2016/06/22 ・ 2016/06/23

最近のコンディションでは特筆すべきこともない。
6/22深夜、18.070MHzでVU2CPLがパイルになっていた。
Sメーターは9までバンバン振れる。
しばらくコールしていると、「JD3」のリターンが。
JD3は存在しないので、短点を一つ聞き落としてLをDと聞き間違えたに違いない。
2回呼び直してQSO。

18.073MHzでは、ここのところよく出ているらしいXX9TGMの信号を初めて耳にしたのでコール。
信号はなぜか弱かったがQSOできた。
XX9は10MHzが未交信。

日付が変わってから14MHzでJT65/JT9をワッチしていると、JT9でLY2CKが-20dBで入感。
コールするが届かない。
そのうち信号が上がったのでコールすると、リターンあり。
やっぱりQSOしにくいわ、JT某は。

6/23朝、14.022MHzでXX9TGMが入感。
コールしてQSO。

例によってまたJT某をワッチ。
府内の某局の信号が強すぎて不要成分が大量に発生するので、その局がCQを出すと大変なことになる。
JT65をやっている方はどんなことになるかよくおわかりだろうが、とにかく“わや”だ。
18MHzでXE2YWBをコールするが届かない。
そのうちCO8LYが入感してきたのでコールするが、全然届かない。
こちらは微弱信号通信でも通用しないぐらいの極微弱局ということだ。

6/22 2201J 18070.0kHz CW VU2CPL (India) 280deg 200W
6/22 2309J 18072.9kHz CW XX9TGM (Macau) 240deg 200W
6/23 0050J 14071.7kHz JT9 LY2CK (Lithuania) 330deg 8W
6/23 0701J 14022.0kHz CW XX9TGM (Macau) 240deg 190W
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

大阪の某所です。

やっぱり18、24もアンテナ変えた値打ちはありましたね。

XX9の10MHzは私もないですね。

JA1AEA局の回顧録では、マカオのローバンドは、JAはともかく、欧米からはレアみたいですね。

土曜日夕方まで研修で無線は休みの予定です。

ONXさん
ご苦労さまです。
XX9TGMは毎日10MHzにも出てきますが、生活リズムのすれ違いのため、なかなか信号が聞けません。
クラスターを見ていれば簡単ですが、クラスターも見ていません。
プロフィール

JL3LSF

Author:JL3LSF
1970年生まれ
1984年、大阪府堺市でJL3LSF開局
1991年、イリノイ州シャンペインの消防署でTechnician Plus取得 (N9PLT)
2011年、Amateur Extra取得 姫路で (NA1AA)
2014年、大阪府堺市南区にQSY 開局30周年
2017年、開局33周年
アンテナ
 (1)地上高16.5m 3 element Yagi (for 20, 15 and 10m)
 (2)地上高15m Mini-multiantenna HB18-24X4A (4 element HB9CV, for 17 and 12m)
 (3)Inverted L w/Loading Coil for 80m
 (4)地上高18m Rotatable Dipole (for 40 and 30m)
空中線電力 150Wぐらい
第一級アマチュア無線技士
職業 無線技術者(第一級陸上無線技術士) 選任されている無線局は438局(2016/9/16現在)
旧第一種伝送交換主任技術者
第三種電気主任技術者
専門は物理
以下省略

本業は6mのJCC/JCGハンティングで、昔は自宅からも山からもアクティブにQRV。
しかし仕事でン十kW級の無線を始めてからというもの、しばらくアマチュアを休業。
数年前から段階的にカムバックし、密集住宅街の狭い家から何を思ってか、3.5MHzから28MHzでDXを呼んではガッカリ。
移動運用で狙うDXにも限界が訪れ、2014年4月、遂にたまりかねて高台移転。
やっと普通の弱小局に格上げか???
2014年秋からは小さなタワーに給電してローバンドの運用を開始。
2015年5月からは50MHz用の自作5エレF9FTを使用開始。
2015年8月、F9FTを10MHz用釣竿ロータリーダイポールに交換。
2015年9月、釣竿ロータリーダイポールを7MHz/10MHzの2バンド用に変更。
2015年10月、ローバンド用アンテナをスローパーに変更。
2016年1月、Hexagonal Beamを3エレトライバンダーに交換。
2016年4月、スローパーを撤去して3.5MHz用のロングワイヤーを設置。
3.5MHzのアンテナは随時改修中。

アクセス
Solar-Terrestrial-Data
雨雲レーダー
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
QRコード
QR