FC2ブログ

2017/04/09 JT65はやっぱりダメ, S79Z 15C

s-DSC_1339.jpg

4/8深夜、小電力で遠い所とQSOできるだとか、低い値のレポートをもらう方が良いだとか、理想論ばかり語られて実際は全然飛ばないJT65だが、たまには様子をうかがってみよう。
10MHzではXE1GKがCQを出している。
意外に強く入感しているので呼んでみる。
が、やはりまたCQが出る。
他に誰も呼んでいないのに届かないとはどういうことだろうか。
もう一度コールすると、今度は呼び負け。
30分ぐらい呼んでいたが、結局交信できなかった。
やはりJT65は小電力で遠くとQSOできるものではない。
ターゲットを他の局に変更。
HB9ELEが受信できるのでコール。
しかし、やはりまたCQが出る。
もう一度コールすると、やっとリターンあり。
こちらには-10で入感しているが、もらったレポートは-19。
「-10」と送るが、何とまた「-19」と返ってきた。
どうも途中で受信できなくなった様子。
どんだけ飛ばんモードやねん。
HBはCWなら簡単に届くぞ。
まあ何とかQSO終了。
やっぱりあかんわ。
JT65終了。

いつの間にか4/9に日付が変わっているが、また3.5MHzをワッチ。
3.507MHzでHS3LSEが良く聞こえているのでコール。

3.518MHzではWH7Wがあまりにも強いのでコール。

4/9朝、14.005MHzでは、昨夜3.5MHzでQSOしたVE7CCが聞こえる。
コールしてナンバー交換。
他はこれといった所が聞こえない。

夕方、21.002MHzでS79Zが聞こえる。
RPの近くでしばらくコールしているとリターンあり。
パイルだった。

18時台、7.004MHzではJIDXのHC2AOが聞こえる。
コールしていると、「JA3」やら「L」やら心当たりのあるリターンがあるが、その都度他の局に負けてしまう。
そして「F」のリターンが。
再度コールするが、また「F」が返る。
もう一度コールしてフルコールが返ってきた。
しかしコールしていた時間は短かかった。

夜20時頃、3.514MHzでは今日もXE2Sが聞こえている。
しかし、何かを呼ぶパイルからのQRMが酷い。
このパイルは何?
探してみると、3.512MHzで非常に弱々しくHR5/F2JDが聞こえている。
これか。
しかしこれはあまりにも弱くてどう考えてもQSOは不可能だ。
しかも下の方にJIDXのCQを出す局がいて、QRMで聞きにくい。

21:19に3.512MHzを聞くと、HR5/F2JDはもう出ていない様子。
よく聞くと何かが聞こえる。
6K2CEW/5 AS-045と打っている。
AS-045は未交信なのでコールするが、反応がない。
何度かコールすると、「JL3」と返ってきた。
しかし受信が厳しいようで、何回も何回もコールを打って何とかQSOできた。
当局があまりにも何回もコールを打ったので、それが客寄せとなったみたいで、急に数局が呼び始めた。

深夜は急激にコンディションが低下してきて、ほとんど何も聞こえなくなってしまった。
日付が変わる直前に14.001MHzに4S7VBGが出てきたのでQSO。

4/9 0000J 10138.0kHz JT65 HB9ELE (Switzerland) Mode New 330deg 15W
4/9 0119J 3506.7kHz CW HS3LSE (Thailand) 200W
4/9 0124J 3518.0kHz CW WH7W (Hawaii) 200W
4/9 0816J 14005.3kHz CW VE7CC (Canada) 40deg 160W
4/9 1640J 21002.0kHz CW S79Z (Seychelles) 260deg 160W
4/9 1828J 7004.0kHz CW HC2AO (Ecuador) 50deg 180W
4/9 2124J 3512.0kHz CW 6K2CEW/5 (AS-045) 200W
4/9 2356J 14001.0kHz CW 4S7VBG (Sri Lanka) 250deg 160W

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

 「CWは、約-20dbで、JT65は-32dbまで、、、」などと言う資料を見た
ことがあります。また「MsやEME用に考えられた」ようです。
 この12dbの差が「小電力でも届く」と言われているんでしょうね。しかし雑誌で紹介されているベテランの方々は皆ハードに詳しそうな方々ばかりです。

 これだけ出てくる人が増えれば、そして1交信に時間がかかるようなので、
「いらち」の私には向かないかも知れません。

S79Zは、何とか7MHzかRTTYでやりたいですね。

まいどです

jt65はまだしたことないですが、みなさんそれなりに
パワーは入れてるようです。(50とか100とか)

ソフトによっても差があるようですが1QSOに
時間がかかるのでコンディションが悪い時の暇つぶし
程度に使うのが良いかもですね。

今朝からコンディションがパッとしませんね。
クラスターとAindexを見たらワッチする気がしません。

FB-DX!

