FC2ブログ

2012/02/01(水)朝の移動結果(第67回) 雪山マルペロ作戦大成功!

s-FJ310001.jpg


移動場所: 大阪府岸和田市(標高725m)
アンテナ: 2ele HB9CV + マニュアルアンテナチューナー
CONDX : 
成果 :  


QSOできた局:

 28495.0kHz SSB HK0NA (Malpelo I)
 28490.0kHz SSB VP6T (Pitcairn Is)
 21336.0kHz SSB ZV5AJT (S.CATARINA Is, Brazil)
 21270.0kHz SSB HK0NA (Malpelo I)
 18129.9kHz SSB HK0NA (Malpelo I)
 21262.0kHz SSB HU2DX (El Salvador)


その他聞こえた局:

 18074.4kHz CW 4W0VB (Timor Leste)
 18083.4kHz CW 不明
 24892.0kHz CW HK0NA (Malpelo I)


VP6T、HK0NAともに期間後半に入り、少しはパイルも縮小したものと思い、あり余る代休を利用して予定通り本格的迎撃作戦を敢行した。
折りしも寒波が到来し、北近畿では豪雪となっており、南近畿な当局のいつもの移動場所でも当然積雪があるものと考え、タイヤチェーンの取り付け練習もして出発。
積雪はあるが、スタッドレスタイヤのみで十分登れる。
6:30頃現着。
まずは駐車場所の雪かき。
積雪は11cmで、底の1cmは透明なカッチンコッチンの氷の層になっている。
雪の中アンテナを上げ、7:00頃運用開始。

VP6TとHK0NAの公表されている運用周波数を14MHzから順に聞いていくが、何も聞こえない。
18MHzでパイルが聞こえるので、ご本尊を探すと4W0VBだった。
18.083で何かがUP指定でCQを出しているが、弱くてよくわからない。
上の方に行くと、24.892でようやくHK0NAを確認。
あまり強くないが、早速パイル参戦。
しばらく呼んでいたが、クラスタに28MHz SSBのHK0NAがスポットされたので聞いてみる。
FBに聞こえているのでコール開始。
UP5ですんなりリターンがあった。
あー、良かった!
さぁ帰ろうか、とも思ったが、まだまだできそうな気がしてワッチ継続。
しかし、それ以降はなかなかQSOできず。

8:20を過ぎて、28MHz SSBで何とかVP6TとQSO。
VP6Tはこれで2バンド目。

クラスタに21MHz SSBのZV5AJT(サンタカタリナ島)がスポットされた。
聞いてみるとJA並みに強い。
呼ぶと割とすぐにQSOできた。
その下、21.270のHK0NAもFBに聞こえており、UP5で即QSOできた。

一度アンテナを降ろし、トラップをバイパスして18MHzを聞くが静か。
注意してワッチすると、18.130でHK0NAがCQ空振りの連発!
信号は非常に弱いが、慌ててアンテナチューナーを調整して呼ぶと、ワンコールでリターンあり。

9時頃から降り始めたパウダースノーが、9:30頃から吹雪になった。
そろそろ帰ろうかと思うが、最後に21MHz SSBのHU2DXとQSO。
HUってどこかと思ったらエルサルバドルかいな。

いやいや、1回の迎撃でマルペロが3バンドもQSOできるとは。
期間後半の平日迎撃作戦は大成功!
雪の中来て良かった!!!

s-FJ310003.jpg

HK0NA_onlinelog.png

-------------------------------------------------------------------------------------------------

VP6T_onlinelog.png

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

雪の中の移動お疲れ様です。
今朝の24MHzCWでHK0NAをコールされているのを聞きましたが、様々なバンドでWKDできてFBですね。

HK0NAを狙ってもう少しがんばります。

こんばんは。
なかなかご活躍でよろしゅうございます。
今朝のHU2DXを呼んではるのを偶然聞きました。UP5でゆっくりとQSOでもと思いましたがあつかましい勇気が出ずです。
HU2はなかなかのパイルでこちらから呼べませんでした。マルペロもハイバンドではCQ連発です。聞こえるけど弱いので呼べないとゆう感じ。
今回やっとVP6Tがやっと出来ました。ぎりぎりセーフです。
また、無線機によって全く聞きやすさが違うのを発見しました。IC-7400ではQSBでかつかつ。
TS-590では、NR2モードでS5まで上がり、ようやくQSO出来た次第です。
やっぱええ無線機が必要なんかなと痛感です。

NSDさん、こんばんは。
24MHzで聞かれていましたか。
もう少し呼びたかったのですが、QRXになったので他を呼びに行ってしまいました。
今朝はSSBばかりで、CWもやりたかったので24MHzは残念でした。
GL!

