2017/03/17 ・ 2017/03/18 TU7C 40Cコール一発, しかし5U5Rは毎日撃沈

3/17朝6:25、10.112MHzで5U5Rが聞こえる。
Sメーターは7まで振るが、呼んでもリターンはない。
パイルは小さくなっているが、やはりいくらコールしてもダメ。

7.004MHzでも5U5Rが聞こえる。
Sは6。
やはり呼んでも呼んでもリターンはない。
7MHzもパイルは小さくなっているが全然ダメ。

3/18朝、3.5025MHzではEK/RZ3DJがパイルになっている。
やはり呼んでも呼んでもダメ。
RPはわかるのだが。

7.035MHzにTU7Cが出てきた。
UPの周波数をいい加減に設定して呼んでみる。
すると一発でリターンがあった。
他に誰も呼んでいなかったのか???
空いているのは間違いないようだが。

10.126MHzでは3B8/G3TXFが聞こえる。
これも呼んでも呼んでもダメ。
ピーっと妨害をかけられているが、ご本尊の方が強くて妨害になっていない。

10.104MHzの5U5RにQSY。
やはり呼んでも呼んでもリターンはない。
7:45には空いてきたのだが、全然ダメ。
8:00には消えてしまった様子。
ちょっと待てよ。
しばらくしたらまたCQを出すに違いない。
そう思って待っていると、やはりCQが始まった。
他に誰も呼んでいないのだが、やっぱり当局にリターンはない。
またCQが出る。
呼ぶ。
リターンはない。
そうこうしているうちにまたパイルに。
あかんわ、これは。

18時頃、14MHzの5U5Rも、18MHzのJ5UAPも聞こえない。
全然聞こえない。

18.086MHzにはS21ZEDが出ている。
これぐらいはできるかと思ったが、それも甘い。
呼んでも呼んでも呼び負ける。
最終的には何とかQSOはできたが。

18.073MHzでは8J60JAREがCQを出しているのだが、弱くて弱くて、QSBのてっぺんでしかコピーはできない。
他に呼ぶ局もいないのだが、QSOは無理。

深夜、10.1095MHzで9N7EIが聞こえる。
すぐに信号が強くなって、Sは8ぐらいまで振る。
しかし、またしても、呼んでも呼んでもリターンがない。
他に呼ぶ局がいなくてもダメ。
どうしてこんなに飛ばない???

んー、TU7CはQSOできたが40CはTU5MHで交信済だし、QSOしたい5U5Rは毎日毎日頑張っても全然無理だし...
なぜこんなにダメなのか???

3/18 0627J 7035.0kHz CW TU7C (Ivory Coast) 315deg 200W
3/18 1821J 18086.0kHz CW S21ZED (Bangladesh) 277deg 180W
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

お疲れ様です。5U5Rは田中さんでも厳しいみたいで、迎撃意欲が
湧いてきません(笑)、頑張らないと出来ないのはわかってますが…
CQ誌見ました、おめでとうございます。

 こちらも、「呼んでも呼んでも別の所に返る」パターンが
多いですね。本当にこれだけ局がいるのか?と思います。
 
 5U5Rは、ダントツにWとやっていますね。Euだけではなく
大西洋の向こうからわーっと呼ぶので、JAからのラブ
コールがかき消されてしまうんでは?9G5Xに至っては、
JAは「いつものとおり」の率です。

 TU7Cの7MHzおめでとうございます。やっぱりアンテナ
が回らないといけないでしょうか。

AXCさんf
ありがとうございます。
お恥ずかしながらCQ誌に掲載していただきました。
5U5Rは残念でしたが、また頑張りましょう。
よく分からない相性もあるのでしょう。

ONXさん
どうしてパイルが小さくならなかったのか、謎です。
プロフィール

JL3LSF

Author:JL3LSF
1970年生まれ
1984年、大阪府堺市でJL3LSF開局
1991年、イリノイ州シャンペインの消防署でTechnician Plus取得 (N9PLT)
2011年、Amateur Extra取得 姫路で (NA1AA)
2014年、大阪府堺市南区にQSY 開局30周年
2017年、開局33周年
アンテナ
 (1)地上高16.5m 3 element Yagi (for 20, 15 and 10m)
 (2)地上高15m Mini-multiantenna HB18-24X4A (4 element HB9CV, for 17 and 12m)
 (3)Inverted L w/Loading Coil for 80m
 (4)地上高18m Rotatable Dipole (for 40 and 30m)
空中線電力 150Wぐらい
第一級アマチュア無線技士
職業 無線技術者(第一級陸上無線技術士) 選任されている無線局は438局(2016/9/16現在)
旧第一種伝送交換主任技術者
第三種電気主任技術者
専門は物理
以下省略

本業は6mのJCC/JCGハンティングで、昔は自宅からも山からもアクティブにQRV。
しかし仕事でン十kW級の無線を始めてからというもの、しばらくアマチュアを休業。
数年前から段階的にカムバックし、密集住宅街の狭い家から何を思ってか、3.5MHzから28MHzでDXを呼んではガッカリ。
移動運用で狙うDXにも限界が訪れ、2014年4月、遂にたまりかねて高台移転。
やっと普通の弱小局に格上げか???
2014年秋からは小さなタワーに給電してローバンドの運用を開始。
2015年5月からは50MHz用の自作5エレF9FTを使用開始。
2015年8月、F9FTを10MHz用釣竿ロータリーダイポールに交換。
2015年9月、釣竿ロータリーダイポールを7MHz/10MHzの2バンド用に変更。
2015年10月、ローバンド用アンテナをスローパーに変更。
2016年1月、Hexagonal Beamを3エレトライバンダーに交換。
2016年4月、スローパーを撤去して3.5MHz用のロングワイヤーを設置。
3.5MHzのアンテナは随時改修中。

アクセス
Solar-Terrestrial-Data
雨雲レーダー
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
QRコード
QR