2016/07/26 ~ 2016/07/31 弱くて苦戦

7/30夜、「ドン ドン」という音が聞こえるが、PLの花火は8/1のはず。
2階に上がってベランダから見渡してみると、西南西方向の遠方で花火が見える。
あれは岸和田港まつり花火大会ではないか。
以前よく移動運用ポイントの泉佐野市食品コンビナートから見たものだ。
ここからだと13km離れているが、海抜高が70mあって、大抵のものは眼下に見えるので、花火も非常に良く見える。
まさかベランダから花火が見えるとは思ってもみなかった。
去年はなぜか気付かなかった。

昼間は猛烈に暑かったが、夜は異常に涼しくなった。

QSOは下記の通り。
このうち半数は、著しく弱くてQSBも激しく、CQが確実に聞こえていても、コールしてリターンがある頃には自分のコールがQSBで聞こえなくなっていく。
諦めて後ほど呼び直すことも多い。

IOTAコンテストでは、未交信の島が少ない。
辛うじてEU-076とAS-135とQSO。
AS-135 B4RはアンテナをEuに向けているようで、いくら呼んでもEuに呼び負ける。
かなり長時間粘って、Euのコールが途切れたところで何とか拾ってもらえた。

5H3PMはパイレーツという噂だが、簡単にQSOできたことを考えると相手の位置は5Hだと思う。
ヨーロッパだという指摘があるが、ヨーロッパなら当局にはもっともっと弱くて、QSOは無理だろう。

7/26 0054J 18074.5kHz CW RU6DX/P (EU-185) 335deg 200W
7/27 0109J 14008.0kHz CW SV5/G4DJX (Dodecanese) Band New 310deg 190W
7/27 2319J 14027.0kHz CW UA1ATD/P (Russia) 320deg 190W
7/28 0138J 10106.0kHz CW LA1MFA (Norway) Band New 340deg 170W
7/28 0658J 10114.3kHz CW SW9AA (Crete, EU-015) Band New 305deg 170W
7/28 2338J 10107.0kHz CW R66IOTA (AS-066) 340deg 170W
7/28 2348J 7021.0kHz CW B5/BG4TRN (AS-141) 270deg 200W
7/29 0021J 14010.8kHz CW 5H3PM (Tanzania) 280deg 190W
7/29 0711J 14025.0kHz CW R70IOTA (AS-070) 340deg 190W
7/29 2114J 7015.0kHz CW RM0F/P (AS-025) 0deg 200W
7/29 2127J 3509.4kHz CW RU0LL (Asiatic Russia) Long Wire 200W
7/29 2209J 14012.0kHz CW AP2NK (Pakistan) Band New 290deg 190W
7/29 2347J 14034.9kHz CW HS3NBR/P (AS-145) 230deg 190W
7/30 1955J 14028.5kHz CW E28AC (AS-125) 230deg 190W
7/30 2338J 14014.0kHz CW LA/G0AAA (EU-076) 347deg 190W
7/31 0105J 14227.5kHz SSB B4R (AS-135) 270deg 190W
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

JL3LSF

Author:JL3LSF
1970年生まれ
1984年、大阪府堺市でJL3LSF開局
1991年、イリノイ州シャンペインの消防署でTechnician Plus取得 (N9PLT)
2011年、Amateur Extra取得 姫路で (NA1AA)
2014年、大阪府堺市南区にQSY 開局30周年
2017年、開局33周年
アンテナ
 (1)地上高16.5m 3 element Yagi (for 20, 15 and 10m)
 (2)地上高15m Mini-multiantenna HB18-24X4A (4 element HB9CV, for 17 and 12m)
 (3)Inverted L w/Loading Coil for 80m
 (4)地上高18m Rotatable Dipole (for 40 and 30m)
空中線電力 150Wぐらい
第一級アマチュア無線技士
職業 無線技術者(第一級陸上無線技術士) 選任されている無線局は438局(2016/9/16現在)
旧第一種伝送交換主任技術者
第三種電気主任技術者
専門は物理
以下省略

本業は6mのJCC/JCGハンティングで、昔は自宅からも山からもアクティブにQRV。
しかし仕事でン十kW級の無線を始めてからというもの、しばらくアマチュアを休業。
数年前から段階的にカムバックし、密集住宅街の狭い家から何を思ってか、3.5MHzから28MHzでDXを呼んではガッカリ。
移動運用で狙うDXにも限界が訪れ、2014年4月、遂にたまりかねて高台移転。
やっと普通の弱小局に格上げか???
2014年秋からは小さなタワーに給電してローバンドの運用を開始。
2015年5月からは50MHz用の自作5エレF9FTを使用開始。
2015年8月、F9FTを10MHz用釣竿ロータリーダイポールに交換。
2015年9月、釣竿ロータリーダイポールを7MHz/10MHzの2バンド用に変更。
2015年10月、ローバンド用アンテナをスローパーに変更。
2016年1月、Hexagonal Beamを3エレトライバンダーに交換。
2016年4月、スローパーを撤去して3.5MHz用のロングワイヤーを設置。
3.5MHzのアンテナは随時改修中。

アクセス
Solar-Terrestrial-Data
雨雲レーダー
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
QRコード
QR