2017/05/01 ・ 2017/05/02 A25UK 20S & 40C

5/1に日付が変わろうとする頃、14.196MHz SSBでA25UKが入感。
弱い。
主にEuとQSOしている。
最初は「Up5 to 15」と言っていたが、そのうち「Listening 200」と言うようになった。
数局がうわっと同時にコールするかと思えば、誰も呼ばなくなることもある。
延々コールをし続けているJA局もいる。
しかし届いていない。
こちらはコンスタントにコールを続ける。
すると0:10、遂にリターンあり。
よく届いたものだ。
ビックリ。

5/1朝、これといった所は聞こえないが、7.016MHzでRV1CC/6がパイルになっている。
パイルになる理由はわからないが、信号が強いのでとりあえず参戦。
何度かコールしているとリターンあり。

夜22時台、21.026MHzでA25UKが非常に弱く入感。
中国局が延々オンフレで呼んでいて邪魔。
しかも少し下にズレている。
あの人達はいつもオンフレで呼んでいる印象があるが...
うるさいので聞いていられない。
断念。

23時台、18.146MHz SSBでA25UKが入感。
信号はまあまあ強い。
コールしてみたが、届きはしない。
よく考えたら、17SはQSO済みだった。
しばらくすると、信号強度が急激に低下。

10.1346MHz RTTYでもA25UKが入感。
信号そのものは弱くはないのだが、UPでコールしている局からのQRM、抑圧でほとんど解読できない。
これは最低だ。

0時すぎ、7.026MHzのA25UKがDSP使用で何とか了解できるようになった。
RPはほとんど変わらないので、コール開始。
7MHzも上からの抑圧が多少あるが、しばらく呼んでいると何となく自分かと思うリターンが。
QSBでちょっとよくわからない。
しかしタイミングは完璧に合っている。
多分QSOできたかと思う

14.0105MHzでは9Q6BBが弱く聞こえる。
そのうち呼ぶ局が増えてきた。

5/1 0010J 14196.0kHz SSB A25UK (Botswana) 260deg 190W
5/1 0606J 7016.0kHz CW RV1CC/6 (Russia) 320deg 190W
5/2 0039J 7026.0kHz CW A25UK (Botswana) 260deg 180W
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

BY

コンテストでもペディでもそうですが、「up」とか「スプリットの巾」とか
彼の国の方(この国だけではありません。JAにもいます。)は判っている
のかと思われる方はいます。

 しかし今回は、アジアは12.1%(Euは71%超えていますが。)とNAと
ほぼ並んでいます。NAから文句が出ないか心配です。

 しかし、Euの方もアフリカやカリブには特別の思いがあるんでしょうね。
ちょろょろっとEuから運用した方の文章から「壁」という言葉が目に付く
ようになりました。

ONXさん
A25UKは皆さんそれなりにQSOできていて、先生方はかなりできているようですので、12.1%は頷けますね。

大漁ですね

A25UK局、たくさんできていますね。流石。

当局のATNO脱出はなんとかなりましたが、ハイバンドはビームなしでは厳しいです。

A25UK局、なかなかいい耳でしたね。

牛の角の「一番弱み」の18MHzSSBでも出来ました。
 呼んでいる0エリアや1エリアや7エリアがこれまた強いです。これはどこかで
1ホップして落ちて来ているんではないでしょうか。

 深夜は、これまた中近東やヨーロッパが良く聞こえていました。4日夜は
喉から手が出るほど欲しいYI3WHRが、これまた18MHzSSBで蚊の鳴くような
強さで聞こえましたが、呼んでいるベテラン各局もかなり苦慮していた
ようです。

FT-600(日本では販売していない?)にダイポールと言う事で納得。
他のA4やA6の局は強力でした。

DRLさん、ATNO脱出良かったですね。
A25UKは、タイミングによってはパイルが小さいことがあって、そのお陰で5バンドQSOできました。
今回は運が良かったと思います。

ONXさん
18MHz SSBでできたとは素晴らしいですね。
ここのところ、18MHzあたりではEスポが関係していると思われる伝搬を多く聞きます。
急激に強くなったり、逆に弱くなったり、突然他のエリアからのコールがなくなったりする状況がそうだと思います。

YI3WHRワッハーブの信号はいつも弱いので、非常に苦労します。
14MHzに出てくることが多く、18MHzは珍しいかと思います。
クラスターにスポットされることが少ないので普段はパイルになりませんが、今回はスポットされちゃったんですね。
プロフィール

JL3LSF

Author:JL3LSF
1970年生まれ
1984年、大阪府堺市でJL3LSF開局
1991年、イリノイ州シャンペインの消防署でTechnician Plus取得 (N9PLT)
2011年、Amateur Extra取得 姫路で (NA1AA)
2014年、大阪府堺市南区にQSY 開局30周年
2017年、開局33周年
アンテナ
 (1)地上高16.5m 3 element Yagi (for 20, 15 and 10m)
 (2)地上高15m Mini-multiantenna HB18-24X4A (4 element HB9CV, for 17 and 12m)
 (3)Inverted L w/Loading Coil for 80m
 (4)地上高18m Rotatable Dipole (for 40 and 30m)
空中線電力 150Wぐらい
第一級アマチュア無線技士
職業 無線技術者(第一級陸上無線技術士) 選任されている無線局は438局(2016/9/16現在)
旧第一種伝送交換主任技術者
第三種電気主任技術者
専門は物理
以下省略

本業は6mのJCC/JCGハンティングで、昔は自宅からも山からもアクティブにQRV。
しかし仕事でン十kW級の無線を始めてからというもの、しばらくアマチュアを休業。
数年前から段階的にカムバックし、密集住宅街の狭い家から何を思ってか、3.5MHzから28MHzでDXを呼んではガッカリ。
移動運用で狙うDXにも限界が訪れ、2014年4月、遂にたまりかねて高台移転。
やっと普通の弱小局に格上げか???
2014年秋からは小さなタワーに給電してローバンドの運用を開始。
2015年5月からは50MHz用の自作5エレF9FTを使用開始。
2015年8月、F9FTを10MHz用釣竿ロータリーダイポールに交換。
2015年9月、釣竿ロータリーダイポールを7MHz/10MHzの2バンド用に変更。
2015年10月、ローバンド用アンテナをスローパーに変更。
2016年1月、Hexagonal Beamを3エレトライバンダーに交換。
2016年4月、スローパーを撤去して3.5MHz用のロングワイヤーを設置。
3.5MHzのアンテナは随時改修中。

アクセス
Solar-Terrestrial-Data
雨雲レーダー
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
QRコード
QR