FC2ブログ

2016/07/10 6Y1LZ 40C

7/10に日付が変わり、21.037MHzでIARUコンテスト参加中の、お馴染み5H3EEとQSO。

14.066MHzでは、これまたお馴染みの3V8SSが聞こえているが、非常に弱い。
しかし、コールするとQSOできた。

昼間はこれといった所は聞こえず。

夕方から7MHzでカリブ海のスポットが上がるようになってきた。
それでも聞いてはいなかったが、18時半を過ぎた頃に聞いてみた。
7.002MHzの6Y1LZは非常に強力で、Sが7ぐらいまで振っているではないか!
しかも、パイルはそれほど大きくはない。
これは参戦しなくては。
しばらく呼んでみたが、コンテストのためオンフレなので難しい。
難しいものを呼んでいても仕方ないので、参院選の投票に行くことに。
投票しなくても結果はわかっている選挙に行っても全く面白くないし、18歳、19歳の新有権者がおじん・おばんと同じような傾向の候補者に投票するかと思うと反吐が出るが、とりあえず行ってみた。
投票から帰っても6Y1LZは同じように聞こえている。
今度はしばらくコールしているとリターンあり。
バンドニュー。
6Yと7MHzでQSOできるとは思ったことすらなかっただけに、選挙に行った甲斐があった。

図に乗って7MHzで他のカリブ海を探す。
7.017MHzではZF2ETが聞こえる。
ちょっと弱いが、何度かコールするとリターンあり。

7.035MHzではPJ2HQが出ているが、これはカスカス。
そんなに欲張ってはいけない。

ハイバンドはと言えば、28.010MHzでは5H3EEがCQ空振り状態。
コールしてナンバー交換。
前回28MHzでQSOしたのは5/14だったので、どれだけハイバンドの調子が悪いかがよくわかる。

さて、最終日となったS79Vは、21.083MHzでRTTYに出ている。
21MHzのRTTYは、7/8にミスコピーされてNILになっているのでコール。
ちょっと手間取ったが、最終的に空いている周波数でコールするとリターンあり。

14.016MHz CWでもS79Vが出ているのでコール。
即リターンがあった。
QSO終了直後にSA指定となった。
しかしSAからのお呼びはなかった。

18.160MHzではS79VがSを5まで振らせている。
呼ぶ局は殆どいない。
数回目のコールで「Again ?」と言われたので、再度コールすると「Lima Sierra Foxtrot」と聞こえる。
再度コールを送ってフルコピーしてもらえた。
QSO終了後、本当に誰もコールせず、「Sugar Seven Nine Victoria 5 UP」というアナウンスが寂しく延々繰り返されていた。

S79Vは6バンド、12QSOでき、楽しく参戦することができた。
もう打ち止めだろう。
セイシェルと言えば、以前はいくら頑張っても交信できないエンティティだったなあ。
S79V_log.png

風呂上がりにワッチすると、14.004MHzでRI1FJが聞こえる。
この局は以前は簡単にQSOできたと思うが、最近は信号が非常に弱い。
オンフレで、なかなかリターンはないが、ちょっとした隙間でコールするとリターンあり。

7/10 0005J 21037.5kHz CW 5H3EE (Tanzania) 280deg 200W
7/10 0019J 14066.5kHz CW 3V8SS (Tunisia) 320deg 190W
7/10 1933J 7002.0kHz CW 6Y1LZ (Jamaica) 35deg 200W
7/10 1943J 7017.6kHz CW ZF2ET (Cayman) 40deg 200W
7/10 1947J 28010.0kHz CW 5H3EE (Tanzania) 275deg 120W
7/10 2015J 21083.0kHz RTTY S79V (Seychelles) 255deg 190W
7/10 2159J 14016.0kHz CW S79V (Seychelles) 260deg 190W
7/10 2202 18160.0kHz SSB S79V (Seychelles) 260deg 200W
7/10 2306J 14004.1kHz CW RI1FJ (Franz Josef Land) 340deg 190W
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

「風呂上がり」がキーポイントですね。こちらは風呂に入っている
時、宅配なんかが来たりしてたまったものではありません。

 RI1FJは、以前はStepIRを使っていたらしいですが、それが壊れて
いるそうです。それと、免許を持っている人が赴任してもなかなか出て
きませんでした。

 なかなか出てこないと言えば、JX9JKA(だったですか?)ですが、
OPが体調を崩しているとか?

