出張

今年も仕事で小浜まで行ってきた。
帰りに某局のブログでお馴染みの舞鶴市空山へ寄ってみた。
s-DSCN0225.jpg

VHF放送波の電界強度などを測定してから山頂の方へ。
某航空保安用無線標識の送信所があったので見ていると、超重要設備が無線技術士としてはとても看過できない状態になっているのに気付いた。
山を下りて、第23航空隊舞鶴航空基地に行ってお知らせしてきた。
s-DSCN0237.jpg

昼食はとれとれセンター。
いつもは選ばないメニューを選択。
s-DSCN0193c.jpg

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

おっ!
高そうな昼食ですな。
とれとれは特に高いから自前では行きません。

補完は山の上に行ったら普通に聞こえますね。特に生駒山上からの発射はエリアが広がってます。
さすが広域です。飯盛山の大阪ローカルとはちゃいますわ。
北部に中継局を作ってもらえたら、受信状態の悪くシナ、朝鮮の混信がある中波帯の番組が楽しめるんですが。
粟鹿山あたりに1局あったら北部はかなり改善されます。が人口が少ないので難しいですね。
夜中フェージングとKBS(朝鮮のほうです)の混信に苦労してヤンタンを聞いていた学生時代を思い出します。

お~高そうなメニューですね(^^;;

例の測定でしょうか。うちはヤンペしてしまいました。

お疲れ様でした~今年は何度空山にいったか覚えられないほど行ってます。(笑)

rdeさん

帰宅して早速いただきました。
贅沢に一気にガバガバいただきました!
とても美味しかったです。
ありがとうございました。

舞鶴では、去年は安くて美味しいところへ行きましたが、待たないと入れないので、今年は時間がなくてとれとれで済ませました。
安くて良い店をもっと探さないといけません。

補完の飛びを確認してきました。
色んな所へ調査に行きたいです。

jyeさん
これ、それほど高くはないです。
今度からはコンビニでおにぎりでも買って行って、それと焼いてもらった海鮮を食べようかと話しています。

うちはヤンペせずに、新たな方法で50%値を出すテストもしてきました。

AXCさん

恐れ入ります。
空山に行くと誰かいらっしゃるかと思いましたが、さすがに平日の午後はないですね。
それにしても、近くに良い山があってFBですね。
プロフィール

JL3LSF

Author:JL3LSF
1970年生まれ
1984年、大阪府堺市でJL3LSF開局
1991年、イリノイ州シャンペインの消防署でTechnician Plus取得 (N9PLT)
2011年、Amateur Extra取得 姫路で (NA1AA)
2014年、大阪府堺市南区にQSY 開局30周年
2017年、開局33周年
アンテナ
 (1)地上高16.5m 3 element Yagi (for 20, 15 and 10m)
 (2)地上高15m Mini-multiantenna HB18-24X4A (4 element HB9CV, for 17 and 12m)
 (3)Inverted L w/Loading Coil for 80m
 (4)地上高18m Rotatable Dipole (for 40 and 30m)
空中線電力 150Wぐらい
第一級アマチュア無線技士
職業 無線技術者(第一級陸上無線技術士) 選任されている無線局は438局(2016/9/16現在)
旧第一種伝送交換主任技術者
第三種電気主任技術者
専門は物理
以下省略

本業は6mのJCC/JCGハンティングで、昔は自宅からも山からもアクティブにQRV。
しかし仕事でン十kW級の無線を始めてからというもの、しばらくアマチュアを休業。
数年前から段階的にカムバックし、密集住宅街の狭い家から何を思ってか、3.5MHzから28MHzでDXを呼んではガッカリ。
移動運用で狙うDXにも限界が訪れ、2014年4月、遂にたまりかねて高台移転。
やっと普通の弱小局に格上げか???
2014年秋からは小さなタワーに給電してローバンドの運用を開始。
2015年5月からは50MHz用の自作5エレF9FTを使用開始。
2015年8月、F9FTを10MHz用釣竿ロータリーダイポールに交換。
2015年9月、釣竿ロータリーダイポールを7MHz/10MHzの2バンド用に変更。
2015年10月、ローバンド用アンテナをスローパーに変更。
2016年1月、Hexagonal Beamを3エレトライバンダーに交換。
2016年4月、スローパーを撤去して3.5MHz用のロングワイヤーを設置。
3.5MHzのアンテナは随時改修中。

アクセス
Solar-Terrestrial-Data
雨雲レーダー
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
QRコード
QR