表彰???

今日CQ誌が届いた。
パラパラとページをめくっていると、大きな字で自分の名前が出ているではないか。
何事かと思えば、どうやら恐れ多くも「Ace of Aces 2016 ベスト・レポート賞」に選出されたらしい。
選考理由を読んでみると...

『最近では「DXとは装備だ」という大艦巨砲的なアプローチが多いのですが、移動運用などにより、限られた設備をうまく使ってオールバンド運用にチャレンジするなどの経験をされているJL3LSF田中さん』

なるほど。
アマチュア無線の紹介文には必ずと言って良いほど、様々なスタイルの楽しみ方があるということが書かれている。
高いタワーに載せた大きなアンテナと大電力が出るリニアアンプを使って地球上のどこへでも楽々と電波が飛んで行くことを楽しむのも、ホイップとポータブル機を使って運用テクニックで上手く珍局をものにするのも、人それぞれの楽しみ方だろう。

選考委員を代表してJK1OPL局が書いてくださったこの文章を読むと、当局が掲げる“そこそこのパワーと小さいアンテナでどれぐらいできるか、というテーマに取り組む姿勢”を的確に理解してくれているではないか。
思い起こせば2010年10月3日、カリブ海を狙って移動運用を始めたその日から6年間の苦節ではあるが、折しもDXCC305のステッカーをもらうことができたこの節目に、これ以上ない最高のコメントを頂けた。
また、1年毎の賞にもかかわらず、移動運用の成果について過去に遡った異例の評価をしてくださった。
これは、同様の小規模設備で日夜苦戦しておられる皆さん全体への応援と解釈したいと思う。
サイクル24からサイクル25への谷に早くも突入してしまった今、小規模設備で楽しむことは容易ではないけれども、希望を持ちましょうか。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

おめでとうございます!

17日の土曜日に秋葉原に行ったら、書店にフライングでCQ誌が並んでいまして、帰りの電車の中でページをめくっていますとLSFさんのコールが載っているではありませんか。

ご本人には事前に通知が入っているかと思ったのですが、違うのですね。

これまでの移動運用や小規模な設備での実績が評価されての受賞との事、本当におめでとうございます。

「Ace of Aces 2016 ベスト・レポート賞」受賞おめでとうございます。

FBですね~!追いかけの時間の生み出し方や、アンテナの工夫。
全てが参考になります。
当局は更に小さな屋根馬アンテナで頑張ります(笑)
というか、まずは自宅に戻らないと・・・。

受賞おめでとうございます。
たった今、CQ誌を拝見しました。
これからも益々のご活躍をお祈り申し上げます。

ELGさん
ありがとうございます。
そうなんですよね、事前にお知らせはないんです。
6年前に職場で隣席のJH5BJU局が受賞したときも、編集部から「既にご存じかもしれませんが」と前置きして、記事に載せるコメントと写真を送れというメールが届いていました。
「既にご存じ」のはずはないんですhi

SAIさん、ありがとうございます。
DXレポートを拝見して、ローバンドが好調なのかなと想像しています。
頑張ってください。
早く戻れれば良いですね。

NSDさん
ありがとうございます。
賞はいただいても、VP8STI、VP8SGI、TO5FPは私にはほぼ聞こえなかった訳ですから、NSDさんの足元にも及びません。

おめでとうございます

受賞おめでとうございます、
CQ誌購入して読んでみますね。
いろいろな意味での制約の中、ご健闘されてきたことへの評価ですね。

おめでとうございます。

おめでとうございます。

これも、地道にワッチを続け、全部は出来ないけれども信号が上がってくるのを待っていたら、交信出来たというのが結構あったと思います。

その積み上げで、コンディションが落ちていく中、300の大台に乗せてきたのがすごいです。

その数も重要ですが、決して十分なワッチ時間がとれない中、毎月これだけのレポートを挙げたのが評価されたのだと思いますね。

TRKさん
ありがとうございます。
これからも、この調子ですが、頑張ります。

ONXさん
ありがとうございます。
仰っしゃるように、そのように苦労して何とかQSOできたときの方が満足感があります。
成果が出るとは思えませんが、これからも何とかやっていきたいと思います。

おはようございます

受賞おめでとうございます!
狙って簡単に頂ける賞ではないので素晴らしいことです。
日々の努力の賜物ですね。
6年間で305CFMという数字は凄いですね。
おめでとうございます。

FB-DX!

