FC2ブログ

2017/02/02夜 3B8HC 17C撃沈!, UN7TX 80Cできたかどうかわからん

20:05、7.013MHzでCO8LYが辛うじて聞こえているが、これじゃリターンはわからない。

21時半すぎ、18.076MHzで3B8HCが聞こえるのでコール。
しかしいくら呼んでも届かない。
リターンは1エリアが圧倒的に多い。
呼べども呼べどもダメ。
小一時間呼んで諦めた。
撃沈。
ソーラーサイクルミニマム期もここまで来たか。
もう18MHz以上のアンテナは上げていても意味がないかも。

と言うことで、ちょっと3.5MHzを聞いてから寝ようと思っていると、3.506MHzで例のUN7TXのCQが聞こえるではないか。
しかも今日はいつもより若干強い。
とは言っても決して強くはない。
コールしてみると、何と「AGN」と返ってきた。
もう一度コールすると、「JA2*SF」とコピーされた。
QRMと打っている。
訂正を送ると今度は「JA8SSF」になったようだ。
さらにコールを送ると、今度はちょっと送信が被ってしまい何かよくわからない。
しかし、向こうはQSOできた気になってくれている。
どうなったかな?
その後、某局がコールして軽々QSOしていた。
うーん、全然違う。
うちとは全然違う。

2/2 2304J 3506.0kHz CW UN7TX (Kazakhstan) 基部接地型 200W
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

たぶん、某局です。昨夜のUNを聞いていました。既にQSOしていると思っていたらまだだったので呼びました。
LSFさんをDSFと取っていて、最後にはLSFと訂正してくれたと思います。
私は昨年11月にcd78を20mにあげました。でも、雨天では同調点が15khzも下がりWWCWでは高いSWRのままオペレートしインシュレーターを放電破壊させました。この点以外はよく聞こえます。160mはあいかわらずの逆Lで全然あきません。

lopさん
訂正の確認ありがとうございます。
80mのカザフスタンとウズベキスタンは、2日に一度ぐらいのペースで聞こえてきますが、
いつも弱くてなかなか難しいです。
こうやって地道に増やしていくしかありません。
CD78はFBですねえ。
kWで無理をすると危ないですね。
RDPがあれば苦労はしないことは明白ですが、いくらでも上げられる訳ではありませんので悩みどころです。
今はアンテナを整理して、ローバンドだけにするのが賢い選択なんでしょうね。

こんばんは

今週は2000JST頃に80mで中米が聞こえてますね。
年始から17m以上がさっぱりで20m以下でないと
なにも聞こえません。(日によって全然違いますが)

某局のLOPさん、こんばんは。ローバンドでよく聞いております。
いつも強くてサッと持っていかれるので指をくわえて聞いてます。
また、聞こえておりましたらよろしくです。

LSFさん、80mのアンテナですが給電点をタワーのTOPには
無理でしょうか? 電流の腹を高いところの方が飛びは良いと思います。
500やKwあるなら下から給電でも聞こえてればパワーで飛ばせます。
LSFさんなら上から給電の方が良いかと思います。

当局の160mは1/4スローパーでタワーTOPから引き下ろしてます。
160mは始めて2ヶ月ですので飛んでるか飛んでないか分かりませんが
それなりに出来てるので満足してます。

ダメ元で一度お試しください。少しでも改善できれば良いですね。

FB-DX!

こんばんは。

CD78JR-HからCD78に変更して驚いたことは、CD78は1KWでRUNするならSWR1.5以下でないと危ないことです。今は情けないことにCQは500W、気合いを入れるときには750Wにしています。なにしろ17.6mもあるので壊れたらほんとうに面倒です。
受信はFBでして、80mに出始めたことに使っていた逆Lには戻れません。
それでも2月下旬からシーズンオフまではRXアンテナを展開します。

LSFさんのブログをお借りします。
KCXさん、先日の160mコンテストで何度も耳にしました。うちなんて2007年からやっているのですが、最初は100Wで8エリアにも飛ばずのアンテナで、次第にいろいろとやってきました。今は、CD78に影響の出ないように逆Lを張っています。全然飛びません。
うちがまともになんとかできるのは80mだけです。
今後とも宜しく

KCXさん
以前上から給電してやってみましたが、オセアニアさえ全然聞こえなかったので、下から給電に戻しました。
タワーが低く、1/4λのワイヤーを上から伸ばす敷地もないのが原因です。
低いタワーでは地面に近いところで折り曲げないといけないので、ワイヤーは無理があるようです。
上でコイルを入れて全長を短くしてまっすぐ張ったり、中ほどでリニアローディングしたりもしましたが、全然ダメでした。
RDPが簡単で成果も出やすいと思いますが、他のアンテナを降ろさないとそれも無理ですし。
難しいです。
もう少し研究したいと思います。

こんばんは

わたしは80mのアンテナはCD78ですが長すぎて
お隣に越境しますのでエレメント先端を約1.5mほど
直角に曲げました。LSFさんのRDPもされてたように
記憶してます。
それでもそこそこ飛んでるようです。

あちこちのバンドに出ようと思うとやっぱりアンテナが
ネックになりますね。わたしは行き着くところ巻き尺アンテナに
なりました。   たまたま知り合いのOMさんが入れ替えるので
安く譲ってもらったのですが、、、

アンテナは使ってみないと分からないところが多いですね。
試行錯誤も大変ですが色々研究されてみてください。

わたしのスローパーは家の周りをグルッと回ってます hi

GL FB-DX!

