2017/04/13 TM2H 20C

0時すぎ、14.017MHzでTM2H (EU-048)が弱々しく聞こえる。
内容はほとんどコピー不可。
しばらく聞き続けていると、何とかコピーできるかできないかというぐらいの強さに。
意を決してコール。
何度かトライしていると、リターンが返ってきた。
しかし、明らかにミスコピーされている。
何度も訂正したが、「JL2WSF」で終わってしまった様子。
そのまま聞いていると...消えてしまった。
と思ったら、しばらくしてまた出てきた。
今度はSが2まで振る。
これは確実にいける。
様子を見てコールすると、フルコピーしてもらえた。

3.523MHzではR25SRRが強力に入感。
コールしてQSO。
この局のQTHはどこなんだろう。
不明。

4/13朝、S79Zが7.070MHzのRTTYに出ているが、リバースになっている。
最初は単順にリバースにしてコールしていたが、QSOしている局の信号はリバースになっていない。
ナニ?
受信はリバースで送信はノーマルにしないといけないの?
忙しいが、送受切替の都度リバースボタンをクリック。
もしリターンがあれば、焦って間違いそうだが、そんな心配は不要。
リターンはなかった。

深夜、7.017MHzでR71RRCが入感。
呼ぶ局はまばらなので、即リターンあり。

4/13 0028J 14017.0kHz CW TM2H (EU-048) 320deg 160W
4/13 0040J 3523.0kHz CW R25SRR (Russia) 200W
4/13 2218J 7017.0kHz CW R71RRC (AS-071) 40deg 190W
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

CWのリバース機能というのは聞いたことがありましたが、RTTYにも
あるのですね。うちのRigのマニュアルもよく見たら、「変更の仕方」が
書いてあります。

 昼間21MHzで結構聞こえていましたが、何度呼んでも返って
こなかったのはこのせいでしょうね。

 ロシアは毎年「これでもか」と変わったコールの記念局かなにか
が出てきますが、QRZ.comには出ませんし、「DXworld」にも出さ
ないのでしょう。

 ロシアには「消滅したエンティティー」(人も住んでいないような所)
がいくつかあるらしいですが、そういう所から出たとしても値打ち
ないでしょうし。

 コンテストで出てくる局のリストやDXCCなどが掲載されている
サイトでR1MV(ロシア領海にあるOHが租借している島らしいです。)
がまだある事になっていますが、租借権はすでに消滅しています
よね。

ONXさん

なんでリバースなのかよくわかりませんわ。

ロシアの記念局はよくわかりません。
大抵記念局のWebサイトがありますが、ロシア語onlyのもあってよくわかりません。
R1Mは消滅エンティティーになりましたね。
アクティビティーがほとんどなかったですが、消滅直後にQRVしていた局がいましたね。
プロフィール

JL3LSF

Author:JL3LSF
1970年生まれ
1984年、大阪府堺市でJL3LSF開局
1991年、イリノイ州シャンペインの消防署でTechnician Plus取得 (N9PLT)
2011年、Amateur Extra取得 姫路で (NA1AA)
2014年、大阪府堺市南区にQSY 開局30周年
2017年、開局33周年
アンテナ
 (1)地上高16.5m 3 element Yagi (for 20, 15 and 10m)
 (2)地上高15m Mini-multiantenna HB18-24X4A (4 element HB9CV, for 17 and 12m)
 (3)Inverted L w/Loading Coil for 80m
 (4)地上高18m Rotatable Dipole (for 40 and 30m)
空中線電力 150Wぐらい
第一級アマチュア無線技士
職業 無線技術者(第一級陸上無線技術士) 選任されている無線局は438局(2016/9/16現在)
旧第一種伝送交換主任技術者
第三種電気主任技術者
専門は物理
以下省略

本業は6mのJCC/JCGハンティングで、昔は自宅からも山からもアクティブにQRV。
しかし仕事でン十kW級の無線を始めてからというもの、しばらくアマチュアを休業。
数年前から段階的にカムバックし、密集住宅街の狭い家から何を思ってか、3.5MHzから28MHzでDXを呼んではガッカリ。
移動運用で狙うDXにも限界が訪れ、2014年4月、遂にたまりかねて高台移転。
やっと普通の弱小局に格上げか???
2014年秋からは小さなタワーに給電してローバンドの運用を開始。
2015年5月からは50MHz用の自作5エレF9FTを使用開始。
2015年8月、F9FTを10MHz用釣竿ロータリーダイポールに交換。
2015年9月、釣竿ロータリーダイポールを7MHz/10MHzの2バンド用に変更。
2015年10月、ローバンド用アンテナをスローパーに変更。
2016年1月、Hexagonal Beamを3エレトライバンダーに交換。
2016年4月、スローパーを撤去して3.5MHz用のロングワイヤーを設置。
3.5MHzのアンテナは随時改修中。

アクセス
Solar-Terrestrial-Data
雨雲レーダー
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
QRコード
QR