IOTAコンテストそっちのけで墓の植木除去

墓に植えてしまっているサツキ4本とナンテン1本を抜こうと前々から思っていた。
以前、ナンテン1本とサツキ1本は何とか手堀りで除去したのだが、下に伸びた根っこを引き抜くのは本当に大変。
そこで、単管でやぐらを組んで、やぐらのてっぺんからウインチで引っ張れば抜けるだろうと計画。
計画したのはだいぶ前で、よりによってこの猛暑の時期に実行することとなった。
早朝の涼しい時間から作業をしようと思っていたのだが、今朝は運悪くかなりの降雨。
それでも7時台には雨も止み、太陽が出てカンカン照りになったので作業決行。
大量の汗がジャージャーと流れ続ける。
サングラスをかけていたが、レンズの内側に汗が流れて溜まる。
こりゃダメだ。

ウインチは、アンテナ設置作業に使用した2トン用手動式。
根っこの下に棒を使ってトンネルを掘ってロープを通し、そのロープにウインチを掛けて巻き上げる。
すると、スコップで掘って手で引っ張てもなかなか抜けない根っこが、メキメキと音を立てながら地中からゆっくりと出現してくる。
抜けかけの根っこの下にスコップを入れて、軽くほじくれば根っこは完全に抜けた。
この調子で3本のサツキを一気に除去した。
最後のサツキは根っこが巨大化していて、下にトンネルを掘るのが難しかったので、取り敢えず適当にロープを掛けて、ある程度根っこを持ち上げた状態で何とかトンネルが掘れた。

s-DSCN1857.jpg

s-DSCN1861.jpg

午後はぐったり。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ご苦労様です。

暑い中お疲れ様でした。足場管というとかなり重いですね。
 経口補水液など持っていっておられるんでしょうか。

こちらは母親の実家の方は、本当にこれは誰の墓なのかという野墓に
近い所です。
 母親の長兄の筋が面倒を見るのですが、ちょっとトラブルがあり、
全く草引きなどやってくれません。

 長女に当たる方は、お嫁に出ているので、あまり来ていないようですし、
次男さんは金沢市の方に住んでおり、これまたなかなか来れないので、
お嫁に出ているのですが、通信教育で西本願寺派の僧侶の資格を
取った私の方の両親が面倒を見ています。草引きから石並べから
榊から全部用意しています。

 父親の祖母に当たる方のお墓も、結構な斜面にあるのですが、
祖母の13回忌の時、父親の従姉妹に当たる方が酔っ払っているのを
いいことにメンテを頼んで、引き受けたらしいです。
私はもういいのではないかと思いますが、母親の姉の家の墓所が
そのお寺にあるため、引き続き行きそうです。ミンミンゼミが
やかましいところです。

 ですから盆、正月と3カ所回ります。母親は、うちの家の墓所の隣
にあるお向かいの家の敷地まで草むしりしており、そういう事が
好きなのかと思ってしまいます。

ONXさん
足場管は1m物ですから、それほど重くはありませんが、5本なのでそれなりの重さにはなります。
それでもアンテナ用のマストに比べれば軽いでしょうね。
田舎の墓は山とか斜面とかにありますね。
いつも思うことですが、年をとると墓参りすら行けなくなりそうですね。
草抜き以前の問題ですね。
こっちの墓は幸いにも公園墓地なので整備されています。
プロフィール

JL3LSF

Author:JL3LSF
1970年生まれ
1984年、大阪府堺市でJL3LSF開局
1991年、イリノイ州シャンペインの消防署でTechnician Plus取得 (N9PLT)
2011年、Amateur Extra取得 姫路で (NA1AA)
2014年、大阪府堺市南区にQSY 開局30周年
2017年、開局33周年
アンテナ
 (1)地上高16.5m 3 element Yagi (for 20, 15 and 10m)
 (2)地上高15m Mini-multiantenna HB18-24X4A (4 element HB9CV, for 17 and 12m)
 (3)Inverted L w/Loading Coil for 80m
 (4)地上高18m Rotatable Dipole (for 40 and 30m)
空中線電力 150Wぐらい
第一級アマチュア無線技士
職業 無線技術者(第一級陸上無線技術士) 選任されている無線局は438局(2016/9/16現在)
旧第一種伝送交換主任技術者
第三種電気主任技術者
専門は物理
以下省略

本業は6mのJCC/JCGハンティングで、昔は自宅からも山からもアクティブにQRV。
しかし仕事でン十kW級の無線を始めてからというもの、しばらくアマチュアを休業。
数年前から段階的にカムバックし、密集住宅街の狭い家から何を思ってか、3.5MHzから28MHzでDXを呼んではガッカリ。
移動運用で狙うDXにも限界が訪れ、2014年4月、遂にたまりかねて高台移転。
やっと普通の弱小局に格上げか???
2014年秋からは小さなタワーに給電してローバンドの運用を開始。
2015年5月からは50MHz用の自作5エレF9FTを使用開始。
2015年8月、F9FTを10MHz用釣竿ロータリーダイポールに交換。
2015年9月、釣竿ロータリーダイポールを7MHz/10MHzの2バンド用に変更。
2015年10月、ローバンド用アンテナをスローパーに変更。
2016年1月、Hexagonal Beamを3エレトライバンダーに交換。
2016年4月、スローパーを撤去して3.5MHz用のロングワイヤーを設置。
3.5MHzのアンテナは随時改修中。

アクセス
Solar-Terrestrial-Data
雨雲レーダー
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
QRコード
QR