実はEuでは数少ないATNOなのです。

ONXさん

「風呂上り」など、一息ついた後というのは意外にいけることがありますね。
根を詰めない方が良いようです。
風呂に入っているときに宅配が来ると困りますね。
私の場合、徹夜明けで寝ているときに宅配が来るので、これも困ります。

RI1FJはSteppIRが故障ということで、道理で弱い訳ですね。
JX9JKAは私は運よくQSOできていますが、これはタイミング次第では逃していてもおかしくなかったところです。
極圏で難しいと言われていましたが、弱いながらも夏場の夜にパスがあって、空いていてQSOしやすかったです。
プロフィール

JL3LSF

Author:JL3LSF
1970年生まれ
1984年、大阪府堺市でJL3LSF開局
1991年、イリノイ州シャンペインの消防署でTechnician Plus取得 (N9PLT)
2011年、Amateur Extra取得 姫路で (NA1AA)
2014年、大阪府堺市南区にQSY
2019年、開局35周年

アンテナ
 (1)地上高15m 3 element Yagi (for 20, 17, 15, 12 and 10m)
 (2)地上高17.5m Rotatable Dipole (for 40 and 30m)
 (3)地上高16m 7 element Yagi (for 6m)

空中線電力 150Wぐらい

第一級アマチュア無線技士
職業 無線技術者(第一級陸上無線技術士 = 昔で言うところの一技) 選任されている無線局は440局(2019/05/01現在)
旧第一種伝送交換主任技術者
第三種電気主任技術者
高等学校教諭一種免許(工業)
フルハーネス型墜落制止用器具特別教育受講済
専門は物理
以下省略

本業は6mのJCC/JCGハンティングで、昔は自宅からも山からもアクティブにQRV。
しかし仕事でン十kW級の無線を始めてからというもの、しばらくアマチュアを休業。
数年前から段階的にカムバックし、密集住宅街の狭い家から何を思ってか、3.5MHzから28MHzでDXを呼んではガッカリ。
移動運用で狙うDXにも限界が訪れ、2014年4月、遂にたまりかねて高台移転。
やっと普通の弱小局に格上げか???

*2014年4月24日、6バンドHexagonal Beam設置。

*2014年秋からは小さなタワーに給電してローバンドの運用を開始。

*2015年1月29日、18MHz/24MHz用4エレHB9CVを追加。

*2015年5月からは50MHz用の自作5エレF9FTを使用開始。

*2015年8月、F9FTを10MHz用釣竿ロータリーダイポールに交換。

*2015年9月、釣竿ロータリーダイポールを7MHz/10MHzの2バンド用に変更。

*2015年10月、ローバンド用アンテナをスローパーに変更。

*2016年1月、Hexagonal Beamを3エレトライバンダーに交換。

*2016年4月、スローパーを撤去して3.5MHz用のロングワイヤーを設置。

*2018年6月1日、ローバンド用のリモート局の免許を受ける。給電点海抜高655mのハーフスローパー。恐らく大阪で一番高い。ただし100W。

*2018年9月、台風21号により被災。マストパイプが曲がり、数を減らす目的で3エレトライバンダーとWARCの4エレHB9CVを統合して改造!

*2018年11月6日、リモート局のローバンド用アンテナをハーフスローパーから傾斜型に変更(160m・80m)。給電点海抜高638.5m。スカイツリーよりは高い。

*2019年1月8日、リモート局の160m用エレメントを短縮型からフルサイズ(折り曲げ)に変更。

*2019年5月6日、50MHzの6エレ八木を再設置。

*2019年7月20日、50MHzのアンテナを6エレからブーム長8.7mの7エレに交換。

今思うと、やっぱりHexagonal Beamがいちばん良いような...

アクセス
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
255位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
49位
アクセスランキングを見る>>
Amazon
Solar-Terrestrial-Data
雨雲レーダー
カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
QRコード
QR
愛用品1
フルークのテスター。安価でしっかり使える。
愛用品2
屋外でケーブル結束すると、耐候性結束バンドでも切れるのは時間の問題。エンドレスタイは耐久性が違う。必要な長さを切って使うので、結束バンドのような無駄がない。
愛用品3
台風のときに風速と気圧を測るのはコレ。