FC2ブログ

2016/10/31 ・ 2016/11/01 PJ4/W2ID 20C


10/31朝、21.304MHzでTI2OYが聞こえる。
14.261MHzではV47T。
いずれもQSOは無理なのは明白。

11/1朝、14.002MHzのVP2EGRは弱い。
ちょっとは呼んでみたが。

14.026MHzにPJ4/W2IDが出てきた。
オンフレで拾っているので、混沌としている。
少し上にずらしてコール開始。
信号は徐々に強くなっている。
あまり上の方は聞いてくれておらず、依然団子の中からピックアップしている。
相も変わらず1エリアへのリターンが大半。
7:50頃、急に東日本へのリターンが激減。
UPも静かになっている。
UPは空き周波数だらけなので、周波数を毎回変えながらコールしていると、JH3SIF局にリターン。
その近くの周波数でコールすると、「J?3」というみっともないリターンが!
再度コールすると、「JL3」が返ってきた。
間違いない。
繰り返しコールするが、やはり「JL3」。
「JL3LSF LSF LSF LSF LSF」としつこく打つが、何かよくわからない反応が返ってきた。
もう一度だけコールを打つと、やっとフルコールでリターンがあった。
ダイポールと大して変わらないアンテナなので、だんだんカリブ海とQSOできる機会が減ってきた。

11/1 0756J 14026.0kHz CW PJ4/W2ID (Bonaire) 35deg 170W
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

PJ4のwkd おめでとうございます。SIF局は確かクワッドだったか(ご覧になっていたらごめんなさい。)と思います。

クワッドは50MHzの移動で6エレを使っていて、「籠アンテナ」と呼ばれていましたが、聞こえ始めが早く、フェードアウトがやや遅いという感じでした。

お金があったら、うちも福井名産のクワッドにしたいと言っていたら、「そんなん、マグロ釣り用の竿ならやすくできるよ。」と知人に言われたりもしました。
どちらにしても上げ下げ出来る環境でないと怖いですね。

以前21MHzCWで、FSと出来たことがありましたが、それは、東の方でお祭りになっていたよりやや時間が遅かったです。


そういう電離層の恩恵に当たるチャンスがだんだん少なくなってきたと言うことでしょうか?

一方、昨夜10MHzでレポートされていたCOは、うちでは全くかすりませんでした。
やはりコンディションもぱっとしないし、+αもなくなってきていますか。

ONXさん、ありがとうございます。

サイクルのピークの頃やピークを少し過ぎた頃は、カリブ海と言えども、リターンがあってからコールサインをこんなに連打する必要がありませんでした。
明らかにコンディションの低下を感じます。
また、入感頻度自体減少傾向です。
第一、西日本では14MHzでカリブ海とQSOできるのは、年内の早い内ですから、今QSOしないと次はいつになるかわかりません。
K1Nがそうでしたが、年が明けると14MHzではもう無理です。
10MHzのカリブ海は、私は聞こえた記憶がありません。
(聞こえたことがないか、聞こえても記憶に残らない程度。)

キュビカルクワッドと言えば、Gem Quadが欲しいのですが、これを作っている会社がもうありません。
5バンド用ですが、エレメント間隔がバンドごとに異なっており、ブームを使っていないので軽いようです。
通常のQuadは5本のエレメントが同心で配置されていますが、そこが違います。
3バンド用の類似品は現行製品がありますが、5バンド用が存在しません。

今、大阪府にある某代理店が、HL製の50MHzの5エレまでのクワッドを扱っているようです。

また、別の海外のメーカーがHF用のを作っているらしいですが、確かに仏様の座っているところのようなアンテナではないにしても、エレメントを張り巡らさないといけません。

福井特産のや、海外製も含めて、マルチバンドのは、1バンド作って、それが他のバンドに影響がないか、それぞれのバンドを帯域内に収めようと思うと手間隙がかかるみたいですね。

私が使っていたのは、給電部がガンママッチで、1つのエレメントをスプレッダーごと抜いて、ひとつの対角のスプレッダーを抜いて、ビニールテープで巻き、それを屋根に積んで、移動地まで走っていました。