RDEさんもお休みでしたか。
HU2とQSOしている時はかなりの吹雪で、そそくさと撤収を開始しました。
また今度聞こえたらご遠慮なく呼んでください。
VP6T、Congです。
VP6Tは最初は10MHzなど勢いがあったので期待したものの、他のバンドはぱっとしない感じですね。
リグの受信性能は、まったくその通りですね。
以前、仕事関係の某氏からK2をお借りして、クラブのTS-690と聞き比べたところ、TS-690で聞こえない信号がK2で聞こえました。
また、最近の安物DSP機は内部雑音の音が悪くて、大変疲れます。
KH2での運用では、このノイズ音で肩が凝りました。
ただ、私のように飛びが悪い局が受信性能の良いリグを使うと、余計フラストレーションが溜まるでしょうねーhi

こんばんは。
いやいや、今日は日直明けで昼出勤です。(ほんまはもっと早ういけるんですが)
たまにこんなんがあります。
今度発見時は呼ばさせていただきます。まったりとQSO出来るんを楽しみにしてます。
K2やK3はええみたいですね。でもあれもこれもオプション付けたらべらぼうな値段になってしまいますが。
VP6Tは強い時に限ってOUT SIDE JAです。それでも呼んでるどあほがよーさんいましたわ。

RDEさん、日直でしたか。
お疲れさまでした。
舞鶴がアレでしたのでね。
やっぱりペディションでよく使われている製品は、ええんですよ。
もうね、聞くと嫌になるのでUPの周波数は極力聞いてませんhi

雪かきをしてまでの運用に脱帽いたします。努力が実ると,今後の励みになると思います。この勢いで,TO3Jや3C0Eも出来ると良いですね。

SLSさん、ありがとうございます。
私としては、自宅からマルぺロとQSOできるような家に今日すぐにでも引っ越ししたいのですが、そういう訳にもいかず、現時点で最も簡単にQSOする方法がこれですhi。
TO3Jと3C0EはQSOしたいですね。
その前にマヨットとFWで苦戦中です。
プロフィール

JL3LSF

Author:JL3LSF
1970年生まれ
1984年、大阪府堺市でJL3LSF開局
1991年、イリノイ州シャンペインの消防署でTechnician Plus取得 (N9PLT)
2011年、Amateur Extra取得 姫路で (NA1AA)
2014年、大阪府堺市南区にQSY
2019年、開局35周年

アンテナ
 (1)地上高15m 3 element Yagi (for 20, 17, 15, 12 and 10m)
 (2)地上高17.5m Rotatable Dipole (for 40 and 30m)
 (3)地上高16m 7 element Yagi (for 6m)

空中線電力 150Wぐらい

第一級アマチュア無線技士
職業 無線技術者(第一級陸上無線技術士 = 昔で言うところの一技) 選任されている無線局は440局(2019/05/01現在)
旧第一種伝送交換主任技術者
第三種電気主任技術者
高等学校教諭一種免許(工業)
フルハーネス型墜落制止用器具特別教育受講済
専門は物理
以下省略

本業は6mのJCC/JCGハンティングで、昔は自宅からも山からもアクティブにQRV。
しかし仕事でン十kW級の無線を始めてからというもの、しばらくアマチュアを休業。
数年前から段階的にカムバックし、密集住宅街の狭い家から何を思ってか、3.5MHzから28MHzでDXを呼んではガッカリ。
移動運用で狙うDXにも限界が訪れ、2014年4月、遂にたまりかねて高台移転。
やっと普通の弱小局に格上げか???

*2014年4月24日、6バンドHexagonal Beam設置。

*2014年秋からは小さなタワーに給電してローバンドの運用を開始。

*2015年1月29日、18MHz/24MHz用4エレHB9CVを追加。

*2015年5月からは50MHz用の自作5エレF9FTを使用開始。

*2015年8月、F9FTを10MHz用釣竿ロータリーダイポールに交換。

*2015年9月、釣竿ロータリーダイポールを7MHz/10MHzの2バンド用に変更。

*2015年10月、ローバンド用アンテナをスローパーに変更。

*2016年1月、Hexagonal Beamを3エレトライバンダーに交換。

*2016年4月、スローパーを撤去して3.5MHz用のロングワイヤーを設置。

*2018年6月1日、ローバンド用のリモート局の免許を受ける。給電点海抜高655mのハーフスローパー。恐らく大阪で一番高い。ただし100W。

*2018年9月、台風21号により被災。マストパイプが曲がり、数を減らす目的で3エレトライバンダーとWARCの4エレHB9CVを統合して改造!

*2018年11月6日、リモート局のローバンド用アンテナをハーフスローパーから傾斜型に変更(160m・80m)。給電点海抜高638.5m。スカイツリーよりは高い。

*2019年1月8日、リモート局の160m用エレメントを短縮型からフルサイズ(折り曲げ)に変更。

*2019年5月6日、50MHzの6エレ八木を再設置。

*2019年7月20日、50MHzのアンテナを6エレからブーム長8.7mの7エレに交換。

今思うと、やっぱりHexagonal Beamがいちばん良いような...

アクセス
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
858位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
183位
アクセスランキングを見る>>
Amazon
Solar-Terrestrial-Data
雨雲レーダー
カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
QRコード
QR
愛用品1
フルークのテスター。安価でしっかり使える。
愛用品2
屋外でケーブル結束すると、耐候性結束バンドでも切れるのは時間の問題。エンドレスタイは耐久性が違う。必要な長さを切って使うので、結束バンドのような無駄がない。
愛用品3
台風のときに風速と気圧を測るのはコレ。