2016/11/13 XU7MDC 80C

11/12の夜から、3.505MHz CWのXU7MDCを呼び続けていた。
しかし、例によってまったくリターンがない。
QRVが途切れたところで風呂へ。
足の裏の角質がささくれ立ってきたので、数日前にベビーフットの類似品を使ったのだが、今夜になって角質が剥けてきた。
風呂上がりに、何も聞こえない3.505MHzを聞きながら角質を剥く。
大半が剥けて滑らかになり、一息ついたところでヘッドホンからXU7MDCのCQが聞こえてきた。
信号はいつもと違って強力で、Sが7まで振る。
「UP2」と打つか「UP3」と打つか。
UP2でコールしようと構えていたら、「UP3」と打たれたので慌ててUP3にセット。
真夜中に長時間QRXになっていたので、他に呼ぶ局がおらず、すぐにリターンあり。
やっとQSOできた。
バンドニュー。
リアルタイムのオンラインログは停止していた。
2時過ぎに稼働し始めたが、リアルタイムで入力されなかったものは、後からは反映しないようだ。

80mはこれで57エンティティ―目。
100Eまでの道のりは果てしなく遠い。

11/13 0149J 3505.0kHz CW XU7MDC (Cambodia) Band New 190W
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

おめでとうございます。
 着々と進んでいますね。昼間の間に24MHzCWでやったのですが、
1.9MHzの横にぺけぽんがついていて、「果たしてこれはどのバンドを
やったことにしてくれているのだろう?」

 この辺当たりから、メンバーの誰かがおかしなキーを触って、プロ
グラムが変になったのではないかと勝手に推測しています。

 しかし、反映されないならまた呼ぼうかと言う事になってしまいますね。

こんにちは

80mC congです。
もう50突破ですか。
こちらはやっとQRVできるようになって
V6Z、XU7MDCの2つ。100まで険しい道のり。
RDPなのでそれなりに楽しめそうです。
あとは160mのスローパー 禁断の160m

GL FB-DX!

ONXさん
ありがとうございます。
私も今日24MHz CWでQSOしたら、160mの右に緑の印が付きました。
80mは依然反映されません。
私の後にQSOした局もリアルタイムログに出ていなかったし、風呂に入る前も時々リアルタイムログが止まっていました。

KCXさん
ノロノロですよ。
毎日QRVしているエンティティでも、聞こえないので未交信がいっぱいあります。
ペディション頼みです。
RDPなら簡単にQSOできる場合が多いと思いますので、すぐに50超えますよ。
GL!

80m

80mおめでとうございます。
私も今朝、やっと30mのRTTYが出来ました。この局には相当苦しめられたので、気力が尽きました。

80mのDXCCは今40Eですが、もう今のアパマン設備では限界を感じています。移動運用で少し大型のアンテナを試すことが出来たら・・・と思っています。

ELGさん、ありがとうございます。
ELGさんもご苦労さまでした。
本当に苦しめられましたね。

80mは、移動運用でフルサイズのアンテナを使えば成果は大きいですので、是非やってください。
海の話で恐縮ですが、ひょんなことから出来てしまった変形フルサイズアンテナを海岸に建てると、混沌としたパイルでも1コールで自分にリターンが返ることがわかっているので、もっとやっておけば良かったなあと思っています。
プロフィール

JL3LSF

Author:JL3LSF
1970年生まれ
1984年、大阪府堺市でJL3LSF開局
1991年、イリノイ州シャンペインの消防署でTechnician Plus取得 (N9PLT)
2011年、Amateur Extra取得 姫路で (NA1AA)
2014年、大阪府堺市南区にQSY 開局30周年
2017年、開局33周年
アンテナ
 (1)地上高16.5m 3 element Yagi (for 20, 15 and 10m)
 (2)地上高15m Mini-multiantenna HB18-24X4A (4 element HB9CV, for 17 and 12m)
 (3)Inverted L w/Loading Coil for 80m
 (4)地上高18m Rotatable Dipole (for 40 and 30m)
空中線電力 150Wぐらい
第一級アマチュア無線技士
職業 無線技術者(第一級陸上無線技術士) 選任されている無線局は438局(2016/9/16現在)
旧第一種伝送交換主任技術者
第三種電気主任技術者
専門は物理
以下省略

本業は6mのJCC/JCGハンティングで、昔は自宅からも山からもアクティブにQRV。
しかし仕事でン十kW級の無線を始めてからというもの、しばらくアマチュアを休業。
数年前から段階的にカムバックし、密集住宅街の狭い家から何を思ってか、3.5MHzから28MHzでDXを呼んではガッカリ。
移動運用で狙うDXにも限界が訪れ、2014年4月、遂にたまりかねて高台移転。
やっと普通の弱小局に格上げか???
2014年秋からは小さなタワーに給電してローバンドの運用を開始。
2015年5月からは50MHz用の自作5エレF9FTを使用開始。
2015年8月、F9FTを10MHz用釣竿ロータリーダイポールに交換。
2015年9月、釣竿ロータリーダイポールを7MHz/10MHzの2バンド用に変更。
2015年10月、ローバンド用アンテナをスローパーに変更。
2016年1月、Hexagonal Beamを3エレトライバンダーに交換。
2016年4月、スローパーを撤去して3.5MHz用のロングワイヤーを設置。
3.5MHzのアンテナは随時改修中。

アクセス
Solar-Terrestrial-Data
雨雲レーダー
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
QRコード
QR