2016/07/15 TR8CA

7/15未明、18.093MHzのTR8CAが良く聞こえている。
JAから呼ぶ局は1局も居らず、呼んでいるのはEuばかり。
あまりにも良く聞こえるので挨拶がてらにコール。
いかにも夏の夜のアフリカという感じでFB。

昼間は東京へ出張。
運良く豪雨の直後に到着し、1滴も雨は降らなかった。
3連休前とあって、夕方の新幹線は超満席。
極力早い便で逃げ帰ってきた。

7/15 0057J 18093.0kHz CW TR8CA (Gabon) 295deg 200W
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

お疲れさまでした。

TR8CAは、JA相手にSSBで出ていると、簡単な日本語で話してくれます。

このくらいJAを意識してくれる局ばかりだといいですね。

子どもの頃は両親とも稼ぎで、たまに出掛けると、少しでも節約をと自由席で立ったまま辛い思いをしました。

だから今は、早くから判っているなら、間違いなく指定席に間違いなく座っています。少しの金額のことで行き帰り苦痛な思いをするなら、指定をとります。

グリーン車はやった事はないです。
だから金が貯まらないのかも知れません。

ONXさん

TR8CAは当局のQSO回数で言うと多分一番多いDX局かと思います。

自由席で立ってというのは辛いですね。
ずっと座っているのもしんどいですが、ずっと立っているのは辛いです。
そう言えば立ち席特急券というのがありましたね。
以前は前もって指定席を取ることはあまりしませんでしたが、最近は混み具合が酷くなっているので、必ず数日前までに指定席を取っています。
昨日は仕事が早く終わったので、極力早い時間の便でましな席の列車に変更して帰ってきました。
18時台は、前日の段階で既に全部満席になっていました。
グリーン車は、一度だけグリーン車しか空いていないことがあって、そのときに乗っただけです。
そのときは出張旅費でグリーン料金を認めてくれましたが、よく考えば昨日もその手でいけたと今頃思い出しました。
プロフィール

JL3LSF

Author:JL3LSF
1970年生まれ
1984年、大阪府堺市でJL3LSF開局
1991年、イリノイ州シャンペインの消防署でTechnician Plus取得 (N9PLT)
2011年、Amateur Extra取得 姫路で (NA1AA)
2014年、大阪府堺市南区にQSY 開局30周年
2017年、開局33周年
アンテナ
 (1)地上高16.5m 3 element Yagi (for 20, 15 and 10m)
 (2)地上高15m Mini-multiantenna HB18-24X4A (4 element HB9CV, for 17 and 12m)
 (3)Inverted L w/Loading Coil for 80m
 (4)地上高18m Rotatable Dipole (for 40 and 30m)
空中線電力 150Wぐらい
第一級アマチュア無線技士
職業 無線技術者(第一級陸上無線技術士) 選任されている無線局は438局(2016/9/16現在)
旧第一種伝送交換主任技術者
第三種電気主任技術者
専門は物理
以下省略

本業は6mのJCC/JCGハンティングで、昔は自宅からも山からもアクティブにQRV。
しかし仕事でン十kW級の無線を始めてからというもの、しばらくアマチュアを休業。
数年前から段階的にカムバックし、密集住宅街の狭い家から何を思ってか、3.5MHzから28MHzでDXを呼んではガッカリ。
移動運用で狙うDXにも限界が訪れ、2014年4月、遂にたまりかねて高台移転。
やっと普通の弱小局に格上げか???
2014年秋からは小さなタワーに給電してローバンドの運用を開始。
2015年5月からは50MHz用の自作5エレF9FTを使用開始。
2015年8月、F9FTを10MHz用釣竿ロータリーダイポールに交換。
2015年9月、釣竿ロータリーダイポールを7MHz/10MHzの2バンド用に変更。
2015年10月、ローバンド用アンテナをスローパーに変更。
2016年1月、Hexagonal Beamを3エレトライバンダーに交換。
2016年4月、スローパーを撤去して3.5MHz用のロングワイヤーを設置。
3.5MHzのアンテナは随時改修中。

アクセス
Solar-Terrestrial-Data
雨雲レーダー
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
QRコード
QR