ONXさん
1交信10分ですから、3回呼び負けたら30分です。
余程の暇人か、必ず一発で交信できる超人しか無理ですね。
まあ、QRVしている局数が少ない頃にはそれなりに実用になったのかも知れませんが。

KCXさん
やはりそうですかね。
某雑誌ではやたら小電力を強調していますが、ウソばっかりという印象があります。
あの著者達はどうやって楽しめているのか疑問です。
私は書かれてある通りに運用していますが、全く楽しめません。
CWなら「お前の設備がしょぼい」と言われて済む話ですが、流石にJT65でそれを言うと元も子もなくなりますから、言われずに済んでるのですが...

SSNはついこの間100を超えていたはずが、いつの間にか0ですから、一体どうなってるんでしょうね。
プロフィール

JL3LSF

Author:JL3LSF
1970年生まれ
1984年、大阪府堺市でJL3LSF開局
1991年、イリノイ州シャンペインの消防署でTechnician Plus取得 (N9PLT)
2011年、Amateur Extra取得 姫路で (NA1AA)
2014年、大阪府堺市南区にQSY
2019年、開局35周年

アンテナ
 (1)地上高15m 3 element Yagi (for 20, 17, 15, 12 and 10m)
 (2)地上高17.5m Rotatable Dipole (for 40 and 30m)
 (3)地上高16m 7 element Yagi (for 6m)

空中線電力 150Wぐらい

第一級アマチュア無線技士
職業 無線技術者(第一級陸上無線技術士 = 昔で言うところの一技) 選任されている無線局は440局(2019/05/01現在)
旧第一種伝送交換主任技術者
第三種電気主任技術者
高等学校教諭一種免許(工業)
フルハーネス型墜落制止用器具特別教育受講済
専門は物理
以下省略

本業は6mのJCC/JCGハンティングで、昔は自宅からも山からもアクティブにQRV。
しかし仕事でン十kW級の無線を始めてからというもの、しばらくアマチュアを休業。
数年前から段階的にカムバックし、密集住宅街の狭い家から何を思ってか、3.5MHzから28MHzでDXを呼んではガッカリ。
移動運用で狙うDXにも限界が訪れ、2014年4月、遂にたまりかねて高台移転。
やっと普通の弱小局に格上げか???

*2014年4月24日、6バンドHexagonal Beam設置。

*2014年秋からは小さなタワーに給電してローバンドの運用を開始。

*2015年1月29日、18MHz/24MHz用4エレHB9CVを追加。

*2015年5月からは50MHz用の自作5エレF9FTを使用開始。

*2015年8月、F9FTを10MHz用釣竿ロータリーダイポールに交換。

*2015年9月、釣竿ロータリーダイポールを7MHz/10MHzの2バンド用に変更。

*2015年10月、ローバンド用アンテナをスローパーに変更。

*2016年1月、Hexagonal Beamを3エレトライバンダーに交換。

*2016年4月、スローパーを撤去して3.5MHz用のロングワイヤーを設置。

*2018年6月1日、ローバンド用のリモート局の免許を受ける。給電点海抜高655mのハーフスローパー。恐らく大阪で一番高い。ただし100W。

*2018年9月、台風21号により被災。マストパイプが曲がり、数を減らす目的で3エレトライバンダーとWARCの4エレHB9CVを統合して改造!

*2018年11月6日、リモート局のローバンド用アンテナをハーフスローパーから傾斜型に変更(160m・80m)。給電点海抜高638.5m。スカイツリーよりは高い。

*2019年1月8日、リモート局の160m用エレメントを短縮型からフルサイズ(折り曲げ)に変更。

*2019年5月6日、50MHzの6エレ八木を再設置。

*2019年7月20日、50MHzのアンテナを6エレからブーム長8.7mの7エレに交換。

今思うと、やっぱりHexagonal Beamがいちばん良いような...

アクセス
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
699位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
156位
アクセスランキングを見る>>
Amazon
Solar-Terrestrial-Data
雨雲レーダー
カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
QRコード
QR
愛用品1
フルークのテスター。安価でしっかり使える。
愛用品2
屋外でケーブル結束すると、耐候性結束バンドでも切れるのは時間の問題。エンドレスタイは耐久性が違う。必要な長さを切って使うので、結束バンドのような無駄がない。
愛用品3
台風のときに風速と気圧を測るのはコレ。