KCXさん
ベントは結構有効ですね。
八木なんかもどんどん先っちょを折り曲げたらいいと思います。
先の折れ曲がった巻き尺アンテナを作って欲しいものです。
巻き尺アンテナのエレメント長は、だいたい14MHzのフルサイズになっているので10mですが、ちょっと折り曲げてくれれば8mになるのになあ...と常々思っています。
もう一度センターローディングでスローパーの実験をやってみようと思います。

3B8は、近所の「免許皆伝」の先生も多分出来ていなかったと思います。
リターンは確かに書かれている通り。
 何か3エリアの頭の上を通り超えて行っているような気すらしました。

 アフリカだから皆さんあんなに呼んでいたんでしょうかね?

ONXさん
最近ハイバンドもあまり聞こえないので、珍しくない3B8でも一応アフリカということでパイルになるのでしょうね。
1エリアが良かったのはメールで解説いただいた通りでしょうね。
こうなると、この辺りはもう全く頭の上を素通りですね。
プロフィール

JL3LSF

Author:JL3LSF
1970年生まれ
1984年、大阪府堺市でJL3LSF開局
1991年、イリノイ州シャンペインの消防署でTechnician Plus取得 (N9PLT)
2011年、Amateur Extra取得 姫路で (NA1AA)
2014年、大阪府堺市南区にQSY
2019年、開局35周年

アンテナ
 (1)地上高15m 3 element Yagi (for 20, 17, 15, 12 and 10m)
 (2)地上高17.5m Rotatable Dipole (for 40 and 30m)
 (3)地上高16m 7 element Yagi (for 6m)

空中線電力 150Wぐらい

第一級アマチュア無線技士
職業 無線技術者(第一級陸上無線技術士 = 昔で言うところの一技) 選任されている無線局は440局(2019/05/01現在)
旧第一種伝送交換主任技術者
第三種電気主任技術者
高等学校教諭一種免許(工業)
フルハーネス型墜落制止用器具特別教育受講済
専門は物理
以下省略

本業は6mのJCC/JCGハンティングで、昔は自宅からも山からもアクティブにQRV。
しかし仕事でン十kW級の無線を始めてからというもの、しばらくアマチュアを休業。
数年前から段階的にカムバックし、密集住宅街の狭い家から何を思ってか、3.5MHzから28MHzでDXを呼んではガッカリ。
移動運用で狙うDXにも限界が訪れ、2014年4月、遂にたまりかねて高台移転。
やっと普通の弱小局に格上げか???

*2014年4月24日、6バンドHexagonal Beam設置。

*2014年秋からは小さなタワーに給電してローバンドの運用を開始。

*2015年1月29日、18MHz/24MHz用4エレHB9CVを追加。

*2015年5月からは50MHz用の自作5エレF9FTを使用開始。

*2015年8月、F9FTを10MHz用釣竿ロータリーダイポールに交換。

*2015年9月、釣竿ロータリーダイポールを7MHz/10MHzの2バンド用に変更。

*2015年10月、ローバンド用アンテナをスローパーに変更。

*2016年1月、Hexagonal Beamを3エレトライバンダーに交換。

*2016年4月、スローパーを撤去して3.5MHz用のロングワイヤーを設置。

*2018年6月1日、ローバンド用のリモート局の免許を受ける。給電点海抜高655mのハーフスローパー。恐らく大阪で一番高い。ただし100W。

*2018年9月、台風21号により被災。マストパイプが曲がり、数を減らす目的で3エレトライバンダーとWARCの4エレHB9CVを統合して改造!

*2018年11月6日、リモート局のローバンド用アンテナをハーフスローパーから傾斜型に変更(160m・80m)。給電点海抜高638.5m。スカイツリーよりは高い。

*2019年1月8日、リモート局の160m用エレメントを短縮型からフルサイズ(折り曲げ)に変更。

*2019年5月6日、50MHzの6エレ八木を再設置。

*2019年7月20日、50MHzのアンテナを6エレからブーム長8.7mの7エレに交換。

今思うと、やっぱりHexagonal Beamがいちばん良いような...

アクセス
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
255位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
49位
アクセスランキングを見る>>
Amazon
Solar-Terrestrial-Data
雨雲レーダー
カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
QRコード
QR
愛用品1
フルークのテスター。安価でしっかり使える。
愛用品2
屋外でケーブル結束すると、耐候性結束バンドでも切れるのは時間の問題。エンドレスタイは耐久性が違う。必要な長さを切って使うので、結束バンドのような無駄がない。
愛用品3
台風のときに風速と気圧を測るのはコレ。