2016/01/18 K5P 20S 17S

朝、14.280MHz SSBでK5Pが聞こえる。
しかしNA指定で信号も弱い。
と思ったら、突然JAをピックアップ。
次もJAを拾うではないか。
しかもその瞬間から信号強度が急上昇。
慌ててUP5でコールするとリターンあり。
JAの3局目か4局目でQSOできた。
Sは9まで振っていた。

14.252MHzのPJ2/K8NDはカスカス。

8時台、18.150MHz SSBでK5Pが入感。
最初はUP5 to 10だったが、そのうちUP5 to 20になった。
一般的に「UP5 to 10」とか言いながら、5か10しか拾わないOPが多い中、このOPはちゃんと5から20までの間を丁寧に周波数を変えて拾っている。
JAのバンドプランではUP18までしか無理なので、そのちょっと下でコールしているとリターンあり。
Sの振れは5だった。

14.0236MHzではVP8ADIが聞こえる。
ビーム方向は北。
この局がどんな局なのかは不明。
呼んでみたが出勤時間となってしまった。

夜、急激に爆弾低気圧の影響が出始めて、暴風雨になった。
K5Pは7MHz CWに出ていない。
しかし、3.523MHzのK5Pが聞こえる。
3.5MHzでK5Pが聞こえるのは初めて。
ただ、例によってNA指定やEu指定。
聞いていると、オンフレで指定無視の局を罵る局がたくさん聞こえ、どちらかと言えばそちらの方が行儀悪く聞こえる。
23時には聞こえなくなってしまった。

1/18 0649J 14280.0kHz SSB K5P (Palmyra) 100deg 120W
1/18 0831J 18150.0kHz SSB K5P (Palmyra) 100deg 200W
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

K5P 80m

K5P、今日は(1/18は)こちらでも80mでよく聞こえてました。
これなら出来そうと思いましたが、ずーっとWを拾ってましたね。
K5Pが必ずしも「NA」をつけないでスタンバイするからか、「NA」ポリスがいて、非常にうっとおしかったです。

VP8STIの運用が始まったようですが、まだJAでできたと言う情報は見かけませんね。

「VP8ADI」と書かれているのはおそらく「PV8ADI」という実在のブラジルの局ではないでしょうか(クラスタの情報による)。
VP8STIと間違えられて大きなパイルになっていたようです。

ELGさん
なかなか首尾よくQSOできませんね。
そしてあのNAポリスはどうにかなりませんかね。

あれPV8ADIですか。
何かよくわかりませんでした。

160m

私のところでは80mよりも 160mのほうがはるかに強力に聞こえます。NAの需要を満足したのか JAをとってくれる時間が長い。呼ぶJAもまばらになってきたのでチャンスがあると思います。

eiQさん
そうですか。
こちらは160mのK5Pが全く聞こえません。
毎日聞いていますが一度も聞こえたことがありません。
いったい何がどうなっているのやら。

2up おめでとうございます。

こちらは、午後、18MHzCWで聞こえましたが、バンザイアンテナでは無理です。すぐNA指定になりました。

昨夜、西日本の方が、VP8STI、14で強力とか書いていたので、聞きましたら何かいるのかレベルです。幻聴かも。

UPで数局呼んでいましたがそれも聞こえなくなりました。

ONXさん、ありがとうございます。
K5Pはやはり弱いときは弱いですね。
プロフィール

JL3LSF

Author:JL3LSF
1970年生まれ
1984年、大阪府堺市でJL3LSF開局
1991年、イリノイ州シャンペインの消防署でTechnician Plus取得 (N9PLT)
2011年、Amateur Extra取得 姫路で (NA1AA)
2014年、大阪府堺市南区にQSY 開局30周年
2017年、開局33周年
アンテナ
 (1)地上高16.5m 3 element Yagi (for 20, 15 and 10m)
 (2)地上高15m Mini-multiantenna HB18-24X4A (4 element HB9CV, for 17 and 12m)
 (3)Inverted L w/Loading Coil for 80m
 (4)地上高18m Rotatable Dipole (for 40 and 30m)
空中線電力 150Wぐらい
第一級アマチュア無線技士
職業 無線技術者(第一級陸上無線技術士) 選任されている無線局は438局(2016/9/16現在)
旧第一種伝送交換主任技術者
第三種電気主任技術者
専門は物理
以下省略

本業は6mのJCC/JCGハンティングで、昔は自宅からも山からもアクティブにQRV。
しかし仕事でン十kW級の無線を始めてからというもの、しばらくアマチュアを休業。
数年前から段階的にカムバックし、密集住宅街の狭い家から何を思ってか、3.5MHzから28MHzでDXを呼んではガッカリ。
移動運用で狙うDXにも限界が訪れ、2014年4月、遂にたまりかねて高台移転。
やっと普通の弱小局に格上げか???
2014年秋からは小さなタワーに給電してローバンドの運用を開始。
2015年5月からは50MHz用の自作5エレF9FTを使用開始。
2015年8月、F9FTを10MHz用釣竿ロータリーダイポールに交換。
2015年9月、釣竿ロータリーダイポールを7MHz/10MHzの2バンド用に変更。
2015年10月、ローバンド用アンテナをスローパーに変更。
2016年1月、Hexagonal Beamを3エレトライバンダーに交換。
2016年4月、スローパーを撤去して3.5MHz用のロングワイヤーを設置。
3.5MHzのアンテナは随時改修中。

アクセス
Solar-Terrestrial-Data
雨雲レーダー
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
QRコード
QR