QSOはEA8TL

1/2夕方、薬で何とか熱も高熱から発熱程度に下がってきたので多少は動ける。
14.0245MHzではロングパスでEA8TLが聞こえる。
確認してみると、この局とは意外に20mが未交信であることが判明。
コールして2016年の初QSOとなった。

しかし14.086MHz RTTYのEC8CQは非常に弱かった。

1/3朝は起きることができない。
まだ多少熱がある。

また夕方ワッチしてみると、18.140MHz SSBでEX/HB9DURが強い。
コールするとすぐQSOできた。

18.075MHz CWではXR400AAが聞こえる。
EXの方向で結構聞こえていたのでL/Pかと思ったが、正面を向けるともっと強かった。
コールしてすぐリターンあり。

18.0879MHzの5R8UIは今日はカスカス。

14.260MHz SSBではE51WETが入感。
しかし弱い。
何度かコールすると何とかQSOできたが、お互い55しか送りようがなかった。
2エリアあたりにはガツンと届いていた様子。

夜、久々にミキサーOUTを検聴してみると、ガビーーーン!
ちょっと前までは混入していなかったJOBB 300kWがガンガンに混じっているではないか。
全然気付かずに何か月か運用していたが、誰も指摘してはくれなかった。
それにしても、前は堺の50kWが乗っていたのでミキサーOUTの音声線をZCAT3035-1330 2個に合計9ターンぐらい巻き付けて止まっていたのがどうしてこんなことに?
気を取り直して調べてみれば、マイクを抜くと障害は消える。
しかし障害の本質はそこではない。
やはりマイクケーブルに乗って、ミキサーOUTのケーブルに流れ出ている感じ。
マイクケーブルは太いしキャノンコネクタなのでコアに巻きようがない。
そこで、ミキサーOUTの線の対策をやり直してみた。
手持ちの77材トロイダルコアに8ターンとZCAT3035-1330に7ターン巻いたところ、障害はほぼわからなくなった。
しかし、マイクを触ると途端にJOBBが乗ってくる。
マイクを触りながら反対の手でアースバーを触るとJOBBが消える。
そこで、手持ちの77材小型トロイダルコア2個重ねに4ターンほど巻いたビニール線を使ってミキサーを接地。
これで障害は完全に解消。
やれやれ。

まだ微熱はある。

1/2 1742J 14024.6kHz CW EA8TL (Canary Is) 190deg 140W
1/3 1602J 18140.0kHz SSB EX/HB9DUR (Kyrgyzstan) 295deg 200w
1/3 1607J 18075.0kHz CW XR400AA (Chile) 100deg 200W
1/3 1635J 14260.0kHz SSB E51WET (South Cook Is) 130deg 120W
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

EA8TL wkd おめでとうございます。この人はすぐLoTWにupしてくれる
ので安心です。

体調ましになったようで良かったです。でも医者へは行ってくださいね。

私もなんかのどがおかしいです。こちらはやはり空気が乾ききっている
のを感じます。

ONXさん
病院に来ました。
かかりつけ医の紹介状がないと大病院は高い初診料を取る癖に、今日はまだ小さな開業医はどこも休みです。
早朝から、開いている医者を探して回りましたが、やはり休みです。
仕方なく紹介状なしで大病院に行くことになりました。
朝から医者探しに無駄な時間を費やしたので、出遅れてしまいました。
正月明けとあって、どこからこんなに大量の車が集まるのかというほどの大盛況で、裏の未舗装の臨時駐車場しか空いていません。
さすがに年明け早々から泌尿器科に来るような人間はそう多い訳でもなく、それほど混んではいません。

あけましておめでとうございます。

LSFさん、体調を崩されたようで、大丈夫でしょうか?

時々、お邪魔してますが レアなところとQSOされてて羨ましく
拝見させて頂いてます。

こちらは、年末にタワーを入れ替えて(中古から中古に)現在、タワーは
坊主の状態です。

1月中頃のP5は夏頃に延期になったようである意味ホッとしています。
休みおきにアンテナ工事をしようと思ってますが、完成はいつのことやら。
次にアンテナはクリスマスツリーを避けてアメリカ製巻き尺アンテナです(こちらも中古)

あ、そうそう!  年末に南区を車で走ってたらTOPページのアンテナを見かけました。
「あ、ここだったんだ。」  と、思いながらすばらしいロケーションで、ちょっと羨ましかった。

では、またお邪魔いたします。

KCXさん、ご心配おかけしました。
だいたい治りましたので大丈夫です。

時々私の聞こえない局をコールされているのを耳にし、感心していますよ。
タワーを交換されたようで、期待が膨らみますね。
P5が延期になったことが最高のお年玉です。
1月にやられたら当局は完全にアウトです。

うちのアンテナを見かけられたということなので、あの橋から東向きに来られたのかと思います。
お恥ずかしい限りですが、確かに住宅街のてっぺんからニョキっと出ています。
ロケーションは良いですが、あまり良く聞こえません。
私もアンテナをシンプルにしたいものです。

今年もよろしくお願い致します。
プロフィール

JL3LSF

Author:JL3LSF
1970年生まれ
1984年、大阪府堺市でJL3LSF開局
1991年、イリノイ州シャンペインの消防署でTechnician Plus取得 (N9PLT)
2011年、Amateur Extra取得 姫路で (NA1AA)
2014年、大阪府堺市南区にQSY 開局30周年
2017年、開局33周年
アンテナ
 (1)地上高16.5m 3 element Yagi (for 20, 15 and 10m)
 (2)地上高15m Mini-multiantenna HB18-24X4A (4 element HB9CV, for 17 and 12m)
 (3)Inverted L w/Loading Coil for 80m
 (4)地上高18m Rotatable Dipole (for 40 and 30m)
空中線電力 150Wぐらい
第一級アマチュア無線技士
職業 無線技術者(第一級陸上無線技術士) 選任されている無線局は438局(2016/9/16現在)
旧第一種伝送交換主任技術者
第三種電気主任技術者
専門は物理
以下省略

本業は6mのJCC/JCGハンティングで、昔は自宅からも山からもアクティブにQRV。
しかし仕事でン十kW級の無線を始めてからというもの、しばらくアマチュアを休業。
数年前から段階的にカムバックし、密集住宅街の狭い家から何を思ってか、3.5MHzから28MHzでDXを呼んではガッカリ。
移動運用で狙うDXにも限界が訪れ、2014年4月、遂にたまりかねて高台移転。
やっと普通の弱小局に格上げか???
2014年秋からは小さなタワーに給電してローバンドの運用を開始。
2015年5月からは50MHz用の自作5エレF9FTを使用開始。
2015年8月、F9FTを10MHz用釣竿ロータリーダイポールに交換。
2015年9月、釣竿ロータリーダイポールを7MHz/10MHzの2バンド用に変更。
2015年10月、ローバンド用アンテナをスローパーに変更。
2016年1月、Hexagonal Beamを3エレトライバンダーに交換。
2016年4月、スローパーを撤去して3.5MHz用のロングワイヤーを設置。
3.5MHzのアンテナは随時改修中。

アクセス
Solar-Terrestrial-Data
雨雲レーダー
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
QRコード
QR