FC2ブログ

2017/01/03 LZ2WO 80C

今朝は少し早起きできた。

3.517MHzのOK2RRRは今朝は強い。

3.505MHzではLZ2WOが聞こえている。
LZは80mでは未交信なのでコール。
あっさりとQSOできた。
バンドニュー。
80mの67エンティティ―目。

3.516MHzではS57Zが入感。
信号は弱い。
コールするが、5、6局が同時にコールしていて、しかも皆さん何度もコールを繰り返している。
当局はコールを1回打っただけで、しかも少し“わや”になっているので無理だと思っていると、パイルに埋もれて「JL」のリターンが聞こえた。
JL1の局が同時に呼んでいたので、その局だろうと思って静観。
JL1の局も再度コールしている。
しかし、次の瞬間、再度返ってきたリターンは「JL3」。
え?!
はいはい、私かいな。
あのパイルを1コールで抜けたとは、かなりビックリした。

3.502MHzでは、DJ0MDRが聞こえる。
信号は弱い。
3.5MHzでDLが聞こえるのは久しぶり。
コールするが、「JL」までしか取ってもらえなかった。

3.508MHzにはON4IAが出ている。
3.5MHzのONはよくスポットで見かけるが、実際に信号が聞こえたのは初めて。
コールすると反応がある。
何度も何度も「AGN」と聞いてくれるのが申し訳ないが、結局QSOはできなかった。

今朝の80mのコンディションは良い方だったと思う。

午後はまた、ながおか温泉へ。
この近くに、つい先日某協会の紅白何とか合戦に出場していた歌手が住んでいて、ながおか温泉のフロントにもサインが飾られている。
温泉から帰ってワッチ。

14.005MHzではEA8/DH2MSが聞こえる。
信号は非常に弱い。
急にコールする局が増えて、いくら呼んでもダメ。
しかし、そのうち呼ぶ局は減ってきて、17:50頃には当局だけが呼ぶ状況になった。
地域差なのか何なのか、他の皆さんには聞こえなくなった様子。
しかしこちらでは確実に聞こえている。
しかししかし、ローパワーの当局がいくら呼んでも届かない。
当局が呼ばなければ完全なる空振りCQ。
様子を見ながら時々呼ぶが、やはり届かない。
そのうち夕食の時間になったので断念。

夕食後、3.5MHzで最後のワッチ。
3.503MHzでVK3GENが569で入感。
コールするとリターンあり。

夕方~夜の狙いはHC2AOで、少し待つと出て来そうな気もするが、明朝早く出発して帰るのでもう撤収しないといけない。
アンテナの撤収は、昼間の改修の甲斐あって闇夜でも簡単にできた。
面倒なのは、長いエレメントワイヤーが絡まることだけ。
撤収完了後、RBNを見ると、やはりHC2AOが3.5MHzに出ていた。
JAで聞こえたかどうかは不明だが。

さて今回の南国市でのQRVでは、80mで3つのバンドニューができた。
しかも、そのうち1つはカリブ海ケイマン諸島というビックリの成果。
もう十分だろう。

1/3 0627J 3505.1kHz CW LZ2WO (Band New)
1/3 0633J 3516.0kHz CW S57Z
1/3 1934J 3503.0kHz CW VK3GEN
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

大漁の高知里帰り移動でしたね。
 やはりロケーション、ノイズ、水辺に近い?と言う事ですべてに渡っていい
方に働いたのではないかと思います。1.9MHzでも出来たのではないかと思います。LZ2WOは、50MHzのEsマルチホップで有名な方ですね。昨年夏、1度だけ
聞こえました。

 CT9/UA4WHXが昨日夕方も10MHzに出ていましたが、その頃には撤収されていたのでしょうか。

ONXさん
水辺には近くないので、あと水さえあればもっとできるだろうなあと想像しています。
1.9MHzなら裏の叔母の畑を借りないとちょっと長さの問題があります。
LZ2WOは50MHzもアクティブなんですね。
いつかQSOできればいいですが。
CT9/UA4WHXは出ていましたが、全然聞こえませんでした。
プロフィール

JL3LSF

Author:JL3LSF
1970年生まれ
1984年、大阪府堺市でJL3LSF開局
1991年、イリノイ州シャンペインの消防署でTechnician Plus取得 (N9PLT)
2011年、Amateur Extra取得 姫路で (NA1AA)
2014年、大阪府堺市南区にQSY
2019年、開局35周年

アンテナ
 (1)地上高15m 3 element Yagi (for 20, 17, 15, 12 and 10m)
 (2)地上高17.5m Rotatable Dipole (for 40 and 30m)
 (3)地上高16m 7 element Yagi (for 6m)

空中線電力 150Wぐらい

第一級アマチュア無線技士
職業 無線技術者(第一級陸上無線技術士 = 昔で言うところの一技) 選任されている無線局は440局(2019/05/01現在)
旧第一種伝送交換主任技術者
第三種電気主任技術者
高等学校教諭一種免許(工業)
フルハーネス型墜落制止用器具特別教育受講済
専門は物理
以下省略

本業は6mのJCC/JCGハンティングで、昔は自宅からも山からもアクティブにQRV。
しかし仕事でン十kW級の無線を始めてからというもの、しばらくアマチュアを休業。
数年前から段階的にカムバックし、密集住宅街の狭い家から何を思ってか、3.5MHzから28MHzでDXを呼んではガッカリ。
移動運用で狙うDXにも限界が訪れ、2014年4月、遂にたまりかねて高台移転。
やっと普通の弱小局に格上げか???

*2014年4月24日、6バンドHexagonal Beam設置。

*2014年秋からは小さなタワーに給電してローバンドの運用を開始。

*2015年1月29日、18MHz/24MHz用4エレHB9CVを追加。

*2015年5月からは50MHz用の自作5エレF9FTを使用開始。

*2015年8月、F9FTを10MHz用釣竿ロータリーダイポールに交換。

*2015年9月、釣竿ロータリーダイポールを7MHz/10MHzの2バンド用に変更。

*2015年10月、ローバンド用アンテナをスローパーに変更。

*2016年1月、Hexagonal Beamを3エレトライバンダーに交換。

*2016年4月、スローパーを撤去して3.5MHz用のロングワイヤーを設置。

*2018年6月1日、ローバンド用のリモート局の免許を受ける。給電点海抜高655mのハーフスローパー。恐らく大阪で一番高い。ただし100W。

*2018年9月、台風21号により被災。マストパイプが曲がり、数を減らす目的で3エレトライバンダーとWARCの4エレHB9CVを統合して改造!

*2018年11月6日、リモート局のローバンド用アンテナをハーフスローパーから傾斜型に変更(160m・80m)。給電点海抜高638.5m。スカイツリーよりは高い。

*2019年1月8日、リモート局の160m用エレメントを短縮型からフルサイズ(折り曲げ)に変更。

*2019年5月6日、50MHzの6エレ八木を再設置。

*2019年7月20日、50MHzのアンテナを6エレからブーム長8.7mの7エレに交換。

今思うと、やっぱりHexagonal Beamがいちばん良いような...

アクセス
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
858位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
183位
アクセスランキングを見る>>
Amazon
Solar-Terrestrial-Data
雨雲レーダー
カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
QRコード
QR
愛用品1
フルークのテスター。安価でしっかり使える。
愛用品2
屋外でケーブル結束すると、耐候性結束バンドでも切れるのは時間の問題。エンドレスタイは耐久性が違う。必要な長さを切って使うので、結束バンドのような無駄がない。
愛用品3
台風のときに風速と気圧を測るのはコレ。