2016/09/03 やっとリターンがあったVP6J 20C

午前の18.084MHzのパイルに撃沈したが、また午後に18.084MHzに出てきた。
信号強度はFBで、すぐにでもリターンがあるような錯覚に陥る。
当然いくら呼んでもお返事はない。
16:20過ぎに「QRN QRN QSY 14034」と打ってQSYとなった。
なるほど、ノイズレベルが高くて、当局のようなローパワーではノイズフロアに埋もれて拾ってもらえないということか。
空いている周波数や、RPの近くでいくら呼んでもリターンがないことに合点がいく。

14.034MHzもFBに入感。
しかしこちらでも呼べども呼べどもリターンはない。
なんや、ノイズあってもなくてもいっしょかいな。
それからも延々呼んで、17:13に5分間のQRXとなった。
そして5分後にはちゃんと再開。
このあたりがEuのOPと違うよね。
UPの周波数を、何も考えずにいい加減に設定して2分間コールしたところで「JL3」のリターンあり。
ここからフルコールを3回とサフィックスを1回打って、何とかQSO。
バンドニュー。
何時間呼んでた???

クラスターにはIK2UCKが「wking 99% JA what a pity!」と書いている。
なんやと! ゴラ!
ワレら今までJAを差し置いて散々QSOしときながら、何ぬかすんじゃゴラ!
謝れ、このカスが。
こっちはどんだけ苦労してる思とんじゃ。
でっかいリニア使うてからに何ぬかすか。
この時間は短い短いJAのベストタイムじゃ。
OPもそれを知ってJAを拾ってんねん。
黙っとかんかい。
OPに失礼や!

さて、14.190MHz SSBではJT5NHはAll Asian DX ContestでCQを出している。
何度かコールして、某局に呼び負けて、それから2~3回また呼んで「JL3」でリターンあり。
リターンがあった頃はQSBで落ちてしまい、「こんなんで本当にQSOできるの?」というぐらいのカスカスだったが、不思議と双方フルコピーできた。
いつもありがとうございます。

9/3 1720J 14034.0kHz CW VP6J (Pitcairn) Band New 100deg 200W
9/3 1752J 14190.0kHz SSB JT5NH (Mongolia) 275deg 200W
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

こんばんは。

20mCでGETできましたか!   Congです。

こちらはたったいま20mSが出来ました。   UP5~20で取ってるので
SSBはCWみたいに追いかけるのが難しいのでUP5で5分ほど呼んだら
フルコールでリターンがありました。  バンドニューです。
後はRTTYが出来たらいうことないですが 贅沢言ったらダメですね。

FB-DX!

160mも出てきたということでしたが、アンテナも4月に取り外したままでヤキモキしていましたが、いかんせんうちのレベルじゃないことがわかりました。
なんとか、30C, 12C, 20Sの順でできました。
12CはうちのRDPでもなんとか聞こえたのは10分くらいだけです。

KCXさん
20Sおめでとうございます。
こちらでは20Sの頃は弱くなっていて到底望みはありませんでした。
2回ぐらいは呼んでおきましたが。
RTTYも頑張ってください。多分できるでしょう。

LOPさん、おめでとうございます。
皆さん色々できていますね。
気付けば、苦労してギャーギャー騒いでいるのは私だけのようですね。
私の4エレでは12mは聞こえませんよ。

おめでとうございます!!!

やっと、やっと振り向いてくれましたね。
やはり、CQ誌にedが「1本でもエレメントを!」と書いていますが、3エレにした価値は十分あったと思います。

そんな事書いているEUの人がいるのですね。AFやカリブで十分壁となり、JAとやるな(これらの局は実在感しないコールか偽物なのでしょう。) とか言う人もいます。

「マイク持っているのか?」という書き込みがあって、後からいく人におねだりすればと思わず考えました。

18、24も、角をして、何かいるレベルでした。Aインデックスが30を越えるコンディションでよく飛んできたと思います。
14とほぼ同じ時間21CWもいて、そこそこの強さでしたが、リターンはほとんど東日本から中部が多かったですね。

ONXさん、ありがとうございます。
エレメントが1本増えた効果は出ていると思いますが、エレメントが少ない他局の方が良く聞こえているのがどうも釈然としません。
たまたまそういうことはあるかも知れませんが、最近は100%ずっとそれです。
その証拠に今日の21MHzはうちでは無音でした。

ほ、ほ、ほ、EUのカス共がほざいてますか。
万国共通ですな。
JAも気違いがいろいろ書き込みをしよるので思考は同じかと。
人類の新しい病気のようですな、
これがこじれると戦争になっていくんでしょう。
今日はAATESTやってましたがよろしくありませんねー。
相変わらず深夜のJT-65だけです。
ほんまおもろないです。

rdeさん
CONDX良くないです。
JAの訳のわからない輩の書き込みがいちばん質が悪くて、量的にも困ったもんですね。
プロフィール

JL3LSF

Author:JL3LSF
1970年生まれ
1984年、大阪府堺市でJL3LSF開局
1991年、イリノイ州シャンペインの消防署でTechnician Plus取得 (N9PLT)
2011年、Amateur Extra取得 姫路で (NA1AA)
2014年、大阪府堺市南区にQSY 開局30周年
2017年、開局33周年
アンテナ
 (1)地上高16.5m 3 element Yagi (for 20, 15 and 10m)
 (2)地上高15m Mini-multiantenna HB18-24X4A (4 element HB9CV, for 17 and 12m)
 (3)Inverted L w/Loading Coil for 80m
 (4)地上高18m Rotatable Dipole (for 40 and 30m)
空中線電力 150Wぐらい
第一級アマチュア無線技士
職業 無線技術者(第一級陸上無線技術士) 選任されている無線局は438局(2016/9/16現在)
旧第一種伝送交換主任技術者
第三種電気主任技術者
専門は物理
以下省略

本業は6mのJCC/JCGハンティングで、昔は自宅からも山からもアクティブにQRV。
しかし仕事でン十kW級の無線を始めてからというもの、しばらくアマチュアを休業。
数年前から段階的にカムバックし、密集住宅街の狭い家から何を思ってか、3.5MHzから28MHzでDXを呼んではガッカリ。
移動運用で狙うDXにも限界が訪れ、2014年4月、遂にたまりかねて高台移転。
やっと普通の弱小局に格上げか???
2014年秋からは小さなタワーに給電してローバンドの運用を開始。
2015年5月からは50MHz用の自作5エレF9FTを使用開始。
2015年8月、F9FTを10MHz用釣竿ロータリーダイポールに交換。
2015年9月、釣竿ロータリーダイポールを7MHz/10MHzの2バンド用に変更。
2015年10月、ローバンド用アンテナをスローパーに変更。
2016年1月、Hexagonal Beamを3エレトライバンダーに交換。
2016年4月、スローパーを撤去して3.5MHz用のロングワイヤーを設置。
3.5MHzのアンテナは随時改修中。

アクセス
Solar-Terrestrial-Data
雨雲レーダー
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
QRコード
QR