JT65運用開始

最近JT9を運用しようと思い立ったものの、免許を受けているパーソナルコンピューター変調方式にJT9は含まれていない。
仕方ないので変更届を作成し、JT9を追記した付加装置諸元表を同封して総通陸三に郵送。
6/18の夜に徐にPCにWSJT-Xをインストール。
既にRTTYは運用しているので受信系とPTTの接続は問題ない。
しかし、RTTYはFSKで運用しているので、SSBを使用するJT65やJT9の変調をかけるためのマイク入力への接続がない。
面倒臭いなあ...と思っていたが、良く考えると、SSB用にマイクとミキサーを使っているではないか。
このミキサーのLINE入力にPCからのデータ音声を突っ込めば、楽々とJT65/JT9の運用ができるではないか。
SSBとJT何某の切替は、Ch1とCh4のフェーダー操作だけ。
簡単だった。

さて、14MHzをワッチしてみても、JT9は何も受信できない。
仕方なくJT65をワッチすると、おお! 色んな局が受信できるではないか。
JT65関係の解説にはどれにもパワーを絞ってALCを振らせるなと書いてある。
それでも簡単にDXとQSOできると書いてある。
試しにいちばん遠いZS6DDRをコール。
リターンがあるかと思ったら、別の局がピックアップされた。
次にZS1CBTをコール。
やはり別の局へリターン。
ZS5LEEをコールしてもリターンはない。
嘘つき!
全然届かんやないか。
パワー計が殆ど振れないので、仕方ない、ALCが2目盛り程度振れるぐらいまでマイクゲインを上げ、パワー計が10W程度まで振るようにパワーも上げた。

これでZS1CBTをコールしてみたところ、見事にリターンあり。
相手は-3dBで、-11dBのレポートをもらった。
コールを始めてから1時間以上が経っていた。
「極力ローパワーで」の謳い文句を真に受けたらいつまで経ってもQSOできないということがわかった。
JT65は運用局が増えてきて、理想通りにはいかないということだろう。
JT9でQSOしたいなあ。

6/18 2317J 14076.0kHz JT65 ZS1CBT (South Africa) 255deg 10W
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

データ通信始められましたか。
JT-65はALCが振れないようにっちゅうのは嘘です。あれはPSKの場合です。ちょっと振れるくらいがええようです。ほんでパワーも5Wから10Wがええようで。でもなんぼ呼んでも応答のない局もいます。よーさん呼ばれてるからあかんのかもしれません。相手からのレポートが-25dB以下ならそれは自慢できる交信になります。
アフリカの局は結構データ通信に出てくるので要注意です。

そのうちシナの汚い電波を見ることになりますよ。

rdeさん
なるほど、やはりそうですか。
-20ぐらいのレポートをよくもらいますが、-25以下にチャレンジすると届きません。
届かないのは向こうの問題ですね。
こちらが届くように何とかすれば、必ずレポートの値が上がってしまいますもんね。
プロフィール

JL3LSF

Author:JL3LSF
1970年生まれ
1984年、大阪府堺市でJL3LSF開局
1991年、イリノイ州シャンペインの消防署でTechnician Plus取得 (N9PLT)
2011年、Amateur Extra取得 姫路で (NA1AA)
2014年、大阪府堺市南区にQSY 開局30周年
2017年、開局33周年
アンテナ
 (1)地上高16.5m 3 element Yagi (for 20, 15 and 10m)
 (2)地上高15m Mini-multiantenna HB18-24X4A (4 element HB9CV, for 17 and 12m)
 (3)Inverted L w/Loading Coil for 80m
 (4)地上高18m Rotatable Dipole (for 40 and 30m)
空中線電力 150Wぐらい
第一級アマチュア無線技士
職業 無線技術者(第一級陸上無線技術士) 選任されている無線局は438局(2016/9/16現在)
旧第一種伝送交換主任技術者
第三種電気主任技術者
専門は物理
以下省略

本業は6mのJCC/JCGハンティングで、昔は自宅からも山からもアクティブにQRV。
しかし仕事でン十kW級の無線を始めてからというもの、しばらくアマチュアを休業。
数年前から段階的にカムバックし、密集住宅街の狭い家から何を思ってか、3.5MHzから28MHzでDXを呼んではガッカリ。
移動運用で狙うDXにも限界が訪れ、2014年4月、遂にたまりかねて高台移転。
やっと普通の弱小局に格上げか???
2014年秋からは小さなタワーに給電してローバンドの運用を開始。
2015年5月からは50MHz用の自作5エレF9FTを使用開始。
2015年8月、F9FTを10MHz用釣竿ロータリーダイポールに交換。
2015年9月、釣竿ロータリーダイポールを7MHz/10MHzの2バンド用に変更。
2015年10月、ローバンド用アンテナをスローパーに変更。
2016年1月、Hexagonal Beamを3エレトライバンダーに交換。
2016年4月、スローパーを撤去して3.5MHz用のロングワイヤーを設置。
3.5MHzのアンテナは随時改修中。

アクセス
Solar-Terrestrial-Data
雨雲レーダー
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
QRコード
QR