2016/03/10夜 ・ 2016/03/11朝 相変わらずの一方通行とV21ZG 17R

3/10夜
出張で東京から帰宅し、聞いてみると、3.506MHz CWでT88XHが599で聞こえる。
パイルになっていたが、何度かコールするとリターンあり。
バンドニュー。

1時、10.1054MHz CWで3B8CFが入感。
信号は弱い。
コールするが届かない。
だんだん弱くなってしまった。
深夜の10MHzはパスが不安定。

3/11朝、10.1075MHz CWでVU3TTMのCQを捉える。
誰もコールしないので呼んでみるが、届かない。
何度呼んでも届かない。
7:17にはSが3まで上がり、同18分にはS5まで上がったが、呼んでも依然無反応。
最終的にはS6まで強くなったが、いくらコールしてもダメだった。
その後すぐに消えてしまった。
何なんだ、ここのところの一方通行は。

18.1063MHzではRTTYでV21ZGが何とか入感。
信号は非常に弱く、デコードもままならないが、コールサインは何とかコピーできる。
誰もコールしないが、様子をうかがっていると、オンフレでWの局がQSO。
そうか、オンフレなのか。
さらに様子をうかがっていると、8エリアの局がUP0.41でQSOしたので、同じ周波数で呼んでみた。
何度かコールしていると、「JL3...」でリターンあり。
再度コールするが、続かずにCQが出ている様子。
さらに何度かコールすると、「JL3LHHN」とデコードできた。
多分コピーしてくれたように思う。
ただ、続くRSTがデコードできなかったので、QSOできたのかどうかは不明。

24.965MHz には今朝も5J0Pが出ているらしいが不感。

21.300MHz SSBのTX7EUはほとんど聞こえない。
マルケサスは21MHzが未交信だが、いつまで経っても未交信のまま。

3/11 0741J 18106.4kHz RTTY V21ZG (Antigua and Barbuda) 30deg 200W
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

V2などが聞こえるというのは、RYにしたからか、アンテナをバージョン
upしたかどちらかでしょうね。OKだと思いますが、、、

このVUの局はレポートが上がって、聞きに行っても聞こえないことが
多いです。

そもそもレポートを見て呼びに行くのは、ご近所の大先生と同じなんで
人のこと言えないんですが。

夕方はハイバンドは結構AやKやSSNの数字の割には良いようです。

50MHzでLUが入ったらしいですが、考えてみたら来週が春分ですね。

VU3TTM

VU3TTMはノイズがあるのでしょうか?
耳が良くありません。なかなか交信出来なかった。

ONXさん
アンテナのバージョンupと、たまたまこことの相性が良かったんでしょうね。
確かに3エレで受信は良くなったと思いますが、送信がいまひとつな感じがします。
50MHzで南米のスポットが何件かありましたね。
アンテナを整備して待ち構えているときには全く入感がなく、次のサイクルまでと諦めると入感するんですね。

eiQさん
VU3TTMは結構高さのあるベランダアンテナのようですが、こちらには良く聞こえていて、あのアンテナならこんなもんだと思いますが、受信が悪いということは相当ノイズレベルが高いのでしょうね。
以前、ガンガンに入感していた5N7Mを呼んでも「QRN QRN」しか返ってこなかったことがありますが、そういう状況でしょうね。
プロフィール

JL3LSF

Author:JL3LSF
1970年生まれ
1984年、大阪府堺市でJL3LSF開局
1991年、イリノイ州シャンペインの消防署でTechnician Plus取得 (N9PLT)
2011年、Amateur Extra取得 姫路で (NA1AA)
2014年、大阪府堺市南区にQSY 開局30周年
2017年、開局33周年
アンテナ
 (1)地上高16.5m 3 element Yagi (for 20, 15 and 10m)
 (2)地上高15m Mini-multiantenna HB18-24X4A (4 element HB9CV, for 17 and 12m)
 (3)Inverted L w/Loading Coil for 80m
 (4)地上高18m Rotatable Dipole (for 40 and 30m)
空中線電力 150Wぐらい
第一級アマチュア無線技士
職業 無線技術者(第一級陸上無線技術士) 選任されている無線局は438局(2016/9/16現在)
旧第一種伝送交換主任技術者
第三種電気主任技術者
専門は物理
以下省略

本業は6mのJCC/JCGハンティングで、昔は自宅からも山からもアクティブにQRV。
しかし仕事でン十kW級の無線を始めてからというもの、しばらくアマチュアを休業。
数年前から段階的にカムバックし、密集住宅街の狭い家から何を思ってか、3.5MHzから28MHzでDXを呼んではガッカリ。
移動運用で狙うDXにも限界が訪れ、2014年4月、遂にたまりかねて高台移転。
やっと普通の弱小局に格上げか???
2014年秋からは小さなタワーに給電してローバンドの運用を開始。
2015年5月からは50MHz用の自作5エレF9FTを使用開始。
2015年8月、F9FTを10MHz用釣竿ロータリーダイポールに交換。
2015年9月、釣竿ロータリーダイポールを7MHz/10MHzの2バンド用に変更。
2015年10月、ローバンド用アンテナをスローパーに変更。
2016年1月、Hexagonal Beamを3エレトライバンダーに交換。
2016年4月、スローパーを撤去して3.5MHz用のロングワイヤーを設置。
3.5MHzのアンテナは随時改修中。

アクセス
Solar-Terrestrial-Data
雨雲レーダー
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
QRコード
QR