2016/04/26 ・ 2016/04/27未明 EP3SMH 20R, 8Q7FU 30C ブレイクスルーしちゃったの???

4/26朝、18.070MHzと14.260MHzで立て続けにRT92KAとQSO。
どちらも弱かったがQSOできた。

4/27に日付が変わってから、14.082MHz RTTYでイランのEP3SMHがFBに入感。
コールするが届かない。
時折「JL3」は返って来るが苦しい。
呼んでいると、そのうち何とかコピーしてくれた。
EP2Aの運用が始まる前からEP2LSHとQSOできたりして、イランとは縁があるが、イラクとの縁が皆無orz

真夜中の入浴後、また聞いてみると10.108MHzで8Q7FUが聞こえる。
EuとばかりQSOしているが、コールしてみると「SF」でリターンあり。
もう一度コールしてみるが、やはり「SF」。
コールを繰り返すとフルコピーしてくれた。
バンドニュー。
QSO終了後、なぜか信号が途切れた。
どうなるのか警戒していると、「QRX EU JA JA」と始まった。
あれ?
ブレイクスルーしちゃった???
信号も少し強くなったので、どうやらアンテナをこっちに向けた様子。
それ以降、JA、ASIA指定で続々とQSOを続けていた。

4/26 0706J 18070.0kHz CW RT92KA (AS-092) 0deg 200W
4/26 0709J 14260.0kHz SSB RT92KA (AS-092) 15deg 190W
4/27 0041J 14082.1kHz RTTY EP3SMH (Iran) 310deg 180W
4/27 0141J 10108.0kHz CW 8Q7FU (Maldives) Band New 250deg 150W
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

昨夜は副業先へ、お邪魔しましてありがとうございました。
EUの壁を突破できるとは! Good Jobですね。
中東-EUは、7MHzのJA国内同士と同じような感じだとか?

jyeさん
昨夜はろくなおもてなしもできずに失礼しました。
また別の機会によろしくお願い致します。

そうですね、あの方面はEuからのコールが始まると太刀打ちできなくなることが多いですね。

8Qの10MHzは、01時なんですね。寝ていますわ、、、

その時間Euは、仕事から帰ってきて、「ぼちぼち」という
時間帯ですね。せめて23時JSTに出て欲しいです。
EP2Aなんかと22時JSTにパスがあるので、出来るので
はないかと思いますが。

 JAも大票田ですから、気にして欲しいですね。
1QSL5ドルとかふっかけられると困りますが。

こちらは、KH8/KC0Wの10MHz、連日NILなんですが、
どうして?

ONXさん
VOACAPによると、ダイポールでも22時半頃からパスはありそうな感じですね。
絶好調になるのはやはり1時頃のようですが、別に絶好調じゃなくてもQSOできると思います。
KH8はおかしいですね。
午後以降夜通しパスがあるはずですけどね。

最終日夜(13zすぎ)、20SでEUの怒涛の
パイルをさばいていたEP2Aを発見、
ご本尊がRS53くらいでした。
強くはないものの、酔っていたこともあり
呼び続けていたら数分でフルコールのCBあり、
焦りました。
その後「QRX EU、any JA?」と
数回繰り返したのですがクラスタに
上がっていなかったこともあって
JAからのcallはなく、またEUに戻っていきました。
みんなクラスタに頼ってるんだと実感。
Breakはまぐれでしょうが、気分いいものですね。

jfgさん
そうでしたか。
パイルの中で、自分の弱い信号がどういう都合で拾われるのか不思議ではありますが、気分はいいです。特にEuの壁を突破できたときは。
確かに、JA指定になっても誰も呼ばない勿体ない状況って、時々ありますね。
今日も丁度今10MHzの8Q7FUがJA指定を始めましたが、1局もコールがありません。
私達はクラスターを見てから参戦しても、ほとんど時間の無駄で終わってしまいますが、先生方はそれで充分収穫を得ることが可能ですからねぇ。
プロフィール

JL3LSF

Author:JL3LSF
1970年生まれ
1984年、大阪府堺市でJL3LSF開局
1991年、イリノイ州シャンペインの消防署でTechnician Plus取得 (N9PLT)
2011年、Amateur Extra取得 姫路で (NA1AA)
2014年、大阪府堺市南区にQSY 開局30周年
2017年、開局33周年
アンテナ
 (1)地上高16.5m 3 element Yagi (for 20, 15 and 10m)
 (2)地上高15m Mini-multiantenna HB18-24X4A (4 element HB9CV, for 17 and 12m)
 (3)Inverted L w/Loading Coil for 80m
 (4)地上高18m Rotatable Dipole (for 40 and 30m)
空中線電力 150Wぐらい
第一級アマチュア無線技士
職業 無線技術者(第一級陸上無線技術士) 選任されている無線局は438局(2016/9/16現在)
旧第一種伝送交換主任技術者
第三種電気主任技術者
専門は物理
以下省略

本業は6mのJCC/JCGハンティングで、昔は自宅からも山からもアクティブにQRV。
しかし仕事でン十kW級の無線を始めてからというもの、しばらくアマチュアを休業。
数年前から段階的にカムバックし、密集住宅街の狭い家から何を思ってか、3.5MHzから28MHzでDXを呼んではガッカリ。
移動運用で狙うDXにも限界が訪れ、2014年4月、遂にたまりかねて高台移転。
やっと普通の弱小局に格上げか???
2014年秋からは小さなタワーに給電してローバンドの運用を開始。
2015年5月からは50MHz用の自作5エレF9FTを使用開始。
2015年8月、F9FTを10MHz用釣竿ロータリーダイポールに交換。
2015年9月、釣竿ロータリーダイポールを7MHz/10MHzの2バンド用に変更。
2015年10月、ローバンド用アンテナをスローパーに変更。
2016年1月、Hexagonal Beamを3エレトライバンダーに交換。
2016年4月、スローパーを撤去して3.5MHz用のロングワイヤーを設置。
3.5MHzのアンテナは随時改修中。

アクセス
Solar-Terrestrial-Data
雨雲レーダー
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
QRコード
QR