2016/10/03 ~ 2016/10/07 H40GC, T31Tとか

最近のQSO。
台風18号が来るということでタワーを下げていたが、結局は普通の悪天候にも及ばない拍子抜けなものだった。
このせいで、せっかく出ていた3.5MHzのH40GCはQSOできなかった。
しかし、地面に垂れたロングワイヤーでカスカスながら聞こえていたのには驚いた。
エレメントとカウンターポイズが逆転した???

10/6朝、18.0725MHzにT31Tが出ていたが、UP2近辺で拾ったかと思えば次はUP10近辺で拾ったり。
これは難しい。
広げすぎるのはやめて欲しい。

10/6夜、H40GCの3.5MHzの運用はなかった。
しかもコンディションが悪くてほとんど聞こえない。

10/7朝、21.015MHzでH40GCを呼んでいると、10分間のQRXとなったので、14.034MHzのT31Tの方へQSY。
今日はRPが少しずつ上へ上へずれていくのが確認できたので、間もなくQSOできた。
しかし、リターンがあったときにオンフレで「QSY QSY」と打つポリスに邪魔されて聞こえなかった。
ラストレターが「F」だったので、「?」と打つとフルコールが返ってきた。
こちらで聞こえていない局に対してポリス活動をされると、特にイライラする。
ちなみにT3は20mだけがQSO済みだったので、他のバンドなら良かった。

今日は1エリアへ。
パレードがちょっと心配。

10/3 0711 24891.0kHz CW VK9NZ (Norfolk)
10/4 0826 18080.3kHz CW B7/BD7IHN (AS-131)
10/4 2218 7084.0kHz RTTY VK9LX (Lord Howe)
10/4 2328 18077.3kHz CW 5B/G3RWF (Cyprus) 305deg 200W
10/5 0726 18070.0kHz CW H40GC (Temotu) 155deg 200W
10/6 1640 14010.0kHz CW H40GC (Temotu)
10/6 2246 7013.0kHz CW H40GC (Temotu) 150deg 200W
10/6 2309 14253.0kHz SSB SV8/IW0HQU/P (SAS-075) 315deg 190W
10/7 0739 14034.0kHz CW T31T (Central Kitibati) 120deg 160W
10/7 0839 18086.0kHz CW T2J (Tuval) 135deg 190W
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

まいどです

LSFさん、いつもめぼしいところはきっちり抑えてられますね。
あれからアンテナの調子はいかがですか?

ここ数日は太平洋の近場しか聞こえませんね。
夕方の早い時間に17/20mでLPが少し開ける程度。
しばらくレアなPEDもなさそうですからLOWバンドのアンテナ準備を
しようかと思います。

FBーDX!

KCXさん、ありがとうございます。
アンテナの調子は明らかに良くなりました。
ただ、SWRは逆に悪くなりましたので、SWRが低ければ他のアンテナからの影響がないと考えろという、メーカーの説明が怪しくなってきました。
こちらもローバンドのアンテナを改良したいと思っています。

T31Tおめでとうございます。
 ここはATNOなのです。強くて出来そうに思いますが、「お声がけ」の先生が多く
そして、時間が来ると「ぱっぱかぱー」になります。H40GCも、同様ですね。

 事前にはあまりというか、T31Tなどはアナウンスされていなかったのですが、
「ドネーションしたら交信してやる。」とすれば、何か考えさせられる物があるし、
彼らが帰国して何かのミーティングに出たら、K1Nなんかのクルーのように迎
えられるんでしょうか。

 どこかのグループのように、ぱっぱかぱーやNAにしていても、「ちょっとごめん
なさい。JAどうぞ。」とやってくれればいいのですが。

ONXさん、ありがとうございます。
午後になると、やはり今日もぱっぱかぱーでしたね。
午前中なら何とかできました。
幸運をお祈りします。
プロフィール

JL3LSF

Author:JL3LSF
1970年生まれ
1984年、大阪府堺市でJL3LSF開局
1991年、イリノイ州シャンペインの消防署でTechnician Plus取得 (N9PLT)
2011年、Amateur Extra取得 姫路で (NA1AA)
2014年、大阪府堺市南区にQSY 開局30周年
2017年、開局33周年
アンテナ
 (1)地上高16.5m 3 element Yagi (for 20, 15 and 10m)
 (2)地上高15m Mini-multiantenna HB18-24X4A (4 element HB9CV, for 17 and 12m)
 (3)Inverted L w/Loading Coil for 80m
 (4)地上高18m Rotatable Dipole (for 40 and 30m)
空中線電力 150Wぐらい
第一級アマチュア無線技士
職業 無線技術者(第一級陸上無線技術士) 選任されている無線局は438局(2016/9/16現在)
旧第一種伝送交換主任技術者
第三種電気主任技術者
専門は物理
以下省略

本業は6mのJCC/JCGハンティングで、昔は自宅からも山からもアクティブにQRV。
しかし仕事でン十kW級の無線を始めてからというもの、しばらくアマチュアを休業。
数年前から段階的にカムバックし、密集住宅街の狭い家から何を思ってか、3.5MHzから28MHzでDXを呼んではガッカリ。
移動運用で狙うDXにも限界が訪れ、2014年4月、遂にたまりかねて高台移転。
やっと普通の弱小局に格上げか???
2014年秋からは小さなタワーに給電してローバンドの運用を開始。
2015年5月からは50MHz用の自作5エレF9FTを使用開始。
2015年8月、F9FTを10MHz用釣竿ロータリーダイポールに交換。
2015年9月、釣竿ロータリーダイポールを7MHz/10MHzの2バンド用に変更。
2015年10月、ローバンド用アンテナをスローパーに変更。
2016年1月、Hexagonal Beamを3エレトライバンダーに交換。
2016年4月、スローパーを撤去して3.5MHz用のロングワイヤーを設置。
3.5MHzのアンテナは随時改修中。

アクセス
Solar-Terrestrial-Data
雨雲レーダー
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
QRコード
QR