軽トラックで来られていた方がトラックの運転席の後ろに伸縮ポールを抱きつけて、それで6エレの横2列の間隔1λのスタックをやったこともありました。

利得がどのくらいあったのか解りませんが、恐ろしく切れました。
プロフィール

JL3LSF

Author:JL3LSF
1970年生まれ
1984年、大阪府堺市でJL3LSF開局
1991年、イリノイ州シャンペインの消防署でTechnician Plus取得 (N9PLT)
2011年、Amateur Extra取得 姫路で (NA1AA)
2014年、大阪府堺市南区にQSY
2021年、開局37周年

アンテナ
 (1)地上高14m 3 element Yagi (for 20, 17, 15, 12 and 10m)
 (2)地上高17.5m Rotatable Dipole (for 40 and 30m)
 (3)地上高16m 7 element Yagi (for 6m)
 (4)Shunt Fed Tower (for 160m)

空中線電力 150Wぐらい

第一級アマチュア無線技士
職業 無線技術者(第一級陸上無線技術士 = 昔で言うところの一技) 選任されている無線局は440局(2019/05/01現在) 最大空中線電力50kW
旧第一種伝送交換主任技術者
第三種電気主任技術者
高等学校教諭一種免許(工業)
フルハーネス型墜落制止用器具特別教育受講済
専門は物理
以下省略

本業は6mのJCC/JCGハンティングで、昔は自宅からも山からもアクティブにQRV。
しかし仕事でン十kW級の無線を始めてからというもの、しばらくアマチュアを休業。
数年前から段階的にカムバックし、密集住宅街の狭い家から何を思ってか、3.5MHzから28MHzでDXを呼んではガッカリ。
移動運用で狙うDXにも限界が訪れ、2014年4月、遂にたまりかねて高台移転。
やっと普通の弱小局に格上げか???

*2014年4月24日、6バンドHexagonal Beam設置。

*2014年秋からは小さなタワーに給電してローバンドの運用を開始。

*2015年1月29日、18MHz/24MHz用4エレHB9CVを追加。

*2015年5月からは50MHz用の自作5エレF9FTを使用開始。

*2015年8月、F9FTを10MHz用釣竿ロータリーダイポールに交換。

*2015年9月、釣竿ロータリーダイポールを7MHz/10MHzの2バンド用に変更。

*2015年10月、ローバンド用アンテナをスローパーに変更。

*2016年1月、Hexagonal Beamを3エレトライバンダーに交換。

*2016年4月、スローパーを撤去して3.5MHz用のロングワイヤーを設置。

*2018年6月1日、ローバンド用のリモート局の免許を受ける。給電点海抜高655mのハーフスローパー。恐らく大阪で一番高い。ただし100W。

*2018年9月、台風21号により被災。マストパイプが曲がり、数を減らす目的で3エレトライバンダーとWARCの4エレHB9CVを統合して改造!

*2018年11月6日、リモート局のローバンド用アンテナをハーフスローパーから傾斜型に変更(160m・80m)。給電点海抜高638.5m。スカイツリーよりは高い。

*2019年1月8日、リモート局の160m用エレメントを短縮型からフルサイズ(折り曲げ)に変更。

*2019年5月6日、50MHzの6エレ八木を再設置。

*2019年7月20日、50MHzのアンテナを6エレからブーム長8.7mの7エレに交換。

*2020年12月、1.8MHzタワードライブアンテナ運用開始。ATUで1.9MHzも使用可。随時改修。これにより160mのFT8にQRV可能に。

今思うと、やっぱりHexagonal Beamがいちばん良いような...

アクセス
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
550位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
123位
アクセスランキングを見る>>
Amazon
Solar-Terrestrial-Data
雨雲レーダー
カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
QRコード
QR
愛用品1
フルークのテスター。安価でしっかり使える。
愛用品2
屋外でケーブル結束すると、耐候性結束バンドでも切れるのは時間の問題。エンドレスタイは耐久性が違う。必要な長さを切って使うので、結束バンドのような無駄がない。
愛用品3
台風のときに風速と気圧を測って「そろそろ上陸かな」と推測するのはコレ。