2017/03/25 ・ 2017/03/26 CQ WW WPX SSBはQSOなし

3/25朝6時半、3.505MHzではS21ZEEが聞こえる。
主にEuとQSOしている。
レートが悪いうえに、なかなかコールを打たないので分かりにくい。

日中は新しい車の納車。
古い車の走行距離は177555kmだった。

s-nosya170325.jpg
でかい。

その後、2ndを耳鼻科に連れて行って、その後すぐに塾に連れて行き、即薬局に引き返して薬をもらい、その後も立て続けに何やらかんやらと所用が続き、最後は夕方に駅へ迎えに。
帰宅してようやくCQ WW WPX SSBの様子をワッチすると、7.1428MHzのTI5Wが聞こえている。
コールするが届かない。
同じ周波数でBY5HBを始め数局が入れ替わり立ち替わりCQを出す。
やってられないのでやめ。

19:25、3.512MHzでV633KSが入感。
近いので信号は強い。
何局かが同時にコールし、オンフレでも呼ぶ局がいる状況。
UP1.89でコールすると、即リターンが聞こえたが、オンフレで呼ぶ局にマスクされて、最後の「F」しか聞こえなかった。
静観していると、もう一度コールが打たれ、またしてもオンフレで呼ぶ局にかき消されそうだが、何とか自分のコールがコピーできた。
近場とは言え一発で拾ってもらえるとは、だいぶアンテナが改善されている様子。

3/26 0:26、3.522MHzでUK8OANのCQが聞こえる。
従来この局はいつもカスカスに近い強さだったのだが、今回は弱いものの了解度は5で聞こえている。
しかし、呼んでも「AGN」か「J」しか返ってこない。
諦め。

3.506MHzのS21ZEEは強い。

3/26、朝のワッチはなしで、2ndの最後のテニスに連れて行く。

昼過ぎ、21.029MHzでS21ZEEの空振りCQが聞こえるのでコール。
適当な周波数で呼んだが、一発でリターンあり。

すぐに18.086MHzに出ているS21ZEEもコール。
これも適当な周波数でコールして、一発でリターンあり。

夕方には所用で大東・東大阪方面へ行き、夜帰宅。
新しい車は、加速が比べ物にならないほど向上している。
しかし、高さが高く、左側に壁を付けているようなもんなので、狭い駐車場で左側に出すのには難儀する。

20時過ぎ、18.105MHz RTTYでS21ZEEが入感。
EuとばかりQSOしているので、呼ばず。

22時半、3.74723MHz SSBでWC6Hの「CQ Contest」が聞こえる。
誰も呼ばないので消えてしまった。

3.796MHz SSBではW6ACが入感。
変なノイズが酷いが、強いので全部コピーできる。
この局もノイズに懲りて消えてしまった。

3.782MHzではVK4KWが聞こえる。
コールしてみるが「Again」しか返ってこない。
こりゃダメだ。

10.140MHz RTTYではS21ZEEが入感。
UPの様子を見ると、ほぼ1点取り。
その周波数の近辺で呼ぶが、全然リターンはない。
そこで、RPとぴったり同じ周波数でコールする作戦に変更。
しばらくコールしていると、フルコールでリターンあり。
先日から色んな周波数でコールしてきたRTTYだが、ようやくQSOできた。
モードニュー。

3/25 1925J 3512.0kHz CW V633KS (FSM) 190W
3/26 1219J 21029.0kHz CW S21ZEE (Bangladesh) 265deg 150W
3/26 1222J 18086.0kHz CW S21ZEE (Bangladesh) 265deg 170W
3/26 2304J 10140.0kHz RTTY S21ZEE (Bangladesh) Mode New 265deg 170W
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

おおー納車されましたか。
大きいですねー。
もっと古いエスティマなんか普通に走ってますが、ほんまもったいないなーと感じます。

WPXは近場しか聞こえませんでした。これが続くとなると厳しいです。

rdeさん
こんばんは。
こんなに大きくなくていいんですけどね。
モデルチェンジの度に大きくなる車の将来が心配です。
1、2世代前のエスティマを結構見かけますね。
走行距離も違うのかも知れませんが。
安くで修理できるのなら、まだまだ乗れるんですけどね。

ローバンドもハイバンドもあきませんわ。
プロフィール

JL3LSF

Author:JL3LSF
1970年生まれ
1984年、大阪府堺市でJL3LSF開局
1991年、イリノイ州シャンペインの消防署でTechnician Plus取得 (N9PLT)
2011年、Amateur Extra取得 姫路で (NA1AA)
2014年、大阪府堺市南区にQSY 開局30周年
2017年、開局33周年
アンテナ
 (1)地上高16.5m 3 element Yagi (for 20, 15 and 10m)
 (2)地上高15m Mini-multiantenna HB18-24X4A (4 element HB9CV, for 17 and 12m)
 (3)Inverted L w/Loading Coil for 80m
 (4)地上高18m Rotatable Dipole (for 40 and 30m)
空中線電力 150Wぐらい
第一級アマチュア無線技士
職業 無線技術者(第一級陸上無線技術士) 選任されている無線局は438局(2016/9/16現在)
旧第一種伝送交換主任技術者
第三種電気主任技術者
専門は物理
以下省略

本業は6mのJCC/JCGハンティングで、昔は自宅からも山からもアクティブにQRV。
しかし仕事でン十kW級の無線を始めてからというもの、しばらくアマチュアを休業。
数年前から段階的にカムバックし、密集住宅街の狭い家から何を思ってか、3.5MHzから28MHzでDXを呼んではガッカリ。
移動運用で狙うDXにも限界が訪れ、2014年4月、遂にたまりかねて高台移転。
やっと普通の弱小局に格上げか???
2014年秋からは小さなタワーに給電してローバンドの運用を開始。
2015年5月からは50MHz用の自作5エレF9FTを使用開始。
2015年8月、F9FTを10MHz用釣竿ロータリーダイポールに交換。
2015年9月、釣竿ロータリーダイポールを7MHz/10MHzの2バンド用に変更。
2015年10月、ローバンド用アンテナをスローパーに変更。
2016年1月、Hexagonal Beamを3エレトライバンダーに交換。
2016年4月、スローパーを撤去して3.5MHz用のロングワイヤーを設置。
3.5MHzのアンテナは随時改修中。

アクセス
Solar-Terrestrial-Data
雨雲レーダー
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
QRコード
QR