KCXさん、ありがとうございます。
305と言うと、数では半分を超えていますが、難しさでは半分ぐらいの所かと思いますので、この機会を折り返し点と捉え、さらに自分のペースでやっていければと思っています。
6年よりも前にやった分もありますが、珍しいところはセントブランドンと旧PJ4だけのはずです。

こつこつの努力、おめでとうございます。
今日、届き読みました。(ほんまは買うつもりなかったんですが)
言われるようにきょうびの大電力、大アンテナが当たり前でもええんですが、限られた中でどんだけ出来るか。
早朝、深夜のワッチ。
あかん、全部私には向いてないことばっかり。
出来ひんかって悔しいこともありましたが、でもやっぱり認められることです。頭が下がりますわ。
これからハイバンドは下ってしまうので、どう楽しむかです。
ローバンドのためもう一回、RDPを上げなおそうかと検討中です。

rdeさん
ありがとうございます。
大電力や大アンテナはそれはそれで面白いですけどね。
小さいタワーではありますが、rdeさんに手伝ってもらったお陰もあります。
コンディションはすこぶる悪く、かと言ってローバンドも良いことはなく、どうやって楽しむか難しい話ですね。

LSFさん

Ace of Aces 2016 ベスト・レポート賞の受賞おめでとうございます。

CQ誌、ノーチェックでしたが、読みました。

流石ですね。

最近は、バンドニューも修行モードになってきましたが、当局もボチボチ楽しんでいきます。

DRLさん、ありがとうございます。
ローバンドの修行、頑張りましょう!
たとえ1週間のうち6日空振りでも、それはそんなものかも知れません。

おめでとうございます!

jfgさん、ありがとうございます。
来年は赤坂に盾を持参して“元気な方々”に対抗しましょうかね。
プロフィール

JL3LSF

Author:JL3LSF
1970年生まれ
1984年、大阪府堺市でJL3LSF開局
1991年、イリノイ州シャンペインの消防署でTechnician Plus取得 (N9PLT)
2011年、Amateur Extra取得 姫路で (NA1AA)
2014年、大阪府堺市南区にQSY 開局30周年
2017年、開局33周年
アンテナ
 (1)地上高16.5m 3 element Yagi (for 20, 15 and 10m)
 (2)地上高15m Mini-multiantenna HB18-24X4A (4 element HB9CV, for 17 and 12m)
 (3)Inverted L w/Loading Coil for 80m
 (4)地上高18m Rotatable Dipole (for 40 and 30m)
空中線電力 150Wぐらい
第一級アマチュア無線技士
職業 無線技術者(第一級陸上無線技術士) 選任されている無線局は438局(2016/9/16現在)
旧第一種伝送交換主任技術者
第三種電気主任技術者
専門は物理
以下省略

本業は6mのJCC/JCGハンティングで、昔は自宅からも山からもアクティブにQRV。
しかし仕事でン十kW級の無線を始めてからというもの、しばらくアマチュアを休業。
数年前から段階的にカムバックし、密集住宅街の狭い家から何を思ってか、3.5MHzから28MHzでDXを呼んではガッカリ。
移動運用で狙うDXにも限界が訪れ、2014年4月、遂にたまりかねて高台移転。
やっと普通の弱小局に格上げか???
2014年秋からは小さなタワーに給電してローバンドの運用を開始。
2015年5月からは50MHz用の自作5エレF9FTを使用開始。
2015年8月、F9FTを10MHz用釣竿ロータリーダイポールに交換。
2015年9月、釣竿ロータリーダイポールを7MHz/10MHzの2バンド用に変更。
2015年10月、ローバンド用アンテナをスローパーに変更。
2016年1月、Hexagonal Beamを3エレトライバンダーに交換。
2016年4月、スローパーを撤去して3.5MHz用のロングワイヤーを設置。
3.5MHzのアンテナは随時改修中。

アクセス
Solar-Terrestrial-Data
雨雲レーダー
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
QRコード
QR